2019年04月13日

北の物産展から南の物産展まで

現在、JR名古屋高島屋では「大九州・沖縄展」、名古屋三越では「春の大北海道展」をそれぞれ開催しています。


SHV39_4729まずは、沖縄県南城市にあるうちなあ家から「琉球三昧弁当」
沖縄の名物料理であるゴーヤチャンプルー・ソーキ・ラフテーがご飯の上に乗ったオトクなセットとも言えるものです。



一つ一つに個性のある沖縄料理をオトクに楽しめるのはいいですねぇ。
ゴーヤチャンプルーに入っているゴーヤのほろ苦さがご飯に合うし、ソーキのホロホロ感がご飯に合うし、ラフテーの肉々しい食感がご飯に合う。何でも合うわ(笑)。
実は、ゴーヤチャンプルー・ケープイリチー・ソーキが入った「バラエティセット」(おかずセット)が同じ値段であるものの、コスパ的にはこっちの方がいいんじゃなかろうかと。


SHV39_4742もう一つは、長崎県長崎市にある岩崎本舗の「角煮三種弁当」
3種類の角煮(通常の角煮・大とろ角煮・六日仕込角煮)がご飯の上に乗っている、こちらもオトクなセットと言えるものです。



同じ角煮でもこうも違うのか・・・。魚のマグロじゃないけど、赤身・とろ・漬けみたいな感じですわ。
通常のは、肉がしっかりしている、大とろはその名の通りとろっとしている、六日仕込もとろのようにとろっとしているけど、少し味が濃い目なのかな。なお、一緒に入っている長崎ぶらぶら漬が絶品で、ご飯のお供にいいですね。
V・ファーレン長崎のスタグルとしてもお馴染みの「長崎角煮まんじゅう」以外にも弁当なんか売ってるなんて知らなかった。これ売れよ(ギャハ)。いや、値段が高いと思われるなら、角煮だけご飯に乗せた丼飯でいいからさぁ・・・。


SHV39_4736ここから先は三越の「春の大北海道展」から。

最初は、札幌市にある中国料理 布袋の「布袋のザンギ」。一緒に特製の甘酢ダレが付いてきます。



ザンギは、醤油の味付けが付いている濃いめの唐揚げ・・・と言ったらいいのでしょうか。しかし、この商品はあまり味の付いていないあっさり目の味。これだけでもまま美味いのですが、一緒に付いているタレが甘酸っぱくて、ザンギの脂っぽさを解消してくれるんです。確かにそのままなら、あっさりしているとはいえ、脂っぽさはあったんですよ。それが解消されるばかりか甘酸っぱい味も加わって美味しさが増すんです。いいアクセントになると思います。


SHV39_4737そして、もう一つも札幌市にあるレクラン ドゥ ルコルテの「レーズンサンド グラン」(上)と「レーズンサンド グラン RUBY」(下)
クッキーにチョコレートの入ったバタークリームがサンドしてあります。



バタークリームとは言っていますが、実際はチョコレートだと思います。ただ、チョコレートの味わいが無いので、サクッと軽いものになってるんですよ。そこに濃厚なラムレーズンですから、とろけるような味わいです。
面白いのがRUBY。酸味のあるチョコレートとのことですけど、それほど酸味は無い。ただ、グランではあまり感じられなかったチョコレートの風味を味わえるので、これはこれで美味しいなと。
値段はまぁまぁですが、いい味です。何よりオシャレでいい。


どちらの催しも、4/15までの開催になります。特に普段なら2週間行われることの多い北海道物産展が今回は1週間のみなので、開催時期にご注意下さい。


人気ブログランキングへ ブログランキング・にほんブログ村へ  

Posted by alexey_calvanov at 23:55Comments(0)

2019年03月11日

春の北海道物産展2019

今年も北海道物産展の季節がやって参りました。バラバラにやっているので、ほぼ年中とも言えるのですが、基本的に名古屋では春と秋メインというふうですね。夏もやってますけど。

というわけで、名古屋のデパートの先陣を切って、JR名古屋高島屋で春の大北海道展が開催しております。もうすぐ後半戦ですけど、前半戦の商品の紹介をば。今後行く方の参考になってくれればと。


SHV39_4505最初は、登別市の藤崎わさび園から「わさび味噌」(左)
麦味噌の中に、刻んだわさびの茎を入れております。
なお、右は新しいパッケージになった「本わさびの茎漬け」こと鬼づけ中は蓋のできるプラスチック容器になったので、保存がしやすくなりました



味噌に関しては少々しょっぱめですが、わさびの辛さは抑え目なので、色々なものに合いそう。もろきゅうとかにいいよと言ってましたね。ご飯に乗せてもいいと思う。色々試せそうだ。


SHV39_4526もう一つは、函館市にあるレストラン箕輪の「ローストビーフ丼 名古屋限定メニュー」
北海道産の黒毛和牛のヒレ肉に加え、同じ黒毛和牛の牛すじも入った贅沢な一品カットステーキも入った三層構造の丼ということで、これはすげえわ。



味も文句無し。ヒレ肉のローストビーフは硬すぎず柔らかすぎない丁度いい歯応えで、中のカットステーキもローストビーフのようにミディアムレアではないものの、思っている以上に柔らかいのよね。そして、中に入っていた牛すじがいいアクセントになっていて、牛すじから出てくる脂が食欲をそそりますし、肉の中の足りない脂分を補ってくれます一緒に付いてきたコンソメスープは、お茶漬けのようになっていて、脂っこいなと思った時に掛けるとあっさりとした味わいにしてくれます。味の変化という意味で重要なんでしょうな。


この催しは3/12から後半戦に突入し、3/18までになります。


人気ブログランキングへ ブログランキング・にほんブログ村へ  
Posted by alexey_calvanov at 23:04Comments(0)

2014年03月15日

JR高島屋で北海道物産展やっていたのか

今月の忙しさにかまけてか、「新聞広告なんて滅多に見ないぜ!」(中日新聞は折り込み広告が異常に多いんだよ(泣))ということが響いたのか、3/5からJR高島屋で「春の北海道展」が行われておりますこと、すっかり知らんかったわい。ちくしょう(大泣)。
既に2週目に突入しており、行っておきたかったものがちらほら。くそう、くそう(大泣)。
というわけで、今週末にやっと行けたので、その中から紹介していこうと思います。


SHL23_0041まず最初は、札幌市豊平区にある我流麺舞 飛燕の「越冬キャベツのみそラーメン」
冬の間雪の中に寝かせておいた北海道産キャベツを使っています。



ここはスープがホントに美味い。味噌でありながらにんにくの風味がよく利いたものになっています(実際に具材の中にはにんにくの芽が入っています)。麺も玉子麺ながらもモチモチしていてスープによく合い美味しいです。


eight="240" border="0" alt="SHL23_0043" hspace="5" class="pict" align="left" />続いては、札幌市西区にある銀座屋から「シャキシャキとうきびとさらさらレッドのバーガー」
北海道産とうもろこし(とうきび)と玉ねぎ「さらさらレッド」を使用しています。こちらはJR高島屋でのオリジナル商品です。

ちなみに、「さらさらレッド」という玉ねぎは柴田商店というお店の商品で、栗山町で産出されたもの・・・。
・・・栗山町?おい、今年はしっかりやってくれよ、栗山監督
一見何の脈略もないようなことを言ってるなと思われるでしょうけど、栗山町は北海道日本ハムの監督である栗山英樹監督が、自分の名前の付いたこの町の風土にほれ込んで自宅を移してしまっただけでなく、野球場まで作ってしまったほど



SHL23_0044そして、もう一つ紹介。
こちらは白老牛の入ったカレーパンです。名前失念(汗)。



「シャキシャキとうきびとさらさらレッドのバーガー」は、とうもろこしの自然な甘さが堪能できる、とうもろこしだけしか入っていないパンとベーコンの旨味・玉ねぎのシャキシャキ感を味わえるパンの2種類で構成されており、どちらもいい味です。とうもろこしがここまで主役として活躍できるんだと感動した一品です。
ちなみに、パンはかぼちゃの味がします。

白老牛の入ったカレーパンは、スパイシーなものになっています。中に入っている角切りの白老牛が柔らかくて美味いです。サクサクのパンは、前述のものと同じくかぼちゃのパンの模様。


この北海道展は3/18まで開催中なので、まだ行ってない人は急げ(爆)!


人気ブログランキングへ ブログランキング・にほんブログ村へ  
Posted by alexey_calvanov at 23:34Comments(0)TrackBack(0)

2012年03月05日

2012年春の北海道物産展に行ってきた

現在松坂屋名古屋店(以下松坂屋)とJR名古屋高島屋(以下高島屋)で、北海道物産展が行われています松坂屋に関しては明日(3/6)まで、高島屋は来週の火曜日(3/13)までとなっています。

今回の物産展に関しては、明らかに松坂屋の圧勝ですね。高島屋もいい商品が揃っているのですが、双方の百貨店に出店している店と比べて、また同じ食材の販売価格と比べても、松坂屋の方が種類が多かったり安かったりとオトクな場合が多いのと、新店が毎回多く出店している・新商品が多く展開されているのがその理由です。


8f52b675.jpgそんな北海道物産展の商品をピックアップして紹介。後から紹介する場合もあるけど、それはそれ(笑)。


まず最初は、北海道漬物コーナーの「海鮮キムチ」松坂屋に出店しているところで、いつも豆味噌を買っているところの商品。いつもは店の名前を出しているんだけどなぁ・・・。

キムチというと辛い・酸っぱいというイメージがつきまとうものの、このキムチに関しては辛くないどころか、甘みがあるくらい。酸味もなくはないですが気にはならないレベルで、イカの入った旨味もあってオススメです。



23e42ec7.jpg続いては、「白い恋人」でおなじみの石屋製菓のソフトクリーム。その名も「白い恋人ソフトクリーム」・・・ってそのままでんがな(爆)。
乳成分の味がしっかりしていて甘みたっぷりのソフトクリームになっています。
ちなみに、この商品は松坂屋・高島屋の双方で販売しています。



0e0d2cbc.jpg3つ目は、鮨処 竜敏の「四季の詩 いくら」高島屋で出展していた海鮮弁当を販売する寿司屋です。
見ての通り、いくらが全面に敷き詰められ、さけ・貝柱・かにが添えられています
少々上げ底だったのが気に入らなかったものの(苦笑)、すし飯のいい塩梅と具材の美味しさがよく引き立っている海鮮弁当になっています。



047bc9a5.jpg4つ目は、農家ダイニングTam-bo(タンボ)の「旭川しょうゆダレ 米粉のお好み焼き」(上)と「旭川しょうゆ焼きそば」(下)
松坂屋に今回初出店したところで、地元(旭川)で採れた野菜とお米にこだわった商品づくりをしているレストランでもあります。
どちらも野菜の旨味としょうゆ味のコクのある風味が最高。そして、一緒に入っている豚肉のそぼろ風のものがアクセントにもなっているので、食べ応えも十分です。

今回は双方を買ってきましたが、ハーフ&ハーフもあり、ワンコイン(500円)で買えるので、一緒に楽しみたいならそちらがオススメ。



80573cb4.jpg5つ目は十勝フードハウス ルナの
「十勝重重豚丼」

一見すると普通の豚丼ですが・・・。



614efda0.jpgご飯をすくうとご覧の通り。
中にも豚肉が入っているという、うなぎで言うところのうな重状態。
豚肉は2種類(ロースとヒレ?)入っているようで、タレの効いた豚肉とさっぱり味の豚肉と双方の旨味が味わえますし、タレの濃厚さはご飯とも相性が合っていいですね。



f47d129a.jpg最後は、櫻珈琲煎房 スイーツカフェの「櫻珈琲ジュエルソフト」(左)と「ジンジャーエール 辛口」(右)
ソフトクリームの甘さに無糖で渋いコーヒーゼリーとの味わいが相反しながらも互いに引き立て合って美味しいですよ。
対して、ジンジャーエールはのど元にまでピリピリくる強炭酸かつ辛みのある飲み物になっています。



毎度思うけど、北海道って美味いものが多いよなぁ・・・(嘆)。


人気ブログランキングへ ブログランキング・にほんブログ村へ  
Posted by alexey_calvanov at 23:58Comments(0)TrackBack(0)