2011年05月08日

春の新アニメ2011 ランキング ワースト

じゃあ、ワースト作品はあるのかというと、今回はそれも結構目立ちました。
ワースト3で見ていきましょう。
1位:30歳の保健体育


2位:もしドラ

3位:戦国乙女~桃色パラドックス~


1位の「30歳の保健体育」は実写に尽きる。
あれは低予算を借りたやる気のない作品でしかない。キャストも案外無駄遣い。そして強引すぎる展開。神がうざったい。オリジナルを大きく改悪した内容・・・。できることなら、オリジナルで攻めてほしかった
プロモV見た時には、そんな悪さは醸し出されなかったはずなのに・・・。
オリジナルの素材が非常に好評だっただけに、「カネを稼ぎたかったがために、無理に作品を作った」と言われても仕方がない・・・


この現象は2位の「もしドラ」にも。
集中放映を見た人達から、阿鼻叫喚なコメントが続出していたのが印象的です。
この作品は、あくまでドラッガーの本の解説本としてならいいのかもしれないですが、高校野球をムリクリに絡ませたことでおかしくなっちゃったと。そして原作者が野球に無理解だということや野球場がヘンとか様々にツッコミどころ満載で、冬の作品でやっていた「Rio」よりも別の意味で面白くなりそうかなと思ったら、大きなヤマも来ないまま終わっちゃった・・・って感じです(苦笑)。
最終回に見せた原作者の涙は一体何を意味していたんでしょう?「最後の猿の惑星」のエンディングに出てきた涙を流すシーザー像のように意味深ですね(ニヤニヤ)。


3位の「戦国乙女」は、もう何を言っていいのか・・・。
とにかくつまんない。戦国キャラを女人化して男共を釣れるほどアニメは甘くない(と思う(爆))。
あとはスポンサー様が自主規制してくれたおかげで、いい環境映像(という名のACジャパン)が拝めてうれしかったです(ニヤニヤ)。


正直、「30歳の保健体育」と「もしドラ」は期待が高かっただけに、この体たらくには残念極まりないです。


人気ブログランキングへ ブログランキング・にほんブログ村へ  

Posted by alexey_calvanov at 23:52Comments(0)TrackBack(0)