2020年04月09日

春の新アニメ2020 その4 波よ聞いてくれ

春の新アニメ2020、4回目は講談社の月刊マンガ雑誌である月刊アフタヌーンで連載しているマンガが原作の「波よ聞いてくれ」です。
基本的に事前情報をあまり入れないようにしていることが多いのですけど、つい最近Yahoo!で1巻全部を無料で読めるということで、ついつい読んでしまったのですわ。そうしたら一気読みしてしまいましたよ(汗)。それだけ面白い作品だと思いましたよ。そう思う部分は、この後紹介(爆)。


あらすじはこう(以下PCではイタリック体で表記)。


主人公は札幌のスープカレー屋で給仕をしている女性。ある時、泥酔している状態で偶然出会った放送局の男性に自分の失恋話を愚痴っていた

ところが数日後、自分の愚痴がラジオから流れてきた。隠し録りをされていたのだ。
とんだ醜態を晒してしまった彼女は、それを止めるために彼のいるラジオ局に乗り込んでいく。しかし、彼の口車に乗せられて、彼女はスタジオでアドリブトークを振られることになるのだった。そして、それがきっかけで冠番組まで持つことになるのだった・・・。



というふう。


まぁ、この作品はラジオ局でしゃべる女性の話・・・というふうよりも、彼女の恋愛模様を描いた作品なんだろうと思います。ラジオ云々はエッセンスなんですよ。でも、そこにもちゃんとゴールがあるんだろうと思いますけどね。
とにかく言えるのは、彼女のロック・・・いや下手をしたらヘビーメタルな性格(笑)が遺憾なく発揮されているんです。先述のラジオ局に乗り込むのも、速攻で行ってましたからね。かなりのドリフト利かせて(ニヤニヤ)。そして口から先に生まれてきたような、立て板に水なしゃべりもまたクール。とにかく主人公がカッコいい。惚れるわ(ニヤニヤ)。
あと、冒頭(爆)。マンガではBパートあたりで始まる彼女の愚痴からスタートするんですが、アニメでは自分の冠番組を持ったところからのスタート(マンガでの冒頭は回想録っぽくなっている)になっていますね。こうすることで、彼女の性格がさらに際立っていいと思います。っていうか、何でクマと戦ってんねん(ギャハ)!ということで、始まって数分も経たずにタイトル回収(爆)。彼女の冠番組の名前だったんですね・・・。


正直なところ、斜陽に拍車の掛かったラジオ業界に入った彼女が、北海道で人気のディスクジョッキー(パーソナリティーでも可)にどういうアプローチでなっていくのか楽しみでもあるし、いい男見付けて幸せになってほしいよね。まぁ、二兎追う者は一兎も得ずにならないか心配でもあるけど、強引に二兎得てしまいそうだなぁ(ゲラゲラゲラ)。


放送局・放送時間の詳細は、「続きを読む」にて。


人気ブログランキングへ ブログランキング・にほんブログ村へ  続きを読む

Posted by alexey_calvanov at 22:58Comments(0)

2013年07月09日

夏の新アニメ2013 その5 げんしけん 二代目

夏の新アニメ、4回目は講談社の月刊アフタヌーンで連載中の作品が原作の「げんしけん 二代目」です。


「げんしけん(現視研)」とは、「現代視覚文化研究会」の略で、作者が所属していたサークルの名前が由来とされています。作品の影響もあったのか、元々この名称が広まっていたのか、現在でも複数の学校で、サブカルチャー関連のサークルとして、この名称が使われています
この作品は2004年に第1期(2006年にこの1期がベースのOVAが発売)、2007年に第2期にあたる「げんしけん2」が放送されています。そのため、この作品が第3期(OVAも含めれば第4期)になります。このことを第1話の次回予告で逆手に取ってくるとは(苦笑)。確かに2期モノ多いね(ニヤニヤ)。
ゆえに、あらすじは割愛(爆)。第1期・第2期の主人公である笹原完二らが卒業し、後輩にあたる大野加奈子が4代目会長に就任。新たなる「げんしけん」がスタートを切ることになったところから始まります。


この作品、元々アクの強いキャラが多いんですけど、今回もアク強いな(ニヤニヤ)。しかも今回の新キャラが全て女子(と言いたいところだが、1人は男の娘)でしかも腐属性(汗)。まぁ、唯一(とも言っていい)朽木学が浮いちまってるわ、スーことスザンナ・ポプキンスが別の意味で際立つわ、個性が個性でぶつかり合って、それがコメディとして面白くなって昇華されているんですね。一応この二代目から見ている人達への救済措置として、OB・OG達が登場しているので、全く見ていない人達でもそれなりにわかるように配慮されているのも好感触
ただ惜しむらくは、仕方ない要素もあるとはいえ、既に出ているキャストの総取り替えが行われてしまっていること。面白い作品なんだけど、一部キャラで違和感を感じてしまったんですね(特にOB・OGのメンツとスー)。このキャラが昔のキャラそのままだったら・・・と思うとそこだけが残念かなと。

ちなみにこの作品、制作会社がコロコロ変わっており、今期はProduction I.G(第1期はパルムスタジオ(現パルム)、OVAは亜細亜堂、第2期はアームス)が担当しているんですね。それゆえか、ちょっとベタ塗りっぽい感じの絵柄になっています。このあたりは好みの問題なので、いかんとも言い難いですけど、キングレコード(スターチャイルド)の作品なのに、他社(シャフト)制作の「化物語」(発売元はアニプレックス)なんか出して大丈夫なのか(ギャハ)?


放送時間の詳細は「続きを読む」にて。


げんしけん コンプリート Blu-ray BOXげんしけん コンプリート Blu-ray BOX
DVD-BOX(2008年発売)もアリ。



げんしけん OVA COLLECTION [DVD]げんしけん OVA COLLECTION



げんしけん2 DVD-BOXげんしけん2 DVD-BOX



人気ブログランキングへ ブログランキング・にほんブログ村へ  続きを読む
Posted by alexey_calvanov at 23:28Comments(0)TrackBack(0)