2020年03月25日

延期だ延期

新型コロナウイルスの影響で、遂に世界的なイベントにまで延期の影響が出ました。
2020年7月に開催予定だった東京オリンピック・パラリンピックを1年程度(普通に考えれば来年7月まで)延期することを国際オリンピック委員会(IOC)のトーマス・バッハ会長と合意し、IOCの理事会でも承認されたことを発表しました。


当初は予定通りの開催を考えていたのですけど、新型コロナウイルスがアジアからヨーロッパ、そしてアメリカに広まろうとし、世界全体で見てもほとんどの国に広まっている現状を考えると、とてもやれる状況ではないという非難まだ特効薬ができていない中での開催はリスクがあるという非難、さらに日本の感染状況が治まっていないどころか、今後爆発的に感染が広がる恐れもある中で行われる、かつ渡航規制も掛かっている中で選手が日本に行けるのかという非難もありました。選手の中からも選手団の中からも延期を求める声が日に日に高まっていたとされています。つまりIOCや日本の組織委員会が予定通り行うことに対し、くぎを刺したのです。それで延期するかを4週間以内に決めるとしたのですが、それでも非難はやまず、ほぼ即断のような形で延期が決まったのです。


正直延期になっても様々な影響(特に選手の選考と会場の確保、他の国内外のスポーツイベントの調整)があるのですけど、中止になるよりかはよかったと思います。中止になれば、日本経済に計り知れない影響を与えることになり、一生懸命作ったハコモノの負債だけが残るという最悪のシナリオを描きかねないのです。もしかしたらギリシャ危機(ないしは、その後に発生したリーマンショックや現行のコロナショックと言われるもの)以上の恐慌を味わいかねなかったわけです。延期になったことを前向きに捉えて、今年開催していたらデメリットになったであろう物事を少しでも潰せるように努力すべきだと思います。
例えば、かねてから言われていたお台場の水質問題を今年の夏から本格的に対策を練って、できる限りきれいな水質で行えるようにすべきだと思います。これは延期になっていい効果を出せると思います。
また首都高の付け替え工事も、もしかしたらオリンピックに間に合う可能性も出てきましたコロナショックを和らげるための公共投資という意味でも迅速に取り掛かれないか検討すべきでしょう。また築地市場の跡地を通る道路もオリンピック延期で間に合う可能性のある道路になってきました。快適な移動を行えるように努力していくべきです。その他、オリンピックには間に合わなかったといわれていた工事が延期によって間に合う可能性をはらんできていることでしょう。ピンチをチャンスにして、一つでも多く完成させて、快適なオリンピックに近付けていきましょう。


オリンピック延期は負の側面だけでなく、いい側面もあるのだということも併せて報じてもらって、国民に意識の変革を促せていければ、オリンピックに向けてさらに盛り上がるだろうし、現状の閉塞感を和らげることができるのではないかと思っています。オリンピック延期をポジティブに、まだまだ祭りは終わらないんだと思いながら待とうではありませんか。


人気ブログランキングへ ブログランキング・にほんブログ村へ  

Posted by alexey_calvanov at 23:04Comments(0)

2015年09月04日

パクリはダメ、絶対!

2020年東京オリンピック・パラリンピックのロゴが結局使用取り止めになってしまいました。全ては佐野研二郎さんのデザインで決定したことに始まったことですが、このデザインがパクリの可能性を含んでいた点で、すぐに中止にしなかったことが今回まで尾を引いているのではないかと思います。
急速に進んだネット社会によって明らかになった、原案から修正案である今回決まったロゴデザイン、そしてそのロゴデザインの使用例として使っていた映像や過去の作品、ほぼ全てと言ってもおかしくないくらいパクリばかりというそのデザインに、怒りを通り越して呆れてものが言えなくなりました

だからこそ、今回の一件の全ての責任は組織委員会とロゴデザインをした佐野さんに負担させるべきで、かつ改めて佐野さんのデザインを全てパクリではないか洗い出し、徹底的に彼を絞るべきだと思います。仮にその罪は重くなくとも、社会的失墜は避けて通れないくらいの『厳罰』を与え、二度とデザインの世界でやっていくようなことを、この『パクリデザイナー』には考えさせないようにしないといけないでしょう。そして、東京都などが負担した経費、かつ各企業が損出した賠償の一部でも耳を揃えて払えと組織委員会と彼に言いたいです。それだけ、パクリは重いんです。


なぜ私がそこまでパクリに対してうるさく言うのかは、このブログを長いこと読んでいる人にはわかるかと思います。
過去にこのブログに来ていた人が悪質なネカマだっただけでなく、フリー素材や他のブログの写真を盗用して、あたかも自分ないしはその人の家族であるとねつ造し、他の人間の名誉を棄損するための手段として使用していたからです。フリー素材だからいいだろう・・・それは甘いです。人を傷つける行為や自分を偽るために使用するなら、れっきとした『罪』になるのです。


あの時から10年近くたって、まさかこんなことになろうとは。思うに、素材が上がると安易にそれを取れる(盗れる)社会というのは、自由な発想を生み出すのではなく、物事を手軽に済ませようというスナック菓子やファストフードを食べるかのような社会にしたのでしょう。


だからこそ、私は声高に叫びたい。


パクリダメ、絶対!



人気ブログランキングへ ブログランキング・にほんブログ村へ  
Posted by alexey_calvanov at 23:55Comments(0)TrackBack(0)

2015年06月22日

東京オリンピックの追加種目決定が最終段階へ

2020年に開かれることになった東京オリンピックでは、開催国の裁量で追加種目を決めることができるようになりました。具体的には、開催国での人気・国際的な競技人口の多さ・交際的な普及度・若者の関心の高さなどで最終選考に至る競技が決められていきます。その後最終選考で競技団体に競技会場の場所やコスト・競技日程・参加人数などをヒアリングして決めていくのだそうです。


そして今日、その東京オリンピックに行う追加種目の最終選考に残る種目が決まりました
これまでに26種目の応募がありましたけれども、その中で野球・ソフトボール、ボウリング、空手、ローラースポーツ、スポーツクライミング、スカッシュ、サーフィン、武術の8種目が残ることになりました。
この中から8月に行われる先述の最終ヒアリングでIOC(国際オリンピック委員会)に追加種目の提案をし、その競技で大丈夫かどうか審議され、来年8月のIOC総会で決定となります。


ウェイクボードのような人気のある種目が落ちたという想定外なところはあったものの、概ね想定通りの種目が残ったなぁと。この中で、ほぼ確実に残れるのは野球・ソフトボール、スカッシュ、ボウリングではないかと思います。

まず野球・ソフトボールは日本ではメジャーな競技であるという突出している点が挙げられるでしょう。逆にネックになるのは、ヨーロッパ・アフリカでの人気の低さと競技人数の多さでしょう。意外にもスタジアムの問題は解消できるのではないのかと思っています。何せ幕張メッセまで競技会場を持って来られるのですから、ほぼ同じ距離にあるQVCマリンフィールドでもほぼ同等な距離にある西武ドームでも問題ないというふうになるわけですから(ニヤニヤ)。下手したら地方球場でもOKになりかねない。

スカッシュは日本ではマイナーな競技ではあるものの、世界的には人気のある種目で、かつ見せるという部分では最も進んでいるので、テレビウケのしやすい競技になるのではと思います。さらに会場もコンパクトにできるので、少々狭いところでもプレイできるのが高評価に繋がるのかもしれません。

ボウリングは、日本ではそれなりに普及している、しかも60代以上の人達はボウリングに親しみがあるので、集客も十分に見込める日本や海外にはプロリーグもあるので、プロを呼べる可能性が高い。さらに会場となる場所も都内などにはまだまだ多くあります(ただし、観客を入れられる会場の整備が必要になって来るところが多いと思われ)


いずれにしても、この後選考に向けてのヒアリングが行われる時に、どういうふうに自分達の競技が魅力的なのかを訴えることになるでしょう人気におごることなく、世界に普及させるんだという意気込みで挑んでもらいたいものです。上手く行けば、継続競技として残れるかもしれないのですから。


人気ブログランキングへ ブログランキング・にほんブログ村へ  
Posted by alexey_calvanov at 23:14Comments(0)TrackBack(0)

2013年09月08日

東京、2度目のオリンピックへ

徹夜してその瞬間を待った人もいたことでしょう。


アルゼンチンのブエノスアイレスにあるヒルトンホテルで行われていたIOC(国際オリンピック委員会)総会で、2020年夏季オリンピック候補地の最終選考が行われ、2回の投票(実際は3回だが、2回目の投票は落選を決める投票のため、東京は関係しなかったため)の末、東京が候補地として選定されました東京でのオリンピック開催は1964年の夏季オリンピック以来56年ぶりになり、日本での開催は1998年の長野冬季オリンピック以来22年ぶりになります(ただし、1940年の東京オリンピックも返上したとはいえ、回数として公式記録に残るため、夏の開催は3回目になるとも)。

接戦になるとも混戦になるとも言われていましたが、ふたを開けてみれば東京の圧勝だったそうです。1回目は東京46に対し、イスタンブール(トルコ)・マドリード(スペイン)が共に26となり、その後マドリードが落選投票で落ちるという意外な結果になりました。


今回のオリンピックの候補地決定は開催理念と懸念材料の払しょくがポイントになったんだなとつくづく感じています。

マドリードが(意外にも)早々と落ちたのは、懸念されていた財政問題が噴出して止まらなかったことが原因なんでしょうね。この財政問題はバルセロナオリンピックが開かれたカタルーニャの独立問題(今まで様々な要因でくすぶっていたのが、今回の財政問題で再び勢い付いたとも)にまで発展したくらい深刻なものなので、いくら7年後といってもどうなてるのかわからない、下手したら国家崩壊もしかねないという状況下ではなかなか支持できないでしょうねぇ・・・。しかもさらに分が悪いことに、次回のオリンピックにパリが立候補すると言われており、ここでマドリードに決まってしまうと次回ヨーロッパでの開催はなくなってしまうという心理的状況も働いてこの結果になったのではないかと思われます。ある意味不遇な扱いを受けたかわいそうな候補地とも言えるのかもしれません。

対して、イスタンブールは候補地として最有力ともまで言われたものの、マドリードが急伸してきたこと、そして6月に起こった反政府デモの混乱、そこに緊迫化したシリア情勢も重なって一気に最初の落選候補とまで言われましたその状況下で、決戦投票まで進んだのは善戦とも言えるでしょう。内憂外患で候補地がするりと抜けてしまった、正直一番開催するべき場所だったのにとも思ったのですが、残念でなりません。5回目ということで、次回の立候補をどうするのかわかりませんが、インフラ整備も進めてしまっていることを考えると、次回の立候補もしてくるのではないのでしょうか。

そして、決まった東京にも問題がないわけではないです海外メディア等がしきりに福島第一原発の汚染水問題を挙げていますが、これが一番の課題だと思います。政府が本腰を入れると言ってますが、国際原子力事象評価尺度でレベル3と判定されているこの問題にどう対処するのか、7年で解決できるのか、そのあたりの具体的なロードマップを示さない限り、招致には成功したものの、今後の信頼度の面で疑念が出かねないと思っています。


しかし、東京に決まって正直うれしいですね。長野の時にも感じたのがアスリートの鼓動を生で感じられるのはうれしいですよ。何より多彩な競技を15日間の間十二分に楽しめるのですから。
高いだろうけど、絶対に開会式を見に行きたいなぁ・・・。


人気ブログランキングへ ブログランキング・にほんブログ村へ  
Posted by alexey_calvanov at 23:35Comments(0)TrackBack(0)