2019年03月19日

松坂屋の東北6県物産展に行ってきた2019

先日、松坂屋名古屋店で行われていた「東北6県物産展」に行って来ました。毎年行われる催しの一つで、北海道物産展ほどではないですが、美味しい店が揃っているんですね。北海道物産展は別格だもの(苦笑)。


SHV39_4544そこで頂いてきたものを今回は紹介していきましょう。


最初は、岩手県盛岡市にあるぴょんぴょん舎の「センナムル冷麺」
センナムルとは、どうも生野菜を調味料とごま油で和えたもののようです。



とにかく見て頂ければわかりますが、生野菜、特にサンチュがたっぷり入っております。このサンチュのシャキシャキ感とごま油など調味料の香ばしさが合いますね。他にきゅうり・パプリカ・トマトなどが入っており、みずみずしさも兼ね備えています。さらにモチモチな麺もあるので、肉はアクセント程度でも食べ応えの面では貧弱さはまるでなしです。


SHV39_4547もう一つは、青森県青森市にあるかわらの「味噌カレー牛乳ラーメン」
味噌ラーメンをベースに、カレー粉と牛乳を入れた、初見なら思わずえっ・・・と言いたくなるような作り(苦笑)。



名前のインパクトからホントに美味しいのと思ってしまうでしょうけど、ホントに美味い(笑)。
スープが牛乳のせいで白み掛かっていますが、牛乳の味はほとんど無く、味噌の味もあまりしない。むしろカレーのスパイシーな味わいが強く、まろやかさの点でかろうじて牛乳の要素なんだなと感じられるほどです。この塩梅は絶妙で、下手にやれば崩壊しますよ(汗)。何度も試行錯誤して作った賜物だと思います。
それに引っ張られるように麺や具材(わかめ・もやし・メンマ・チャーシューなど)も美味しくなります。中でも麺はスープによく馴染んでくれてスープの美味さをさらに引き立ててくれます
なお、バターを溶かすとスープのまろやかさがアップだけでなくコク深くなるので、早めに溶かすが吉です。


来年もこの時期になると開催されるのでしょうけど、また行ってみたいなぁと思います。今年はイートインが当たりだったなぁ・・・。


人気ブログランキングへ ブログランキング・にほんブログ村へ  

Posted by alexey_calvanov at 23:55Comments(0)

2018年03月19日

東北にエールを込めて

先日、松坂屋名古屋店で開催していた「東北6県物産展」に行って来ました
東北6県の名産品が色々揃っていた中、今回はこちらを紹介。


SHV39_2838最初は、Yahoo!の運営する通販サイト「東北エールマーケット」から「三陸の玉手箱」
「料理の鉄人」にも出演した大田忠道さんと岩手県陸前高田市のコラボ商品で、三陸で採れたいくらやズワイガニ、そして「たかたのゆめ」という地元の米を使った、地元尽くしの一品です。



まず米が美味い寿司酢でアクセントを付けているだけではない、甘みのある味わい。そこにいくらやカニの味わいが邪魔せず引き立てているので、なおのこと米が美味しい
いくらは小粒だけど、しっかりとした味を持ち、カニはしっかりとした身で甘みを中心とした味わいになっていました。


SHV39_2833もう一つは、山形県の後藤屋の「芋煮」。今回はセットで頂き、一緒に米沢牛の巻き寿司が付いてきました



見てわかるように、里芋の他、こんにゃく・ねぎ・きのこ(しめじ)・牛肉などが入った具がたっぷりな一品です。そのためか、味もそれらのだしが出ているけど、風味はあっさりとしていて、飽きの来ない味食べ応えも満点で、人によっては、これだけでお腹いっぱいになるかも。
さらに、にんにく味噌を入れると味に深みが増し、味噌とにんにくの風味とコク深さが増すので、にんにくが苦手じゃなければ、オススメです。
・・・個人的には、カレー味にしたかったなぁ(ニヤニヤ)。<芋煮の〆はカレーうどんなんだって。


人気ブログランキングへ ブログランキング・にほんブログ村へ  
Posted by alexey_calvanov at 23:56Comments(0)