2014年10月28日

あーやっぱイチバンだねー、わんだほー

東海3県(愛知・岐阜・三重)で放送されているフジテレビ(FNN)系列の東海テレビ。その中で放送された全国放送が何かしらのトラブルにより放送が停止してしまったという、最近ではあまり聞かなくなった放送事故が起こりました。


起こったのは、ドラマ「素敵な選TAXI」という番組放送中で、午後10時41分59秒から午後10時52分51秒までの10分52秒間。どうも「全てが嫌になっちゃった」というセリフを発した直後に起こったのだそうな。この間画面がブラックアウト(E203)状態に。この状態にどうしたのかと思ったのか、東海テレビのサイトにも一時アクセスができない状態になってしまいました。
その後、東海テレビのアナウンサーが謝罪することになったものの、何事もなかったかのように放送は再開されることとなり、現在でも肝心の原因は不明で委細調査中とのことだそうです。
タイミングの悪いことに今回、中日新聞で番組紹介として紹介されていたのでタチが悪い。そう考えると、普段より見ていた可能性があるわけです。当然ながら再放送を検討しなければならないわけですわ。恐らく土曜の昼間が妥当になるのではと思われます。


もう怠慢ですよね。全国放送でのハプニングならともかく、地方局のハプニング。しかも全国ネットの部分でやらかすのは意図のあるなし関わらず悪意があるとしか言えないです。ただでさえセシウム騒動で信頼が落ちている経緯があるのに、まるで反省していないとも思えてなりません。
私自身が(キー局の関係で)東海テレビをあまり見ていない、好意的に見ていないというのもあるので、少々差し引きして見て頂ければいいのですが、それにしても酷いわなぁ・・・。


人気ブログランキングへ ブログランキング・にほんブログ村へ  

Posted by alexey_calvanov at 23:55Comments(0)TrackBack(0)

2014年10月26日

どこで見知ったか知らんが、行ってきた

ホントに表題のとおりだよ(ギャハ)。


昨日・今日と久屋大通公園で行われていた東海テレビ主催の「わんだほ感謝祭2014」に行ってきました。<普段滅多に東海テレビを見ない人間がどういう経緯で知ったのか尋ねてみたいと思います。おいコラ、どこで知った、ワレ!?
・・・ノイタミナだよ、ノイタミナ。そこでしつこいくらいにスポットCMが流れてたからだよ(泣)。あそこ3分くらいソフトバンクの同じCM(以下略)。


SHL23_0940というわけで、サクッと紹介。


最初は、光の広場の「東海てっぱんグルメストリート」より、岐阜市神田町にある「めちゃうま屋台 かむえ亭」の厚切りベーコン
北海道産の豚肉で作られたものです。



こちらは、肉厚なので食べ応えは満点。そしてジューシーさはピカイチでしたね。


SHL23_0943続いては、同所のわんだほグルメマルシェから、山梨県にある八ヶ岳スモークのスモークベーコン
山桜のチップでいぶしたものです。



先程のベーコンとは違い、味はチップの風味がアクセントのように効いていてまた違った味になっています。さらに、脂っ気はそれほど多くないので、脂っこいのが苦手な人でも食べやすいのではないのでしょうか。


SHL23_09443番目も同所から、岐阜県高山市にあるだいすけ焼肉 本店から飛騨牛串焼き
今回は特上を頂きました。<・・・って、昨日高山行ってきたばっかやん、アンタ(汗)。



肉は美味いね。普通のとどう違うのかなんて言うだけ野暮だとは思うけど、肉のトロっとした風味、平たく言えばとろけるような味わいがその差なんでしょうね。そう思いたい(苦笑)。


SHL23_0946最後はエンゼル広場のご当地グルメマルシェから、名古屋市千種区にある「鳥重本店」のスナックチキン。同局日曜昼に放送されている「スタイルプラス」推薦の店です。
手羽先の骨付きがオススメとなっていましたが、今回は手軽さとよく売れていたのもあって、骨なしのむね肉バージョンをチョイス



こちら、むね肉とはいうものの、脂ぎってなくかつジューシーさは残っていて美味かったですなぁ。写真の量でもあっという間に食べられたので、脂っこいのが苦手な人でも大丈夫なのではないかと思います。


人気ブログランキングへ ブログランキング・にほんブログ村へ  
Posted by alexey_calvanov at 23:56Comments(0)TrackBack(0)

2011年08月30日

検証番組を見てても、こりゃダメじゃん

本日、東海テレビ「ぴーかんテレビ」で起こった不適切テロップ問題(通称「セシウムさん事故」)に関する検証番組が行われましたこの放送は生放送で約1時間、ノーCMで行われたのですが、問題のお米の産地だった岩手県での放映は見送られ、替わりに全国に向けてインターネット配信されることになりました放送日から2週間限定)。
この番組では、改めて今回の事故の起こった経緯を再現VTRと証言で構成され、今回の件で東海テレビがいかに更生すべきかを検証するものになりました。なお、この中で番組制作関係者として初めて今回問題のテロップを製作した50代の人物が登場しています


さすがに仕事中で見られないので、家に帰って東海テレビのサイトからストリーミング配信のものを見て、同時に今日の地元紙の夕刊にも掲載されていたので併せて読んでいますけど、この50代の人物の人物の発言が全くもって舐め腐ってる紙面で読んでも放送中のヒアリングを聞いていても全く反省の色がないというのか、こんなヤツがテロップ制作をしているのだなんておかしいと周りはわからなかったのかとも思いましたね。本人は陥れる気持ちとかはないと言ってましたけど、やってることがどう見てもそう思われてもおかしくないと感じています。
どちらの証言が正しいのかは検証しようがないですけれども、数度見てまだ不適切テロップが直ってなければ、タイムキーパーらはディレクターといった上層部に報告して直すよう指示を出させるはずこれができなかったタイムキーパーやアシスタントプロデューサーも猛省すべきだと思います。
しかし一番反省すべきはモラルのかけらもない50代の人物で、東海テレビ(もしくは関連会社)も今回の処分が8/28まで下せなかったことに関しては、懲戒解雇で臨んだとはいえ、遅きに失していると思います。解雇してもヒアリングはできたはずですし、状況(ヒアリングの拒否など)によっては法を盾にしてヒアリングを絶対化することもできたはずです。最初の検証番組の時点ないしは8/11の時点でなぜ出勤停止でのみに留めたのかが改めて疑問に感じています。この点は、打ち切りの判断が遅かった点と共に、今後追求しなければならない事象でしょう。


ところで、今回の放送でまだ終わりではありません。
岩手県、ないしは東北地方への贖罪番組を流すことも大いに結構、職員へのモラル向上も誠に結構ですが、今後東海テレビが打ち立てた再生へのロードマップがきちんとできているのか、自己批評番組ではない独自の枠で、視聴者が最も見ている時間帯に放送なしいは全国へ配信することが東海テレビの見せられる最低限の誠意ではないのでしょうか。
ただでさえFNN(フジテレビ系列)への目が厳しくなっている現在、FNNの模範たる番組制作を行ってほしいものです。


人気ブログランキングへ ブログランキング・にほんブログ村へ  
Posted by alexey_calvanov at 23:57Comments(0)TrackBack(0)

2011年08月05日

今回ばかりは「倒壊テレビ」と言わざるを得ない

東海3県(愛知・岐阜・三重)を放送エリアにしている、フジテレビ(FNN)系列の東海テレビ放送(THK、東海テレビ)平日の朝放送されている「ぴーかんテレビ」(9:55~11:30)で、昨日(8/4)行われた岩手県産のお米(いわゆる視聴者還元プレゼント)当選者を表示するテロップを誤って番組内の通販コーナーで流してしまったのですが、普通に当選者の名前が流れてしまったら、単なる放送事故で済むところを、誤ってリハーサル用の仮テロップを流してしまいました
この仮テロップも「愛知県名古屋市 東海太郎さん、岐阜県 山田花子さん、三重県 伊賀上野さん」とかの名前ならよかったものの、「怪しいお米 セシウムさん、怪しいお米 セシウムさん、汚染されたお米 セシウムさん」という表示を出してしまいました(約23秒)
番組内で謝罪をしたものの、当然視聴者は苦情等抗議が殺到、遂には岩手県が抗議文を出すまでご立腹の状態になりました。

事態を重くみたテレビ局サイドは、今日(8/5)の番組を休止番組パーソナリティが謝罪する番組を数分流した後、「トムとジェリー テイルズ」というトムとジェリーの新シリーズが穴埋め番組として9:58~11:30まで流されていました(かつて放送されていた「トムとジェリー」や「新トムとジェリー」と全く別のもの)。
その後、夕方の報道枠「スーパーニュース」(16:51~19:00)で、社長が事情を説明する検証番組を放送するため「スーパーニュース」は18:37までの短縮放送となりました。
なお、この検証放送の中で、誤ってリハーサル用のテロップを流してしまったこと、そのリハーサル利用のテロップを流した原因は単純な操作ミスと釈明していました。そして「ぴーかんテレビ」は、放送できる体制が整うまで休止するとのことだそうです。
またテロップ制作担当者は50代の男性だと言われています。


この一件、単純ミスで済むのかというのがまず第一、謝罪で済む状態になっていないのが第二、なぜ打ち切りにならないのかが第三、関係者の処分がなぜすぐなされないのかが第四の疑問点として挙げられます

今回の件は、表向きは「がんばれ東北」と訴えながらも、「東北の製品は放射能汚染されてるんだよね」と不評被害を広めたばかりか、仮制作のテロップでも作っていいものではないだろうということがわからなかったのかということに対し怒りを禁じ得ません。率先して視聴者に安心を届けるメディアがこの体たらく。酷いを通り越してもはや呆れます。
そういうことから、謝罪では済まないというのが頭にもたげてくるわけです。先述の仮制作でも作っちゃダメなはずのテロップを作って(単純な操作ミスとはいえ)流してしまった、しかもそれが物の分別の付くはずの年齢の人がやってしまっている(送信者は不明だが、同じくらい、もしくは「これはおかしい」とわかる年齢のはず)ことに対して、個人的なものも絡みますけど、(悪質な50代ネカマジジイに嫌がらせをされた)過去の経験上、あってはならないことですし、東海テレビ社員ならば即刻クビ、制作サイドの人間ならば制作会社の契約を打ち切るレベルに達しているはずだと思います。絶対に許してはいけません。

そして、なぜ休止なのか休止ではなく、ここまで火の手を上げているのならばお取り潰しレベルになっていてもおかしくないです。過去こういったケースで再開したことはないと思います。本当に東海テレビ、ないしはフジ系列のコンプライアンスがザルなのではと思っています。


状況が状況なら、この罪は重く、番組打ち切りでは済まなくなるでしょう。過去にあった、関西テレビ・静岡第一テレビ・福岡放送の不祥事のように民放連の追放、最悪の場合は、それ以上で放送史史上初の免許取り上げも視野に入れるべきだと思います。


人気ブログランキングへ ブログランキング・にほんブログ村へ  
Posted by alexey_calvanov at 23:49Comments(2)TrackBack(0)

2011年07月16日

夏の新アニメ2011 その8 うさぎドロップ

夏の新アニメ、8回目は女性向け青年誌「FEEL YOUNG」で連載されていたマンガが原作の作品「うさぎドロップ」です。
既に連載は終了(今年の春に終了し、現在は番外編の連載のみ)しているものの、今年の夏には実写映画での公開も控えており、メディアミックスが図られています。ちなみに、主題歌を歌っているPUFFYの♪SWEET DROPSは、映画版でも主題歌としても使われているという珍しい形を採っています。


あらすじはこう(以下PCではイタリック体で表記)。


河地大吉は30歳独身のしがないサラリーマン。1人暮らしゆえに平凡な毎日を送っていた。
ところがある日、大吉の祖父が死去。その葬式に駆けつけると、一人の少女が庭先でぽつんといるのを目撃する。
彼女の名前は鹿加りん。何と祖父の隠し子だというのだ。
驚愕する大吉。隠し子ということで扱いをどうするか悩む親族。遂にはりんを巡って親類同士が押し付け合いを始め、果ては施設に入れようと決めそうになった。
そこで、業を煮やした大吉が一言、「オレがりんを預かる」。「りん、行くぞ」。
かくして、未婚の『父』と『娘』との2人暮らしが始まるのだった。



というふう。


第1話が死を扱った題材ゆえに、切ない部分はあったわけですが、総じてりんの扱いの不遇さが浮かんできた回ですね。そして主人公の名前に反して幸薄そうなところといい(苦笑)。
でも、深夜帯にしてはもったいないくらい丁寧に描かれた作品になっています。思ったほど期待はしてなかったんですが、人物像の詳細もちゃんとしていてかつ愛憎をしっかり描いています主人公の甥っ子にあたる麗奈にちょっとした殺意を覚えましたよ(爆)。

あとは、主題歌が合ってない(汗)。映画とのタイアップ的な部分が合って仕方ないとはいえ、ちょっとあの主題歌はなかろうに・・・。暗い作品ではないんだけど、それにしては明るすぎる。


作品そのものはハートウォーミングの名に恥じない作品に仕上がっているのでオススメできると思います。


※放送局などの詳細は「続きを読む」にて。


人気ブログランキングへ ブログランキング・にほんブログ村へ  続きを読む
Posted by alexey_calvanov at 21:57Comments(0)TrackBack(0)

2011年01月26日

おいしゅういただきました

・・・今日ね、SKEを頂きました!<えーなんだってー!
もうね、たまらないね(ニヤニヤ)。プリプリでいい塩梅の旬な子達はたまらんね!<オマエ、俺の松井●奈・珠●奈、平松●奈子や古川●李ちゃん達を頂いたというのか(ぷるぷるぷる)!
全身舐めるように見たけど、みんな思った以上に小ぶりでしたよ(ニヤニヤ)。<貴様、触(以下自主規制)。


・・・せっかくだ、おまいもどうだい(キリっ)。


・・・


・・・・・・


・・・・・・・・・

  続きを読む
Posted by alexey_calvanov at 23:29Comments(0)TrackBack(0)