2019年09月25日

【やっちまった】浦和、アマチュアに惨敗【ここですCar】

まぁ、浦和レッズの名誉のために言っておこう。相手はアマチュアだけど、最強のアマチュアだったんだよ。


天皇杯4回戦、AFCチャンピオンズリーグ出場のため、この日までずれ込んだ試合、埼玉スタジアム2002で浦和×Honda FCが戦うことになりました。
この試合の後もAFCチャンピオンズリーグが控えていることもあって、スタメンをユースの選手など10人(つまりゴールキーパー以外全て)入れ替えて臨んだ浦和。しかし、この策が裏目に出てしまいます連携が上手くいかず、逆にHonda FCの攻めを受けることになったようです。
それでも前半は0-0でしのぎ、後半にチャンスを窺おうと思っていたものの、終盤に相次いでHonda FCにゴールを決められてしまい、0-2で敗戦という結果になったのです。延長に持ち込めなかったんですよ、あのJ1チームが。


まぁ、アマチュアとはいえ、相手がHonda FCならスタメンクラスを何人か入れておくべきだったかなと。何せ相手は最強のアマチュアJFLで3連覇していて、今年も春先調子が悪かったものの、その後立て直して首位をひた走っているチーム天皇杯でもJリーグのチームをカテゴリー関係なく破ってきたところなんですよ。いくらAFCチャンピオンズリーグが優先とはいえ、舐められたものですね、Honda FCにとっては。
不運だったといえば、出ると言っていたであろう槙野智章選手を不適切発言で出場停止という形で欠いたことかな。彼がいれば少しは展開が変わっていたかもしれません。
いずれにせよ、最強のアマチュアという冠を頂いたHonda FCは伊達じゃなかったということです。


これにより、準々決勝に残ったのは、ヴィッセル神戸、大分トリニータ、サガン鳥栖、清水エスパルス、V・ファーレン長崎、ヴァンフォーレ甲府、鹿島アントラーズ、Honda FCとなりました。このうち、Honda FCのみがアマチュアで、長崎と甲府はJ2になります。
組み合わせは、ヴィッセル神戸×大分トリニータ、サガン鳥栖×清水エスパルス、鹿島アントラーズ×Honda FC、V・ファーレン長崎×ヴァンフォーレ甲府となります。Honda FCの快進撃がどこまで進むのかがポイントになるでしょうね。ちなみに、Honda FCは鹿島に勝つとJ2のチームとの対戦になるので、恐らくこの鹿島戦が大きなヤマになるかと思います。もちろん、その後がJ2だからと気を抜けば負けてしまうのは、Honda FCだから勝てると思ったチームと同じこと。気を抜かずに最後まで戦い抜いてほしいものですし、新しくなった国立競技場のピッチにアマチュアチームがいたら最高じゃありませんか。


人気ブログランキングへ ブログランキング・にほんブログ村へ  

Posted by alexey_calvanov at 23:55Comments(0)

2019年02月07日

浦和(さいたま)にあるのに鹿島って

さいたま市にある銭湯が、サッカーファン(特にさいたま市の旧浦和市を本拠に置く浦和レッズのサポーター)の間で話題になっています。その銭湯の名は、鹿島湯
うわーやっちまったなー・・・と言うのは、実に早計。鹿島湯の『鹿島』は同じJ1に所属する鹿島アントラーズからではなく、鹿島湯のある地名(通称)の鹿島台から来ているのです。銭湯開業を思い立った時、初代だった3代目の祖父(故人)が、鹿島台と呼ばれていた地名から採ってこの名前にしたのだそうです。ただし、実際の地名は違う(現在の地名は別所)とのことで、その名前になっていたら、今日のようなことにならなかったのか、あるいはここまで愛される銭湯になっていなかったのかもしれないわけで・・・。
そんなわけで、付けちゃいけない相手チームの名前の名が付いた銭湯、Jリーグが開幕した1993年からにわかに色めき立っちゃったんでしょうねぇ。一時は、この名前のせいで旧浦和市のメンツからそっぽを向かれたという話もあったそうで。それでも改名もせず、「この地で一番名乗ってはいけない名前で、私たちは営業を続けてきました」と胸を張って言っているのだから、素晴らしい。


そんな鹿島湯の3代目が遂にはっちゃけちゃった(笑)。ある種自虐的なポスターで宣伝をし始めたのです。先述の「この地で一番名乗ってはいけない名前で、私たちは営業を続けてきました」も、そのポスターの(文言の)一つ
別のポスターでは、自虐のオンパレード。中でも、「肩身はせまいですが、湯船はひろいです」・「名前のせいで経営難」・「ほら、ジャイアンツファンの人だってヤクルト飲むじゃないですか」・「埼スタを建てたのだって、鹿島建設さんじゃないですか」は、個人的に見てもなかなか言えたもんじゃない。しまいには、「レッズファンのみなさん、鹿島『湯』のファンにもなってくれませんか?」とまで。愛らしい銭湯じゃないのよ。


全国的に銭湯が無くなっている今、このような個性的な宣伝で活路を見い出そうとする動きもあります。最近では、銭湯の緩さと敷居の低さがクローズアップされ、再注目されているという動きもあります。そうはいっても、人が来ないだけじゃなくて、後継者がいないとか施設の老朽化とか原材料(大概の場合は灯油などの石油で火を起こしているが、鹿島湯のように薪で火を起こしているところもある)の高騰など複合的な原因があるからねぇ・・・。


ちなみに、3代目は浦和レッズの大ファン。だから、「鹿島湯は、浦和レッズを応援しています」と宣言しています。こんな素晴らしいサポーターはいないよ。行ってあげようよ、浦和レッズのファン・サポーターの皆さん。


人気ブログランキングへ ブログランキング・にほんブログ村へ  
Posted by alexey_calvanov at 23:44Comments(0)

2016年06月09日

赤き血のイレブンはJの世界に生き残れるか

サッカーJ1に所属する浦和レッドダイヤモンズ(浦和レッズ)。設立当初からプロチームになるまで三菱自動車の影響を受けていたチームでもあります。ここ数年は三菱自動車の影響は薄くなったとは言われているものの、まだまだ三菱自動車の傘下にあるチームではあります。
しかしながら、今年発生した燃費データ不正問題により、三菱自動車の運営が悪化同業者である日産自動車と業務提携を結ぶ事態になりました。


普通なら、ああ大手自動車メーカーの合併に繋がるのかね・・・で終わるところ。ところが、サッカーファンから見ると、やべぇうちのチーム無くなるんじゃないのという危機感をもって見られているのです。
実はJリーグの規約では、公平性を期すために同一人物(団体)が、複数のクラブを保有または影響力を持って支配することを禁止する条項があるのです。
つまり、今回日産自動車の傘下に入ることになった三菱自動車は、資本関係などの精査次第ではその条項に触れかねないということなのです。単純に傘下に入っただけならば、浦和も日産自動車の関係が深い横浜F・マリノス(以降横浜FM)も双方存続できると言えるわけです。


ちなみに、Jリーグのチームが無くなったという事態は過去に1度だけあるのですが、それも横浜FMが絡んでいます
かつてJリーグには横浜フリューゲルスというチームがあったものの、スポンサーの撤退などにより経営が悪化1998年に消滅することになりました。ただし、公式上は横浜FMへの合併による消滅とされているのです。
なお、横浜フリューゲルスのサポーター達がチーム存続のために動いてできたチームが今日J2に所属している横浜FCです(ただし、横浜フリューゲルスとの連続性はないことにされている)。


今回の危機は、横浜フリューゲルスのそれに近いものがあり、状況によっては浦和か横浜FMかの選択を迫られることになるかもしれません。その時、浦和のサポーターは埼玉県の企業を動かせる市民クラブに脱皮できるのか、横浜FMのサポーターも浦和のような覚悟が持てるのか、いやいや双方存続できるから楽観視しているというふうなのか、正直まだこれからの部分もあるのでわからないところもあります。
しかし、過去存続の危機に立たされたクラブはたくさんありますそこから得た教訓は地域との密着と郷土愛にあふれた実業家の招へいに掛かっていると思います。どちらも大企業の庇護を受けているチームなので、そこからの脱皮は大変ですが、より進化・深化するためのいい機会になるのではと思います。


人気ブログランキングへ ブログランキング・にほんブログ村へ  
Posted by alexey_calvanov at 23:58Comments(0)TrackBack(0)

2014年03月14日

次はもうない

サッカーJ1の浦和レッズが3/8の試合時にホーム裏で「JAPANESE ONLY」という横断幕を掲げたことが大きな波紋をもたらしました。
これは、3/8の鳥栖戦において、試合前にこの横断幕を掲げ、試合中に観客から差別的ではないかという指摘が挙がっていたのにもかかわらず、試合が終わるまで掲載を許し、かつ経営陣への報告が試合終了後約5時間まで成されていなかったのです。


この問題で、浦和はけん責処分に加え、1試合(3/23の清水戦)の無観客試合というJリーグ史上初の処分が下されました。
これまでは制裁金(罰金)というのが重い処罰でしたが、今回の一件ではさらに一歩踏み込んだことになります実は制裁金と無観客試合の間には中立地での試合というのもありましたが、今回はサポーターが起こした問題ということを旨においた処罰だったので、この処置になったのでしょう。
ちなみに、無観客試合の上の処分はというと、処罰の軽い順から重い順に、試合没収(試合を没収し、0-3でアウェイの勝ち扱いにする処分)・勝ち点減(最大15点まで減少)・次年度のカップ出場権はく奪・下位ディビジョンへの降格(J1の場合はJ2へ、J2の場合はJ3へ、J3の場合は恐らくJFLへ)・クラブ除名(いわゆるお取り潰し。総会で3/4以上の賛成が必要)となっています。


さて、今回の件に至った背景なのですが、浦和というチームが過去にサポーター絡みで様々な問題を起こしていることに端を発していますホームグラウンドでアウェイのサポーターとの小競り合いを起こしたかと思えば、アウェイでもホームチームのバスに爆竹を投げつけたり、今回のような差別発言を投げかけたりと、とかくJリーグのサポーターの中では一番印象が悪いと言ってもいいでしょう。その時に浦和は再三再四警告を受けており、主な処分だけでも4度制裁金を支払っています。ゆえに、今回の一件は「仏の顔も三度」どころの騒ぎではなかったとも言えます。やっとJリーグサイドが重い腰を上げたとも言えるのです。


で、今回の一件への処分、私は妥当だと思っています。むしろ今シーズンの主催試合は無観客たるべきとも思っていたくらいでしたから。少なくとも1億円で済んでよかったと浦和の経営陣は思っていいくらいです。
また、この一件に対し、即座に他チームのサポーター、中でも岐阜サポーターの「Say NO to Racism」や札幌サポーターの「応援好きONLY」などのような強烈なメッセージ(「JAPANESE ONLY」を掲げた浦和サポーターへのアンチテーゼ)を打ち出せたことは大きいです。人種差別撤廃がきちんと日本のサッカーでは生き残っていると思えましたよ。


しかし、これで浦和は次がないことは確信を持って言えます今度同じような事態が露呈すれば、確実に浦和レッズは無くなるでしょう。いや、むしろそうしなければ他のチームやサポーターが黙ってないでしょう。


これ以上「浦和はJリーグの面汚し」といった不名誉なことを言われない・言わせないためにも、経営陣やサポーターの面々は今回の一件を猛省すべきです。


人気ブログランキングへ ブログランキング・にほんブログ村へ  
Posted by alexey_calvanov at 22:45Comments(0)TrackBack(0)