2019年02月06日

豚コレラ拡散

豚コレラウイルスが遂に愛知県をはじめとする5府県に拡大したそうです。


元々愛知県では野生のイノシシが感染しており、既にはびこっているのではないかと言われていましたけれども、遂に養豚場に侵入してしまい、感染してしまいました。あまつさえ、ここで食い止めないといけないのに、わかっていた(らしい)のに、長野県・滋賀県・大阪府・三重県、そして既に豚コレラウイルスの発生している岐阜県に出荷してしまったというのだから、性質が悪い。その結果、三重県以外の4府県で観戦した豚が確認されました。


なぜおかしいと思った時点で止められなかったのか。養豚場の判断に責任を問われるだけでなく、愛知県・厚生労働省など県や国の機関にも重大な責任があると思います。真摯に対応し、二度とこの事態を招かないように早急な対策とマニュアルを配備し、全国に教訓として開示してほしいものです。

ちなみに、幸いなことと言ってもいいのですが、豚コレラウイルスに感染した豚を食べても、今のところ人間へ感染することは無い(人間には感染しない種のウイルス)とのことなので、深く警戒しなくてもいいそうですけど、いつ何時あってもいけないので、殺処分するのは仕方ないのかなと思います。ただ、これによって養豚業者が立ち行かなくなるのも事実なので、できる限り安全と確認できた豚は積極的に食べて応援するようにしていきたいものです。


人気ブログランキングへ ブログランキング・にほんブログ村へ  

Posted by alexey_calvanov at 23:58Comments(0)

2016年10月19日

滋賀県民「琵琶湖の水止めたろか!」→京都府民「止めてみなはれ!」

滋賀県民が関西圏(特に大阪や京都の人達)との会話の際、彼らの発言に窮した時に返す文言の一つに、「琵琶湖の水止めたろか!」というのがあると思います。


じゃあ実際にやってみたらどうなるんだと、とある方が検証した結果をツイッター上で発表したそうです。
この検証はGoogle Earthを利用し、任意の標高に画像を貼り付ける「イメージオーバレイ」という標準機能を応用して、水にあたる青色の半透明の平面を上下させて推移を表現したとのこと。専門的な知識がなくとも簡易的に表現できるので、わかりやすいと言えばわかりやすいですね(もちろん専門的なものを使えば、より正確に出るのでしょうけど、あくまでネタの検証ですから(笑))。


まず瀬田川洗堰全閉・琵琶湖疏水取水口封鎖・宇治発電所取水口封鎖を敢行したところ、琵琶湖沿岸域とその周辺の水田地帯がものの見事に沈んだそうな(笑)。アカン、既に詰んでる(苦笑)。
これにより、滋賀県最大の都市である大津市・南東部の主要都市である草津市や近江八幡市・北東部の主要都市である彦根市や米原市も沈むことに。あまつさえ、瀬田川洗堰からあふれた水が瀬田川を通じて京都方面に流れてしまうという情けない結末に。

じゃあ、瀬田川への流出を完璧に封鎖しようと考え、湖南地方にある山麓(湖南アルプス)を爆破したらどうなるかというふうでシミュレーションを掛けたところ、水位が30mほど上がったところで、東海道本線(琵琶湖線)のトンネル(新逢坂山トンネル)から流れ出てしまって意味なし(ギャハ)。もちろん、滋賀県の被害区域はますます広がってしまうばかりで、大津市はほぼ沈み、長浜市は完全に水没してします。アカン、このままでは自滅まっしぐらや(ニヤニヤ)!

もうこうなりゃと、トンネルの穴という穴を全て塞いでやると鼻息荒くやってしまったら、水位は80mに上昇し、滋賀県平野部のほとんどが沈んでしまいましたとさ(泣)。あまつさえ、逢坂山の山あいから水が漏れ、どうあがいても京都方面へ水の流出は止められなかったとさ(苦笑)。もう何やってもアカンかったんや・・・。


結論として、軽はずみで「琵琶湖の水止めたろか!」と言ってはいかんのです(ニヤニヤ)。滋賀県民は豊富な水により、自らの首を絞めてしまうわけなのです。
ゆえに、ギリギリまで溜めて流す方が効果的<不謹慎だからやめんか!


人気ブログランキングへ ブログランキング・にほんブログ村へ  
Posted by alexey_calvanov at 23:59Comments(0)TrackBack(0)

2015年06月13日

これは大丈夫なのか(爆)!?

SHL23_1639先日、会社の旅行で京都方面に向かったのですが、帰りは地理的関係上、滋賀県に寄ることになるわけです。その時セブンイレブンで売っていたのが、「近江の味!サラダパン」という代物。山積みで置いてありました(爆)。

滋賀県(特に北東部)の方はご存知だと思いますが、つるやパンで売られている、あのサラダパンです。しかしながら、この商品は、つるやパンが製造を行って販売しているのではなく、セブンイレブンが別の会社(フジパングループのエフベーカリーコーポレーション)を通じてお願いして作ってもらっているもののようです。

中身は、つるやパン製の物と同じで、コッペパンに切れ目を入れ、その中に刻みたくわんとマヨネーズを和えたものを塗る感じで入れております。まぁ、アレンジのしようがないと言ってしまえばそれまで(苦笑)。



味に関しては、本家本元を頂いたことがないので比較はできないのが残念なところですけど、食べた感じは、しょっぱいね・・・と(ニヤニヤ)。それにマヨネーズの酸味が加わって不思議な味わいになっております。でも不味くはないです。不思議には思うけど美味いなとは思わせる一品です。これは滋賀県民の心をがっちり掴むはずだわ
ちなみに、コッペパンがふかふかで美味かったです。どうもセブンイレブンの普段提供しているコッペパンと違うのではないかという話ですが、そないなこと言われても、普段他製品でのコッペパンと(以下略)


人気ブログランキングへ ブログランキング・にほんブログ村へ  
Posted by alexey_calvanov at 20:46Comments(0)TrackBack(0)