2016年03月26日

FC岐阜観戦記2016 第3節 今年もアイツがやって来たのだよ!

FC岐阜、今回は水戸ホーリーホックとの一戦を迎えました。そう、水戸といえばガルパンことガールズ&パンツァー。そう、水戸といえばアニ×サカですよ。
今年のアニ×サカは、いまのところまだ詳細が明らかになっておりませんが、やるということだけははっきりしました。ただ、東京ヴェルディは撤退という噂があり、逆に「ハルチカ~ハルタとチカは青春する~」とのコラボを発表した清水エスパルスが参加するのではないかという噂もあります。いずれにしても続いてよかったよかった。


さて、岐阜は前回は愛媛FCとの一戦でした。アウェイ先は魔境などと呼ばれ、いまだ勝ち星のないところだったのですが、そのうっ憤を晴らすかのように0-3と快勝その門戸を切り開いたのが、今年入った瀧谷亮選手。恐れを知らない若手の一撃が呼び水となり、風間宏矢選手やレオミネイロ選手のゴールを招き入れたのでしょう。しかも今年J2に戻った松本山雅同様、堅守で名を馳せた愛媛から3点も取れたのは上等です。もっと言えば、ギラヴァンツ北九州戦でケガをし、ベンチからも外れていた高地系治選手を欠いた状況での3点、素晴らしいです。

対する水戸はいまだ勝てない状況。いいところまで行っても引き分け、もしくは負けというのは、かつて岐阜が嫌というほど味わった状況。死に物狂いで挑んでくるのは間違いないでしょう。


SHV32_2284いざ試合が始まると、水戸の死に物狂いの攻めで来るのではという予想が当たってしまいましたよ。何とか初勝利をという水戸の思いが乗り移って、終始攻めモード。それを岐阜が何とか防ぐという形になっていました。それでも岐阜の守備は綻ばない。普段ならどこかでピキピキと崩れて失点というパターンなのに、その様子が微塵もないのですよ。2連敗の後で2連勝となっていますけど、この変わり様は素晴らしい。

すると、岐阜にチャンスが巡って来ます。
前半42分、オーバーヘッドを決めようとしたレオミネイロ選手に伊藤槙人選手が突っ込んで衝突。これがペナルティエリア内だったこともありPKとなりました。これをレオミネイロ選手が冷静に決めて1点先取。そのまま前半が終わりました。

後半は何としても同点に追いつきたい水戸の猛攻が前半以上になり、岐阜を押しのけそうな勢いでしたが、守備陣も頑張ったし、のうりんおじさ・・・いえいえ(苦笑)、高木義成選手のセーブ、そして功を焦った水戸が起こしたオフサイドという幸運にも助けられ、何とか岐阜が抑え込む格好になっていました。
終盤、田森大己選手がケガで抜け数的不利に陥っても、全員守備で必死ながらも冷静に対処していたのが印象的でした。去年までなら総崩れでしたよ、ホント。だから、スポナビ(SportsNavi)さん、今回は悪い癖じゃないのよ(苦笑)。


そして、勝った!今回はスコア表示の前に、こんな粋な演出が。



SHV32_2286その後にスコア表示が。
・・・あれ、知らん間に前後半のスコアも表示するようになったのね(汗)。



SHV32_00040001見てわかるかと思いますが、今回はホーム自由席(スコアボード側)という第3~第4コーナーあたりで観戦しました。野球で言うと外野席ですね。応援団が集まるところというとわかりやすいでしょうか。
そこから見ていたので、臨場感と一体感は満喫できました。いいところだわ。そして、選手達が近くで見られます
ちなみに、今回リザーブメンバーだった田中パウロ淳一選手、サポーター達に乗せられて上半身裸にまでなってしまい、関係者などからお説教されなかったか心配です(笑)。



これで岐阜は3連勝実に7ヶ月(8/23の栃木SC・8/26のザスパクサツ群馬・9/13のギラヴァンツ北九州)ぶりです。次は9年ぶりの4連勝を掛けてアウェイで徳島ヴォルティスと対戦します。その次の試合もアウェイで連戦となり、カマタマーレ讃岐と戦います。徳島と香川は隣県同士なので、岐阜に戻らずに相手先で練習するのかしら。ともかく、ここで調子を崩さずに戦い切れれば本物でしょう。


このアウェイ2連戦を終えると、前半のヤマになる松本山雅との一戦が控えています。調子が悪くとも堅守速攻で名を馳せ、J1を戦い抜いたチームです。気は抜けません。


ちなみに、アニ×サカの様子は、もう少し先に紹介させて下さい(爆)。収めたい写真がまだあるにもかかわらず、勝った喜びで疲れて、家に帰ったら泥のように寝てしまったわい(ゲラゲラゲラ)。


人気ブログランキングへ ブログランキング・にほんブログ村へ  

Posted by alexey_calvanov at 23:58Comments(0)TrackBack(0)