2019年04月20日

グーグルマップを過信してはならない(戒め)

先日、北陸方面に出張に行って参りました
朝早くに特急しらさぎに乗って、最寄りの駅に。そこから出張先までケータイで調べてみた。実は去年一度行っているので、その時はタクシーで行ったものの、何だ大した距離じゃないなと思ってたのよ。
だから、今回は歩いて行ってみようと思ったのだ。それゆえにケータイで、グーグルマップでググってみたんだよ。
・・・なんだ、3kmちょいじゃん。少し歩くには時間が掛かるけど、行けない距離じゃないな。
・・・そう思った私がバカでした。


SHV39_4755最初は舗装された道を歩いていたものの、少し経つと両端が田んぼの道になってきたよ。



SHV39_4756いや、その頃はまだよかった。
もう少し進んだら、道があぜ道になってきたよ(泣)!当然ながら、周りは田んぼばかり。はるか遠くにイオンが見えるけど、それがまるで蜃気楼に浮かぶ街のようだよ・・・(大泣)。



そういうわけで、40分くらい歩いたのがはるか遠くまで歩かされたように感じられ、3kmというのはググってマップが導き出す最短ルートでしかなかったんだなと痛感道路事情なんて気にしていないのかよ・・・。

まぁ、こういうのは田舎あるあるなのかもしれないが、都会ではなかなか味わえない感覚ですわ。でも、逆手に取れば、ググってマップが示したルートで目的地に向かう遊びというのもできなくはないわね。もしかしたら、もっとすごい道を歩かされるかもしれない(ニヤニヤ)。

なお、さすがに帰りだけは、この経験と帰りの特急に間に合わないとアウトなのでタクシーで帰った模様(爆)。


SHV39_4757さぁ、頑張ったご褒美だ・・・と言わんがばかりに、駅前のAL.PLAZA(平和堂のブランドの一つ)に入っていたばらずしというところで「うなぎちらし」買ってきた



・・・うなぎ美味いね(ニヤニヤ)。ちらしずしになっているから、すし飯のほのかな酸味とうなぎの美味さがバッチリ。元々石川県では有名な回転寿司屋の海天すしという店のやっている店だからね。


SHV39_4758一緒にスーパーで「悪魔的なおにぎり」(上)と「豆ごはん」(下)も買ってきたよ。



「豆ごはん」はオーソドックスな味。関西圏ならお馴染みの味で、塩気の利いたグリンピースが美味いです。
「悪魔的なおにぎり」は、えびが入ってちょっとリッチな味わいに。天かすやつゆの風味が合わさって、薄味ながらも味の濃さを感じられるいいおにぎりです。

え~、なお出張を堪能していて、会社に電話連絡を入れずものすごく怒られたのは内緒だ(ギャハ)。


人気ブログランキングへ ブログランキング・にほんブログ村へ  

Posted by alexey_calvanov at 23:58Comments(0)

2017年11月05日

そして僕は途方に暮れる(ギャハ)

金沢に着きました。
着いたはいいけど、バスが無い(爆)。えーっと思ったら、出た直後(泣)。西口にあるという時点で察するべきなのか、元々観客動員(以下自主規制)


ともあれ、待ちぼうけとなりました。何か野良稼ぎできないかしら(苦笑)?<こう言えばいい。右や左の旦那様ってね(ニヤニヤ)。


・・・早くバス来ないかなぁ。


そして僕は途方に暮れる(25th ver.)(初回盤)(DVD付)
♪そして僕は途方に暮れる(25th ver.)



まちぼうけ
♪まちぼうけ



人気ブログランキングへ ブログランキング・にほんブログ村へ  
Posted by alexey_calvanov at 11:45Comments(0)

2017年07月24日

島根・九州から秋田・北陸・新潟へ飛び火。これから岐阜へも

水の話なのに、『飛び火』とはこれいかに。それは集中豪雨の展開がそうだから。


7月は島根県と九州(特に福岡県と大分県)で大雨が降り、九州では九州北部豪雨という名称が付くほどの大規模な豪雨災害になりました。もちろん、その周辺地域でも大雨が降っているのですが、左記の地域の降り方は尋常じゃないんですよね。

その尋常ではない降り方が、先日東北地方にも襲い掛かりました。そのターゲットになったのが秋田県秋田県内(特に山間部)で大雨になり、河川の氾濫が起こっておりました。今のところ、大きな被害に遭った中でも人的被害の少なさに少し安堵しておりますけど、まだこれから被害状況が明らかになってくると思うので、気は抜けない状況ですね。
ちなみに、こんな状況下で、酷くなる前の日から知人と宮城県へゴルフに行っていて、へべれけになっていたから秋田県に帰れなかったという県知事は喝ですな。へべれけになってでも帰れと。帰っていれば、あとは何とかできる部分もあるんですから。
あとは、この状況下でJ3の試合を強行したブラウブリッツ秋田の運営も喝を入れたい。お客様の安全を第一にしなさいと。J3は中断期間があるんですから、そこに振ればよかったんじゃないのと。経費をケチって人命を脅かすのは得策じゃないよ。現に1000人ちょっとしか来ていないんだし。
秋田はJ2昇格を見越して新スタジアム建設に動いており、今こそ秋田県民が総力を挙げての支援をもらいたいのに、今回の件は見事に県民からそっぽを向かれかねないものになりそうです。

今日は新潟県でも強い雨が降っており、佐渡島で特に酷かったようです。北陸、中でも石川県でも強い雨が降っており、今年は米どころでこれだけ降っているので、米(新米)が高くなりそうです。


この大雨をもたらす前線は、少しずつ下がっているようで、これから岐阜県で酷くなるようです。既に飛騨地方では、その兆候が出ているんですけど、これが岐阜県内のほぼ全域で見られる可能性もありそうです。
状況によっては愛知県の一部や長野県の一部など周辺地域にも飛び火しかねないので、都市部ではアンダーパスやマンホールの場所に注意(雨でわからなくなるので)農村部では、被害が出ていないかの様子を見に行くのは控えて下さい。総じて言えるのは、避難準備であっても避難すべきだと思って、早めの行動をしていきましょう。水かさが増えてからでは遅いです。


人気ブログランキングへ ブログランキング・にほんブログ村へ  
Posted by alexey_calvanov at 23:58Comments(0)

2011年08月30日

開いた口が塞がらない2件

8/27と8/28、とにかく聞いてて「?」と思うような件が相次いで起こりました。
一件目は8/27、石川県の海岸で、サプライズで落とし穴に落とそうと思った妻が夫と共に転落。頭から落ちたため、上半身が埋まり、それが元で共に窒息死したとのこと。

もう一件目は8/28、博多に向かって運転中だった東京発ののぞみ53号で、新大阪から搭乗した運転手がメガネがないのに気付き、指令所からの指示で岡山駅到着直前で運転停止。代わりの運転手が到着するまで最大45分の遅れになったとのこと。


前者に関しては、落とし穴というにはあまりにも深い2.5m(そこにはクッションマットを敷いていた)、大きさも2.4m四方、またご丁寧にビニールシートに砂をかぶせてたというのだから、もはや落とし穴ではなくトラップでも仕掛けたかったのかと。せめて人の身長まで行かない程度の深さで留めておくはずだろうに、なぜそこまで深く掘ったのかようわからないです・・・。

後者に関しては、国が規定した視力(両目で1.0)に若干満たしていない状況で、8/2の視力検査で規定以下(右1.0、左0.9)となり初めてメガネ着用をしなければならないというふうだったらしい。ちなみに運転手は24年以上のベテラン。もしかしたら老眼鏡の着用だったのかもしれません。
些細なミスで、わずか0.1のために止めないといけないといけないのはどうなのかなとも。それが規定だからというのなら仕方ないと思いますけど、そこまで厳格にしなくともと。途中で止めて相手の乗った電車を待つくらいなら、駅まで進めてそこで入れ替わるとか、代わりの運転手(最後尾に車掌が載っているはず)に代わることもできたのではとも。


どちらにしても、対応には開いた口が塞がらないとしか言いようが・・・。


人気ブログランキングへ ブログランキング・にほんブログ村へ  
Posted by alexey_calvanov at 23:01Comments(0)TrackBack(0)

2011年04月06日

春の新アニメ2011 その2 花咲くいろは

春の新アニメ、2回目は石川県にある温泉旅館を舞台に繰り広げられる人間ドラマ「花咲くいろは」です。
この作品を制作するP.A.WORKSの設立10周年記念作品で、彼らが手掛ける初めてのオリジナル作品になります。
放送開始前から前評判や期待度が高かっただけに、どうなるのか気になるところです。


あらすじはこう(以下PCではイタリック体で表示)。


松前緒花は16歳の高校生。愛着も沸かない都会の街で平凡な毎日を暮らしていた彼女は、だらしのない母親の「夜逃げすることになった」の一言で一変する。
彼女は母親に行くよう言われた喜翆荘(きっすいそう)、母親の実家でもある温泉旅館、にまだ見ぬ祖母に淡い期待を持ちながら1人向かうことになる。そこで待ち受けるのは辛く厳しくとも充実したドラマチックな毎日だった。



というふう。


実際第1話を見ていったんですが、相変わらずP.A.WORKSの画力はパねぇなぁ・・・そこかしこにリアルさと本気さが見られるわけですよ。それでいて主人公が叙情的というのか文学的というのか少し知的な面を見せるんですけど、どこか抜けてるというふうな(苦笑)。
作中は昼ドラとも朝ドラとも言われていますけど、個人的な感想は後者なのかなぁと。でも少し昼ドラ的なシーンもあるので、当たらずとも遠からずかも。

しかし一番印象的なのは、みんち。もう「サーセン」と「死ね」しか覚えてない(爆)。これはツンデレの予感(ニヤニヤ)。
各キャラもいぶかしいし怪しいし痴話話好きそうだし・・・とどれも個性的な人達ばかりで、どういうふうに話が転がっていくのか、特に祖母の心境がどう変わるのかが面白そうです。何か祖母が「てっぱん」のそれとかぶるんですよねぇ・・・。あるいは「千と千尋の神隠し」の湯婆婆(ゆばーば)みたいな。


思った以上にクオリティの高い作品です。是非見てほしいです。


※放送局の詳細は「続きを読む」参照。



人気ブログランキングへ ブログランキング・にほんブログ村へ

  続きを読む
Posted by alexey_calvanov at 22:27Comments(0)TrackBack(0)