2016年08月22日

あいましょう東京で

今日の朝刊でNHKは粋な演出してくれましたね。
表題の部分は、長官の左端に書かれた文字を縦読みにすると現れるものです。放送そのものはEテレ(教育テレビ)→総合テレビでのリレー形式の予定だったのが、台風9・11号の報道関連で、総合テレビ部分を全てEテレに差し替えて放送されました。なお、再放送がテレビ朝日系列とNHK BS1で行っていたので、朝早くて見られなかった、仕事で見られなかった人などは、特に夜放送されたBSでの放送を楽しみにして見ていたことでしょう。かくいう私もその一人です(笑)。


閉会式も開会式同様ブラジルらしい部分を残しながらもプロジェクションマッピングなど最新技術を盛り込んだものになっていました。とても情熱的でありながら叙情的でもあり、去り行くリオデジャネイロオリンピックを上手く体現できたなと思って見ておりました。カネが無く(掛けなく)ともいいものはできるといういい例になったのではないのでしょうか。

終盤、東京(日本)への引き継ぎになるプレゼンテーションが行われましたけれども、こちらは日本らしい規律高い演出が目立ちました。でも、一番は現在のまたはかつてのオリンピック選手と共に、マンガ・アニメ・ゲームのキャラが一堂に介していた点でしょうか。キャプテン翼・パックマン・キティちゃんなど共に、安倍晋三首相扮するマリオがドラえもんに土管(東京からリオデジャネイロまで掘る)のひみつ道具を出してもらって、そこからやって来るという粋な演出でしたね(ニヤニヤ)。「SEE YOU IN TOKYO」のところでは、マリオのゴールした時のBGMも流れていて、ゲームフリークなら思わずニヤリとしてしまいましたよ。
まぁ、個人的には手を震わせながら必死に演説していたリオデジャネイロ市長でしょうか(苦笑)。いつ倒れてもおかしくなかったぞ、あれ。


さぁ、いよいよ次は東京オリンピックです!
・・・でも、その前にリオデジャネイロパラリンピックが控えております(日本時間9/8~9/19)。オリンピック同様熱い戦いが繰り広げられることでしょう。東京オリンピックを待つ前に、リオデジャネイロパラリンピックを盛り上げていきましょう。


人気ブログランキングへ ブログランキング・にほんブログ村へ  

Posted by alexey_calvanov at 22:32Comments(0)TrackBack(0)

2014年08月07日

カープ応援できる平和に感謝

昨日(8/6)は69回目の広島原爆慰霊の日。もう70年にならんとしている中、当時を経験した人達の高齢化も進み、だんだん貴重な証言が聞けなくなろうとしていますし、それに伴って原爆投下の惨事というのが徐々に風化していくのではないかという懸念、そして日本が集団的自衛権を認め、それがどういうふうに行使されることになるのか皆が不安に思っていることでしょう。あの日の出来事が語り継がれることこそが、平和への礎になることを忘れてほしくないものです。


ゆえに、広島県でTBS系のテレビ局とJRN/NRN系のラジオ局の放送を行っている中国放送(RCC)が行ったテレビ欄の紹介が粋でかつ平和への尊びを忘れてはならないなと思わせるわけです。
その日、広島県を中心に中国地方で購読できる中国新聞に掲載された紹介文は、普通に読めば広島の選手の活躍を期待するものなんですが、文章の左端から縦に読む、いわゆる縦読みを行うと、「カープが応援できる平和に感謝」というふうになるのです(ちなみに、L字読みという読み方も可能で、その場合は、「カープ応援できる平和に感謝胸に8・6野球中継」となります)。
この文章を考えたのは中国放送のディレクターなのだそうですホントにすごいわ。


この縦読みは時々新聞などのメディア展開をする際にお遊びで行われることがあり、同じスポーツ中継なら、北海道放送(HBC)の北海道日本ハムファイターズの中継紹介文を同じように縦読みさせて楽しませるということをしばしば行っているようです(主に北海道新聞で行っている)。

ちなみに、中国放送サイドは中国新聞以外では文字数の違いがあって上手く表示できないことを考慮し、もう1種類用意していたそうで、実際読売新聞(と思しき紙面)で同じ紹介文を縦読みした場合、「野球ができる平和に感謝(胸に8・6野球中継)」(カッコ書きの部分は同じくL字読みさせた場合)となっているそうです。


広島というチームが戦後復興のさなかに結成され、県民市民と共に歩んできたからこそ、そして広島県に住む住民が平和の尊さを知っているので、この想いに至ったのだと思います。
だからこそ、できることなら毎年でなくてもいいので、8/6だけは広島でホームゲームをやって平和の尊さを野球を通じて広めてほしいなと思います。


人気ブログランキングへ ブログランキング・にほんブログ村へ  
Posted by alexey_calvanov at 23:24Comments(0)TrackBack(0)