2011年04月11日

春の新アニメ2011 その8 俺たちに翼はない

春の新アニメ、8回目はPCゲームが原作の作品になる「俺たちに翼はない」です。
この作品、Navelから2009年に発売されたもので、イラストに西又葵さんが手掛けたことなどでヒット作になり、プレストーリー・アフターストリーも同様にヒットを遂げています。その原作がほぼ変わらないままで展開されているので、テレビアニメ化されることでどうなるのか気になるところです。


あらすじはこう(PCではイタリック体で表記)。


大都市柳木原に住む3人の主人公が織りなすオムニバスストーリー。
その3人の主人公の一人、羽田鷹志。
高校3年生の彼は冴えない学園生活を逃れ、異世界グレタガルボへと消えるつもりだったのだ。しかし、彼にはいくつかの心残りがあった。妹のこと、初恋と称する彼女のこと・・・。

3人の主人公の一人、千歳鷲介。彼はしがないフリーター。様々なバイトをこなしながら過ごしている。
ある日、ひょんなことで高校生の玉泉と出会う。しかしその出会いは最悪だった。ところが、行きつけの喫茶店アレキサンダーに行くと、その最悪な印象の彼女がいるではないか。実は彼女はアレキサンダーでバイトをしていたのだ。やがて、羽田はなし崩し的にアレキサンダーで彼女の下で働くことになり・・・。

3人の主人公の一人、成田隼人。肉体労働をしながら、便利屋を営む風変わりな青年だ。
人付き合いはあまり好みではないものの、なぜか彼の下には様々な人が寄りついてくる。しかしある日、鳳鳴と名乗る女子高生がやってきて・・・。
最初はバラバラに進むものの、やがてその個々の話が1つの大きなストーリーになる



というふう。


登場人物が多く、かつザッピング的にストーリーが進むのもあって、上手くやらないと話が混乱してわからなくなるところなんですが、初めて出てくる登場人物にはきちんと名前が入ってくれているので、ややこしくなることはなかったですね。話の展開もダレることなく、締めるところはきちんと締めてくれています。
キャライラストは、原作と西又さんのかわいさが生かされているので、結構頑張っています。あとやたらとパンツ見せてんな・・・と思ったら、読者(メガミマガジンで)公募をやってたからなのね(笑)。変な意味で願望をかなえてるなんてすげーや(ニヤニヤ)。
惜しむらくは、急激な展開、いきなり異世界の話が出てくるのはさすがに驚いた原作を未プレイの人間には刺激が強すぎです(苦笑)。

今後、バラバラな話をいかに上手くまとめることができるかにかかっていますね。まとめるのが正直難しい作品だと思うので、どういうふうにまとめていくのかが楽しみなところです。


※放送局などの詳細は「続きを見る」にて。


人気ブログランキングへ ブログランキング・にほんブログ村へ

  続きを読む

Posted by alexey_calvanov at 23:29Comments(0)TrackBack(0)

2011年01月04日

コミケで買ってきた戦利品リスト

ここで、先日コミケで買ってきたものの紹介。
・・・ホントは買ってきた本とかの紹介でもいいんですけど、基本的に写真をウェブ上に載せないでほしいというのが多いのでムリなのと、本の表紙そのものが載せるとまずいのでムリというのもあって厳しいんですな。
個人的には3日目の評論系は面白いのが多いので行って見るがよろし。ただし午後には売り切れるなりしていなくなってしまうので注意。


そういうわけで、企業ブースなどで手に入れたものの紹介にあてております。


PA0_0774まずは主な自販機などで販売されていた「コミックティータイム」
・・・アレだな、どう考えても「放課後(以下略)
今回は紅茶で、オレンジ風味のもの。それゆえに個人的にはアレだな・・・とも。



PA0_0776こちらは、企業ブースに展開していたものの一つ。
西又葵さんがパッケージイラストを手掛けているかまぼこ「いたぽこ」。いわゆる痛車や痛絵馬とかと同じふうですわね。

神奈川県小田原市の老舗かまぼこ屋の「小田原みのや吉兵衛」とのコラボで、地元コミュニティFMのFMおだわらが協賛したもの。紅白のかまぼこの他に、特製の紙袋とクリアファイル(中には紅白のかまぼこのどちらかのパッケージ)がセットになっていました。
誰も買ってないとか閑古鳥が鳴いていたとか揶揄されてましたけど、買った私はどうなるんでしょう(汗)?いい地域振興だと思ったんですけどねぇ。
老舗のかまぼこ屋が作ったので、味は格別です。



ちなみに、西又葵さんはコミケ周辺で引っ張りだこだったのは以前書いた通り。国際展示場駅でも売っていたミルキーゴールドはこの企業ブースでも売ってました(以前紹介したマウスパッド付の6個入りとツンデレパッケージ・ステッカー入りのもの)。北海道物産展でまた買えるんじゃないかと思うとまぁいいかなと(苦笑)。


PA0_0777こちらは「アニたまどっとコム」(ラジオ関西)の人気番組「おどろき戦隊モモノキファイブ」と神戸南京町にある皇蘭とのコラボ商品「おどろきの豚まん」。この企業ブースで1000セット先行販売されたもの2日間で全部売り切ってしまって、3日目には注文対応になったらしい。

中身は肉(豚)まんとカレーまんとイカスミまん。肉(豚)まんは中に湯葉に包んだピンクの汗っかきまん。カレーまんはキーマカレーが入ったてへぺろ(・ω<)まん。イカスミまんは中までイカスミで真っ黒(笑)のボンバーまん。
個人的にはピンクとイエローがよかった。



毎度2日目はこういうのが面白くて行くんですよね。でも混み合うのが何ともはや・・・。


痛茶 玉露23%入り緑茶 500mlペットボトル ケース売り(24本入り) 西又葵イラスト痛茶 玉露23%入り緑茶 500mlペットボトル ケース売り(24本入り) 西又葵イラスト
クチコミを見る


  続きを読む
Posted by alexey_calvanov at 21:41Comments(0)TrackBack(0)

2010年12月30日

国際展示場駅前がすごいことになってる

コミケ会場のある東京ビックサイトの最寄り駅の一つ、国際展示場駅。
かねてからその駅前にあるサンクスがおかしなことになってるんですけど、今年はさらにそれに輪が掛かって踊ってるふうです(苦笑)。


それこそ、ゲーセンのクレーンゲームの景品が売られてるわ、ジャンボフランクが「大丈夫だ、小さくない」って書かれて「くそみそテクニック」(≒アーッ!)化してるだけじゃなく見せ方も何か卑猥(笑)だし、ミルキープリンや痛茶も売り出されてさながら西又葵祭になっちゃってるし、極めつけはあのフランスドッグが実質ジャンボフランクの隣でタイマン張ってるわで、もうやだこのエリア(爆)。


・・・店の中まで悪ノリしてるさながら地獄絵図とも阿鼻叫喚ともとれるそこだけは是非とも見ておけ(ニヤニヤ)。  
Posted by alexey_calvanov at 13:58Comments(0)TrackBack(0)