2017年02月15日

正男、死す

北朝鮮(朝鮮民主主義人民共和国)の最高指導者である金正恩第1書記の異母兄で、金正日総書記の息子である金正男(キム・ジョンナム)氏マレーシアのクアラルンプール国際空港で何者かにより殺害されました。


金正男氏は、金正日(キム・ジョンイル)総書記の長男ということで、後継者レースの筆頭に付いていたのですが、偽装パスポートで日本に入国しようとしたのがバレたことで、金総書記の怒りを買い、候補者レースから脱落したと言われています。また父親である金総書記に反抗的だったからという説もあり、かつ父親に性格などが似ていることから三男の金正恩(キム・ジョンウン)第1書記の方が金正日総書記のお気に入りだったという説もあります。

候補者レースから外れた後は、家族と共に中国の保護下に置かれたとされており、張成沢(チャン・ソンテク)氏の後ろ盾もあったとされています。しかし、張氏は2013年に処刑され、北朝鮮での政治的影響力はほとんどないとされていました。ただ、金正恩氏が最高指導者に就任したことで、元々不仲だったこともあって、かねてから暗殺説が飛び交っており、それを恐れた金正男氏は、マカオを拠点としながらもオーストリアなどヨーロッパ諸国やシンガポールなどを移動していたとも言われています。
そして、2/14にマレーシアからマカオに戻る途中に女性2人組により毒殺(毒針を刺されたとも毒物を巻かれて口を塞がれたとも言われており、情報が錯綜している)されました。


まず、なぜ殺されたのかというのが大きな疑問になっていることでしょう。
政治的な影響力はほとんどない、後ろ盾である張氏は既に殺されているとはいえ、彼の発言力や行動力は金第1書記には脅威であるとされました。また、北朝鮮の体制(一族3代にわたる最高指導者の襲名)に批判的だったり、中国の改革開放路線に舵を切るように再三述べていたことも、現状維持を是としていた金第1書記と相反しているとも言えます。また先述の通り、不仲だったので殺したということも考えられるでしょう。
もう一つ考えられるのは、国内の幹部への統制目的で殺したという見方です。最近では最高クラスの外交官が韓国へ亡命したという事態もあったり、金正男氏自身も韓国への亡命を試みようとする話が伝わっていたりと、北朝鮮の足元が揺らぎかねない事態が相次いでいましたこれ以上の体制の揺らぎを避けるために手を打ったとも言えるわけです。
それに絡んで、私自身は金第1書記の幹部が、得点稼ぎでやってしまったのではないかという推測もしています。目の上のたんこぶである金正男氏を殺してしまえば、金第1書記に取り入れられるのではないかということで、暗殺に動いたというふうにも考えられるのです。金第1書記の命令が無いとできないという見方もあるものの、不仲説が事実であれば、それが無くともGOサインが出ていたと思います。


そして誰が殺したのかというのは、北朝鮮の工作員であることは間違いないでしょう。過去に飛行機を爆破したり、スパイ活動を行ったりしていることから、彼らの犯行は明白です。監視カメラに映り捕まった女性以外にも男性2人などが周りにいたということから、5・6人くらいの体制で動いたのではないかと思われます。


金正男氏は、かなり気さくで見識が深い人ではありましたが、北朝鮮に何らかの関わりのある以上、ご冥福・・・とは言えないですわね。ただ後継者レースから外れた後は、哀れな人生だったと思います。国に帰りたくても帰れない、帰れたとしても安心して過ごせない、あまつさえ関係の無い家族も巻き込まれているわけですから、できる限り家族は守ってあげてほしいと後ろ盾をしているとされる中国には求めたいものです。


少なくとも、北朝鮮の終わりの始まりが来ているとも感じられますし、金正男氏を擁護していた中国がどう動くのかが今後の情勢の大きなキーとなるでしょう。


父・金正日と私 金正男独占告白 (文春文庫)
父・金正日と私 金正男独占告白(文庫版)



HOMEFRONT ( ホームフロント )
HOMEFRONT



人気ブログランキングへ ブログランキング・にほんブログ村へ  

Posted by alexey_calvanov at 23:59Comments(0)TrackBack(0)

2014年12月24日

ゲバラもびっくり!フィデル驚愕!

北朝鮮の金正恩第一書記を主人公にしたゲームがKickstarter(キックスターター)で出資者募集中とのこと。やべぇ(ギャハ)。
タイトルは「Glorious Leader!」となっておりますが、日本語訳をするなら、さしずめ「偉大なる将軍様!」が妥当でしょう(ニヤニヤ)。


このゲーム、主人公金正恩第一書記がたった一人で米帝(敢えてこう表現(笑))に挑むという「魂斗羅(コントラ)」(コナミから1980年代に発売されたゲーム)タイプの横スクロール2Dアクションゲーム今なら「メタルスラッグ」と言った方がわかりやすいでしょうかねぇ。
イメージイラストにはユニコーン(白馬)に乗った金正恩第一書記の姿が。そこにさりげなくデニス・ロッドマン(金正恩第一書記が大好きな元バスケット選手)の現役時代の姿が描かれているというなかなかもってシュールな仕上がり。そこには描かれていませんが、オバマ大統領も出演濃厚なようです。

ゲーム内容としては、金正恩第一書記が様々な武器を駆使し米帝に乗り込むもので、故金正日総書記がアイテムの一つボムで『友情出演』(笑)。時にはユニコーンにまたがって米帝兵士どもを無慈悲にせん滅を図ったりもします。さらには、北朝鮮が金正恩第一書記を暗殺することを使命に受けたジャーナリストがインタビューと称し北朝鮮に乗り込む映画「The Interview(ザ・インタビュー)」を制作したソニー・ピクチャーズエンタテインメントも登場するという時事問題まで盛り込んで、えらいことになってるわ(なお、当然ながら将軍様を茶化した結果、監督などを無慈悲に鉄槌を食らわせる模様)。ラスボスが鄧小平の首で驚いた私がバカでした(爆)。


ちなみに、55,000ドルを出資目標としていますけれども、まだ1/5ほど(12/24現在)ですね。何かその先も目標設定しているようなので、今後どうなるかが楽しみでもあります。


いやぁ、草葉の陰からゲバラが何と言うやら、そしてこの世からフィデル・カストロは何を思っているのかちょっとだけ気になる(苦笑)。だって、実現したら、昔ファミコンで出てた「ゲバラ」以来(1Pがゲバラ、2Pが当時国家元首だったフィデル・カストロという今で言えばすごくトリッキーな、キューバ革命を題材にしたゲーム)ですもの。


ゲバラ [FAMILY COMPUTER]
ゲバラ



人気ブログランキングへ ブログランキング・にほんブログ村へ  
Posted by alexey_calvanov at 23:56Comments(0)TrackBack(0)

2014年11月10日

結局コネだった?

つい最近、北朝鮮(朝鮮民主主義人民共和国)がアメリカ人の『囚人』を突如解放すると発表しました。何かしらの意図があるのではないかと言われていた解放劇には、実は意外な理由が付いて回っていたのです。


実は、今回解放されたアメリカ人2人のうちの1人の関係者が、金正恩(キム・ジョンウン)第一書記と懇意の間柄であるデニス・ロッドマンさんに解放に一役買ってほしいと依頼したのだそうです。依頼を受けたロッドマンさんは、北朝鮮(恐らく金正恩第一書記)に「全てのアメリカ人を解放しなければ、今後の訪朝を全てキャンセルする」という手紙をしたためたそうです。


国家元首の対応としては意外っちゃあ意外なんですが、金正恩第一書記とロッドマンさんとの関係がここまで深いのかというのと、金正恩第一書記がそこまでロッドマンさんを心酔しきっているというふうだとすれば、北朝鮮の政治は案外感情論で流れているとも言え、今後の北朝鮮の政治が危ういことを実感させられましたね。


ただ、果たして日本にはこれだけできる人がいるのかと言えば、正直いないでしょう
例えばそれに近い人として、アントニオ猪木さんがいますけれども、国が行くなと言うのに行った経緯はあれども、そこまでの実行力やコネクションがあるとは言えないですよねぇ。ましてや国家元首との関係なんてないに等しいですし・・・。


人気ブログランキングへ ブログランキング・にほんブログ村へ  
Posted by alexey_calvanov at 23:35Comments(0)TrackBack(0)

2012年07月25日

奥さんだったのか

北朝鮮(朝鮮民主主義人民共和国)の国家元首でもある金正恩(キム・ジョンイル)第一書記。経歴に関してもあまり知られていない(幼少期にスイスに留学したくらいの経歴しか知られていないし、なぜあそこまで太ったのかの経緯も示されていない)し、国家元首になってからもあまり大きな動向は知られていないというふうです。

その金正恩第一書記のそばに付き添う女性が、ある時から国営テレビ(朝鮮中央テレビ)の映像に登場して以来、にわかにクローズアップされました。なぜなら、北朝鮮で高い身分の人達が登場する席で女性の姿が登場するのは異例なばかりか、第一書記の後ろに控える最高幹部の人達の一歩前を歩ける存在の女性は極めて異例だからです。
そのため、韓国や日本のメディアでは、あの人物は何者なんだということで大きな話題になっていました。特に、その女性が金正恩第一書記の夫人か金正恩第一書記の妹である金汝貞(キム・ヨジョン)氏ではないかとも言われていました。


その結論が今日(7/25)の夜、国営テレビの報道で出ました。というのも、国営テレビの報道によれば、今日ピョンヤンに開園した遊園地に夫人と共に視察に訪れたと報じたからです。その映像に映っていた『夫人』というのが、かねてから言われていた女性だったというわけです。夫人の名前も判明し、その名前はリ・ソルジュというのだそうな。また金正恩第一書記とリ・ソルジュ夫人の間には子供(2010年生まれの娘)がいるとの報道がされました。


あまりにも急かなとも思えてならない部分もありますけど、やはり伏線はあったわけで。
それは、金正恩第一書記の母であり、故金正日総書記の妻でもある高英姫(コ・ヨンヒ)氏が急に『朝鮮の母(オモニ)』として持ち上げられた点在日朝鮮人でありながら、最高実力者の夫人という地位にまで上り詰めた人でもありますが、その際に金正日総書記をかいがいしく支えるエピソードも紹介されていましたどうもこの姿が今回の金正恩第一書記とリ・ソルジュ夫人との間にダブるわけです。そのうち、『若き朝鮮の母』とか何とか言って持ち上げられるんじゃないかと。


ところで、金正恩第一書記の招へいで北朝鮮入りしている藤本健二さん。もしかすると、そのあたりの情報も仕入れてくるのではないかとも思えるのですが、その前にあの人ノコノコと誘いに乗って殺されやしないかと心配でならんのですが(苦笑)。


人気ブログランキングへ ブログランキング・にほんブログ村へ  
Posted by alexey_calvanov at 23:06Comments(0)TrackBack(0)

2012年04月13日

まるで今の体制を物語ったかのような失敗劇

今日、北朝鮮(朝鮮民主主義人民共和国)が『人工衛星』と称する物体を搭載したロケットを発射しましたいつ発射するんだとビクビクしながら過ごしていた日々は今日で終わったわけですけれども、日本は有事の際の対応がまだまだ甘いなということが露呈され、周辺諸国からちょろいんじゃないかと思われてもおかしくない行動の数々に、少々情けなさをも感じています。


しかしながら、北朝鮮にとっては、メンツが潰されて、おまけに国際的な機関で査問されることにもなりそうで、踏んだり蹴ったりで散々だったんじゃないかとも。

まず、北朝鮮としては異例のメディア公開を積極的に行っていました
今回金日成主席の生誕100年というのもあったり、金正恩氏が国家元首に就任(注:発射直前に第1書記に就任している)もある、さらに先日亡くなった金正日総書記の遺訓統治の名残りもあって、相当気合が入っていたんでしょうね。だからこそ、国際社会が云々かんぬん言っても動じない、ともすればふてぶてしい行動に出られたんだなと思っちゃいましたよ。
しかしながら、そこまで強行したのに、結局は失敗金正恩体制に大きな傷は付くわ、国際社会からは制裁を検討されてしまう可能性が出てくるわ、韓国にはミサイルの破片を拾われて、下手をすれば「衛星なんか入ってないニダ(キリッ)」とか暴露される可能性が出てくるわで、裏目では片付けられない失態をしてしまったことになるわけですよ。

ところで、今回失敗を放送したのも異例ですが、通常のニュースをも中断して伝えたのも異例だそうな。
その臨時ニュースの中では、「科学者、技術者、専門家が現在、失敗の原因を研究している」ということも伝えているんですけど、恐らくこの原稿読みをしていたアナウンサーは「なお、粛清の対象になるのかは、今後の結果と正恩同士のお心次第」と言いたかったんだろうなぁ(苦笑)。

まぁ、それでもなお、北朝鮮は懲りずに東海岸側にあるムスダンリから撃ちまっせとやる気満々(注:今回西海岸側にあるトムチャンリから撃ったのは、ムスダンリの設備の老朽化が激しかったためとも言われている)。今度は日本が危ないわけですけど、今回のような失態が起こって逆に韓国領土に落ちれば、下手すれば「これは宣戦布告ニダ!」とかお怒りになって戦争おっ始め・・・ないわなぁ(苦笑)。


ちなみに、今回の『人工衛星』を積んだロケットですが、1段目2段目の切り離しに失敗したとか、このままでは墜落してヤバいから爆発させたとか諸説あるようです。
いずれにしても、最初に数個の塊に分裂し、最終的には20個以上の破片になってしまった、つまりはバラバラになってしまったとのこと。いやぁ、まるで今とこの後の体制を象徴しているようで、正恩さんもヒヤヒヤものだったろうね(ギャハ)。


新版 お笑い北朝鮮 ならずもの国家“金正日王国”の研究 北朝鮮の人気歌謡6曲入りDVD付き新版 お笑い北朝鮮 ならずもの国家“金正日王国”の研究 北朝鮮の人気歌謡6曲入りDVD付き



新お笑い北朝鮮新お笑い北朝鮮



お笑い北朝鮮 私が愛した金正日



人気ブログランキングへ ブログランキング・にほんブログ村へ  
Posted by alexey_calvanov at 23:58Comments(0)TrackBack(0)