2015年02月04日

レコゲー2015 2月 携帯ゲーム機編 前編

レコゲー、ここからは携帯ゲーム機編です。
2月の携帯ゲーム機はというと、相変わらずPS Vitaがメインになっており、大量のソフトを販売するというふうになっています。一方で3DSは少数精鋭、PSPは既に死に体になっているというふう。そんな中で決算期を迎えます。


その注目作、まずは3DSから。


最初はゼルダの伝説 ムジュラの仮面 3D」(★)
2000年にニンテンドウ64から発売された「ゼルダの伝説 ムジュラの仮面」の移植版。シリーズ屈指の難易度を誇る作品となっています。
3DS版の特徴として、ハードの特徴である立体視に対応しているだけでなく、通常セーブの他に中断セーブが可能になっています。それ以外にも、3DSのボタン配置に合わせて操作方法を最適化・アイテム情報とマップ情報を下画面に集約・New 3DSの場合はCスティックでカメラアングルを変更可能(拡張スライドパッドにも対応)・作中に登場するボンバーズ手帳の改訂(住民の行動予定を記載する「よてい」のリニューアル・「じけんメモ」やアラーム機能の追加)・ミニゲームとして釣りがプレイできるようにもなっています
ニンテンドウ64版でプレイした人も、バーチャルコンソールでプレイした人も楽しめるようになった他、初めてプレイする人にも遊びやすい環境になっております難しい作品ではありますが、昨今のゲームが手ぬるいと感じた人にも十分に楽しめるのではないのでしょうか。

もう一つは、金色のコルダ3 フルボイス Special(★)。
2010年にPS2・PSPで発売された「金色のコルダ3」をベースに、2013年にPSPで発売されたフルボイス版(今作品)を移植したものとなっています。
3DS版の特徴としては、「金色のコルダ3」とその関連作で登場した34曲を演奏できる曲として追加、イベントスチルを18枚追加しています。もちろん、下画面による操作も可能になっています。
任天堂ユーザーにとっては待望の作品となっていると思われますね。


次回はPS Vitaの注目作の紹介です。


人気ブログランキングへ ブログランキング・にほんブログ村へ  

Posted by alexey_calvanov at 23:47Comments(0)TrackBack(0)

2013年09月06日

レコゲー2013 9月 携帯ゲーム機編

レコゲー、ここからは携帯ゲーム機編です。
今月の携帯ゲーム機は、この作品なくして語ることなかれ・・・となってしまうでしょう。そうです、今月一番の注目作でもある「モンスターハンター4 」(★)です。
人気シリーズの最新作で、3DSでの発売は2作目になります。
今作はフィールドに大きな変化を付けており、フィールド内に傾斜や段差を付けてより立体的なものになっています(この高低差が戦闘アクションに影響を与えることも)。またシングルプレイの拠点がキャラバン(キャラバンが集まってできるバルバレと呼ばれる市場ができることも)になったり、筆頭ハンターと呼ばれるスペシャリストが登場したり、格闘大会が催されたりと新要素が追加されています。その他、武器の追加・ギルドクエストのすれちがい通信での交換やインターネットマルチプレイが可能になっています。モンスターも新種が追加されている以外にも、イャンクックといった過去作で登場したモンスターも復活します。
既に100万本以上の予約が集まっているとされ、初日には150万本以上の販売が見込まれています。シリーズ化されたことで、多くのファンを獲得しており、かつ新規のファンもまだまだ見込めると思われます。そのため、3DSの拡販にも貢献できるのではないかとも考えられますね。新たな定番ソフトとして、3DS普及の礎として売れてほしいものです。

その他の作品で今回の注目作は、PSPの作品になる「
金色のコルダ3 フルボイス Special」(★)
2010年に発売した同作品のフルボイス版。金色のコルダシリーズ10周年記念作品第1弾でもあります。
フルボイス以外にも、新規映像の追加にエンディング後の追加エピソードも追加され、ファンにはたまらない仕様になっていますね。


携帯ゲーム機編 結論
今月はモンハン一色と言っても過言ではない。ファンには発売日まで待てない、新規ユーザーには高揚感があふれているのではないのかと思われ。


人気ブログランキングへ ブログランキング・にほんブログ村へ  
Posted by alexey_calvanov at 23:26Comments(0)TrackBack(0)