2017年03月08日

WBC2017、Bプールで大番狂わせ

WBC(ワールドベースボールクラシック)2017が先日から始まりました。
日本はAプールの1チームとして、キューバ・オーストラリア・中国と戦うことになったのですけど、Bプールでとんでもないことが発生しました。

Bプールは韓国・チャイニーズタイペイ(台湾)・オランダ・イスラエルの4チームが戦うことになっていましたが、目下の様相では、韓国と台湾で決まるだろうと思われていました。しかし、ふたを開けてみると、今日の時点でオランダとイスラエルの予選突破が決まり、韓国と台湾は予選敗退になってしまいました。韓国はBプール開催国ということもあり、そのショックは計り知れないことでしょう。
ただ、オランダはわからないでもないソフトバンクにいるバンデンハーク選手やヤクルトにいるバレンティン選手もいるし、大リーグ経験者もいる。何よりオランダ本土よりも海外領土のアンティル諸島出身者(特にアルバ島とキュラソー島出身者)が多数を占めているのですから、強くないわけではないけれども、さすがに韓国と台湾には分が悪いと思っていましたよ。それなのに、韓国と台湾を締めてしまうのですから、実力はあるんだなと(台湾戦はサヨナラなので、運も併せ持つ感じなのか)。
もっとわからないのが、イスラエル。野球に関してはとんと聞かない国。しかも初出場なのですから、なおのこと。そんなに強いのはなぜ・・・と思っていたら、こんな話が。
実は、イスラエルの選手の28人中27人がアメリカ系ユダヤ人、つまりはアメリカ出身者だったんです。もちろん、そこにいるということは、(メジャー・マイナー問わず)大リーグ経験者が混ざっていてもおかしくない。そりゃ強いわ。口の悪い人なら、チートと言われそう(苦笑)。


これで、俄然Aプールはどこが抜け出すのかが楽しみになってきました。既に日本はキューバとオーストラリアに勝ったので、3/10の中国戦に勝てば、予選突破は決定になります。仮に負けると、3/9・3/10以降の試合(オーストラリア×中国およびオーストラリア×キューバ)次第で決まります。全ては明日・明後日以降ということですね。


大谷翔平選手・嶋基宏選手が抜けることになり、投打が湿りがちだったので、正直予選突破大丈夫かと思っていたんですけど、何とか切り抜けられそうです。ここまで来たら、勝って予選突破といきたいですね。


Separate Ways
♪Separate Ways / Journey



人気ブログランキングへ ブログランキング・にほんブログ村へ  

Posted by alexey_calvanov at 23:58Comments(0)TrackBack(0)

2012年01月21日

まさか本気でやるとは思わなんだ(笑)

先日、北朝鮮国内でチョコパイが席巻しているという話を書いた際、『チョコパイを反体制ビラに紛れ込ませて「体制を倒せば、お腹いっぱい食べられますよ」とか一筆入れて配ってしまえば、あっという間に体制崩壊に繋がるんじゃないか』と書いたのですが、まさかやっちまうとは・・・(笑)。


つい最近放送された海外のニュースを放送するNHK-BS1の番組「ワールドWaveトゥナイト」。世界の話題で構成されているニュース番組の中では数少ない国際関連専門の番組でもあります。
その中で、確か韓国のKBSテレビ(韓国放送公社)だったかと思うのですが、インチョン(仁川)郊外の北朝鮮との軍事境界線に近い江華(カンファ)島(日本の歴史では、江華島事件で有名な島)で、反体制ビラとチョコパイの入った20個の風船が飛ばされたのだそうな。
これは脱北者団体が北朝鮮国内に住む同胞(北朝鮮国民)に向けて飛ばしたもので、同胞が旧正月にひもじい思いをしないようにという思いもあるのだそうな。


少なくとも食い物を入れておけば、ビラも読んでくれるだろう・・・という魂胆なんでしょうね。でも、北朝鮮国内にちゃんと着いたとしても、軍に回収されてしまうのかもとか思うとちょっと寂しい結末よのぉ。
でも正直、この方法を辛抱強く行えば、あっという間に体制崩壊にまで持って行けるんじゃないかと思っています。季節によっては食い物ゆえに難しいところもありますけど、食料不足に陥るこの時期ならば効果てきめんと思っている私も短絡的なんでしょうかねぇ(苦笑)。


ロッテ チョコパイ 6個×5箱ロッテ チョコパイ 6個×5箱



オリオン 『情』 チョコパイ 12個入オリオン 『情』 チョコパイ 12個入
※今回、北朝鮮に向けて撒かれたのがこのチョコパイらしい(TBS News iより)。



人気ブログランキングへ ブログランキング・にほんブログ村へ  
Posted by alexey_calvanov at 22:41Comments(0)TrackBack(0)

2011年11月13日

韓国で在外投票が認められて思うこと

11/13から、韓国では来年より施行される在外投票の有権者登録が開始されました。
韓国では、2年前に公職選挙法が改正され、外国に住む韓国人の在外投票権が認められるようになりました(要事前登録)本格適用されるのは来年4月に行われる国会議員選挙と12月に行われる大統領選挙からで、今回はその選挙権を行使するための事前登録というわけです。


日本をはじめ、韓国人の住む国の大使館で事前登録が行われたのですが、日本に関しては特殊な事情があるのは、ご存知の通り。それは在日韓国人と外国人参政権に関する問題

在日韓国人とは、1910年の日韓併合から1945年の第2次世界大戦(太平洋戦争)終結までの間に能動的・強制的に日本へ移住した(させられた)韓国人のことで、戦後の混乱期や韓国・北朝鮮の国家分断のために帰れなくなった韓国籍を持ったままの人達を指します。もちろん、戦後ビジネスやスポーツ活動の関係で転勤してきた人達も指します(野球選手やサッカー選手といったスポーツ選手、韓国企業などに在籍している人達がそれにあたるわけです)

もう一つの外国人参政権問題は、近年その在日韓国人が中心になって起こしている問題で、簡単に言えば、外国人扱いなっている日本国籍を持たない人達でも、一定の在住期間や永住権を持っていれば参政権を与えようというもので、一部の国では地方行政レベルから国政にまで参政権を与えるというふうに幅がありながらも与えられているものです。有名なのは、国政まで権利を与えたオランダあたりでしょうか。


今回外国に住む韓国人にまでその国の参政権を与えたのですから、その人達が日本の参政権まで欲しいというのであれば、それは全くのお門違いではないかと思います。
私個人の意見としては、外国人参政権を与えるのはいかにとも思う立場で、それならば、国政・地方行政に大きな影響を与えない地域委員会レベルで外国人の意見を吸い上げて国政を持つ人達が反映させる・・・というのが理想的なのではと思っています(普段名古屋市の河村たかし市長が行っている政策にはあまり期待できるものがない中、この地域委員会制度は、選挙権を持たない外国人の考えを吸い上げるためにはいい制度だと思っている)

今回のケースで仮に外国人参政権を認めるのであれば、既に外国の選挙権を行使できる人に関しては、外国人参政権を与えるべきではないと思います。よく言われることですが、外国の特定の政党の影響下を受けた人達が、日本国内の特定の政策に影響を与える(要はその国に優位にさせる政策に対して過剰に反応する)ことで、日本に不利な状況に追い込む・・・ということも考えられるわけです。


少なくとも、参政権は日本国籍を有することで得られる権利であり義務でもあるのです。そこのところを履き違えれば、日本はとんでもないことになるのは言わずもがな。外国人で参政権を得たいのならば、少なくとも日本国籍を有することから始めて欲しいと思います。それでも外国人参政権を与える流れになるのならば、外国(つまりはその外国人の自国)の選挙には参加できない覚悟を持って参政権を得て欲しいものです。


人気ブログランキングへ ブログランキング・にほんブログ村へ  
Posted by alexey_calvanov at 22:16Comments(0)TrackBack(0)

2011年09月04日

ボルト、有終の美

世界陸上テグ大会最終日。最後になって、ウサイン・ボルト選手をはじめとするジャマイカの選手達が見せてくれました


男子4×100mリレーで、ジャマイカが37.04秒という世界新記録で金メダルを獲りました。
ジャマイカ選手は最初からいいペースでバトンリレーができたのと、アンカーのボルト選手が200mで金を獲ったことで大きな重圧から解放されてかつ状態がよかったのが金メダルを取れて世界新を更新できた要因なのかもしれません。

ところで、このリレーは最後の最後で大きな波乱が起こっています
第3走者からアンカーのバトンパスの間で、アメリカの第3走者がバトンパスに失敗。どうも走塁妨害やテイクオーバーゾーンを越えたとかではなく、テイクオーバーゾーンに入る直前で転んでしまったようです(足がもつれたか?)。それに釣られてか、イギリスのアンカーもバトンを落とし競技を辞めてしまいました当初メダル候補と言われた2ヶ国がリタイアになったことで、ジャマイカの独壇場になったのも好因だったのかもしれません。
その波乱の展開で2位になったのはフランス。クリストフ・ルメートル選手が第2走者を務めていました。
3位にはセントクリストファー・ネイビスがリレー競技では初めてのメダルを獲得しています。もうこれは第1走者を務めた35歳のキム・コリンズ選手が大活躍したことが要因でしょう。他の選手も彼に刺激されて頑張ったんだと思います。
カリブの小国がここまで頑張ったのは実にすばらしい。他の小国といわれる国々にとっても、何かしらに特化すればここまでできるんだということを示したいい例になるでしょう。


他にも様々な競技の決勝が行われていますけれども、中でも男子三段跳びはハイレベルな争いになり、アメリカの新星で大学生のクリスチャン・テイラー選手が、今シーズン世界最高となる18m近い大ジャンプ(17.96m)で金メダルを獲得しました

そして女子800mでは、キャスター・セメンヤ選手が2位に終わり、マリヤ・サビノワ選手が世界陸上のロシア勢としては初(旧ソ連からも含めれば、1991年の東京大会以来久しぶりになる)金メダルを獲得しています


世界陸上、次回は2013年8月10日~8月18日までロシアのモスクワで開催されます


あ、今大会のマスコットを調べている方が多かったので、ここで書いておこうかと
テグ大会のマスコットは、サルビ(SARBI)という韓国で保護種とされている在来種のサプサルゲという犬。一時期サプサルゲに生えている毛目当てに乱獲が行われたことがあるそうな。


人気ブログランキングへ ブログランキング・にほんブログ村へ  
Posted by alexey_calvanov at 22:00Comments(0)TrackBack(0)

2011年09月03日

ボルト、リベンジの金

世界陸上テグ大会8日目、ジャマイカのウサイン・ボルト選手が男子200mで金メダルを獲得しました。
ボルト選手の実力なら当然の結果ではあるのですが、ご存知の通り、あの時の悪夢がよぎっていた中、プレッシャーもあったかと思います。それをはねのけ、やってのけたボルト選手はやっぱり一流のアスリートなのだなと感じましたね。


ボルト選手は8/28の男子100m決勝でまさかのフライングを犯し、失格になってしまった経緯があります。あまりの悔しさにインタビューもままならない中、200mへ向けて黙々と練習を重ねている姿が印象的でした。それから6日経った今日、あの時の悪夢を払うかのように予選を勝ち抜き、金メダルを獲得したわけです。

3位に入ったのは、100mで4位に入ったクリストフ・ルメートル選手。白人選手が200mでトップ3に入ったのは、世界陸上では1987年のローマ大会以来とのこと。今後、『世界で最も早い白人選手』としてその名を聞くことになるのでしょう。個人的にはこれからが気になる楽しみな選手ですね。


そして、世界陸上も明日で終わりになります。
男子マラソンでは、『最強の市民ランナー』こと川内優輝選手が登場。トラック競技では、女子800mのキャスター・セメンヤ選手が登場します。また、男女とも4×100mリレーで日本選手が登場します。特に男子4×100mリレーは北京オリンピック以来のメダルが取れるかが大きな注目点です。
是非とも悔いのないようベストを尽くしてもらいたいものですね。


人気ブログランキングへ ブログランキング・にほんブログ村へ  
Posted by alexey_calvanov at 23:07Comments(0)TrackBack(0)

2011年08月27日

世界陸上テグ大会で注目したい2選手

今日から世界陸上が韓国南部にあるテグで開幕しました。
午前中には初のメダル種目になる女子マラソンや各種目の予選が行われ、そして開会式を挟んで現在も競技が行われていますフィールドで初のメダル競技になる女子の10000mの他、ハンマー投げ・女子走り幅跳び・女子400m・男子100mなどが開催中です。


その大会の中で、日本人選手以外で、私自身が注目している選手を紹介しようかと
偶然というのか、今回紹介するのは、どちらも南アフリカの選手


1人目は、女子800mで登場するキャスター・セメンヤ選手
彼女は前回の世界陸上ベルリン大会で、きら星のごとくデビューした黒人選手で、長年破られることのなかったマリア・ムトラ選手(モザンビーク)が記録した大会記録を破ったことでも知られています。
しかしながら、風貌や声質で彼女は男性ではないかという疑いが掛けられ、セックスチェックを行ったところ、見た目は女性ではあるが、体内に精巣といった男性特有の臓器を持つ半陰陽(両性具有。いわゆるふたなり)ということがわかり、女性として競技に出る資格があるのかが1年近く審議されてきました
その結果、セメンヤ選手は女性であることが認められ、国際陸連も昨年の7月にセメンヤ選手が女性であることを正式に決めています

とにかく圧倒的で若さみなぎる走りが特徴的。若さという点では、まだ20歳ということもあり、今後10年はトップアスリートになるのではないかと思います。ロンドン・リオデジャネイロのオリンピックで注目の的になるのは間違いないでしょう。


もう一人は、オスカー・ピストリウス選手
彼は400mを主に走る白人選手ですが、実は両膝より下がなく、カーボン製の義足をはめて走る選手として知られています。これまでは水球やラグビーなどで活躍し、ラグビーで両膝をけがをしたため、そのリハビリのために陸上を始めたところ、その才能が認められ、陸上選手に転身しています。
陸上選手に転身後はパラリンピックで活躍し、他選手を圧倒する走りを見せた選手でしたが、さらなる飛躍を求めて健常者の大会に出たいと国際陸連に申請していました
ところが、国際陸連はカーボン製の義足が健常者に対して有利に働くのではないかという疑惑を掛けられ、最終的にはスポーツ仲裁裁判所で出場は認められたものの、2008年に行われた北京オリンピックには参加標準記録を越えられず出場できませんでした
その後は北京パラリンピックで400m・100m・200mの三種目を制覇今年の韓国の世界陸上の参加標準記録をクリアし、100mに出場する視覚障害のあるジェイソン・スミス選手(アイルランド)と共に、初めて障害のある選手が健常者の大会に挑むことになりました。

特徴としては、後半の伸びのよさが挙げられるでしょう。この後半の伸びがカーボン製の義足から来ているのではないかという疑いの元にもなっているわけですけれども、雨天時にはこの義足でも上手く走れない、また通常の場合でも扱いが難しいと結論付けられているだけに、この部分はピストリウス選手が持つ天性の才能なのかもしれません。
そのピストリウス選手が登場する男子400mは8/28予選・8/29準決勝・8/30決勝となるわけですけれども、8/28の予選が越えられるかが大きなカギになるでしょう。また、どこまで彼が健常者に通じるのかもポイントでしょう。


人気ブログランキングへ ブログランキング・にほんブログ村へ  
Posted by alexey_calvanov at 23:06Comments(0)TrackBack(0)