2017年03月04日

いよいよ名岐ダービー

遂にこの日がやって来ました。
J2残留が決まってから4ヶ月弱、ほぼいきなりの状態ながらも、FC岐阜悲願の名岐ダービーが開催されます。


今回の試合と長良川競技場で行われる試合は、「名岐ダービー~木曽川の合戦~」と題して開催されます。来年はどうなるかわかりませんか、記念グッズも作ったことだし、末永く盛り上がるものとしましょう(ニヤニヤ)。


しかし、今回は名岐ダービーだけが見どころではありません。他にもいくつかあるんです!

まずは新監督対決
岐阜の大木武監督と名古屋グランパスの風間八宏監督は、今年から指揮を執る新監督同士。共にパスサッカーを信条とするチームなので、ボール(球際)の攻防が注目されることでしょう。逆に言えば、どちらが大胆に攻め上がれるかもカギになるでしょう。
また、大木・風間両監督とも同年齢。しかも中学校が同じで、お互いの実家が2kmも離れてるかどうかという近さ互いを知り尽しているとも言え、非常にやりにくい相手なんでしょうね。

さらに、もう一つ注目すべきポイントとして、親子対決が挙げられます。
岐阜に所属する風間宏矢選手は、風間監督の息子(次男)。かつては川崎フロンターレで一緒にいたこともあり、(真相はともあれ)『追い出される』形で出ていった彼にとっては、目にものを見せるチャンス到来でもあるわけです。
なお、田中パウロ淳一選手がプロとしてのキャリアをスタートさせたのも川崎彼も風間宏矢選手と似た感じで出ているので、風間八宏監督には一過言あることでしょう


この試合は、愛知・岐阜・三重の方々なら、NHK総合テレビで見られますが、時間のある方は、是非とも豊田スタジアムに訪れて頂いて、盛り上げていきましょう!まだチケットは大丈夫なハズ(ギャハ)。


人気ブログランキングへ ブログランキング・にほんブログ村へ  

Posted by alexey_calvanov at 10:39Comments(0)TrackBack(0)

2016年11月18日

普通は朗報

だが、今回の話はJ2名古屋グランパスエイトだ(汗)。
未だ監督やGMが決まっていない名古屋、ここに来て監督が決まりそうです。


各スポーツ紙や大手新聞社の報道によれば、名古屋の新監督に元川崎フロンターレ監督の風間八宏(やひろ)さんに固まったと伝えています。

風間さんは、大学卒業後はごく初期を除いてドイツ(当時は西ドイツ)のサッカークラブを転戦し、1989年からマツダSC(後のサンフレッチェ広島)に所属していました。Jリーグに広島が加入した後も数年間プレーしていましたが、最終的には再びドイツのクラブに移籍、その年に引退しました。
引退後は、大学のサッカー監督として長いこと過ごしていたため、アマチュアサッカーの底上げを図ったとも言えます。その風間さんが初めて指揮を執ったのが、今回辞めた川崎だったのです(2012年~2016年)
そこで風間さんは、川崎のチーム力を安定化させ、強豪が跋扈(ばっこ)するJ1で存在感を示していましたアマチュア上がりの監督でJ1残留を果たしている(時折優勝争いにも絡む)のですから、卓越した指導力を発揮したのだと思いますわ、傍から見たら。


ところで、名古屋はボシュコ・ジュロブスキー元監督を解任してから迷走状態が際立っています。中でも監督は外国人にするという報道が当初挙がっており、フランス人のル・グエンさんを据えるという話まで出ていました。そこから一転して日本人監督に打診ですから、ル・グエンさんと折り合いが付かなかったのか、名古屋にある派閥、つまりは相手をけん制するためだったんでしょうか。

これで選手の不満が治まって、選手残留→戦力強化→1年でJ1復帰といけばいいんですけどね。どっこい名古屋はそんな上手く行かないよと(苦笑)。


まぁ、普通のチームなら朗報・最強の補強などとほめちぎれたんでしょうけど、名古屋では『政争の具』扱いでしょうな。ちょっといたたまれないですわ。


あとは、名古屋のフロントが勘違いか気を利かせてかチームの盛り上げ(つまりは興業面)で彼の息子を移籍させかねないよ。
実は、息子もJリーガーで、長男の宏希選手はギラヴァンツ北九州、次男の宏矢選手はFC岐阜に所属しているのです。どっちもJ2残留争いを繰り広げているので、残った場合は親子対決と煽られ、どちらかがJ3行きになった場合、オファーを出してくるんじゃないのかなと思っているわけです。名古屋はバカフロントだからやりかねない(汗)。


人気ブログランキングへ ブログランキング・にほんブログ村へ  
Posted by alexey_calvanov at 22:49Comments(0)TrackBack(0)