2020年03月18日

香川のゲーム条例が通ってしまった・・・

以前から議論になっていた香川県の「ネット・ゲーム依存症対策条例」が本日(3/18)可決・成立しました。この条例は4/1から適用されます。


この条例は、中国で適用されたものによく似ていますが、過剰な規制や法的拘束力はありませんあくまでメインは1日60分(学校休業日は同90分)に動画やゲームなどの閲覧・プレイを制限するもので、それを業者にも協力してもらうというものになっています。


この条例は可決前から議論になっており、そもそも論として県(議会)が規制することが正しいことなのか・科学的根拠があるのかという議論もさることながら、一般社団法人コンピュータエンターテインメント協会(CESA)、 一般社団法人日本オンラインゲーム協会(JOGA)、一般社団法人モバイル・コンテンツ・フォーラム(MCF)、一般社団法人日本eスポーツ連合(JeSU)が連名で県の行う規制に疑問を呈す声明を出しています。もちろんパブリックコメントでも反対・疑問の意見が出ていたのですけれども、公開されたのは一部のみで、しかも賛成票が8割。あまつさえ水増しされている(動員されていた)可能性も指摘されています。完全公開も、可決・成立した今日と明日のみで、口外厳禁となっており、なぜこの日まで完全公開ができない点はおろか、秘密厳守になっているのかという疑問も沸いています。


中国の件でも書きましたが、ゲーム障害というものが病気としてWHO(世界保健機構)から認定されたことからも、日常生活に支障をきたす人達が顕著になってきたから導入を検討したのだと思います。その点では理解できるのですが、素人(ともすれば、親の延長線上)ともいえる政治家(県議会議員や県職員)が決めても反発を招くだけなのです。ここは、専門家(今回の場合は、先述の業界団体やファミ通などのゲーム業界誌やサイトに寄稿しているライターなど)やゲーム会社大手(ソニー・に任天堂・マイクロソフト)や動画配信サイト大手(YouTube・ニコニコ動画など)の意見を仰ぎ、協議したうえで作り上げていくことが大事なのではないかと思います。専門家達も規制に全面的に反対してはいないはずで、どういうルール作りをしていけばいいかを模索するいい機会になるのではないかと思います。


この条例が全国に、並びに国に波及しなければいいのですが、その先にサブカルチャー規制が待っているのではないかという危機感も抱かないといけないでしょう。香川県の先例をきっかけに、1989年に起こった宮崎勤事件(埼玉幼女連続殺人事件。この一連の事件の犯人である宮崎勤死刑囚がサブカルチャー好きだったため、猛烈なバッシングをメディアから煽られることになった)のようなふうにならないよう、私達が気を付けていかないといけないのです。


人気ブログランキングへ ブログランキング・にほんブログ村へ  

Posted by alexey_calvanov at 23:21Comments(0)

2018年06月10日

四国は未だバスの中

今、香川県を縦断中。8時少し前に高松駅を出たので、丸亀・琴平方面に向かっているというのが正確かな?
心配された台風5号の影響は、少し肌寒いなと思うくらいで、雨が降ってくる兆候は今のところ無し。曇り空の中走っております。


今回は、Pikaraスタジアムで行われるカマタマーレ讃岐×FC岐阜との試合を観に行くために来たわけですが、午前中に少し寄り道もしたいので、1日天候持ってくれよと。帰り際になって仕事されて本州渡れません・・・なんてなったらシャレにならんからなぁ(苦笑)。


目的地到着まで、あとおよそ1時間。そろそろ腹が減ってきた(ギャハ)。


人気ブログランキングへ ブログランキング・にほんブログ村へ  
Posted by alexey_calvanov at 08:38Comments(0)