2016年06月15日

春の新機種2016 ソフトバンク編

春の新機種2016、ここからはソフトバンクの新機種紹介です。
とはいっても、毎度おなじみ(?)の発表会はない状況新機種のプレスリリースが行われただけとドコモやauの豪華さに比べたら、これまた毎度ながらシンプルというのか質素というのか。派手な施策をバンバンと打つくせに発表会を行わないのは、ソフトバンクらしくないなといつも思うようになりました。
具体的な施策もないので、このまま新機種の紹介に参りましょう。


①Xperia X Performance(502SO)
5インチのフルHD液晶を搭載したストレートタイプのスマートフォン。OSはAndroid6.0。
キャリアアグリゲーションやに対応。2300万画素のCMOSカメラやIPX5/8相当の防水機能とIP6X相当の防塵機能を搭載している。

個人的感想
全てにおいてハイスペックでありながら、男女を問わないシックないしはポップな4色展開、そしてワンセグ・フルセグやおサイフケータイといった独自の機能も搭載しているので、恐らく今回の機種の中では一番売れるのではないかと思われる。


②AQUOS Xx3(506SH)
5.3インチのフルHD IGZO液晶を搭載したストレートタイプのスマートフォン。OSはAndroid6.0。
速い動画にも耐えうる超高精細な液晶に2260万画素のCMOSカメラ、指紋センサーによる指紋認証機能、IPX5/8相当の防水機能やIP5X相当の防塵機能を搭載している。

個人的感想
今回のシャープの機種は画面いっぱいにまで広がったEDGESTを辞め、通常の画面構成になっている。それでいて、キャリアアグリゲーション、ワンセグ・フルセグ、おサイフケータイも抑えている。さらに完全防水になるようにキャップ型のふたを採用しているので、水回り出も安心して使えるように配慮されている


③DIGNO F(503KC)
5インチHD TFT液晶を搭載したストレートタイプのスマートフォン。OSはAndroid6.0。
IPX5/IPX7相当の防水機能、IP5X相当の防塵機能、MIL-STD-810G規格に準拠した耐衝撃性能を搭載している。

個人的感想
機能面では高いものではないが、「かんたんビギナーホーム」に代表するスマホ初心者でも扱いやすい機種として展開しようとしている。機能を求めない中年層・高年層や主婦にはウケがいいように思える。


次回はワイモバイルの新機種紹介です。


人気ブログランキングへ ブログランキング・にほんブログ村へ  

Posted by alexey_calvanov at 22:28Comments(0)TrackBack(0)

2014年05月22日

春の新機種2014 ソフトバンク編

春の新機種、今回はソフトバンク編です。
ソフトバンクは、ケータイ市場が成熟して初めてであろう新機種発表会を行わないという方針を採りました。その理由は明白で、以下のように。

  • 主力にしているiPhoneはアップルの商品だからここでやる必要はない。

  • 対してAndroid対応のスマホに関しては明確な差が付いていないので、力を入れてやるまでのことはない。


この2つが主な理由です。

しかし、言い換えれば、ソフトバンクが発表しないのは、訴えられる要素を他に取られてしまっているので『必要ない』という結論に至ったのではないのでしょうか。
新機種発表会というのは、単純に新機種を発表する場というふうではなく、その新機種に搭載する新サービスの発表会でもあるのです。今期で行けば、auのキャリアアグリゲーション、ドコモのVoLTEがその一例。また、auのau WALLETやドコモの新料金プランなど各種サービスもそれにあたります。
ところが、ソフトバンクはその新サービスを打ち出していません。いや、打ち出せたかもしれないのですけど、新機種発表会を行わなかったがために、その発表を行う場所を失ってしまったのです。Androidは個性がないとバッサリ斬っていましたが、逆にAndroidでは計れないオリジナルのサービスを公表する場を失っていることに気付いているのでしょうか。
まぁ、ソフトバンクがキャリアアグリケーションとかVoLTEをやれるほど基地局が整備されていないという根本的な原因に起因するんですけどね。電波の質が良くなりましたとか基地局が増えましたとか訴えてますけど、本当にそう実感できるのは恐らく一生無理でしょう。


そんな新機種発表会が無い中でも、新機種の発表が散発的に行われました。今後また発表があるのでしょうけど、とりあえず、2機種の紹介をしていきます。


①AQUOS Xx 304SH
5.2インチフルHD IGZO液晶を搭載したストレートタイプのスマートフォン。OSはAndroid4.4。
1310万画素のCMOSカメラ、AXGP・FDD-LTE方式による「Hybrid 4G LTE」、IPX5/7相当の防水機能、ワンセグ・フルセグ、おサイフケータイ(FeliCa・NFC)、赤外線通信に対応している。

個人的感想
この機種は、au・ドコモよりかは若干小さいものの、画面占有率78%と大きな液晶表示が可能になっている。それでいて高精細・省電力になっているので、見やすさと長持ちを優先したい人には十分オススメできる。


②301Z
中国のメーカーであるZTE(中興通訊)が製作した2.4インチQVGA・TFT液晶を搭載したストレートタイプのケータイ。ソフトバンクが提供するプリペイドサービス「プリモバイル」専用端末。
200万画素のCMOSカメラを搭載し、プラチナバンド・緊急速報メール・S!メールに対応している。

個人的感想
この機種はプリペイド用機種になるので、通常よりも高い価格での販売(いわゆる値下げが無い販売)になると思われる。その後、一般的なケータイとして利用できるのかは不明なので、購入の際は注意したい。
一時のプリペイド端末に比べ機能面ではよくなっていると実感。ただしSMSも送れるが、他社への送信は不可なので注意


次回はディズニーモバイルの機種紹介です。


人気ブログランキングへ ブログランキング・にほんブログ村へ  
Posted by alexey_calvanov at 23:59Comments(0)TrackBack(0)