2017年10月31日

2017年9月のアクセス解析の結果

当サイトにお越し頂きありがとうございます。2017年9月のアクセス解析の結果を書いていこうと思います。


今回、PC:モバイルの比率は、26:74となりました。先月と比べるとアクセス数は減っているものの、比率としてはモバイルからの来場者数が増えているようです。


PCの詳細に関しては、Windowsシリーズ(Windows 7・10・8.1・Vista・XPの比率)が約85%(それぞれ約35・32・14・3・1)となりました。
各OSの利用しているインターネット閲覧ソフトは、7では、Internet Exploler(IE。11→8)が約61%、Chrome(60.0)が約19%、Firefox(55.0)が約10%となっています。IEは6割になり、Chromeは先月比で2/3ほどに減少、Firefoxは微増ですね。
Windows 10は、Chrome(60.0→61.0)が約43%、IE(11)が約25%、Edge(15.15063→14.14393)が約23%、Firefox(55.0)が約6%となっています。Chromeが首位に返り咲き、先月首位だったEdgeが急上昇。対してIEは約半分減り、Firefoxは再び2ケタを切りました。
8.1に関しては、IE(11)が約75%、Chrome(60.0)が約18%となりました。IEとChromeとの差は広がるばかりですね。
上記以外では、アップルシリーズ(iPad・Mac OS X)は約15%(それぞれ約10・5)・UNIXは0.5%になっています。このうちiPadはSafari(10.0→不明)が約58%に、Mac OS XはChrome(60.0)が約30%になっています。そしてVistaはChrome(49.0)が約83%になっています。


対して、モバイルはAndroidが約64%、iPhoneが約33%、au(EZweb)が約3%、ドコモが約0.3%、ソフトバンクが約0.1%となっております。Androidが6割復活、iPhoneは3割台で停滞。そして、auが3%を維持、ソフトバンクとドコモの比率順位が逆転となりました。
AndroidはSafari(4.0)が約17%に対し、Chrome(60.0→46.0→51.0→30.0→61.0→59.0→58.0→50.0)が約73%となっています。Safariの比率が2割を久しぶりに切りましたが、Chromeの比率は先月とほぼ変わらないふうです。
iPhoneに関してはSafari(10.0→9.0→不明→11.0)が約90%となり、次に来たWebKitは約8%となっています。
auはKC4I(GRATINA2(KYY10))が約93%となっています。ソフトバンク・ドコモは詳細が出ておりません。


9月は、ヤマザキパンのランチパック「グラタンコロッケ」の話、セブンイレブンのレアファストフーズ(大判焼き)と地域限定商品(台湾ラーメン)の話、日清食品の話(U.F.O.のあんかけ焼そばと謎肉祭)、ファミリーマートが行っているニッポン味わい探訪の話が多かったですね。「おどろき戦隊モモノキファイブ」終了話や「ガッテン」が放送していたスマートフォン・サムの話も注目されていたようです。
ちなみに、過去記事の中で5月に書いた「ザクチキ」の記事が急激に伸びていました。この頃から首都圏で販売を始めていたようです。


10月は、何といっても名岐ダービー。後半戦のヒートアップした模様を伝えられればと思います。野球やサッカーはクライマックスを迎えますから、アツい話題を届けらればとも思っております。


人気ブログランキングへ ブログランキング・にほんブログ村へ  

Posted by alexey_calvanov at 23:23Comments(0)

2017年10月30日

秋の新機種2017 au編

秋の新機種、今回はauの新機種紹介です。
今回は特に新施策も無く、新機種もわずか3機種。今期の新機種は見送って、夏の機種を安く買うかiPhoneでどうぞというふうですかねぇ・・・。夏の機種は、そろそろ完了モデルになるやもしれないし・・・。


という中で、新機種紹介です(苦笑)。


①Xperia XZ1 SOV36
5.2インチフルHD TFT液晶を搭載したストレートタイプのスマートフォン。OSはAndroid8.0。
「Motion Eyeカメラシステム」を搭載した1920万画素CMOSカメラ・DMM.makeと連携して3Dプリントできる「3Dクリエーター」・IPX5/8相当の防水機能・IP5X相当の防塵機能を搭載している。

個人的感想
この機種、機能面でいくと、Xperia XZやXZsとほぼ同じ。細かい部分のブラッシュアップに留まっている。それでもハイグレードな機種なのは間違いないので、まだ機種変更していない人にはオススメ。


②Galaxy Note8 SCV37
韓国のメーカーであるサムスン電子から発売される6.3インチQHD+ 有機EL液晶を搭載したストレートタイプのスマートフォン。OSはAndroid7.1(後日Android8.0にバージョンアップ予定)。
IPX5/8相当の防水機能・IP6X相当の防塵機能に加え、虹彩・指紋・顔の認証機能を搭載している。またスライタスペンが付属している。

個人的感想
この機種は、最近のGalaxyではお馴染みになった左右の縁まで画面という構成になっている。またスライタスペンにも防水と防塵(それぞれIPX8とIP6X相当)が付いているので、手が濡れていても大丈夫になった。さらに日本独自の機能として、おサイフケータイ(FeliCa)・フルセグに対応している。ドコモほどではないが、オリジナルよりも充実した機能を誇っている。


③AQUOS sense SHV40
5インチフルHD IGZO液晶を搭載したストレートタイプのスマートフォン。OSはAndroid7.1。
IPX5/8相当の防水機能とIP6X相当の防塵機能を搭載している。

個人的感想
シャープモデルとしては珍しくロースペックモデルで挑んできた感がある。実物に近い色合いを出せるという触れ込みではあるものの、それ以外の機能は、あまり充実しているとは言えない。そのためか、実売価格も安いので、IGZO液晶を安価で手に入れたい人にオススメ。


人気ブログランキングへ ブログランキング・にほんブログ村へ  
Posted by alexey_calvanov at 23:57Comments(0)

2017年10月28日

秋の新機種2017 ドコモ編⑤

秋の新機種ドコモ編。最後はタブレット端末の紹介です。


⑪arrows Tab F-02K
10.1インチWQVGA TFT液晶を搭載したストレートタイプのタブレット端末。OSはAndroid7.1。
ワコムのAES方式の筆圧検知技術を採用している。また音声操作も可能になっている。さらにIPX5/8相当の防水機能、IP6X相当の防塵機能を搭載している。

個人的感想
タブレット端末では珍しくワコムの筆圧検知機能を搭載している(要対応ペン)。イラストレーター御用達の機能なので、絵を描く人にも薦められるかもしれない。


⑫dtab d-01K
中国のメーカーであるHuawei(華為技術)から発売される10.1インチWUXGA TFT液晶を搭載したストレートタイプのタブレット端末。OSはAndroid7.0。
IPX5/7相当の防水機能・IP6X相当の防塵機能・ドコモの超高速通信「PREMIUM 4G」(下り最大262.5Mbps)・指紋認証機能が搭載されている。

個人的感想
dtabシリーズ3代目は、カメラ機能は落ちたものの、防水・防塵・指紋認証・超高速通信とスマホでは付いていたものが付加され、かつ安価という理想的なモデルになっている。タブレットが欲しいと思っているならオススメできる機種だろう。


次回はauの新機種紹介です。


人気ブログランキングへ ブログランキング・にほんブログ村へ  
Posted by alexey_calvanov at 16:44Comments(0)

2017年10月27日

秋の新機種2017 ドコモ編④

秋の新機種ドコモ編。今回も海外メーカーの機種紹介です。


⑨M Z-01K
中国のメーカーであるZTE(中興通訊)から発売される5.2インチフルHD TFT液晶を2面搭載した折り畳み型のスマートフォン。OSはAndroid7.1(後日Android8.0にバージョンアップ予定)。
2画面搭載した画面を利用して、マルチ展開や大画面での閲覧が可能になっている。

個人的感想
この機種は、大画面を2枚持っているのが最大の特徴で、様々なモードに対応できる。中には複数人での対面閲覧を想定してミラーモードも備えている。また、2030万画素CMOSカメラを搭載しているのも見逃せない。カラーが黒しかないのは残念だが、大きな画面を欲している人や色々試してみたい人にオススメ。


⑩MONO MO-01K
中国のメーカーであるZTE(中興通訊)から発売される5インチHD TFT液晶を搭載したストレートタイプのスマートフォン。OSはAndroid7.1。
IPX5/7相当の防水機能・IP5X相当の防塵機能・3GBのメモリ・32GBのストレージを搭載している。

個人的感想
この機種に関して言えば、基本的な機能は前機種のMONO MO-01Jとあまり変わっていないメモリとストレージを増強したのとデザインを一部変えたのが前機種との大きな違いになっているだけなので、既に持っている人には薦めにくい。ただ、「docomo with」対応機種なので、安価で購入できるのは大きなメリットになるだろう。


次回はタブレット端末の紹介です。


人気ブログランキングへ ブログランキング・にほんブログ村へ  
Posted by alexey_calvanov at 22:48Comments(0)

2017年10月26日

秋の新機種2017 ドコモ編③

秋の新機種ドコモ編。3回目は海外メーカーの機種紹介です。


⑥Galaxy Note8 SC-01K
韓国のメーカーであるサムスン電子から発売される6.3インチQHD+ 有機EL液晶を搭載したストレートタイプのスマートフォン。OSはAndroid7.1(後日Android8.0にバージョンアップ予定)。
IPX5/8相当の防水機能・IP6X相当の防塵機能に加え、虹彩・指紋・顔の認証機能を搭載している。またスライタスペンが付属している。

個人的感想
この機種は、最近のGalaxyではお馴染みになった左右の縁まで画面という構成になっている。またスライタスペンにも防水と防塵(それぞれIPX8とIP6X相当)が付いているので、手が濡れていても大丈夫になった。さらに日本独自の機能として、おサイフケータイ(FeliCa)・フルセグとワンセグ・「PREMIUM 4G」の下り最大788Mbpsの通信に対応している。オリジナルよりも充実した機能を誇っているので、ドコモユーザーなら、キャリア版のこの機種がオススメ。


⑦V30+ L-01K・JOJO L-02K
韓国のメーカーであるLGエレクトロニクスから発売される6インチQHD 有機EL液晶を搭載したストレートタイプのスマートフォン。OSはAndroid8.0。
1650万画素CMOSと1310万画素CMOSのデュアルアウトカメラを搭載し、GoogleのVRプラットフォームである「Daydream」に対応している。またIPX5/8相当の防水機能・IP6X相当の防塵機能・MIL-STD 810Gに準拠した耐衝撃性能を搭載している。

個人的感想
この機種もオリジナルモデルがあるものの、オリジナルよりも内蔵ストレージを倍(オリジナルは64Gなのに対し、この機種は128GB)にしているだけでなく、日本独自の機能であるおサイフケータイ(FeliCa)やワンセグ・フルセグ、下り最大788Mbpsの通信を備えている
また連載30周年の「ジョジョの奇妙な冒険」とのコラボモデルであるJOJO L-02Kも登場するが、V30+ L-01Kと違うのは、関連コンテンツが入っている点のみで、基本的な部分は変わらないようである。


⑧Disney Mobile on docomo DM-01K
韓国のメーカーであるLGエレクトロニクスから発売される5.5インチのフルHD+ IPS液晶を搭載したストレートタイプのスマートフォン。OSはAndroid7.1。
IPX5/8相当の防水機能やIP6X相当の防塵機能、指紋センサーが搭載されている。

個人的感想
この機種は、ディズニーコンテンツを楽しむための機種と割り切ってもいいだろう。機能面は、昨今の機種と劣らなくなっているが、90周年を迎えたディスニーを楽しむための機能や仕様にあふれている点は、これまでと変わらない、いや下手したらそれ以上になっているかもしれない。足しげく東京ディズニーリゾートに向かう人なら、是非とも欲しい一品でしょう。


次回もドコモの機種紹介です。


人気ブログランキングへ ブログランキング・にほんブログ村へ  
Posted by alexey_calvanov at 23:25Comments(0)

2017年10月25日

秋の新機種2017 ドコモ編②

秋の新機種ドコモ編。今回も国内モデル、富士通の機種紹介です。


④arrows NX F-01K
5.2インチフルHD TFT液晶を搭載したストレートタイプのスマートフォン。OSはAndroid7.1(後日Android8.0にバージョンアップ予定)。
虹彩認証と指紋認証機能が施され、IPX5/8相当の防水機能・IP6X相当の防塵機能・MIL-STD-810G相当の耐衝撃性能を備えている。

個人的感想
大きな画面ながらもタフネスな構造になっているので、普段から物使いの粗い人でも安心して使えそう。さらに、指紋認証機能は、本来の機能以外に画面拡大・縮小や画面スクロールにも対応しているので、画面に触らなくてもできる点では便利になりそう。


⑤らくらくスマートフォン me F-03K
4.5インチHD有機EL液晶を搭載したストレートタイプのスマートフォン。OSはAndroid7.1。
IPX5/8相当の防水機能、IP6X相当の防塵機能を備えている。

個人的感想
今回の機種は、らくらくスマートフォン4 F-04Jをベースにマイナーチェンジしたものになっている。そして「docomo with」にも対応しているため、一部の機能(「赤外線通信」・「防犯スイッチ」・「らくらくタッチ」)を削除している。そのためコスト面でなら、この機種をオススメするものの、削除された機能が1つでも欲しい場合は、早めに旧モデルを購入することを薦めたい。


次回もドコモの機種、海外モデルの紹介です。


人気ブログランキングへ ブログランキング・にほんブログ村へ  
Posted by alexey_calvanov at 22:47Comments(0)

2017年10月24日

秋の新機種2017 ドコモ編①

秋の新機種、今回からドコモの新機種紹介です。
ドコモの新要素としては「PREMIUM 4G」のバージョンアップくらいか。下り最大788Mbpsに対応する機種が登場する他、「4波キャリアアグリゲーション」にも対応する機種が登場するとのことだそうです。


では新機種の紹介です。今回は国内メーカーの機種をば。


①Xperia XZ1 SO-01K
5.2インチフルHD TFT液晶を搭載したストレートタイプのスマートフォン。OSはAndroid8.0。
「Motion Eyeカメラシステム」を搭載した1920万画素CMOSカメラ・DMM.makeと連携して3Dプリントできる「3Dクリエーター」・IPX5/8相当の防水機能・IP5X相当の防塵機能・下り最大788Mbpsの「PREMIUM 4G」を搭載している。

個人的感想
この機種、機能面でいくと、Xperia XZやXZsとほぼ同じ。細かい部分のブラッシュアップに留まっている。それでもハイグレードな機種なのは間違いないので、まだ機種変更していない人にはオススメ。


②Xperia XZ1 Compact SO-02K
4.6インチHD TFT液晶を搭載したストレートタイプのスマートフォン。OSはAndroid8.0。
「Motion Eyeカメラシステム」を搭載した1920万画素CMOSカメラ・DMM.makeと連携して3Dプリントできる「3Dクリエーター」・IPX5/8相当の防水機能・IP5X相当の防塵機能を搭載している。

個人的感想
機種としてはコンパクトではあるものの、機能面ではXperia XZ1 SO-01Kと遜色ない。しかも、この機種はドコモのみでの販売ということなので、コンパクトなXperiaが欲しいという人がキャリアを変えて来る可能性もある。オススメの機種と言えよう。


③AQUOS sense SH-01K
5インチフルHD IGZO液晶を搭載したストレートタイプのスマートフォン。OSはAndroid8.0。
IPX5/8相当の防水機能、IP6X相当の防塵機能を搭載している。

個人的感想
この機種は、3辺狭額縁でも「EDGEST fit」でもないものの、大型画面を確保している。機能面はそれほど高くなく、シャープとしては珍しくミドルレンジ的なモデルに仕上がっている。そのためか、この機種は「docomo with」対象機種の一つになっている。


次回もドコモの新機種紹介です。


人気ブログランキングへ ブログランキング・にほんブログ村へ  
Posted by alexey_calvanov at 23:13Comments(0)

2017年10月23日

秋の新機種2017 ソフトバンク編 後編

秋の新機種ソフトバンク編、後半はタブレット端末とフィーチャーフォンの紹介です。


③MediaPad M3 Lite s(701HW)
8インチのワイドUXGA TFT液晶を搭載したストレートタイプのタブレット端末。OSはAndroid7.0。
表示色の彩度を高める機能やブルーライトをカットする機能を備えている。

個人的感想
機能面では薄型のタブレット端末という点・スマートフォンとの連携が可能な点以外は、それほど優れた点は無い。安価で売るためのモデルと割り切ってもいいかもしれない。


④DIGNOケータイ2(701KC)
3.4インチフルワイドVGA TFT液晶を搭載した折り畳みタイプのケータイ。0.9インチ有機EL液晶のサブディスプレイも搭載している。
IPX5/8相当の防水機能・IP5X相当の防塵機能・MIL-STD-810G相当の耐衝撃性能および「でか受話音」・最大3つまで登録できる「カスタマイズキー」・85%までで充電を抑える「バッテリーケアモード」・LINE・FMラジオを搭載している。

個人的感想
長いこと利用されることを想定してか、防水・防塵・耐衝撃といった機能を備えた以外に、音声を聞き取りやすくしたり、使いやすくしたり、かつエンタメ性も持たせている色もどの層にもウケるカラーリングになっているので、よく売れる機種になるのかもしれない。


⑤Simply(602SI)
2.4インチQVGA TFT液晶を搭載したストレートタイプのケータイ。
HD Voice(3G)に対応している。

個人的感想
機能面は電話・メール・ブラウザのみしか使用できない(それ以外の機能として200万画素CMOSカメラ・microSD・赤外線通信くらい)、かつてのケータイのようなシンプルさ。ただし、ワイモバイルの機種のように、一般販売ではなく、シンプルスタイルというプリペイド式のケータイなので、利用できる人が少ないのが残念。そのプリペイド用プランは、「100MBプラン」というもので、300円(税別)で利用有効期間は30日。通話(8.58円/6秒が別途必要)・4Gパケット通信・S!メール(MMS)・SMSが利用できる


次回はドコモの機種紹介です。


人気ブログランキングへ ブログランキング・にほんブログ村へ  
Posted by alexey_calvanov at 22:59Comments(0)

2017年10月21日

秋の新機種2017 ソフトバンク編 前編

先日アップルの新機種を紹介しましたが、それから約1ヶ月、いよいよ国内の3キャリアも新機種を揃えてきました。その中で、大々的に発表会を行ったのは、ドコモのみ。ソフトバンクは新機種をプレスリリース上で発表したのみ。auに至っては、特に目立ったものは無く、新機種の情報のみになっております。

まだ大きな発表の無いところもあるので、まだわからないものの、とりあえず揃っているので紹介していきましょう。最初は、ソフトバンクから。今回は国内のスマホ機種の紹介です。


①Xperia XZ1(701SO)
5.2インチフルHD TFT液晶を搭載したストレートタイプのスマートフォン。OSはAndroid8.0。
「Motion Eyeカメラシステム」を搭載した1920万画素CMOSカメラ・DMM.makeと連携して3Dプリントできる「3Dクリエーター」・IPX5/8相当の防水機能・IP5X相当の防塵機能を搭載している。

個人的感想
この機種、機能面でいくと、Xperia XZやXZsとほぼ同じ。細かい部分のブラッシュアップに留まっている。それでもハイグレードな機種なのは間違いないので、まだ機種変更していない人にはオススメ。


②AQUOS R compact(701SH)
4.9インチフルHD+ IGZO液晶を搭載したストレートタイプのスマートフォン。OSはAndroid8.0。
3辺狭額縁でありながら、丸みも持たせインカメラの周りにも液晶を備えた「EDGEST fit」の他、IPX5/8相当の防水機能、IP6X相当の防塵機能を備えている

個人的感想
4.9インチとはいうものの、見た感じは思った以上に大きく見える。ただ、これまでの「EDGEST」と違い、周りの縁が少し太いかなとも。Galaxyのような鏡張りのようなディスプレイを見慣れているだけに、少し残念とも。なお、カラーリングは少し渋めだが、万人ウケはしそう


次回もソフトバンクの新機種(タブレット端末とフィーチャーフォン)の紹介です。


人気ブログランキングへ ブログランキング・にほんブログ村へ
  
Posted by alexey_calvanov at 23:51Comments(0)

2017年09月30日

2017年8月のアクセス解析の結果

当サイトにお越し頂きありがとうございます。2017年8月のアクセス解析の結果を書いていこうと思います。


今回、PC:モバイルの比率は、28:72となりました。先月に比べてアクセス数は増えているにもかかわらず、アクセス比率で見ると、モバイルの方が明らかに増えた格好になりました。


PCの詳細に関しては、Windowsシリーズ(Windows 7・10・8.1・Vista・XP・8の比率)が約83%(それぞれ約37・26・15・4・1・0.8)となりました。
各OSの利用しているインターネット閲覧ソフトは、7では、Internet Exploler(IE。11)が約55%、Chrome(60.0→59.0)が約30%、Firefox(54.0)が約8%となっています。IEは過半数に再びなり、Firefoxは少し減少しています。Chromeは微増ですね。
Windows 10は、IE(11)が約43%、Chrome(60.0→59.0)が約26%、Firefox(54.0→55.0)が約15%、Edge(15.15063→14.14393)が約10%となっています。IEが首位に返り咲き、先月首位だったEdgeが大きく後退。Firefoxは2ケタに乗せてきました。Chromeはほぼ横ばいでしたね。
8.1に関しては、IE(11)が約67%、Chrome(60.0→59.0)が共に約25%となりました。Chromeはバージョンが増えたにもかかわらず、比率は減らしております。
上記以外では、アップルシリーズ(iPad・Mac OS X)は約15%(それぞれ約9・6)になっています。このうちiPadはSafari(10.1)が約60%に、Mac OS XはSafari(10.1→8.0)が約66%になっています。そしてVistaはChrome(49.0)が約60%、IE(7)約30%になっています。


対して、モバイルはAndroidが約58%、iPhoneが約39%、au(EZweb)が約3%、ソフトバンクが約0.5%、ドコモが約0.3%となっております。Androidが6割を切り、iPhoneが再び4割を視野に入れてきました。そして、auが3%の比率になり、先月消滅していたソフトバンクが復活しています。
AndroidはSafari(4.0)が約21%に対し、Chrome(59.0→51.0→60.0→46.0→30.0→38.0→56.0→55.0)が約74%となっています。見た限り大きな変化はないですね。
iPhoneに関してはSafari(10.0→9.0→不明)が約89%となり、次に来たWebKitは約9%となっています。そして先月初登場したSleipnirは消滅しています。
auはKC4I(GRATINA2(KYY10))が約76%となっています。ソフトバンク・ドコモは詳細が出ておりません。


8月は、「のり塩チキン(あおさ使用)」が登場したセブンイレブンのファストフーズの紹介がトップでした。次いでファミリーマートの行っている「ニッポン味わい探訪」の新商品の記事、ミニストップで発売している「揚げピザ」の新味、ファミリーマートで発売していた「いももち」の新味の記事が続いています。
ちなみに、過去記事の中で、「北京飯」の記事が急上昇していましたが、こちらは8/12に行われた名古屋グランパスエイト×松本山雅FCの試合で登場したためのようです。そんなことってあるんだ(苦笑)。
9月は、ゲームショウなどゲーム系の話題が出てくることでしょうし、美味しいものが揃う時期でもあります。できるだけトレンドに追い付けるように頑張ります(汗)。


人気ブログランキングへ ブログランキング・にほんブログ村へ
  
Posted by alexey_calvanov at 23:38Comments(0)

2017年09月22日

2017年7月のアクセス解析の結果

当サイトにお越し頂きありがとうございます。2017年7月のアクセス解析の結果を書いていこうと思います。


今回、PC:モバイルの比率は、30:70となりました。先月に比べてアクセス数が減っているので、相対的に全てのアクセス数が減少しています。


PCの詳細に関しては、Windowsシリーズ(Windows 7・10・8.1・Vista・XP・8の比率)が約84%(それぞれ約41・26・11・4・2・0.4)となりました。
各OSの利用しているインターネット閲覧ソフトは、7では、Internet Exploler(IE。11→7)が約47%、Chrome(59.0)が約37%、Firefox(54.0)が約6%となっています。IEは過半数を切ったものの、最近出てこなかったIE7が復活しました。Firefoxは再び半分近くに減っています。Chromeは横ばいですね。
Windows 10は、Edge(14.14393→15.15063)が約32%、Chrome(59.0)が約28%、IE(11)が約23%、Firefox(54.0)が約9%となっています。Edgeが大きく盛りかえし、IEは3番目に後退かつ大きく割合を減らしています。
8.1に関しては、IE(11)が約63%、Chrome(59.0)が共に約33%となりました。先月と比べても比率の上下がある以外に大きな変化はないですね。
上記以外では、アップルシリーズ(iPad・Mac OS X)は約14%(それぞれ約9・5)で、PlayStation3が0.4%になっています。このうちiPadはSafari(10.0→9.0)が約85%に、Mac OS XはSafari(10.1)が約45%、Chrome(59.0)が27%になっています。そしてVistaはChrome(49.0)が約67%になっています。


対して、モバイルはAndroidが約61%、iPhoneが約36%、au(EZweb)が約2%、ドコモが約0.5%となっております。Androidが6割を超えました。そして先月消滅していたドコモが復活し、ソフトバンクは再び消滅しています。
AndroidはSafari(4.0)が約17%に対し、Chrome(59.0→46.0→51.0→30.0→38.0→58.0→50.0→55.0)が約77%となっています。Safariが再び2割を切っていますが、それ以外の大きな変化はないですね。
iPhoneに関してはSafari(10.0→9.0→不明)が約76%となり、次に来たWebKitは約21%と大きく増やしています。そしてSleipnir(4.3)が約1%で初めて入ってきました。
auはKC4I(GRATINA2(KYY10))が約70%、SH3K(AQUOS SHOT SH010)が約20%となっています。ドコモは詳細が出ておりません。


7月は、ファミリーマートの「ニッポン味わい探訪」第3弾(金沢風カレー)に関する記事がトップでした。その次は「カップヌードル 汁なしシーフード」の話が続きました。福岡に行った際の話(ランチパックの九州限定の品物と北九州のうどん屋巡り)や日清食品の黒歴史な商品がリバイバルして登場した話もよく読まれていました。後は壇ノ浦に着いた時の話が案外読まれていましたね(笑)。
過去の記事の中で、急激に伸びたのが、過去の「テレフォン人生相談」の話丁度このアクセスが殺到した辺りに強烈な相談が放送されていたようで、その関係で伸びたようですね。テキスト状態ですが読んでみて、これはひどいと思った次第(汗)。


8月は、月半ばがお休みという人も多いはず。色々なところでこのサイトを読んでくれて暮れていることを実感しながら更新していければと思います。


人気ブログランキングへ ブログランキング・にほんブログ村へ  
Posted by alexey_calvanov at 23:42Comments(0)

2017年08月15日

2017年6月のアクセス解析の結果

当サイトにお越し頂きありがとうございます。2017年6月のアクセス解析の結果を書いていこうと思います。


今回、PC:モバイルの比率は、29:71となりました。先月に比べてアクセス数は増えたものの、PV(ページビュー)数は減っていますが、UU(ユニークユーザー)数は微増しています。閲覧数はあれど、何ページ見ているかがカギですから、少し減っているのは、改善の余地ありなんでしょうか。
PCの詳細に関しては、Windowsシリーズ(Windows 7・10・8.1・Vista・XP・8の比率)が約82%(それぞれ約30・28・19・3・1・1)となりました。
各OSの利用しているインターネット閲覧ソフトは、7では、Internet Exploler(IE。11)が約51%、Chrome(59.0→60.0)が約34%、Firefox(54.0)が約14%となっています。IEが過半数、Firefoxは倍以上増えております。
Windows 10は、IE(11)が約37%、Chrome(59.0→60.0)が約26%、Firefox(54.0)が約15%、Edge(14.14393)が約14%となっています。IEが一歩抜け出すような形になり、Firefoxが少し伸び、3番目に就けています。
8.1に関しては、IE(11)が約68%、Chrome(59.0→60.0)が共に約27%となりました。こちらもIEが再度トップに立っています。
上記以外では、アップルシリーズ(iPad・Mac OS X)は約18%(それぞれ約10・8)で、このうちiPadはSafari(10.0)が約60%、WebKitが約10%に、Mac OS XはSafari(10.1→6.2)が約76%、Chrome(59.0)が25%になっています。そしてVistaはChrome(49.0)が約67%になっています。


対して、モバイルはAndroidが約55%、iPhoneが約42%、au(EZweb)が約2%、ソフトバンクが約0.4%となっております。Androidの減少、iPhone微増というのもあるけれど、やはりアクセス解析でほぼ毎回出てきていたドコモが消え、ソフトバンクが大々的に登場したのが一番大きいですね。
AndroidはSafari(4.0)が約24%に対し、Chrome(59.0→46.0→51.0→30.0→55.0→58.0→38.0→52.0)が約72%となっています。Safariが増えたというだけで、そう大きな変化はないですね。
iPhoneに関してはSafari(10.0→不明→9.0→5.1→7.0)が約88%と増加。次に来たWebKitは約11%と減少しています。
auはKC4I(GRATINA2(KYY10))が約67%、KC4A(K011)が約17%となっています。今回ドコモから割って入ったソフトバンクは詳細が出ておりません。


6月は、過去の記事以外では、ファミリーマートの「ニッポン味わい探訪」第2弾(味噌カツ弁当)に関する記事がトップでした。その次に来たのは、沖縄で行われたAKB総選挙を巡る話。その後、結婚を表明したメンバーは、卒業後ドイツ留学するとか言っていたけど、旦那放っておいていいの(汗)?それ以外では、「ケンミンの焼きビーフン」を使った焼きビーフンの話やファミリーマートで出されたジャンバラヤ(ミニストップの対抗策?)、吉野家で出されているブラックカレーの話などが挙がっておりました。


7月は、学生が夏休みということでアクセス数も伸びることでしょう。夏は色々な人に触れるチャンスでもあるので、頑張って更新していきたいと思います。


人気ブログランキングへ ブログランキング・にほんブログ村へ  
Posted by alexey_calvanov at 23:54Comments(0)

2017年08月14日

【新要素あり!】世紀のクソゲー、8/15配信【グッズ展開も】

『世紀のクソゲー』は色々あると思いますが、強烈なインパクトで当時の子供達を絶望の淵に叩き込んだ作品といえば、「たけしの挑戦状」しかないと思ってしかるべきでしょう(少なくともファミコン世代のほとんどが、この作品になるだろう)
あまりに斬新すぎたために異常なほど難解になり、攻略本が出てもわからないプレイヤーが続出出版元に電話がガンガン掛かってしまったために、遂には「担当者は死にました」というウソまで飛び出し、『攻略本の攻略本』まで出たといういわくつきの作品です。
そんな作品が、30年以上の時を超え、AndroidとiOSで配信されてしまうことになったのです。これは事件だ(ギャハ)!

ゲーム内容は、ほぼ当時のままですけど、新要素(あめりかステージの投入、「ひんたぼ語講座」収録など)も用意されています。


今回の配信開始に伴い、グッズ展開も決まっています。秋の発売予定ですが、2種類発売されることに。
一つ目は、「グランド・セフト・オート」風のTシャツ。なかなかシックかつシュールな出来栄え(笑)。
もう一つは、ゲームオーバーのワンシーン(お葬式(笑))を切り取ったマイクロファイバータオル。これもシュールだわ。まだまだ出てきそうですけど、これだけでも十分お腹いっぱいです(ニヤニヤ)。


スマホ配信に伴い、ハイデフ化(しかしグラフィックはファミコン当時のドット絵(笑))されるということなので、ファミコンで遊んだ人も楽しめるのではないのでしょうか。


価格は840円(税込)で、8/15に「タイトークラシックス」内で配信される予定です。かねてから、この作品は実写化してほしいと思っているので、これがヒットすれば、北野武さんも考えてくれる・・・わけないか(ギャハ)。


人気ブログランキングへ ブログランキング・にほんブログ村へ  
Posted by alexey_calvanov at 23:55Comments(0)

2017年07月29日

2017年5月のアクセス解析の結果

当サイトにお越し頂きありがとうございます。2017年5月のアクセス解析の結果を書いていこうと思います。


さて、PC:モバイルの比率は、28:72となりました。先月に比べてアクセス数は増えたものの、PC・モバイル共に横ばい(微減と微増)となっています。
PCの詳細に関しては、Windowsシリーズ(Windows 7・10・8.1・Vista・XPの比率)が約80%(それぞれ約45・25・13・1・0.4)となりました。
各OSの利用しているインターネット閲覧ソフトは、7では、Internet Exploler(IE。11)が約46%、Chrome(58.0→57.0)が約44%、Firefox(53.0)が約4%となっています。ChromeがIEに肉薄、Firefoxは微減になっております。
Windows 10は、IE(11)が約29%、Chrome(58.0→57.0)が約29%、Edge(14.14393)が約25%、Firefox(53.0)が約10%となっています。IEとChromeがほぼ同じ比率、Firefoxも先月とほぼ同じになりました。Edgeが少し伸長していますけど、IEはChromeに追い付かれた格好になりますね。
8.1に関しては、IE(11)とChrome(57.0→58.0→54.0)が共に約48%となりました。こちらも、IEが失速し、Chromeが追い上げた格好になっています。
なお、WinVistaは今回詳細無しになりました。
上記以外では、アップルシリーズ(iPad・Mac OS X)は約14%(それぞれ約8・6)で、このうちiPadはSafari(10.0)が約61%、WebKitが約22%に、Mac OS XはSafari(8.0)が約27%、Chrome(58.0)が20%になっています。そしてX11は約0.4%になっています。


対して、モバイルはAndroidが約63%、iPhoneが約34%、au(EZweb)が約3%、ドコモが約0.5%となっております。Androidが6割維持、iPhone微減、au・ドコモは増加していますね。
AndroidはSafari(4.0)が約14%に対し、Chrome(58.0→46.0→51.0→30.0→57.0→56.0→38.0→55.0)が約79%となっています。Chrome連合が8割に近付く勢いになってきたのに対し、Safariは遂に15%を切る割合になってしまいました。
iPhoneに関してはSafari(10.0→不明→9.0)が約84%と増加。次に来たWebKitは約13%と減少しています。
auはKC4I(GRATINA2(KYY10))が約53%、SN3V(URBANO AFFARE(SOY05))が20%となっています。今回ドコモは詳細が出ておりません。


5月は、過去の記事以外では、セブンイレブンのザクチキの話とファミリーマートの「ニッポン味わい探訪」第1弾の記事がツートップになっていました。セブンイレブン・ファミリーマート・ミニストップの関連記事も盛り上がっておりました。飲み食い系以外の記事では、5月の東北へ行った時の話もよく読まれていたようです。


6月は、これと言って大きな話題の無い月ですけど、一生懸命やっていくつもりです。引き続きお楽しみ下さいませ。


人気ブログランキングへ ブログランキング・にほんブログ村へ  
Posted by alexey_calvanov at 23:18Comments(0)

2017年06月23日

2017年4月のアクセス解析の結果

当サイトにお越し頂きありがとうございます。2017年4月のアクセス解析の結果を書いていこうと思います。


さて、PC:モバイルの比率は、29:72(四捨五入をしているので、100%にはならない)となりました。先月に比べてアクセス数が減っているので、今回はPC・モバイル共に減少となっています。
PCの詳細に関しては、Windowsシリーズ(Windows 7・10・8.1・Vista・XPの比率)が約80%(それぞれ約37・29・11・2・1)となりました。
各OSの利用しているインターネット閲覧ソフトは、7では、Internet Exploler(IE。11)が約61%、Chrome(57.0→56.0→58.0)が約29%、Firefox(52.0)が約5%となっています。Chromeが伸長したのに対し、IEが減少、Firefoxは横ばいになっています。
Windows 10は、IE(11)が約41%、Chrome(57.0)が約22%、Edge(14.14393)が約19%、Firefox(52.0)が約10%となっています。先月首位だったEdgeが約半減なのに対し、3位だったIEが首位に躍り出ました。Chromeは比率を減らしながらも2位を維持し、Firefoxが復活を果たしています。先月以上に入れ替わりの激しい展開になっています。
8.1に関しては、IE(11)が約78%、Chrome(57.0)が約19%となりました。先月よりもさらに離された格好になっていますね。
WinVistaは、先月同様Chrome(49.0)のみになりました。
上記以外では、アップルシリーズ(iPad・Mac OS X)は約17%(それぞれ約13・4)で、このうちiPadはSafari(10.0→9.0)のみで約79%に、Mac OS XはSafari(10.1)が約40%になっています。そしてX11は約1.6%になっています。


対して、モバイルはAndroidが約63%、iPhoneが約35%、au(EZweb)が約2%、ドコモが約0.1%となっております。Androidが6割維持、iPhone・au・ドコモ微減、ソフトバンク消滅していますね。
AndroidはSafari(4.0)が約17%に対し、Chrome(57.0→56.0→46.0→51.0→30.0→58.0→55.0→40.0)が約72%となっています。Chrome連合が少し割合を減らし、Safariは微増といった感じです。
iPhoneに関してはSafari(10.0→不明→9.0→8.0)が約81%と微減。次に来たWebKitは約18%と、少し増やしています。
auはKC4I(GRATINA2(KYY10))が約42%、SN3V(URBANO AFFARE(SOY05))が約33%となっています。前回初登場したKC4A(K011)は今回消滅しています。今回はドコモ・ソフトバンクには詳細が出ておりません。


4月は過去の記事以外では、体調を崩したことへの報告と4/15に行われた湘南ベルマーレ×FC岐阜の試合レポートがメインになりました。試合に行って来たことを書いた記事と併せれば、今月書いた記事の中ではトップになったのではないのでしょうか。なお、FC岐阜関連の記事では、水戸ホーリーホック戦の試合も上位に入っています。それ以外の話題もいいところにまで食い込んでますね。
それ以外では、3月に東京へ行った時のまとめ記事や北海道物産展の話題、「でかからあげクン ピザ味」の話などがランクに入っています。


5月は大型連休がありますけど、その時期は震災後毎年東北に行っています。その時の話が中心になるのではと思っています。


人気ブログランキングへ ブログランキング・にほんブログ村へ  
Posted by alexey_calvanov at 23:15Comments(0)

2017年06月22日

センセ、スマホに切り替えのチャンスです(ギャハ)!

ただし、今のケータイからSIMカードに電話番号を移し替えて、アメリカで売られているスマホで遊べるかどうかは保証しない(ギャハ)!


セガが「Sega Forever」というスマホで遊べるサイトを開設しました。
特徴としては、無料(ただし広告が出る仕組みで課金すれば消せるとのこと)・オンラインスコアランキング・Bluetooth対応コントローラー利用可能などがあります。広告が出ても無料で遊べるなら、基本的に問題ないんじゃないのかね。出る場所によるけど。

この「Sega Forever」は、SG-1000からドリームキャストまでの自社発売ゲームを全て遊べるようにするという企画で、かねてから注目されていたそうです。「Sega Forever」はAndroidかiOSに対応しているスマホがあればプレイ可能ということなので、かなり敷居も低いです。
ただし、現状利用できるのは海外(恐らくアメリカとヨーロッパ)のみで、日本での展開は現状未定です。


今回スタートと同時に配信されたのは、「ソニック ザ ヘッジホッグ」・「獣王記」・「ファンタシースターⅡ 還らざる時の終わりに」・「カメレオンキッド」・「コミックスゾーン」の5本。いずれも単独アプリとしてダウンロード可能です。なお、近日中に「パワースマッシュ」も配信予定になっています。


貴重な作品も、この企画をきっかけに広く広まればいいんですけどねぇ・・・。セガのソフト資産は結構あるので、ネタには困らないでしょう。是非とも日本で遊べるようにしてほしい、そう願わずにはいられません。


人気ブログランキングへ ブログランキング・にほんブログ村へ  
Posted by alexey_calvanov at 23:51Comments(0)TrackBack(0)

2017年06月13日

夏の新機種2017 ワイモバイル編

夏の新機種、今回はワイモバイルです。
ワイモバイルは色々あるのですけど、最初は、いよいよPHSのサービス終了が近付いている話から。
PHSの音声サービスの新規契約・機種変更・プラン変更の受け付けを2018年3月31日で停止すると発表されました。それに伴い、PHS向けの割賦販売サービス「W-VALUE SELECT」が6/30までで受け付けを停止するとのことだそうです。期日が過ぎても、PHSのサービスは使えるようですが、恐らくその数年後をメドにサービス終了をにらんでいるものと思います。
もう一つは、家族割引に加入すると、2回線目以降、5000円/台の還元を行うサービスを6/1より開始しています。こちらは、「スマホプラン S/M/L」を契約した個人ユーザーで、新規・MNP(番号ポータビリティ)およびPHSの全料金プラン、スマホプラン S/M/L(タイプ 2)、スマホベーシックプランS/M/L(タイプ 2)、LTE電話プラン、スマートプラン、スマートプランライト、ケータイプラン、ケータイ定額プラン、データプラ ン、ギガデータプランから切り替える契約変更した人が対象になります。


では、新機種の紹介です。今回のワイモバイルはスマホ・ケータイ・モバイルWi-Fiルータが各1機種ずつとなっています。


①Android One X1
5.3インチフルHD IGZO液晶を搭載したストレートタイプのスマートフォン。OSはAndroid7.1。
IPX5/8相当の防水機能・IP6X相当の防塵機能、3900mAhの大容量バッテリーを搭載し、VoLTE(HD+)、FeliCa(おサイフケータイ)に対応している。

個人的感想
Android Oneシリーズなので、18ヶ月間(最低1回)のOSのバージョンアップ保証や発売後2年間毎月のセキュリティーアップデート保証が行われる大容量バッテリーで充電してから最大4日間利用可能になっていたり、おサイフケータイやVoLTEに対応している点など、ミドルレンジ的でありながらハイスペックモデルのような風貌も見せている。安価でハイスペック感を味わいたい人や逆にスマホに慣れていない人にもオススメ。


②Simply(603SI)
2.4インチQVGA TFT液晶を搭載したストレートタイプのケータイ。
HD Voice(3G)に対応している。

個人的感想
機能面は電話・メール・ブラウザのみしか使用できない(それ以外の機能として200万画素CMOSカメラ・microSD・赤外線通信くらい)、かつてのケータイのようなシンプルさ。法人向けにも利用できるし、PHSサービス終了が確実になってきたので、巻き取り用の機種という位置付けもできるかもしれない。


③Pocket WiFi 601ZT
中国のメーカーであるZTE(中興通訊)から発売される1.4インチの液晶を搭載したストレートタイプのモバイルWi-Fiルータ。
省電力機能・高速起動を備えている。

個人的感想
カラーリングは女性を意識したポップなものになっているものの、下りが最大112.5Mbpsしかないのは致命的。手軽に使いたい以外に用途を見出せないのは残念。


次回はアップルの新機種紹介です。


人気ブログランキングへ ブログランキング・にほんブログ村へ  
Posted by alexey_calvanov at 23:29Comments(0)TrackBack(0)

2017年06月12日

夏の新機種2017 ソフトバンク編 後編

夏の新機種ソフトバンク編、後半は5機種発表のあった(正確には新機種発表会は行っていないので、プレスリリースから)うちの残り2機種の紹介です。


④DIGNO G(601KC)
5インチHD TFT液晶を搭載したストレートタイプのスマートフォン。OSはAndroid7.1。
満充電から3日間放っておいても利用可能な省電力設定、IPX5/7相当の防水機能・IP5X相当の防塵機能・MIL-STD-810G規格の耐衝撃機能、ケータイ風のメニューにできる「かんたんビギナーホーム」、ケータイ打ちが可能になる「ケータイ入力」が搭載されている。

個人的感想
まずバッテリーが2300mAhしかないのにもかかわらず、3日間持つように設計されているのは、すごいの一言。よく使うところとそうでないところの取捨選択ができるようになっているものと思われる。またケータイからの乗り換え需要を考慮した作りにもなっている。スマホが苦手な人やシニア層の吸い取りを考えているのだろう。


⑤HTC U11(601HT)
台湾のメーカーHTCから発売される5.5インチWQHD TFT液晶を搭載したストレートタイプのスマートフォン。OSはAndroid7.1。
IPX7相当の防水機能・IP6X相当の防塵機能や多彩なカメラ機能の他に、VR(仮想現実)を楽しめるヘッドマウントディスプレイ「LINK」に対応している。

個人的感想
機能面はそこそこな機種ではあるが、手軽にVRを楽しめる機種というふうで見れば、かなりオトクな機種になるかもしれない。プレイステーションVRでもいい値段をしているので、安価で様々な作品を楽しめるなら、十分元が取れるだろう。


次回はワイモバイルの機種紹介です。


人気ブログランキングへ ブログランキング・にほんブログ村へ  
Posted by alexey_calvanov at 23:15Comments(0)TrackBack(0)

2017年06月11日

夏の新機種2017 ソフトバンク編 前編

夏の新機種、ここからはソフトバンク編になります。


ソフトバンクに関しては、「データ定額 20GB/30GB」(ギガモンスター)と「家族データシェア 50GB/100GB」のテザリング無料期間を延長すると発表しました。既に4/30から7/31まで延ばしたところに再延長を掛けた形になり、来年3月いっぱいまで適用されます。なお、オプションそのものの料金は1000円から500円に値下げされています(共に税別)
また、ソフトバンクユーザーは6月以降、Yahoo!プレミアムを無料で利用可能になるとのこと。ショッピングでも特典があるので、ソフトバンクユーザーは利用しない手はないと思いますねぇ。
その他、VoLTEのハイスペック版「VoLTE(HD+)」が適用されます。また上りの制限も施行され、制限時には128Kbpsにまで落ちるので注意が必要です。


では、新機種の紹介です。今回はソニーとシャープの新機種から。


①Xperia XZs(602SO)
5.2インチのフルHD TFT液晶を搭載したストレートタイプのスマートフォン。OSはAndroid7.1。
メインメモリの増強が図られた他、IPX5/8相当の防水・IP6X相当の防塵機能、指紋センサー、VoLTE(+HD)、1920万画素のCMOSアウトカメラ・1320万画素のCMOSインカメラを搭載している。

個人的感想
この機種、メインメモリが増強され、処理でもたつくことは少なくなったと思われる。ただ、それにより一部機能は前機種より少し落ちてしまったのかなと。それでもハイスペックな機種であることは変わりないので、シックな色も相まって人気機種になるのではと思われ。


②AQUOS R(604SH)
5.3インチのWQHD IGZO液晶を搭載したストレートタイプのスマートフォン。OSはAndroid7.1。
2260万画素のCMOSアウトカメラ・1630万画素のインカメラは共に20mm以上(アウトカメラ22mm、インカメラ23mm)の降格撮影が可能になっている。その他、IP5/8相当の防水機能・IP6X相当の防塵機能、VoLTE(+HD)、下り最大612Mbpsの超高速通信を搭載している。

個人的感想
機能面ではソニーの機種より上回っている部分があり、機種も丸みを帯びた柔らかい印象を持たせたものになっているものの、シャープはもう一つの機種で安価モデルを出しているので、ドコモ・auほど大きく売れる機種になるには時間が掛かるかも。


③AQUOS ea(605SH)
5インチのHD IGZO液晶を搭載したストレートタイプのスマートフォン。OSはAndroid7.0。
3010mAhの大容量バッテリー、IPX5/8相当の防水機能・IP8X相当の防塵機能を搭載している。

個人的感想
機能面ではミドルレンジかロースペッククラスと思われる。大容量バッテリー以外は他にもあるものの、安価モデルとして売る格好になると思うので、売れる機種になるのではとも。


次回は残り2機種の紹介です。


人気ブログランキングへ ブログランキング・にほんブログ村へ  
Posted by alexey_calvanov at 23:01Comments(0)TrackBack(0)

2017年06月08日

夏の新機種2017 au編②

夏の新機種au編、今回は海外モデルの紹介です。


⑤Galaxy S8 SCV36
韓国のメーカーサムスン電子から発売される5.8インチ有機EL液晶を搭載したストレートタイプのスマートフォン。OSはAndroid7.0。
3種類の生体認証(指紋認証・虹彩認証・顔認証)、IPX5/8相当の防水機能・IP6X相当の防塵機能などを搭載している。

個人的感想
この機種は、お手頃な価格で高精細な映像を楽しみたい人にオススメと言える機種になるのかもしれない。というのも、からなのではないかと思われ。


⑥Galaxy S8+ SCV35
韓国のメーカーサムスン電子から発売される6.2インチ有機EL液晶を搭載したストレートタイプのスマートフォン。OSはAndroid7.0。
3種類の生体認証(指紋認証・虹彩認証・顔認証)、IPX5/8相当の防水機能・IP6X相当の防塵機能などを搭載している。

個人的感想
この機種は大画面がウリになっている。バッテリーも大きくなっているので、長い間映像を見ている人にも大丈夫な作りになっている。ただし、ドコモの機種に見られた超高速通信ではない(キャリアアグリゲーションでも下り最大590Mbps程度)ので、ハイスペックモデルとは言っても、大きく差異が出ない可能性もある。


⑦HTC U11 HTV33
台湾のメーカーHTCから発売される5.5インチWQHD TFT液晶を搭載したストレートタイプのスマートフォン。OSはAndroid7.1。
IPX7相当の防水機能・IP6X相当の防塵機能や多彩なカメラ機能の他に、VR(仮想現実)を楽しめるヘッドマウントディスプレイ「LINK」に対応している。

個人的感想
機能面はそこそこな機種ではあるが、手軽にVRを楽しめる機種というふうで見れば、かなりオトクな機種になるかもしれない。プレイステーションVRでもいい値段をしているので、安価で様々な作品を楽しめるなら、十分元が取れるだろう。


次回はフィーチャーフォンの紹介です。


人気ブログランキングへ ブログランキング・にほんブログ村へ  
Posted by alexey_calvanov at 22:50Comments(0)TrackBack(0)