2017年03月06日

誤って流してしまった

テレビ局やラジオ局は、基本的に週1回機器メンテナンスや改修を兼ねて放送を休止することがあります。
しかし、完全に電波を止めることは少なく、テストパターンなど微小ながら電波を出しているのです。それで招いたのが、今回紹介する放送事故です。


愛知県名古屋市にあり、東海3県に電波を送るTBS系の放送局のCBCテレビが、放送機器改修作業中の3月6日午前2時46分頃から1分間、緊急地震速報(アナウンス4回、チャイム5回)を誤って流してしまったのです。これに気付いたのは、流してから約1時間後とのことで、これまたお粗末。
原因は、放送機器改修中に一度はオフにしていた緊急地震速報を流す装置が、何らかの拍子でオンになってしまい、それに気付かないで緊急地震速報のテストを行ってしまったためだそうです。映像(緊急地震速報が流れると、テレビの場合、震源場所と緊急地震速報対象地域が表示される)が流れなかったとはいえ、あのチャイムと音声が流れれば、誰だって驚くはず。しかも夜中ですからなおのことです。放送機器メンテナンスでほとんどの人が見ていなかったのだけが不幸中の幸いだったでしょう。
ちなみに、お昼前のニュース(「ひるおび!」内で流れるJNNニュースのローカルパート内)で流したそうですけど、それだけじゃ足りないよね。それこそ「イッポウ!」のような夕方のニュースでも謝罪をしてなんぼだと思いますよ。皆が見ている時間にやらなきゃ。


ともあれ、今度はそんなことのないように、最大の注意を払って機器メンテなどは行ってほしいですね。


人気ブログランキングへ ブログランキング・にほんブログ村へ  

Posted by alexey_calvanov at 23:59Comments(0)TrackBack(0)

2015年03月21日

肉の祭典対決来る!ナゴヤドーム北側駐車場編

もう一つ行われていた肉の祭典はどこなのかというと、何とナゴヤドームその北側駐車場をイベントスペースにして「中日ドラゴンズ応援企画 がっつり肉祭り 12球団ご当地グルメを食いつくせ!」が開催されておりました。
この催しは昨日(3/20)・今日(3/21)・明日(3/22)の3日間となっており、主催はCBCテレビとなっております。
こちらは、現金ではなくチケット制となっており、100円ごとにチケットがもげるようになっておりますこのチケットは10枚つづりで1000円となっているのですが、manacaで購入した場合は50円割引となるので、manaca所有者は断然そちらの方がオトクです。ただし、チャージ機がないので、事前にチャージをしておきましょう。ちなみに、最も近いチャージ場所はナゴヤドーム前矢田駅(地下鉄名城線およびゆとりーとライン)かナゴヤドーム前にあるサークルKになるかと。
・・・誰ですか、「ラブプラス」のソフト持っていけば大丈夫とかのたまって(以下略)

この催し会場は大きく3つにカテゴライズされており、一つは中日以外の11球団のご当地グルメが楽しめる「11球団グルメゾーン」・地元のグルメが楽しめる「地元グルメゾーン」、そして「肉グルメゾーン」となっているのですが、「11球団グルメゾーン」以外は結構曖昧だったりする(爆)。いやだって「肉グルメゾーン」に地元の料理が入ってたりするもの。それだったら大きく2つでいいんじゃないのと。


SHL23_1274それでは、料理の紹介です。最初は知多と南知多の料理から。
ところで、知多と南知多というから隣同士だと東海3県以外の人は思うかもしれませんけど、実際は常滑市を挟んでいるので、結構距離はあったりする(笑)。あと、車なら知多と南知多は直行で行けますけれども、電車の場合は場所によっては乗り換えが必要なケースもあります

そんなことはさておき、今回紹介するのは、「南知多ネギホルモン」(上)と「知多牛ステーキ丼」(下)
「南知多ネギホルモン」は「南知多ネギホル」と呼ばれ、昭和40年頃にあったとんちゃん屋台の店の味を復刻させたものだそうです。
「知多牛ステーキ丼」は愛知県のブランド牛である知多牛を乗せたものになっています。



「南知多ネギホルモン」は、スパイシーな味噌味のホルモンにネギの甘みがアクセントになってご飯が欲しくなりますね。ここではお酒が主役になるのでしょうけど、いいつまみになるんじゃないのでしょうか。

「知多牛ステーキ丼」は知多牛の肉の甘みが十二分に堪能できますね。これほど甘い肉を食べるのは久しくないですわい。大根おろしを含ませたソースの味もなかなかで、肉の甘みを十二分に引き立てる酸味があります。


SHL23_1275そして、「北海道帯広豚丼」
こちらはご存知の方も多いので説明不要でしょう。今回の豚肉は厚切りではなくバラ肉タイプになっております。



バラ肉になっている分食べ応えの面で不安があったんですけど、バラ肉になっているからか旨味が十分に出てくるようになってますね。甘味とコクのあるタレとも絡みやすいので、厚切りタイプのそれより肉の旨味を感じ取りやすいのかもしれません。


こちらの催しは明日までで、明日限定でCBCテレビで放送されている「サンデードラゴンズ」のブースが開かれます。またタイムサービスも行われており、人気商品がタダで頂けるようです。気になる物があるならば是非とも並んでもらいたいものです。


人気ブログランキングへ ブログランキング・にほんブログ村へ  
Posted by alexey_calvanov at 21:07Comments(0)TrackBack(0)

2013年07月27日

CBCラジオまつり2013と「キユーピー3分クッキング」のイベントブースに行ってきた

今日・明日と久屋大通公園で「CBCラジオまつり」が行われています。
今年はCBCラジオが親会社にあたる中部日本放送から離れて初めてになるので、どうなるのかなと思っていたのですが、いつも通り盛大に行われていました。

この祭りは、CBCラジオの各メイン番組主催のイベント・出店だけでなく、グルメスペースなども設けられていました。
また、親会社である中部日本放送のテレビ部門であるCBCテレビの番組が出店しておりました。そう、CBCテレビの看板番組で一部JNN局にもネットしている「キユーピー3分クッキング」です。丁度放送開始50周年ということで、記念ブースが展開されておりました。


ISW11F_05721ブース入口には特製キユーピーが置かれておりました。



ISW11F_05722ブースの特製キユーピーその2。

なお、特製ブースではCBC版の番組の歴史・ハイライトや当時のテキストの復刻版閲覧、そしてキユーピー商品の販売(一部は南青山の特設会場でしか買えないものも)など色々あります



ISW11F_0573こちらは、今回のイベントに併せて製作された特製メニューの一つ「枝豆とコーンとナッツのドライカレー」イベントブース隣で販売しております。宮本クッキングスクール(宮本和秀さん主催の料理学校)の生徒さんか関係者と思われる人達が総動員されておりました。
ちなみに、お昼頃に行ったのですが、CBC版の司会である氏田朋子アナウンサーと講師の一人でこの番組の菅版とも言える宮本和秀さんがひょっこりひょっこり現れました(氏田アナウンサーは地元番組の中継の流れでいたのだろう)。最初気付きませんでしたよ(苦笑)。特に宮本先生はオーラは全くなく、気さくなおじさんって感じでした(爆)。でも料理下手の人には容赦ないですからね(ニヤニヤ)。



その味は昔懐かしいドライカレーの味です。辛さはあるけどカレーのコク・野菜やレーズンの甘みがしっかりと感じられるものになっています。さすがとしか言いようがないですね。
ちなみに、このレシピはカレーなど商品購入時にもらえます。もらえなければ近くにいるスタッフから頂きましょう(笑)。


ISW11F_0574おまけ。
CBCラジオまつり内の出店で販売していたホルモン焼きそば。三重県松阪市の名物として売っていきたいらしい。
松阪牛のホルモンを使用しているそうな。



味は薄めながらもタレの味がしっかりとしていて存在感を出しております。ホルモンも美味いねぇ・・・。


キユーピー3分クッキングテキスト2013年7・8・9月号キユーピー3分クッキングテキスト2013年7・8・9月号
昔は番組内で告知された通信販売でしか買えなかったのに、今は書店(一部)やアマゾンでも買えるのね。



いつまでも残しておきたいベスト150レシピ (3分クッキング)キユーピー3分クッキング50周年記念出版 いつまでも残しておきたいベスト150レシピ

もう一つの「キユーピー3分クッキング」を放送している日本テレビ版がメインになっている模様。


キユーピー マヨネーズ(瓶) キユーピー3分クッキング放送50周年記念 300g×4個キユーピー マヨネーズ(瓶) キユーピー3分クッキング放送50周年記念 300g×4個



人気ブログランキングへ ブログランキング・にほんブログ村へ  
Posted by alexey_calvanov at 23:41Comments(0)TrackBack(0)

2012年01月20日

冬の新アニメ2012 その10 キルミーベイベー

冬の新アニメ、恐らく最後になる10回目は、カヅホさんが描くまんがタイムきらら原作の4コママンガ「キルミーベイベー」です。
同誌面上では、「けいおん!」が出る前は、奇抜な設定がウケて、「ひだまりスケッチ」と並ぶ上位を占めるマンガとして知られていました。そのため、いつアニメ化されるかで話題になったことがあります
そして、既に関東では放送が始まっているのですが、この放送を見た箱根駅伝で山登り区間を走って有名になった東洋大学の柏原竜二君(ガチのアニメフリークかつ花澤香奈さんのファンとしてアニメフリークの間では有名(爆))ツイッター上で、「オープニング曲に洗脳されそう(かなり曲解(爆))」というほど評価をあげている作品でもあります。一体どうなんでしょうねぇ。


あらすじこう(以下PCではイタリック体で表記)


ごく普通に高校に通っているソーニャ。実は職業は殺し屋。なのに、クラスメイトの折戸やすなは、他と戯れることは苦手な彼女に、友達と称し、いつもちょっかいを掛け、半殺しにされている始末。それなのに、懲りずにちょっかいを続けるやすなはおバカなのかもしれない(笑)。

そんなソーニャとやすなの危険なまでのボケとツッコミに、ソーニャの同僚で忍者の呉識あぎりが絡んでカオスな毎日が繰り広げられるのであった。



というふう。


実は、今期の中で一番期待していた作品でしたが、それなりに面白かったですね。インパクトはなく、かつ小出し小出しに攻めてくるネタの応酬はカウンターパンチはないものの、ジャブが徐々にボディーに効いてくる感じでよかったんじゃないかと思います
で、例のガチのアニメフリークなあの方(笑)がオススメのオープニングですが、まぁヒップホップと考えればいいんですかね?ヒップホップの体裁はなっていたと思うので、悪くはないのですが、個人的にはエンディングの方が曲としての中毒性ではなく、映像の中毒性の高さで好きです。曲の中毒性は確かにオープニングは最強なんでしょうけど。


このノリで行けるのであれば、中毒性の高い作品になるのは間違いないと思っています。


TVアニメ「キルミーベイベー」オープニング/エンディングテーマ キルミーのベイベー!/ふたりのきもちのほんとのひみつ 【起】盤TVアニメ「キルミーベイベー」オープニング/エンディングテーマ キルミーのベイベー!/ふたりのきもちのほんとのひみつ 【起】盤



TVアニメ「キルミーベイベー」オープニング/エンディングテーマ キルミーのベイベー!/ふたりのきもちのほんとのひみつ 【承】盤TVアニメ「キルミーベイベー」オープニング/エンディングテーマ キルミーのベイベー!/ふたりのきもちのほんとのひみつ 【承】盤



TVアニメ「キルミーベイベー」オープニング/エンディングテーマ キルミーのベイベー!/ふたりのきもちのほんとのひみつ 【転】盤TVアニメ「キルミーベイベー」オープニング/エンディングテーマ キルミーのベイベー!/ふたりのきもちのほんとのひみつ 【転】盤



人気ブログランキングへ ブログランキング・にほんブログ村へ  続きを読む
Posted by alexey_calvanov at 23:45Comments(0)TrackBack(0)

2011年10月21日

秋の新アニメ2011 その10 僕は友達が少ない

秋の新アニメ2011、最後になるのは、ライトノベルが原作の作品「僕は友達が少ない」です。
前評判はかなり高く、アニメ化が決まった際、読売新聞と朝日新聞でアニメ化決定と絡めたPR広告が打たれたほどです。うちのおかんでさえ見たというその広告、「僕は友達がない」とかいうタイトルで覚えておりましたが、軽く聞き流してあげました(笑)。大人ですね、オイラ(ギャハ)。


そんなことは置いておいて(苦笑)、あらすじはこう(以下PCではイタリック体で表示)。


聖クロニカ学園高等部2年生の羽瀬川小鷹は、転校初日に間違って乗ったバスがきっかけで大遅刻。その際、そのヤンキー風の外見と(急いで来たことでなってしまった)荒々しい息づかいで先生に対応してしまったため、クラスメイトから『初日に女子講師を襲った』隣の席の女子に教科書を借りる際にも、『女子を泣かせて教科書を奪い取った』などと根も葉もない噂でクラスから浮いてしまっていた

その日から1ヶ月後、小鷹は同じクラスメイトの三日月夜空の不可思議な行動を目撃することになる。何と誰もいないクラスで一人喋りをしていたのだ。夜空いわく『エア友達』とのおしゃべりを興ずる彼女も、小鷹同様友達のいない人だったのだ。

そこで、夜空は友人を作るために、新しい部活動である隣人部を立ち上げることになる。そこには大変個性的な・・・ともすれば『残念』な人達が集うのであった。



というふう。


第1話にしては非常にわかりやすい説明回で、初見の人でも十分にこの作品の趣旨が理解できるものになっていると思います。既に知っている人にはかったるい側面を持っているものの、私のような初見者には十分楽しい回だったように思えますね。
各キャラの個性や性格も十分にわかるようなものになっており、これも作品の理解を深められていいかと。

これから隣人部の面々が集い、色々な方向に転がっていくのでしょうが、今のようにわかりやすさを押し出した展開でいけば十分に面白くなると思います


放送時間などの詳細は「続きを読む」にて。


人気ブログランキングへ ブログランキング・にほんブログ村へ  続きを読む
Posted by alexey_calvanov at 23:29Comments(0)TrackBack(0)

2011年07月24日

夏の新アニメ2011 その9 まよチキ!

夏の新アニメ、恐らく最後になるのが、メディアファクトリーのライトノベル分野MF文庫Jで連載されている作品が原作の「まよチキ!」です。


あらすじはこう(以下PCではイタリック体で表記)。


坂町近次郎は浪嵐学園に通う高校2年生。見た目は普通の男子だが、女性に触れられてしまうと最悪の場合鼻血を出して失神してしまうという極度の女性恐怖症持ち。そのため、糸くずを取ってもらうにも男の手を煩わせるため、一部からは男好きなのではないかと疑われてしまう。

この学園には、涼月奏という学園の理事長の一人娘も通っている。学校のヒロイン的な存在でもある彼女は執事の近衛スバルと共に通っている。スバルも美男子としてもてはやされるくらい人気の生徒だ。
しかしスバルは見た目は普通の男子だが、実は女の子。いわく、近衛家は代々男子が涼月家の執事を任されるのだが、今の近衛家からは女子のスバルしか生まれなかったが、スバル自身が奏の守護を申し出たため、3年間浪嵐学園で女だとバレずに通うことを条件に一緒に通わせることとなった


ところが、ひょんなことがきっかけで、近次郎はスバルを女だということを知ってしまう
スバルの逆鱗に触れた近次郎は、記憶消去の名目でフルボッコの憂き目に遭うところだったが、奏の機転で最悪の事態は回避された・・・かに見えた。奏は近次郎を軟禁状態にし、本性(ドS)を表わしてこう提案してきたのだ。スバルの秘密を厳守させることと引き換えに、近次郎の女性恐怖症の『治療』に当たろうという『共犯関係』の協定を。

自身の命を顧みると、渋々受け入れざるを得なかった近次郎。しかし本当の恐怖は、スバルが近次郎の家で同居することで幕を開けるのだった・・・。



というふう。


話の途中で突飛な展開で進んでいく作品ですが、見ててダレないようにしているのはよかったですね。話をスピーディーにしているのが原因だと思うのですけど、それでいて話の趣旨をしっかり理解できるように組み立てられているので、次回以降も期待の持てる作りになっています。
個人的には見ていきたい作品だと思います。


※放送局などの詳細は「続きを読む」にて。


人気ブログランキングへ ブログランキング・にほんブログ村へ  続きを読む
Posted by alexey_calvanov at 23:27Comments(0)TrackBack(0)

2011年01月21日

冬の新アニメ2011 その9 夢喰いメリー

冬の新アニメ、恐らく最後になるのは「まんがタイムきららフォワード」で連載中の作品である「夢喰いメリー」です。
原作全く未見なわけですが、どうなんでしょう。


あらすじはこう(以下PCはイタリック体で表示)。
藤原夢路は他人の夢を覗き見ることのできる少年手で輪っかを作り片目で凝視すると、他人の見る夢のイメージが色になって現れ、大まかにその夢の内容を知ることができるのだという。ただ的中率はさっぱり(ただし悪夢は必ず当てることができる)

そんな夢路はいつも悪夢にさいなまれる。二足歩行するネコが彼を追い立てる夢だ。しかも「今度は親分を連れてくる」というメッセージを残して・・・。


ある日、夢路は不思議な少女に出会うことになる。彼女は「夢幻(ユメ)」から「現実(うつつ)」に迷い込んだメリーだった。
メリーを助けた後、夢路は突然「現実」から「夢幻」に引きずり込まれる。夢の通り、例のネコが親分(仮面の男)を連れてきたのだ。夢路の身体が乗っ取られようとせんとしたその時、現れたのはメリーだった。


果たしてメリーとは一体に何者なのか。仮面の男の目的は。謎はまだ尽きないまま夢路は夢幻の世界を抜け出たのだった・・・。



というふう。
未見作品ということで、どうなるのかなと少し期待してましたが、まぁかったるい(爆)。
作品のヤマが来ていないからなのか、ただ淡々と進んでいくだけというちょっと悲しい展開になってしまっています。絵のクオリティは悪くないんですけどねぇ・・・。
最近のTBSアニメはいいのが揃っているだけあって、この作品には粗が目立って仕方がないですね。


放送時間などの詳細は「続きを読む」でご確認下さい。

  続きを読む
Posted by alexey_calvanov at 23:35Comments(0)TrackBack(0)

2011年01月14日

冬の新アニメ2011 その7 IS<インフィニット・ストラトス>

冬の新アニメ、7回目はSFライトノベル原作の作品「IS<インフィニット・ストラトス>」です。
この作品も、「魔法少女まどか☆マギカ」と同じく期待の高い作品として注目されていましたね。


あらすじはこう(以下PCではイタリック体で表示)。


世界最強の兵器「インフィニット・ストラトス(IS)」。元々は宇宙に行くための機器ではあったが、ある事件を期に兵器に転用。遂には世界最強の兵器とまでなったため、ISを開発し技術を独占的に持っていた日本にこれ以上の軍事転用の禁止と技術開放を求めるに至った程だった。
このISが世界の兵器として覇権を握るにつれ、なぜか女性しか使えないということが影響し、次第に世界は女尊男卑になっていくことになる

この条約によって開校したIS学園には世界中から数多くの学生がやって来ている。一つ違うのは、生徒はすべて女性だったという点くらい。ところが、そんな学園に一人の男が初めて学園の門を叩く
織斑一夏(おりむらいちか)は間違ってこの学園の入学試験を受けに来てしまい、たまたまあったISに触れた際、起動できたために入学が決まってしまったのだ。
入学後から女子だらけのクラスメイト達に好奇の目で見られ、困惑する一夏。幼馴染みの篠ノ之箒(しのののほうき)と再会したものの、昔と違いどこかぎこちない。


果たして、一夏の学園生活はどうなるのか。彼らに迫る敵の正体は一体何なのか。そしてISとは何なのか・・・。



というふう。


SFアクションアニメ的な部分もあるということだったんですが、そのあたりの戦闘シーンは最初の数分だけで、しかも取って付けたふうな感じだったものの、初回は別に学園のクラスメイトの紹介に終始したのでよかったんじゃないかと(状況によってはあのシーンが浮いてしまいかねない)。
クラスメイトの数が多いのですけど、嫌なふうに感じられなかったのが不思議。一人一人に特徴や性格が付いているんじゃないかと思うくらいによくできてる。ちなみに字幕放送で見ると、L・Mとあったのですけど、10人くらいモブキャラがいるってことですね(苦笑)。
また作品の内容とは裏腹に、実にコメディタッチ(笑)。そして主人公芯がしっかりしていると聞いたが、ヘタレじゃねーか(爆)。まぁこのあたりのギャップが徐々に解消されて、「一夏カッコいい」というふうになっていくんでしょうね。


思った以上に面白いし、中だるみもせず楽しめる作品です。今のところかなりデキがいいですね。


放送時間の詳細は「続きを読む」でご確認下さい。

  続きを読む
Posted by alexey_calvanov at 23:40Comments(0)TrackBack(0)

冬の新アニメ2011 その6 魔法少女まどか☆マギカ

冬の新アニメ、6回目はシャフト制作のオリジナル作品になる「魔法少女まどか☆マギカ」です。
この作品は、制作はシャフト(「化物語」・「ひだまりスケッチ」など)、キャラクターデザイン(原案)は蒼樹うめさん(「ひだまりスケッチ」)、音楽は梶浦由記さん(「.hack」シリーズ・「機動戦士ガンダムSEED」シリーズなど。See-Sawの一人)が関わっているとあって、一部から前評判は高かったものと推測しています。


あらすじはこう(以下PCではイタリック体で表示)。


何でもない日常を過ごす毎日の鹿目(かなめ)まどか。しかし滅びゆく世界の夢を見た時から同じように見える日常が変わったように彼女は感じていた
夢の中にいた少女と同じ姿をした暁美(あけみ)ほむら、奇怪な生き物が跋扈(ばっこ)する不思議な世界。そして魔法少女と謎の生き物。彼らは、契約することで魔法少女にする代わりに一つだけ願いを叶えてあげるという。
魔法少女になったまどかが望むものとは一体・・・。



というふう。


かくいう私もこの作品はとても期待していました。しかしながら、正直言ってその期待に応えるものではありませんでした。1回だけの評定なので何とも言いにくいところもありますが、淡々としていていまいち面白味に欠けてしまう部分があるからです。

それでも希望を持てる部分もあります相反する言葉で言えば、同じシャフトの中でも傑作の一つだと思う「ef -a tale of memories.」を見た時に感じた期待感(衝撃)に似ていますね。
今回の作品で言えば、見た目はとても明るくライトな感じに見えるのにもかかわらず、トーンは暗くともすればスプラッタ的な雰囲気を醸し出さんとしているところとか。蒼樹さんのイラストでシリアスなモノを見るのが初めて故の衝動もあります。
この作品、転がり方によってはものすごく面白くなりそうですけど、今のままで行くと大きく期待外れに終わりかねないなとも思います。
ちなみに、音楽に関しては非常にクオリティが高いです。さすがと言うべきなんでしょうね。


放送時間の詳細は「続きを読む」でご確認下さい。

  続きを読む
Posted by alexey_calvanov at 00:54Comments(0)TrackBack(0)