2019年03月26日

さようなら、かきつばた

SHV39_4637JR名古屋駅には、きしめんをはじめとする麺類を扱うお店があります。立ち食いスタイルで、(立ち飲みの)居酒屋も兼ねているのですが、昔は長距離移動も多かったこともあり、繁盛したのでしょうね。それなりに需要があるのか、1ホームに2店舗はありました。
ところが、一部の店舗は採算が合わなくなったのか、撤退(閉店)していきました。そしてもう1店舗、ホームにあったお店が消えようとしています。お店の名は、かきつばた愛知県の花の名を冠したその店は、きしめん・うどん・そばを扱う麺処と居酒屋を兼ねた立ち食い・立ち飲みスタイルの店です。小ぢんまりとしていながら、結構リーズナブルな価格構成でした一度紹介しているんだよね)
実は、かきつばたは東海道本線(1・2番線)と中央線(7・8番線)にあったのですが、中央線は既に閉店。ゆえに、この店が最後のかきつばたになったのです。



SHV39_4639飛び込んだ日が、閉店間際ということもあり、つまみ類はあらかた売り尽くされていたようで、酒党な方々は、くだを巻くほどではないものの、何か出してよーと甘えた声に近い声を出しておりました。そんな中で、私も私で何にしようか悩んだ末に、店の表に貼ってあった「いか天きしめん」をチョイス
「台湾ミンチきしめん」も美味そうだったけど、無くなってたのよ。



透明なだしは、飲んでみるとわかるかつお節の濃厚な味。それを花かつおでさらに色濃く理解できるあたりは、非常によくできているなぁ。いか天も麺も市販品なんだろうけど、そんな野暮なことは言わない。美味けりゃいいのよ。何度も通いたくなる味、それがこの手の店で求められるものだと思うのですよ。


かきつばたは、明日(3/27)をもって閉店になります。メニューがかなり無くなっているようなので、早じまいの可能性もあります。行ける方は、早めに行きましょう。
その後は、4月半ばをめどにリニューアルオープンされるとのことですけど、どういう形態の店になるのか、かきつばたの名が残るのかは一切不明です。次の店も愛される店であってほしいものです。


人気ブログランキングへ ブログランキング・にほんブログ村へ  

Posted by alexey_calvanov at 23:58Comments(0)

2018年10月28日

辛さよりしびれがきつかった・・・

SHV39_4065サッカーを観に岐阜へ行った帰り、晩ご飯も兼ねて、10月末で営業終了(店舗入れ替えによるもの)になる名古屋・驛麺通り(JR名古屋駅内)にある鬼金棒(きかんぼう)に行って来ました
ここは辛い・しびれるのテイストが楽しめるところとのことなので、今回「肉増しカラシビ味噌らー麺」のカラ・シビ 鬼増しを頼んでみた。
唐辛子の辛さに山椒のしびれも加わって、エラいことになるそうで・・・。見た感じも真っ赤です。味噌の赤さじゃない。山椒もおかしいくらいに掛かっているのがわかる。



味は・・・


・・・


・・・・・・


・・・・・・・・・


ギエーーーーーー!!!!!!

辛さは何とかなったかもしれないけど、山椒のしびれだけは余計だった。蛇足とはこのようなことを言うのね。
山椒のしびれのおかげで辛さは全く感じません。むしろ口と舌がマヒしておかしなことになってるわ。
でもね、麺も具材も美味しいんだよね。特に厚切りのチャーシューが最高に美味い。あの辛さとしびれのせいで美味しさ5割増しなのかもしれないけど(ニヤニヤ)。


10月末までやってるのだから、次も行こうと思えば行ける(はず)。11月以降は東京での3店舗(神田に2店舗・池袋に1店舗)でしか食べられないのか・・・。11月に東京に行くチャンスがあるから、10月末までに行けなかったら、その時にリベンジしよう。今度はシビ抜きで(ギャハ)。


人気ブログランキングへ ブログランキング・にほんブログ村へ  
Posted by alexey_calvanov at 23:58Comments(0)