2018年03月13日

2018年春の北海道物産展 in JR高島屋

現在、JR高島屋では、春の大北海道展を開催しています。今日から既に後半戦に突入しており、今回紹介する場所は、前半戦の出展のみのため、購入できないものの、この後登場することもあるでしょうから、紹介しておこうかと


SHV39_2777最初は、札幌市白石区にある「餃子と麺 いちのじょう」の「越冬キャベツとう米豚(まいとん)の十勝大豆の味噌ラーメン」
キャベツ・チャーシュー・しょうがが乗っていますけど、キャベツをラーメンの具として使うのは珍しいですね。



この商品は、味噌ラーメンであるものの、味噌よりも濃い背脂の味が利いたものになっています。そのため、越冬キャベツが甘くさっぱりとしたものにしてくれます
先程書いた濃厚な背脂の利いたスープは、しょうがを混ぜることで少々まろやかになります。どちらの味でも麺とマッチしているのだから素晴らしい。
なお、トッピングの赤唐辛子は、入れてもあまり変わらない(苦笑)。


SHV39_2776この店では、餃子も一緒に頂きました。餃子の方が遅くなるとか言いながら、こっちが早う来とるやんけ(ゲラゲラゲラ)。



味はオーソドックスなんですけど、餡の旨味をもっちりとした皮でくるんだので、ジューシーさがあるんですよねぇ。


SHV39_2780もう一つは、登別市にある「藤崎わさび園」の「本わさびのくき漬」通称「鬼づけ」です。
北海道でも本わさびが獲れることに驚きですけど、こんなものもあるなんて・・・。



茎の部分を漬けたものとはいえ、やはりわさび、食べたらピリリと来る美味さがありますね。ご飯と一緒に食べてもいいけど、酒のつまみもいい。かつ、納豆に混ぜて食べても美味しいとのことなので、朝ご飯に納豆をよく食べるから、味の変化を付けるために試してみよう。


JR高島屋の大北海道展は、3/19(最終日である3/19のみ17時閉場)までになっております。


人気ブログランキングへ ブログランキング・にほんブログ村へ  

Posted by alexey_calvanov at 23:55Comments(0)

2016年04月07日

北海道物産展で買ってきた北海道らしいカップ麺が勢揃い

以前、JR高島屋の「大北海道展」に行った際、どうしても取り上げたかったものがあると言いました。それが、今回紹介するカップ麺3種なのです。いずれも他ではなかなか手に入らない一品ばかりです。
なお、今回紹介する商品は、全て東洋水産(マルちゃん)から販売しています。


SHV32_2258最初は、「乱切り山菜そば」
その名の通り、乱切りの山菜(ワラビとゼンマイ)が入っております



このそば、だしが甘めに味付けされていながら、そばとの相性が抜群山菜も湯戻ししてもシャキシャキ感が残っているので、何で他の会社や地域で売らないのだろうと不思議に思えるほど
いやこれホント美味かったわ。一番のアタリだったと思います。


SHV32_2267こちらは、北海道新幹線開通記念の「赤いきつね」と「緑のたぬき」
北海道の工場で作られた北海道限定商品とのこと。



北海道限定のうどん・そばといえば、日清食品の「どん兵衛」を思い出すのですが、そちらとは違い、マルちゃんのこの商品は関東と同じ味のようでした。そう考えると、先述の「乱切り山菜そば」のだしは、特別だったのか。


SHV32_2292最後は、北海道ではお馴染みのカップ麺「やきそば弁当」
こちらも北海道工場で作られたものですが、今回北海道新幹線開通に合わせて、1分で出来上がりの「やきそば弁当エクスプレス!!」(右)が発売されました。
具材は通常のもの(左)とは違い、函館名物のイカが使われています。湯戻しの際に早く戻りやすいから・・・という無粋なことは言わない方がいいか(苦笑)。



で、普通のものと食べ比べてみたところ、「やきそば弁当エクスプレス!!」の方が、ソースの味は甘めに設定されています。どちらも濃いことは濃いものの、普通のものは甘味のないコクが深めのソースなのに対し、「やきそば弁当エクスプレス!!」は、甘めの味付けがされた少しあっさり目のソースになっているようです。細かい違いなので、分かりにくいと言えばそれまでですけど、一緒に食べると思った以上によくわかるかも。


なお、いずれの3点共に物産展で買えると思いますが、買えない場合は北海道が主催しているアンテナショップ(北海道どさんこプラザ)などで購入できるかもしれません。
愛知県の場合、名古屋市中村区にある名鉄百貨店の地下にありますよ。


マルちゃん 山菜乱切りそば 79g×12個
マルちゃん 山菜乱切りそば 79g×12個



やきそば弁当 エクスプレス 北海道地区期間限定販売 12個1ケース
マルちゃん やきそば弁当エクスプレス!! 12個1ケース



人気ブログランキングへ ブログランキング・にほんブログ村へ  
Posted by alexey_calvanov at 23:54Comments(0)TrackBack(0)

2014年05月30日

こちらは高島屋の大九州展

5/28からJR高島屋で大九州展が開催しています。以前書いたように、丸栄百貨店も大九州展と名乗ってます。でも、規模や出店数から見てもケタ違いなのは否めません

SHL23_0284いくつかあるんですけれども、いかの商品をピックアップ。


まず最初は、大分県大分市の吉野鶏めし保存会のとりめし(右)ととり天(左)
大分県ではご存知のとり天(いわゆる鶏唐揚げ)ととりめしですな。



とりめしは、しっとりとしたご飯に鶏肉の深い味わいが楽しめる一品です。とり天は唐揚げと違い衣に味が付いていないので、そのままだとあっさりしています。でも付属のたれを掛ければコクが深まって美味いです。
・・・まぁ、ド定番なので、これ以上言うことはない(ニヤニヤ)。


SHL23_02862番目は、福岡県福岡市南区にある山口油屋福太郎で販売している「めんべい」の一種「官兵衛めんべい」
今年は黒田官兵衛がフィーチャーされている年ゆえに、こういった限定商品も出ております。かつお風味のめんべいで、この商品は同じく今年販売を開始した「勝つ!!めんべい」と同じものになります。既にこれを食べたことのある方はご注意あれ。



今までいろいろ食べてきためんべいですが、このめんべいは辛さが一番抑えられていますね。個人的にはマヨネーズが美味しいと思っていて、人に薦めるならまずマヨネーズから・・・と思ってましたけど、このかつお風味のめんべいは、かつおのコクが十二分に発揮されていて、後から辛味がじわじわくる1回で2度食べたかのような味付けです。そして何枚か食べ続けると、かつおの味わいが濃くなって、もうまた欲しくなる・・・という一品になっています。
これは大当たり。オススメです。


SHL23_02873番目は、熊本県熊本市東区にある珍味 古じょう庵の「まぜるだけで高菜めし」(左)と「まぜるだけで肥後の高菜めし 辛子たかな」(右)
阿蘇産の高菜を漬物にして、そこにゴマを加えて油で炒めたもの。(一応冷蔵保存なのですが)温かいご飯に混ぜて頂く仕組みのものになってます。ゆえに、普通の高菜とはちょっと違うんですね。



どちらも美味いのですが、何より手軽に高菜ご飯が作れるのがいいですね。ボウルを用意して混ぜれば、大人数に対応できますし、ご飯にサッサと掛けてふりかけ代わりにしてもいいでしょう。
ちなみに、右の辛子たかなの方が、いわゆる賞味期限が長いのでオススメですが、そのままの味も短いながらもイケますよ。


ちなみに同時開催で、沖縄の商品を紹介する「沖縄うまいものフェア」が行われています


SHL23_0283そこで食べてきたのは、ご存知沖縄そば。沖縄そばダイニング川の「沖縄三種盛りそば」です。
こちらは高島屋オリジナル商品で、豚肉2種に島豆腐、そして沖縄かまぼこの4種類が乗った豪勢な・・・あれ、4種類なんだ(爆)。



この沖縄そばは、だしの味が絶品かつおだしが濃いめに設定されているので、薄味ながらもしっかりとした風味が楽しめ、飽きが来ないですね。麺もボソボソせず、だしにしっかり絡んでいいですなぁ。具材も優しい味付けになっていて、だしの邪魔をしていません。思った以上に結構美味かった。
なお、コーレーグース(島唐辛子を泡盛付けしたもの)をだしにチョロっといれて、辛味がどう変わるかなと思って入れようとしたところ、手元を誤まりドボドボドボ・・・っと入ってしまい、思わずすすったら、泡盛のスカーっとする風味に酔っぱらったような気がしたでござるの巻(ニヤニヤ)。


人気ブログランキングへ ブログランキング・にほんブログ村へ  
Posted by alexey_calvanov at 23:59Comments(0)TrackBack(0)

2014年04月24日

何の気なしに買ってきていた

SHL23_0115先週の日曜日(4/20)、サッカー観戦の帰り、どこかでご飯を食おうと思って名駅に降りたまではよかったものの、何も目星が付かずにさ迷い歩いていたら、「17時販売予定」のこの商品を買えることになってしまった。要は数時間も名駅周辺をうろついていたわけだ。もろもろ理由はあるのだけど(汗)。
で、何を買ってきたのかというと、天むすを売っている地雷也の「カレー天むす」。期間限定商品で、JR高島屋のフェアで買ってきたわけです。最初見た時気になっていたので。



SHL23_0116開けるとこんな感じ。
きゃらふきの代わりに福神漬けが入っており、天むす以外にもコーンが入っているなど、単純にカレー風味にしました・・・というふうではない



味は、カレーのパンチの利いた風味はあるものの、そんなに辛いというふうでもないし、もっとエッジが利いているわけでもない。天むすの味はそれなりなので、もっと何か自己主張してもよかったんじゃないの・・・と考えてしまった次第。でもね、まずいわけでは無く、むしろ美味しいなとは思ったので、辛口にしてもいいんじゃないと思っております。


人気ブログランキングへ ブログランキング・にほんブログ村へ  
Posted by alexey_calvanov at 23:42Comments(0)TrackBack(0)

2014年03月15日

JR高島屋で北海道物産展やっていたのか

今月の忙しさにかまけてか、「新聞広告なんて滅多に見ないぜ!」(中日新聞は折り込み広告が異常に多いんだよ(泣))ということが響いたのか、3/5からJR高島屋で「春の北海道展」が行われておりますこと、すっかり知らんかったわい。ちくしょう(大泣)。
既に2週目に突入しており、行っておきたかったものがちらほら。くそう、くそう(大泣)。
というわけで、今週末にやっと行けたので、その中から紹介していこうと思います。


SHL23_0041まず最初は、札幌市豊平区にある我流麺舞 飛燕の「越冬キャベツのみそラーメン」
冬の間雪の中に寝かせておいた北海道産キャベツを使っています。



ここはスープがホントに美味い。味噌でありながらにんにくの風味がよく利いたものになっています(実際に具材の中にはにんにくの芽が入っています)。麺も玉子麺ながらもモチモチしていてスープによく合い美味しいです。


eight="240" border="0" alt="SHL23_0043" hspace="5" class="pict" align="left" />続いては、札幌市西区にある銀座屋から「シャキシャキとうきびとさらさらレッドのバーガー」
北海道産とうもろこし(とうきび)と玉ねぎ「さらさらレッド」を使用しています。こちらはJR高島屋でのオリジナル商品です。

ちなみに、「さらさらレッド」という玉ねぎは柴田商店というお店の商品で、栗山町で産出されたもの・・・。
・・・栗山町?おい、今年はしっかりやってくれよ、栗山監督
一見何の脈略もないようなことを言ってるなと思われるでしょうけど、栗山町は北海道日本ハムの監督である栗山英樹監督が、自分の名前の付いたこの町の風土にほれ込んで自宅を移してしまっただけでなく、野球場まで作ってしまったほど



SHL23_0044そして、もう一つ紹介。
こちらは白老牛の入ったカレーパンです。名前失念(汗)。



「シャキシャキとうきびとさらさらレッドのバーガー」は、とうもろこしの自然な甘さが堪能できる、とうもろこしだけしか入っていないパンとベーコンの旨味・玉ねぎのシャキシャキ感を味わえるパンの2種類で構成されており、どちらもいい味です。とうもろこしがここまで主役として活躍できるんだと感動した一品です。
ちなみに、パンはかぼちゃの味がします。

白老牛の入ったカレーパンは、スパイシーなものになっています。中に入っている角切りの白老牛が柔らかくて美味いです。サクサクのパンは、前述のものと同じくかぼちゃのパンの模様。


この北海道展は3/18まで開催中なので、まだ行ってない人は急げ(爆)!


人気ブログランキングへ ブログランキング・にほんブログ村へ  
Posted by alexey_calvanov at 23:34Comments(0)TrackBack(0)

2014年01月13日

3度目の大東北展 後編

ISW11F_0376今日終わった「大東北展」ですが、その中で取り上げたかったのが、前回取り上げた福島県福島市の「かーちゃんのチカラ・プロジェクト協議会」が手掛ける「小じゃがの味噌炒め」です。実は前回の時もこれ目当てだったのですが、既に完売していたんですね・・・(泣)。

この商品、小じゃがいもを味噌で絡めて炒めたというシンプルなものです。



その味噌は甘辛く煮詰められたものなので、濃厚で美味いです。見た目は不揃いな小じゃがいももほくほくでしっかりとした甘みがあり、小さいながらもきちんと自己主張をしているので、見た目以上にいい塩梅な味付けとも言えますね。
串に刺さって出されていたこの商品、そのままでもよし、ご飯のおかずにしてもよし、おやつ(お茶受け)にもいいのかもしれないですね。来年もし来たらまた頂こうと思います。


人気ブログランキングへ ブログランキング・にほんブログ村へ  
Posted by alexey_calvanov at 23:48Comments(0)TrackBack(0)

2014年01月10日

3度目の大東北展 前編

1/8からJR高島屋で「大東北展」が開催されています。
タイトルの通り、今回で3回目。2012年から行われており、震災復興の祈願も兼ねて行われているものとも言えます。
仕事終わりにさらりとしか回っていないので、かつ過去に既に取り上げているものもいくつかあるので、紹介は少ないのですが、いいものは揃っているので、是非に。


ISW11F_0372今回紹介するのは、福島県福島市にある「かーちゃんの力・プロジェクト協議会」が作った「とまとのキムチ」
キムチの中に何と湯むきしたミニトマトが入っているという一品です。



味は至って普通のキムチですけれども、あまり辛くないあっさり味なので、ご飯と一緒よりかおかず代わりなのかなというふうです。中に入っているミニトマトはみずみずしさはあるもののキムチの辛味は染み込んでいないので、いい箸休めになります。浸透圧で染み込まないのね、たぶん。


この「大東北展」は1/13まで開催しています。東北住の美味い物や匠の技が一堂に介していますよ。


人気ブログランキングへ ブログランキング・にほんブログ村へ  
Posted by alexey_calvanov at 23:30Comments(0)TrackBack(0)

2013年10月05日

松坂屋に続いて、JR高島屋でも北海道物産展開始

先週から松坂屋名古屋店で「大北海道物産展」が始まっていますが、10/1から後期がスタートし、同じ日にJR名古屋高島屋で「大北海道展」が開始されましたJR高島屋の北海道物産展も2週展開されることが決まっています。


ISW11F_0068まずは松坂屋から。
今回後期に関して言えば、ラーメンかなと思ってこちらをご紹介。

富良野市にあるカレーのふらのやから「三軒豚と8種の野菜のスープラーメン」。スープカレーが有名なのに、ラーメン食ってやがる(爆)。



スープカレーと同じ物を使っているとのことだそうなので、味にパンチがあってなかなか美味い。豚肉以外は具材も全く同じなので、食べ応え満点です。気になるのは玉子麺っぽい味が残ってしまってるくらいか。


ISW11F_0069そして、こちらはJR高島屋。

札幌市豊平区にある我流麺舞 飛燕の「我流札幌みそラーメン」。
ごま油の香る豚骨と味噌のスープをメインにしたものです。



この商品に関しては、味噌の風味が最高で、コク・旨味もなかなか。それでいてあっさりとして飲みやすい代物になっています。また、甘みのある玉ねぎのシャキシャキ感がまたいいアクセントになって美味しいですね。


ISW11F_0072もう一つは、函館市にある竹田食品の北海つぶ中華。この店の新商品らしい。かなり大安売りで買えた(笑)。
北海道の名物つぶ貝を中華風にした漬物です。



中に入っているきくらげやふかひれがまたいい塩梅に漬け汁が染み込んでいて美味しいし、つぶ貝もプリプリで噛めば噛むほど旨味が出てきます
松坂屋は10/8までなのでお早めに。JR高島屋も10/8で前期終了になるので、つぶ中華以外は前期までまでなので、こちらもお早めに。


人気ブログランキングへ ブログランキング・にほんブログ村へ  
Posted by alexey_calvanov at 23:58Comments(0)TrackBack(0)

2013年06月15日

今度はちゃんと目立つ時期にやってますな

以前高島屋のB1Fメインで行っていた「美味×美味Festa!」今年の3月に行われた時には北海道物産展が行われていたため、正直目立ってなかったなぁと思っていたほど。

ところが今回は、他に物産展のようなイベントは重なっていないようで、しかも第2弾まで設定しているところから、今回は気合い入れてるなと思った次第。ちなみに、今回は6/12~7/9まで長丁場です。


ISW11F_0504そんなコラボ商品の一部を紹介。もしかしたら別の商品を取り上げられたらやるかも(笑)。


上から、四陸(フォールー)とビネガーサロン オークスハートとのコラボ料理である「黒酢豚」、天一と山本海苔店とのコラボ料理である「のりと梅、山芋の天ぷら」、大寅とくすむらとのコラボ料理である「お揚げ天」、パオパオとしら河とのコラボ料理である「鰻入りシューマイ」、富惣と酒直とのコラボ料理である「ハモの南高梅肉フライ」
「黒酢豚」は、ビネガーサロン オークスハートの黒酢に蜂蜜を加えた特製酢で仕上げたもので、「のりと梅、山芋の天ぷら」は、山芋の上に梅肉を乗せて、海苔を巻いて衣を付けて揚げた天ぷら「お揚げ天」は枝豆・れんこん・にんじんなどの野菜と特製すり身を混ぜたものを詰めて揚げたお揚げで、「鰻入りシューマイ」は国産豚肉で作ったシューマイに鰻を乗せたもの。最後の「ハモの南高梅肉フライ」はこの時期旬とも言えるハモに梅肉と大葉を乗せて揚げたフライです。



味はというと、「黒酢豚」は普通に美味しい黒酢は酸味が強くなく甘めになってます。
「のりと梅、山芋の天ぷら」と「ハモの南高梅肉フライ」、同じ梅肉を使った揚げものですけど、個人的には「のりと梅、山芋の天ぷら」の方が美味しい。というのも、山芋のシンプルな味わいに梅肉の酸味の強さが引き立って美味さが倍増してると感じられるんですよね。「ハモの南高梅肉フライ」も美味しいんですけど、梅肉の量が少ないのか、後からやっとわかるという感じ。惜しいねぇ。
「お揚げ天」はなかのはんぺんのコク深い旨味を感じられてなかなかなんですけど、しょうゆを付けて食べないと味が薄いかなと思いましたね。
「鰻入りシューマイ」は普通に美味いけど、うなぎの味は申し訳程度に乗っていたのでそれほどでも(苦笑)。ただ、かば焼きのたれ・ねぎ・山椒を掛けて食べるという発想は面白かったですね。


ISW11F_0505で、ここではデザートよろしく買ってきました。
メルヘンと花園万頭とのコラボ料理である「ぬれ甘なつと入り苺生クリーム」。
黒っぽいものは甘納豆らしい。それにクリームチーズを挟んだサンドウィッチです。



こちらは甘いというよりあっさりした味イチゴの甘みと酸味とのバランスがほどよく、口直しには十分美味いですね。


先程も書きましたが、他にもいろいろあるみたいですし、第2弾によってはまた取り上げるつもり(ニヤニヤ)。


人気ブログランキングへ ブログランキング・にほんブログ村へ  
Posted by alexey_calvanov at 23:59Comments(0)TrackBack(0)

2013年03月13日

高島屋の惜しい企画

先日(3/12まで)行われていたJR高島屋の「美味×美味 Festa!」。丁度期間の一部が北海道物産展の陰に隠れた格好になり、広告はあったものの、知る人ぞ知るというキャンペーンになってしまっていました。


ISW11F_20130310_154736422色々(50品目)あったんですけど、時間の都合などで今回は、たこ八と福太郎とのコラボ商品である明太子入りたこ焼きのみ紹介。
これは、たこ八のたこ焼きの中に、福太郎が製造した辛子明太子の粒を入れたもの生地の中に練ったのではなく、たこと一緒に生(調理中に半生になる)で入れられているのがポイントです。



この半生の明太子が非常に美味しくて、生地のあっさりした風味に実にマッチします。焼けてしまうと風味が無くなるのですけど、半生になっている部分を食べると、これが本当にいい塩梅の辛味になっているんです。写真の通り、だしが付いてきて、ソースも掛けられるんですけど、個人的にはマヨネーズだけでもいいような気がします。やはり、明太子にはマヨネーズがよく合います(笑)。


個人的には時期が悪いなとも思えるこのイベント、4月ならもっと盛り上がったかもしれません。実際、メルヘンとスギモトとのコラボ商品であるすき焼きサンドや同じくメルヘンとみわ屋の飛騨牛メンチと飛騨牛コロッケのペアサンド、豆狸としら河のうなぎいなりとか色々あったのになぁ・・・。惜しい。


人気ブログランキングへ ブログランキング・にほんブログ村へ  
Posted by alexey_calvanov at 23:51Comments(0)TrackBack(0)

2013年03月10日

2013年春の北海道物産展に行ってきた JR高島屋編

3/6からJR高島屋で「春の北海道展」が開催されています。実は、同じ日から三越も「三越 春の北海道展」が行われており、名駅と栄で北海道物産展が衝突するという珍しい構成になっています(中には、2ヶ所同時に出しているところもあるようだ)。
早いこと行きたいとか思っていたものの、平日は仕事に追われるこの時期、休日にしかチャンスがなかった(泣)。


というわけで、今回はJR高島屋の紹介です。三越も同じ日に行っているのですが、まだ回っておきたいところがあるので後日紹介。


ISW11F_20130310_150652422こちらがJR高島屋で買ってきたもの。少なめですが、他は過去や別店舗でも紹介しているものだったりしているので割愛


左上は白老町にある「ウエムラ牧場 しらおい和牛牧場」の「白老牛ベーコンチーズバーガー」粗挽きもも肉・バラ肉とベーコン、そして同じ牧場で作られたチーズを挟んだ贅沢なもの。

左下は小樽市にある「麦輪(むぎのわ)小樽」の「銀聖スモークサーモン&クリームチーズサンド」クリームチーズをたっぷりと塗ったベーグルにスモークサーモンと玉ねぎを挟んだもの。今回はキタノカオリの一等粉のみを使用した贅沢なベーグルをチョイス。

右は釧路市の「ザンギ魂」の「王道のザンギ」。北海道産のザンギが欲しかったが既に売り切れていた(泣)。いわゆる唐揚げです。



ハンバーガーは、柔らかいバンズにチーズの風味とベーコンの濃厚な味わいが特徴的です。ハンバーグはもう少し味が出てきてもいいのかなと思いましたけど、他が自己主張をしているので、このくらいが丁度いいのかも。

ベーグルはクリームチーズの主張が強い一品。どちらかというとバターかなと思える味サーモンは味が抑え目ながらもクセがなく食べやすいです。玉ねぎもアクセントになるシャキシャキ感を持っています。ただ、ベーグル堅いな(苦笑)。もう少し柔らかければ・・・。

ザンギは味が濃い目ながらも、鶏肉のジューシーさがたまらない。意外に柔らかいので、誰もが食べられるのではないかと。先述の通り味が濃い目なので、ご飯のおかずや酒のつまみに使えます


この物産展は3/12までが前半戦、3/13~3/19までが後半戦になります。一部が入れ替えになりますので、欲しい商品がある方はお早めに。


人気ブログランキングへ ブログランキング・にほんブログ村へ  
Posted by alexey_calvanov at 23:59Comments(0)TrackBack(0)

2013年01月25日

復興へ、大東北展⑤

ISW11F_20130112_135805811/14まで行われたJR高島屋の「大東北展」から、最後となる今回は山形県上山市にある楢下宿 丹野こんにゃくの「楢下宿 丹野のメンマこんにゃく煮」(上)と東根市にあるさくらんぼの「だだちゃ豆ごはんの素 六種雑穀」(下)です。

「楢下宿 丹野のメンマこんにゃく煮」は、山形名産のこんにゃくにメンマに付属のたれを入れて炒めて食べるもの。物産展では既に炒めてあるものもありました。
「だだちゃ豆ごはんの素 六種雑穀」はフリーズドライにしただだちゃ豆(枝豆)に押麦・たかきび・もちあわ・もちきび・ひえ・アマランサスを混ぜた炊き込みご飯の素です。



「楢下宿 丹野のメンマこんにゃく煮」はたれの甘辛さが後引く味で、ご飯にもお酒にも絶妙な美味しい一品です。ねっとりと絡みつくたれが最高ですね。こんにゃくって味が絡みにくいのですが、それに負けずに絡むこのたれはすごいわ。

「だだちゃ豆ごはんの素 六種雑穀」は素朴な味。正直そんなに味が濃いわけではなく、ご飯に入れてもあまり最初はわからないかも。でも食べ進めていくに従って、だだちゃ豆から出てくる味わいと雑穀の味と塩気でご飯が美味しくなってきます


個人的には前者の商品。これは本当に大当たりです。来年とか山形の物産展とかやる機会があるので、その時に見掛けたら必ず買おう。そうしよう(笑)。


人気ブログランキングへ ブログランキング・にほんブログ村へ  
Posted by alexey_calvanov at 23:47Comments(0)TrackBack(0)

2013年01月23日

復興へ、大東北展④

ISW11F_20130112_1356518501/14まで行われたJR高島屋の「大東北展」から、今回は宮城県栗原市にある栗原食品の「牛すじ柔らか煮」(左)と「なんこつ美人」(中央)、そして気仙沼市にある斉吉商店の「金のさんま」(右)です。


「牛すじ柔らか煮」と「なんこつ美人」は共に甘く味付けされた味噌で煮込まれた、名古屋の人間から言わせれば、どて煮のようなものと言ってもいいでしょう。

「金のさんま」は、しょうゆベースのたれに根しょうがを入れ、そこにサンマのぶつ切りを入れてじっくり煮込んだものです。



まず、「牛すじ柔らか煮」と「なんこつ美人」ですが、どちらも美味いんだけども、個人的には臭みが上手く消えている「牛すじ柔らか煮」がオススメです。
どちらもトゥルットゥルで味噌の甘辛さがご飯のお供や酒のつまみに最適なんですけど、なんこつの方が若干臭みというのかクセというのか少々気になるものが残っていて、そこだけが気になるくらい。しかし牛すじの方はもうとろけにとろけて原形を留めていないんですけど、美味いんだよね(笑)。
なお、この2種に関しては、七味唐辛子を一緒に掛けても美味しいと思いますよ。牛すじの方には唐辛子が入っていますけれども。

「金のさんま」は、骨まで食べられるくらい柔らかく煮込まれているので、全体に味がしっかりとしみ込んでいるからご飯が進む進むさんまも脂が乗っているので食べやすいですね。
また残った汁にご飯を放り込んで食べてたら、また格別に美味いしょうがの風味はそれなりに甘辛かつしっかりとしたたれの味とご飯がここまで相性いいんだと思うと、もっとご飯が欲しいと思ってしまうくらいです。これはお酒のつまみにするのはもったいない。ご飯のお供であるべき商品です。


人気ブログランキングへ ブログランキング・にほんブログ村へ  
Posted by alexey_calvanov at 23:42Comments(0)TrackBack(0)

2013年01月15日

復興へ、大東北展③

ISW11F_20130112_1358351951/14まで行われたJR高島屋の「大東北展」から、今回は福島県南相馬市にある福相食品工業の「ふくしま県ポークウィンナー」です。
見た感じは非常にシンプルなもの。既にボイルされているものが真空パックされています。



味も非常に素朴なもので、パリッとした食感が特徴的な、それでいて昨今のウィンナーのように塩気は少なめの味わいになっています。


南相馬市は3つの町が合併してできた、いわゆる「平成の大合併」で生まれた町です。今回紹介した商品は、その中にある原町市の区域にある会社で製造されています。現在、南相馬市は市内の約2/3が警戒区域・計画的避難区域・緊急時避難準備区域になっています。そんな中でもめげないで製品作りをしている酪農の方々が報われてほしいものです。


人気ブログランキングへ ブログランキング・にほんブログ村へ  
Posted by alexey_calvanov at 23:10Comments(0)TrackBack(0)

2013年01月13日

復興へ、大東北展②

ISW11F_20130112_135724298現在、JR高島屋で行われている「大東北展」から、今回は秋田の名物「バター餅」通常のもの(左)と胡桃(くるみ)入りのもの(右)を買ってきました。


これは、秋田県の北部にある北秋田市で40年以上食べられていたもので、水に一晩浸したもち米をついてから、バターや砂糖などを練り込んだもの。こうすることで、冬になると固まりやすい餅が固まりにくくなるので、山に向かうマタギ達の携帯食として重宝されたのだそうな。もちろん甘いもの大好きの秋田県民にも好評で、地元ではおやつとしても食べられているのだそうな。
数年前に「秘密のケンミンSHOW」で大好評を博したため、秋田県内をはじめ全国でも評判なのだとか。



その味はというと、意外にもバターの味がしてももち米に合うんですよね。邪魔してないんですよ。よく米をバターライスにして食べることがあるけれども、あれなんでしょうね。あの感覚がもち米になっても変わらないと。
そして甘い(笑)。しつこい甘さじゃないんだけれども、バターとの相乗効果で思った以上に甘く感じるんですよね。でも美味い。

対して、胡桃入りの方は、バターの風味は抑え目かなと。そして胡桃の食感がいいからクセになりましてね(ニヤニヤ)。甘さも大人しめなので、甘いのが苦手な方はこちらの方がいいのかもしれません。


これは確かに美味しいですし、今まで北秋田市内でしか広まらなかったのが謎に感じられるくらい値段もリーズナブルなので、個人的にはいい土産になるかなと思いますよ、秋田の方々。


人気ブログランキングへ ブログランキング・にほんブログ村へ  
Posted by alexey_calvanov at 23:53Comments(0)TrackBack(0)

2013年01月12日

復興へ、大東北展①

1/9~1/14までJR高島屋で「大東北展」が開催されています。
この催し物、実は去年の9月に行われており、2回目の今回は冬まっただ中の開催と相なりました。
震災の復興を願い、今年も行って参りました。

まぁ、行って思ったのは、東北は美味そうに感じれれる品物が多いわ(ニヤニヤ)。北海道物産展もすごいなと思う時があるものの、東北の物産展も舐めてかかれないぞと。


ISW11F_20130112_115007901では、その模様を何回かに分けてお送りしていきます。


まずは、福島県の會津桐(きり)屋の「高遠そば」
・・・も食べてるんだよね(ニヤニヤ)。
大根おろしの辛味は意外になかった。時期が時期だからか?その代わり、わさびを十分に溶かし切れずに辛い辛い(ギャハ)。
あ、そばは非常に美味しゅうございました。そばの風味もよくコシもありで。



ISW11F_20130112_120019386続いては、岩手県の小岩井農場のソフトクリーム
ご存知小岩井農場の牛乳で作られたもので、岩手県の物産展があると、たいてい来ているんじゃないかと。たぶんこれも紹介しているな(ニヤニヤ)。
クリームの風味よりも甘味の強い味ですね。個人的にはこういったソフトクリームが大好きです。



ISW11F_20130112_135916804こちらも同じ岩手県の小林水産の「いか坦々風」コチュジャンを使ったイカの塩辛というふうなものか。口車に乗って買っちゃった(ギャハ)。
でもね、その口車に乗っかるのも悪くなかろうと。程よい辛みがご飯を嫌が応にも進めてしまうんですよ(ニヤニヤ)。



次回も大東北展の商品紹介です。


人気ブログランキングへ ブログランキング・にほんブログ村へ  
Posted by alexey_calvanov at 23:55Comments(0)TrackBack(0)

2012年10月13日

2012年秋の北海道物産展に突撃してきた(笑)③

今日現在、JR名古屋高島屋で行われている「大北海道展」。今回はその高島屋の模様をば紹介。


ISW11F_20121013_112005まずは、後期の人気スポットである元祖旭川ら~めん一蔵の「北の大地ポタージュラーメン」ミシュランガイド北海道掲載店なのだそうな。
ジャガイモのポタージュスープベースのスープに細めのちぢれ麺、ジャガイモ餅、レタス、きくらげなどが入ったラーメンになっています。



その味はというと、ジャガイモのポタージュなので柔らかい味なのですが、コクがイマイチなような。とうもろこしが入っていればコクがあるんだけど・・・。しかもドロっとしたスープなので熱い(笑)。とはいえ、麺に絡みやすいので美味しく頂けますけどねぇ。


ISW11F_20121011_192434もう一つは、釧路小町園の「手造りいか塩辛」こちらの塩辛は豆板醤風味のものもあるのですが、今回はこちらを紹介。
甘口のいかの塩辛になっていて、コラーゲン入りなのだそうな。



確かに甘い。塩辛さもなくはないけれども、いかの旨味で風味が増してるのでそれほどでも。ご飯と一緒でもおつまみにもいいです。しかし、そのまま食べても美味しいと感じられるのはなかなかないので、非常にオススメ


JR高島屋の北海道物産展は10/15まで。もうすぐ終了になりますので、人気店を狙っている方はお早めに。


人気ブログランキングへ ブログランキング・にほんブログ村へ  
Posted by alexey_calvanov at 22:56Comments(0)TrackBack(0)

2012年03月12日

味噌尽くし

現在開催中の丸栄の大鹿児島展とJR高島屋の春の大北海道展。
その中でも味噌ラーメンがどちらの物産展にも出展されていたのがミソでしたね、味噌だけに(ニヤニヤ)。


ISW11F_0020まずは丸栄の方から
みそや・堂の薩州極み 辛味噌ラーメン。こちらは、とんこつ鳥ガラと24種類の味噌をブレンドした味噌ラーメンとなっています。
辛味噌だったこともあって、確かに辛いものの、嫌味な辛さではなく、身体中を暖かくする辛さ。それゆえかすぐに辛みは抜けてくれますね。それでいて味噌の味わいは濃厚で、とんこつの風味はそんなにないふう。逆に言えば、味噌の風味が好みでとんこつが少々苦手な人でもそんなにわからないかと思います。
ボリュームがあると思いますし、肉味噌も美味いです。



ISW11F_0021もう一つは、JR高島屋の麺屋高橋の辛味噌のラーメン
・・・オマエ、辛味噌好きなのかというツッコミは置いておいて(苦笑)。
こちらも辛いものの、鹿児島のものに比べればまろやか。そのために見た目以上に辛くもないので、さらりと食べられます。女性でも完食できるんじゃないかと思いますね。



この物産展、どちらも明日(最終日)までということもあり早じまいされてしまうので、本当に早く行った方がいいです。ホント、どっちも美味いですよ。


人気ブログランキングへ ブログランキング・にほんブログ村へ  
Posted by alexey_calvanov at 23:59Comments(0)TrackBack(0)

2012年03月05日

2012年春の北海道物産展に行ってきた

現在松坂屋名古屋店(以下松坂屋)とJR名古屋高島屋(以下高島屋)で、北海道物産展が行われています松坂屋に関しては明日(3/6)まで、高島屋は来週の火曜日(3/13)までとなっています。

今回の物産展に関しては、明らかに松坂屋の圧勝ですね。高島屋もいい商品が揃っているのですが、双方の百貨店に出店している店と比べて、また同じ食材の販売価格と比べても、松坂屋の方が種類が多かったり安かったりとオトクな場合が多いのと、新店が毎回多く出店している・新商品が多く展開されているのがその理由です。


8f52b675.jpgそんな北海道物産展の商品をピックアップして紹介。後から紹介する場合もあるけど、それはそれ(笑)。


まず最初は、北海道漬物コーナーの「海鮮キムチ」松坂屋に出店しているところで、いつも豆味噌を買っているところの商品。いつもは店の名前を出しているんだけどなぁ・・・。

キムチというと辛い・酸っぱいというイメージがつきまとうものの、このキムチに関しては辛くないどころか、甘みがあるくらい。酸味もなくはないですが気にはならないレベルで、イカの入った旨味もあってオススメです。



23e42ec7.jpg続いては、「白い恋人」でおなじみの石屋製菓のソフトクリーム。その名も「白い恋人ソフトクリーム」・・・ってそのままでんがな(爆)。
乳成分の味がしっかりしていて甘みたっぷりのソフトクリームになっています。
ちなみに、この商品は松坂屋・高島屋の双方で販売しています。



0e0d2cbc.jpg3つ目は、鮨処 竜敏の「四季の詩 いくら」高島屋で出展していた海鮮弁当を販売する寿司屋です。
見ての通り、いくらが全面に敷き詰められ、さけ・貝柱・かにが添えられています
少々上げ底だったのが気に入らなかったものの(苦笑)、すし飯のいい塩梅と具材の美味しさがよく引き立っている海鮮弁当になっています。



047bc9a5.jpg4つ目は、農家ダイニングTam-bo(タンボ)の「旭川しょうゆダレ 米粉のお好み焼き」(上)と「旭川しょうゆ焼きそば」(下)
松坂屋に今回初出店したところで、地元(旭川)で採れた野菜とお米にこだわった商品づくりをしているレストランでもあります。
どちらも野菜の旨味としょうゆ味のコクのある風味が最高。そして、一緒に入っている豚肉のそぼろ風のものがアクセントにもなっているので、食べ応えも十分です。

今回は双方を買ってきましたが、ハーフ&ハーフもあり、ワンコイン(500円)で買えるので、一緒に楽しみたいならそちらがオススメ。



80573cb4.jpg5つ目は十勝フードハウス ルナの
「十勝重重豚丼」

一見すると普通の豚丼ですが・・・。



614efda0.jpgご飯をすくうとご覧の通り。
中にも豚肉が入っているという、うなぎで言うところのうな重状態。
豚肉は2種類(ロースとヒレ?)入っているようで、タレの効いた豚肉とさっぱり味の豚肉と双方の旨味が味わえますし、タレの濃厚さはご飯とも相性が合っていいですね。



f47d129a.jpg最後は、櫻珈琲煎房 スイーツカフェの「櫻珈琲ジュエルソフト」(左)と「ジンジャーエール 辛口」(右)
ソフトクリームの甘さに無糖で渋いコーヒーゼリーとの味わいが相反しながらも互いに引き立て合って美味しいですよ。
対して、ジンジャーエールはのど元にまでピリピリくる強炭酸かつ辛みのある飲み物になっています。



毎度思うけど、北海道って美味いものが多いよなぁ・・・(嘆)。


人気ブログランキングへ ブログランキング・にほんブログ村へ  
Posted by alexey_calvanov at 23:58Comments(0)TrackBack(0)

2011年09月21日

台風の影響、ありますか?

台風の影響に関してのトラックバックテーマがありましたので、今日のことをば。


今日はいつもなら平日なので会社に行っているはず。しかしながら、台風襲来がわかっていたので、会社が休みになるかもしれないという『お触れ』が前日に出ておりました
とはいうものの、当日である今日の朝は思った以上に大人しい雰囲気。恐る恐る電話を掛けたところ、「休みにします」
・・・なので、今日1日『休日』を謳歌させて頂きましたよ<しかしその後、土曜に出勤しなければならないことをこのバカはまだ知らない(ギャハ)。
・・・知ってるYO!そんなこと(泣)。


というわけで、台風がピークになる前にJR高島屋で行われている「大東北展」に行って来ました


PA0_0328まずやって来たのは、福島のそば。出展は「うつくしま蕎麦王国協議会」。
・・・正直ここまでしてもまだ疑われるのだから、やるせなく思えてなりません。
特にこの愛知県では、東海テレビの「セシウムさん事件」(対象は岩手県)に限らず、最近起こった日進市の花火大会で、放射能が怖いからという(過剰な反応を示したプロ市民的な者の『犯行』)理由で福島県からの花火を『締め出した』ことなどもあり、もう東北地方の方々へは何を申し上げたらよいのやら・・・というしょく罪に近い気分でもあります。



PA0_0333今回頼んだのは高遠そば
高遠というのは元々長野の地名らしいのですが、その長野からそばを持ち込んで作られたのが福島のそばのいわれだそうです。
辛みのある大根おろしと共に頂きます。

その辛みのある大根おろしがかなりツーンときますそばにはコシがあって、そばの豊かな風味が伝わってます。薬味でわさびもあったんですが、正直大根おろしだけで十分だったかも(苦笑)。



PA0_0335もう一つは山形の焼肉くろげで売られている米沢牛コロッケ
日テレ系の番組「嵐にしやがれ」で紹介されたそうな。



PA0_0336左は黒トリュフメンチカツ。中に黒トリュフが入っている牛肉たっぷりのメンチカツです。右は米沢牛コロッケ。米沢牛とジャガイモの入ったスタンダードなコロッケです。

メンチカツは肉のジューシーさが際立っていましたね。米沢牛コロッケはじゃがいものホクホク感と甘みが肉の旨味と絶妙に絡んで美味しかったです。



この大東北展では、南三陸町の写真展が併せて行われていました。
震災前の南三陸町から始まり、震災当日のドキュメント、その後の復興までに至る過程の写真が展示されていました。
絶望の中、希望を忘れない姿、明るい笑顔のシーンが多いのを見て、思わず感涙してしまいました。
改めて、私自身も東北の商品を買うことや食べることで、何とか東北の復興への力になればと思いました。


PA0_0334で、こちらは何度もNHKで登場したJR名古屋駅の中央改札口。午前11時半頃撮影。
実はこの数十分後、JR中央線が再開午前11時53分から約1時間おきに高蔵寺駅まで運転していました。
・・・途中また警戒水位を越えて、また止まっちゃうんじゃないかと思ったんですけど、終日運行していたようです。



人気ブログランキングへ ブログランキング・にほんブログ村へ  
Posted by alexey_calvanov at 23:53Comments(0)TrackBack(0)