2020年03月28日

MotoGPもe-sportsでレースバトルやるよ

先日、F1が公式のe-sports大会を行うことが発表されましたけれども、MotoGPでも各国で行われる予定だったレース中止を受けて同様のことを行うことを決めました

MotoGPで行われるのは、「MotoGP Virtual Race」というもので、MotoGP公認のソフト(恐らく日本ではオーイズミ・アミュージオから販売している「MotoGP 19」だと思われる)「MotoGP 19」を使用して、現役レーサーが争います。出場するのは、2019年シーズン優勝したマルク・マルケス選手をはじめ10人のプロレーサー。先程紹介した「MotoGP 19」の中にあるイタリアのGPの舞台であるムジェロ・サーキット(アウトードロモ・インテルナツィオナーレ・デル・ムジェロ)でプレイするとのことだそうです。
開催時間は日本時間の3/29の22:00から、MotoGPの公式サイトとYouTubeで配信予定です。以前紹介した、日本時間で早朝だったF1の時と違い、恐らく夜遅くなっても月曜の会社に響く・・・ということは無さそうです。もっとも、学生は春休みだから問題ないのかもしれないですが。ああ、うらやましい(爆)。
気になるレースの内容は、5分間の予選を行った後に6周のレースというふうになるとのこと。状況にもよりますが、結構短時間で決まりそうですから、皆に優しい(ニヤニヤ)。


今回は公認ソフトになるので、レーサーも乗り気でしょう。もちろんいい宣伝になるのは言うまでもありません。ただプロゲーマーとの対戦は今回ないので、今度はプロゲーマーとの対戦もやってほしいですね。


MotoGP 19 - PS4
MotoGP 19



人気ブログランキングへ ブログランキング・にほんブログ村へ  

Posted by alexey_calvanov at 21:55Comments(0)