2019年02月21日

TBS、置きもののミミズクを大真面目に中継してしまう

TBSテレビで放送している「Nスタ」。この番組、平日は15:46~19:00まで放送しているうち、17:50~18:15の全国ニュース以外はローカルパートになってます。ただし、18:15~19:00までが関東圏のローカルパート(いわゆる地方ニュース)で、それ以外の時間は任意でネットとなっていることから、もしからしたら関東圏以外の人も見たかもしれません(ウチの地元は、ガッチリとローカルワイド番組が先述の全国ネット部分以外は固めているので、やってないだろうなぁ)


今日17:40頃の中継で、都内でミミズクを見付けて映しておりました。この日の放送では、ミミズクが都内で相次いで現れていると報じ、生放送中に捉えられるかと煽りに煽っていました。それゆえに、生放送中に無事見付かったのだから、リポーターが白熱するのも無理はない
ところが、どこかおかしいと思ったのでしょう。よく調べてみたら、ソイツは置きものだった(汗)。誤って本物のように伝えちゃったぞ、ヤバい。ヤバいぞ・・・。
というわけで、エンディングの時に、アナウンサーがお詫びして訂正しておりました。ただ、エンディングの時なので、関東圏以外の人には伝わらずに終わったのかもしれないなぁ・・・。


こんな騒動になった時、決まってネット上では炎上騒ぎになって、鬼の首を取ったように騒ぐのですが、今回はちょっと様子が違いました。
置きものを真面目に中継していたことを思い出して、苦笑してしまっただとか、逆にお腹がよじれるほど笑い転げたなどあまり怒ってはいない様子。もちろん間違いはいけないと述べている人もいましたが、そんな人でさえ、笑ったと微笑ましい話のような結末


ミスはもちろんいかんけど、愛嬌のある間違いなら、そこまで目くじら立てなくともいいんじゃないのというわけですね。今回のミスは、おかしな事態になるどころか、大真面目な報道がやってしまった渾身のギャグ的な扱いなのでしょう。私も笑って許してあげたいです。たぶんそのシーンを見たら、ゲラゲラ笑ってただろうなぁ(ニヤニヤ)。


人気ブログランキングへ ブログランキング・にほんブログ村へ  

Posted by alexey_calvanov at 23:49Comments(0)

2014年08月22日

コミケ86 0日目 早速疲れたわい(泣) その4 赤坂行く時はいつも雨

中野から早く行こうか迷っていた赤坂に向かうことに。
中野から赤坂に向かうにはもう一本しかないと思っていたので、気は楽。そのルートとは、中野から東京メトロ東西線に乗り飯田橋と溜池山王→国会議事堂前経由で赤坂へ・・・というふうに行ったのだが、今調べて思えば、JR中央東線に乗って、新宿と原宿→明治神宮前経由で行った方が早かったし安かったかも(泣)。

向かった先は、赤坂駅直上のTBS放送センター前にある赤坂サカス毎年恒例のイベント「夏サカス」に行って来たのです。
・・・でもね、雨だよ。確か去年も雨だったんだよなぁ。
小降りとはいえ、雨降る中で、回ってみたい店に行って来たのでした。


SHL23_0597まずは、毎度おなじみ「Nスタ」のコラボ商品東京に来た時は、15:50から始まるこの番組を見てまったりしております(笑)。
この日は見えなかったので、翌日のコミケ退散を少々早めて今回は見ておりました。個人的には森田さんの天気予報コーナーが好きですけど、翌日に見ていた1万円する国産線香花火の試験着火に大失敗のシーンがものすごく面白かった(笑)。あれはハプニング大賞直行だな(ニヤニヤ)。


と、そんな話題は置いておいて、今回は豚天カレーを頂きました
「炭火焼ホルモン ぐう」とのコラボ商品で、豚の天ぷら(いわゆる鶏天を意識したものか)が乗った甘口ないしは辛口のカレーです。なお、写真の物は辛口の小になっています。



豚の天ぷらに関しては、それほど美味いまずいはなく、普通に頂けるものになっているのが残念だなと。
ただ、カレーは確かに美味い
辛口なのでスパイシーながらもほんのり酸味と甘みが広がるものになっています。だからか余計に辛味がいい具合に伝わってくるのかねぇ。まぁ、それゆえに豚の天ぷらの味が感じられにくくなっているのかも


SHL23_0598そして、こちらは「ラティファのコロッケ」
この商品は、今年の秋に放送が決まったテレビアニメ「甘城ブリリアントパーク」と中野にある「コロッケ 西郷亭」とのコラボ商品になっています。アニメ番組が露店を出すのは初めてじゃなかろうか。「けいおん!」とかが放送センター内で出店していたことはあったけど。
ちなみに、店舗では「北海道男爵コロッケ」という商品名で販売しているものかと。



味に関しては、一般的な男爵コロッケです。ただ、肉の旨味とイモの甘みがいい塩梅に混ざって美味いんですわねぇ。これは恐らく冷めても十分美味しいと思われ。


SHL23_0609こちらは、「モッフルのお気に入り! おやつコロッケセット」
この商品を買ってきたのは翌々日のコミケ帰り(とは言っても、一旦ホテルに戻って身を軽くしてから向かったのだが)。しかし、この時も雨が降っていたのは内緒だ(泣)。
3種類・6種類・12種類の販売だったかと思われ。写真は6種類。
この商品は店舗でも「おやつコロッケ」として購入でき、通信販売でも購入可能です。詳細はこちらにて。



個人的に一番美味しかったのは、カレーとピザ風でしたね。どちらもド定番だったんですけど、カレーやピザの風味がきちんとしていたのがポイント
緑茶も頂いたのですが、お茶の風味が鼻に抜けて爽やかですね。
あと面白い味だったのが、お好み焼きとわさび昆布前者はお好み焼きのかつおだしの風味とソースの風味が斬新で、後者はわさびの辛味が熱を通しても抜けてなかった(笑)。


その後は、ホテルまで一直線。ぐったりした中で明日の準備をして、床につく。しかし、変な時間に寝てしまったので、TBSの深夜アニメ見損ねたよ(泣)!


人気ブログランキングへ ブログランキング・にほんブログ村へ  
Posted by alexey_calvanov at 23:51Comments(0)TrackBack(0)

2013年08月17日

2013年夏もコミケやら色々と行って来ましたよ⑤

東京スカイツリーの最寄り駅でもある押上駅から地下鉄を乗り継ぎやって来た赤坂。
この日はTBSで「夏サカス」を開催しており、大勢の客でにぎわっている・・・はずだった。


そう思って外に出ると、ざざぶりの雨。まるで川端康成の「雪国」の一節のごとく、地下鉄の階段を上がると、そこはざざぶりの雨だった、と。
丁度この時(午後4時頃)、夕立に見舞われていたのです。地下にずっといたのでわからなかったというのと、東京は他の都市に比べ結構広いので、降っているところとそうでないところの格差が大きいのだ。スカイツリー周辺はカンカン照りだったのにねぇ・・・。

そうなると外には出られないので、TBS放送センターに。
放送センターでは子供向けイベント(「オールスター感謝祭」のセットが組まれていた)や様々な商品の販売(「はなまるマーケット」のおめざなど)が売られていました。中でも、「マツコの知らない世界」のコーナーでしるこサンド売ってたのは衝撃的だった。缶入りなんて名古屋でも見ないぞ(汗)。
あと、TBSストアには「けいおん!」のスカイツリーをバックにした各キャラのクリアファイルがあった。ちょっと欲しかったなぁ、今思えば(苦笑)。


ISW11F_0648放送センターにいたら雨が小降りになって来たので、外に出ても大丈夫そうになってきた。
そこでやっと本格的なご飯にありつけるわけですよ(苦笑)。

まずは「チューボーですよ!」の汁なし坦々麺去年もそうじゃなかったのかなと思うのですが、イマイチ自信がない。そうだとしたら、よほどキョショーの自信作なんだろうなぁ



味に関しては、辛さ抑え目ながらもゴマの風味が効いたものになっています濃いのかなと思ったんですけど、しつこくなくあっさりとしております。


ISW11F_0649もう一つは夕方のニュース番組「Nスタ」から「焼肉屋さんが本気で作った牛すじ煮込みカレー」
「Nスタ」は、全国放送部分はニュースに特化したものになっていますけれども、関東ローカルの部分は他の地域のローカル番組と同じくエンタメ性豊かな報道バラエティになってるんですよ。
焼肉屋の「虎の穴」が厳選した和牛と秘伝のスパイスを利かせたカレー、そしてあきたこまちを使っております。甘口・辛口とあるものの、今回は辛口をトッピング。
ちなみに、サイズは大と小(写真のものが小)、有料でトッピング(青森田子産にんにく漬など)ができます。



カレーのスパイシーさは思った以上に利いてない、ともすれば薄いのかなと思わせたほど。しかし、肉はトロトロで美味いわ。カレーで煮込んだというのもあって、肉の味が凝縮されています。


ただ、この時に疲れのピークが来ていたのか、飯が食いたいと思っても食が進まない。思えば、この時に熱中症に軽くやられていたんじゃないかと。外は曇っていて、この時の温度は雨で下がって30.4゚Cだったのに・・・。
そんなこともあって、1時間もいなかったと思います。


頭が痛いと、そしてまた雨に降られても敵わないと思ったので、再び赤坂駅に戻り、今度は新幹線に乗るために東京駅へ。その後は無事に自由席ながらもチケットと座席を確保し、夕方には名古屋に戻って来たのでした。
そうだ、お土産・・・と思って、名古屋駅で地元の土産でお茶を濁したのは内緒だ(ギャハ)。


人気ブログランキングへ ブログランキング・にほんブログ村へ  
Posted by alexey_calvanov at 23:11Comments(0)TrackBack(0)