2017年09月13日

【ためして】このタイミングで攻めの姿勢を見せたか【ガッテン】

毎週水曜日に放送されているNHKの「ガッテン!」。「ためしてガッテン!」からリニューアルされてもう1年半にならんとしてるのかねぇ・・・。


その「ガッテン!」今日のテーマが、新・現代病となっている手首の痛み。それが親指の酷使から来ているものだったという話でした。その親指の酷使は一体何で起こったのかというと、スマホことスマートフォンのフリック(親指で流す動き)から。ゆえに、英語ではスマートフォンサム(Smartphone Thumb。Thumbは親指という意味)と呼ばれているのです。
さて私達がフリックをする時に、親指を伸ばしたり戻したりするのですけど、伸ばすのはすぐできても、戻すのには時間が掛かるとのこと。しかも、その戻す筋肉というのは手首にあって、酷使することで、そこの腱と腱鞘(けんしょう)がこすれて、しまいには炎症が起こるわけです。これがいわゆる腱鞘炎です。しかも腱鞘の形はいくつかあり、腱鞘が2つに分かれている人は腱鞘炎になりやすい身体の可能性があるとのことなので、なおのこと注意が必要なのです。


普通の人なら、ふーん気を付けなきゃね・・・で終わるところ。ところが、今日が何の日を知っている人から見たら、今日の「ガッテン!」のテーマは中々のチャレンジブルだったとも言えるわけです。そう、今日はアメリカでアップルのスマホiPhoneシリーズの新作発表会の日そんな時に、『スマホ批判』とも取れるようなやり取りなんかやろうものなら、売れ行きに大きな影響を与えかねんだろうとキャリア(携帯電話会社)や販売店が金切り声を上げてしまうのではないかと思ったほどです。まぁ今スマホは世界で15億台(今年の販売予定台数)売れているとのことですから、こんな批判でも微塵も動かないでしょうけどね(ニヤニヤ)。

スマホを擁護するわけじゃないですけど、スマホ以外でも親指を使う動作は全て当てはまりますパソコンの操作やピアノの鍵盤を叩く操作がそうですね。子育てをしている時に子供を抱っこした際、無理に親指を広げて頭を抱える動作も腱鞘炎になりかねません(ゆえに、腱鞘炎はMoms Thumbという通称もある)。親指を使わなくともフライパンを片手で振ったりする場合もなってしまうのはよく言われております。


対策としては、もんではいけないのがまず第一の注意事項。実は、もむと炎症が酷くなります。そして親指を極力使わないというのも対策になります親指でフリックしている人は、しばらく使うのを止めたり、人差し指などを使ったフリックも行うようにしましょう。パソコンで腱鞘炎になった場合はキーボードの前にタオルを置くといいそうです。そうすると、親指が無理して押している感じから普通の押す感じ(親指の広がりが少なくなる)になり、腱の緊張が緩和されるそうです。
なお、育児中や更年期障害が訪れている女性は、治りが遅いとのことなので、親指を使う仕事にご注意あれ。それでも痛みが酷い・治らない場合は整形外科のお世話になるのがいいそうです。放っておくと、最悪手術になりかねないですからね。くわばらくわばら。


人気ブログランキングへ ブログランキング・にほんブログ村へ  

Posted by alexey_calvanov at 22:49Comments(0)

2017年02月12日

やっぱり出てきた直虎関連商品

SHV32_0394先日ローソンに行った時に見掛けた「直虎ちゃんおにぎりセット」。こちら、NHKで放送中の大河ドラマ「おんな城主 直虎」との関連で登場したのではないかと思われ。ちなみに、直虎こと井伊直虎は元々静岡県の出身なのね。
この商品、静岡・東海・北陸地区限定になっています。

中身は、静岡県産のしらすを使ったおにぎりとシーチキンと静岡県天城産のわさびを使ったおにぎり、鶏唐揚げ・厚焼玉子・さつま揚げのおかず(いずれも静岡県産のかつおだしを使用)となっています。



味は薄味でしたね。おかず類はもちろんそんなに薄くはないのですが、もっと濃い目にしてもよかったんじゃないのと思ったり。ただ、シーチキンと静岡県天城産のわさびを使ったおにぎりだけは、すごく来ました(笑)。わさびの辛味とシーチキンの旨味が結構来るのね。わさびは辛くないものの、すごくアクセントになるほどの味わいでした。


大河ドラマを見ている人なら、いい機会だと思うので、是非とも。


人気ブログランキングへ ブログランキング・にほんブログ村へ  
Posted by alexey_calvanov at 23:55Comments(0)TrackBack(0)

2016年08月22日

あいましょう東京で

今日の朝刊でNHKは粋な演出してくれましたね。
表題の部分は、長官の左端に書かれた文字を縦読みにすると現れるものです。放送そのものはEテレ(教育テレビ)→総合テレビでのリレー形式の予定だったのが、台風9・11号の報道関連で、総合テレビ部分を全てEテレに差し替えて放送されました。なお、再放送がテレビ朝日系列とNHK BS1で行っていたので、朝早くて見られなかった、仕事で見られなかった人などは、特に夜放送されたBSでの放送を楽しみにして見ていたことでしょう。かくいう私もその一人です(笑)。


閉会式も開会式同様ブラジルらしい部分を残しながらもプロジェクションマッピングなど最新技術を盛り込んだものになっていました。とても情熱的でありながら叙情的でもあり、去り行くリオデジャネイロオリンピックを上手く体現できたなと思って見ておりました。カネが無く(掛けなく)ともいいものはできるといういい例になったのではないのでしょうか。

終盤、東京(日本)への引き継ぎになるプレゼンテーションが行われましたけれども、こちらは日本らしい規律高い演出が目立ちました。でも、一番は現在のまたはかつてのオリンピック選手と共に、マンガ・アニメ・ゲームのキャラが一堂に介していた点でしょうか。キャプテン翼・パックマン・キティちゃんなど共に、安倍晋三首相扮するマリオがドラえもんに土管(東京からリオデジャネイロまで掘る)のひみつ道具を出してもらって、そこからやって来るという粋な演出でしたね(ニヤニヤ)。「SEE YOU IN TOKYO」のところでは、マリオのゴールした時のBGMも流れていて、ゲームフリークなら思わずニヤリとしてしまいましたよ。
まぁ、個人的には手を震わせながら必死に演説していたリオデジャネイロ市長でしょうか(苦笑)。いつ倒れてもおかしくなかったぞ、あれ。


さぁ、いよいよ次は東京オリンピックです!
・・・でも、その前にリオデジャネイロパラリンピックが控えております(日本時間9/8~9/19)。オリンピック同様熱い戦いが繰り広げられることでしょう。東京オリンピックを待つ前に、リオデジャネイロパラリンピックを盛り上げていきましょう。


人気ブログランキングへ ブログランキング・にほんブログ村へ  
Posted by alexey_calvanov at 22:32Comments(0)TrackBack(0)

2016年06月03日

ゆきゆきて439

今日、NHKの「ドキュメント72時間」という番組を見ておりました普段は見ていない番組ですが、今回は国道439号を巡る72時間ということなので、見ておきたいなと思ったのです。


この国道439号(通称ヨサク)は、通称『酷道』と呼ばれる交通上の難所が多い国道で、片側一車線の道しかなかったり、仮に2車線があってもすれ違うのがやっとの道幅だったり、ガードレールが壊れている、それどころかガードレールもない・・・など、生活道路としては非常に使い辛い道。なのに、この道がある理由や魅力は何なのか、それを探っていくというものになっていました。


見てて思ったのは、とにかく道が酷い(汗)。こんな道は運転に自信のある人でも通りたくないだろうよ・・・。私なんかペーペーのパーパー(笑)なので、生きて帰れません(ギャハ)。
それでもなお、限界集落と呼ばれそうなところに住む人達の姿は魅力的で、個性あふれる人達だったなと。風情もあったなぁ、特に薪風呂よさげだなぁ・・・。そして、景色もきれいだし、こりゃ行きたいと思う人がいるのもうなづけます
ただ、ホントに危険な道なので、実際に行きたい人は安全運転でお願いしますわ。


人気ブログランキングへ ブログランキング・にほんブログ村へ  
Posted by alexey_calvanov at 23:57Comments(0)TrackBack(0)

2016年05月18日

NHK職員いるところに、事件事故あり?

今日、東武東上線で脱線事故がありました。現在もその影響で一部不通になっているのですけれども、たまたまその電車に乗り合わせていたNHK職員が現場の映像を提供したことで、NHK職員がいると必ず何かしらの事件や事故が起こる、まるで「名探偵コナン」の江戸川コナン達がいる時のようなふうだと話題になっています。
ちなみに、その時の民放での映像は、いわゆるスクープ映像を投稿するアプリからの写真や視聴者から提供された写真を使って報道していたのではと思われます。NHKにもスクープ映像を投稿するアプリは存在するものの、あまりそれを使用しているふうには思えず、むしろ『信頼できるスジ』的な扱いでNHKの職員からの映像を使っているのではないかと買い被りたくなるわけです。

この傾向、大きな事件や事故の時に『威力を発揮』し、ここ数年では笹子トンネル事故・御岳山噴火・新千歳空港の飛行機事故(日本航空機のエンジン出火)などでNHK職員の『スクープ映像』が紹介されています。中には、インタビューまでやってのける職員までいるので、ある意味よく飼い慣らされているとまで感じられるほど(苦笑)。


どうしてここまでNHKがスクープ映像を撮れるのか?不思議に思う方もいらっしゃることでしょう。
ただ、そのタネは意外に単純なもので、人が多いからというもの。要は自然と人海戦術になってしまっているということですね。ちなみに、NHK職員の数は1万人以上全国津々浦々にあることを考えれば納得。対して民放は基本的にネット局との繋がりで成り立っている、またその数もNHKの比ではないので、NHKほどの緻密さがないというのも、もう一つの理由として挙げられることでしょう。


まぁ、国民から受信料と称して税金を取っているのですから、ここまでやって頂かないといかんわね(爆)。


名探偵コナン 1~最新巻 [マーケットプレイス コミックセット]
名探偵コナン 1巻~最新巻



人気ブログランキングへ ブログランキング・にほんブログ村へ  
Posted by alexey_calvanov at 22:27Comments(0)TrackBack(0)

2016年04月16日

NHKの報道特番を見て思うこと

熊本地震発生以降、NHKにチャンネルを合わせっぱなしになることが多くなりました。別に家族の中に九州出身者がいるわけでもないのですけれども、熊本およびその周辺で起こっている出来事に戦々恐々としながら、明日は我が身と思いながら見ているところもあります。


その特番を見ていて思うのが、視聴者へのメッセージを頻繁に挟むようになった感があるのです。この事象は東日本大震災の時にはあまり感じられない事象のように思っております。
隣近所に声を掛けてあげてほしい・お年寄りなどに声を掛けてほしい・子供がいることで外で避難している人に配慮してあげてほしい・お互いに一声掛けてあげましょう、などなど。定期的とも言えるのか、何かしらの時にアナウンサーが視聴者(被災者)に声を掛けているのです。
そのアナウンスを聞くたびに、私自身涙腺が緩みがちになっています。というのも、すごく大変な事象になってきていることが手に取るようにわかってくるからです。また感傷的になっているのではないのかなとも思っています。
恐らく、災害時にはこのようにアナウンスして視聴者の心をほぐすように決められたことなのかもしれないですけれども、ルーティンワークにもロボットボイス的にもなっておらず、アナウンスの真摯でかつとにかく無事でいてほしいという訴えとも取れる彼らの行動に、時に感動をもしております


東日本大震災でNHKのあるアナウンサーが涙ながらに視聴者と被災者に訴えた一言が、今この地震で応用されているのではないのでしょうか。


人気ブログランキングへ ブログランキング・にほんブログ村へ  
Posted by alexey_calvanov at 23:44Comments(0)TrackBack(0)

2016年01月24日

奄美でみぞれ、台湾で雪

今日も寒かった。
先週末から今週初めにかけての寒波襲来時には関東圏を中心に東海・北陸・東北・北海道に大雪と暴風をもたらしましたが、今回の寒波は九州を中心に大雪をもたらしたようです。
長崎市で17cm過去最高の積雪量を更新鹿児島市でも14cm南国とは思えない積雪量になった他、福岡市でも1cmになり、市内では大混乱になったようです。また、最高気温も真冬日になったということなので、雪や道路の凍結だけでなく、水道管の破裂など普段では想定していない出来事が起こりかねないだけに、明日以降も気が抜けない状況になっております。明日も氷点下になるのならば、なるべく水道の蛇口を出しっぱなしにしておくのがベターなのかもしれません。


この大寒波は、十数年ぶりの珍事を巻き起こしました。大寒波が冬でも暖かい沖縄にまで到達したばかりか、台湾付近まで食指を伸ばしたのです。
この寒波により、奄美大島にある名瀬市では115年ぶりの積雪が確認されました。みぞれレベルではあるものの、高いところでは少し積もるほどにもなり、子供達ばかりでなく大人まで大はしゃぎとなっていました。

そして台湾では台北で雪を観測しました。山岳部ではかなりの積雪となり、こちらでも子供や大人が大騒ぎ。恐らく一生に一度の体験という人ばかりだと思うので、ライブで積雪を体感した人達にはいい思い出になったのでしょう。もちろん、事故も起こったことでしょうから笑える事態ではないものの、ここまで大はしゃぎされたら、怒るに怒れないですわ・・・。
この時、日本気象協会(気象庁)とNHKが数日前から雪の予報(日本気象協会は当初1/25と予測)を出しており、台湾の人達から当初はいぶかしがられていたものの、実際に雪が降ったことで日本の気象情報の正確さに驚きが起こっていました日本の気象情報は過去の観測データとスパコンによる予報との混合のようなので、蓄積量と計測力の違いによるものと推測されますが、それでもここまで当ててしまうのだからすごい。台湾の人達が驚くのも無理はないと思います。

ちなみに、奄美大島と台湾に挟まれる沖縄では、寒波襲来で平年よりかなり寒い天気にはなったものの、雪の観測はなかったとのこと。よかったねと言うべきなのか、残念だったねと言うべきなのか少々悩ましい(苦笑)。


しかし、気は抜けません。
明日(1/25)以降も九州は寒い予報が出ていますし、東海・北陸を中心に雪の予報が出ております今回も朝を中心に降るとの予報ですが、最低気温が氷点下(しかも沖縄・小笠原諸島を除く全土)となり、最高気温も北陸・東海では0゚Cより少し高いと予想されているために、防寒対策だけでなく雪対策を再び怠らないようにしましょう


人気ブログランキングへ ブログランキング・にほんブログ村へ  
Posted by alexey_calvanov at 23:01Comments(0)TrackBack(0)

2015年09月11日

来週、NHKがまたコミケを取り上げる

今回は、コミケそのものを取り上げるのではなく、コミケを迎えるコンビニを中心としてみた話になりそうです。


毎週金曜22:55~23:20に放送されている「ドキュメント 72時間」。毎回ある店・ある人物を中心に3日間(72時間)つきっきりになって観察していくというもの。その間には思わぬ人間ドラマが垣間見えたりすることもあり、地味ながらも味わい深い番組に仕上がっています。なお、ナレーションは女優の吹石一恵さんです。

今回紹介されるのは、コミケの会場になる東京ビックサイトにあるコンビニ。とはいえ、NHKということもあり、それがどこなのかは紹介されない(ただし、わかる人にはわかる(笑))ので、どこなのかは当日見てからではないとわからないのですが、少なくともどのコンビニにもカメラマンが張り付いていた感じはなかったので、ビックサイトの会場ではないのではと思います。
でも、一つだけ心当たりのあるコンビニがあったわい。それは国際展示場駅前にあるローソン(その昔はサンクスだった、あのコンビニ)あそこの入口に取材が来ますという旨の張り紙が貼ってあったことを覚えていらっしゃるでしょうか?たぶん、あれがこの番組で取り上げられるという『宣伝』だったんでしょうねぇ。


どんな人間ドラマがあのカオスな雰囲気(苦笑)の中から生まれるのか、ちょっと楽しみではありますね。コミケの楽しい部分しか見ていないとか逆にカオスな部分しか知らないという人にとって、目からうろこのような新事実が見られればいいなぁと思います。
・・・シルバーウィークに差し掛かる頃なので、見るのにも丁度いいよね(ボソっ)。


人気ブログランキングへ ブログランキング・にほんブログ村へ  
Posted by alexey_calvanov at 23:59Comments(0)TrackBack(0)

2015年05月19日

それにしても、サブちゃんノリノリである

火曜日は特に見たい物がないので、野球中継にしようかなと思ったら、何の因果か、たまたまNHKの「NHK歌謡コンサート」を見ることに。そういえば、先日のYahoo!ニュースで書いてあった、北島三郎さんが幻のデビュー曲♪ブンガチャ節を歌うんだっけか

この曲、事実上北島さんのデビュー曲ではあったのですが、発売してすぐに卑猥という理由で放送禁止処分が下り、その後修正して出し直したという異例の措置が採られた曲なのです。ちなみに、この♪ブンガチャ節放送禁止(発禁)に伴って、急遽発売したのが、表向きのデビュー曲(とは言われているものの、初収録はこの曲だったとされる)♪なみだ船だったわけです。


さて、どんな曲なのかしらと待つこと約40分。北島さんが、自身のデビュー曲について語り出しました。驚くことに、大御所というイメージを覆しそうなくらい滑稽に話し出し、♪ブンガチャ節を歌っている随所で、「これがデビュー曲なんですよ」としきりにPR。何か思った以上に楽しそうだなぁと。あんまり歌いたくなかったとか、真面目に歌うとかのそぶりは全くなし。大御所の意外な一面を垣間見た気がしました。
それに、修正版の歌詞だったからなのか、それほど卑猥な感じは感じられませんでしたね。まぁ、時代がそうさせた・・・ということなのでしょう。オリジナル版を見ると、そうなりかねないかなと思ったり思わなかったり(それでもビックリはすれど発禁処分は重いよねと思ったり)。
これで驚かないのは、名古屋には放送禁止曲を立て続けに出していた、つボイノリオさんがいたからなんですかねぇ(遠い目(ニヤニヤ))。


人気ブログランキングへ ブログランキング・にほんブログ村へ  
Posted by alexey_calvanov at 22:59Comments(0)TrackBack(0)

2015年02月18日

ちゃんと意味があったのか

今日(2/18)放送されたNHKの「ためしてガッテン!」。その中で、広島の前田健太選手が行なう投球前のウォームアップ(マエケンダンスともマエケン体操とも言われるアレ)が実は理にかなっているだけでなく、私達の生活にも役立つとのこと。ただ奇抜なだけではなかったのね。


このウォームアップ、ブラジルでは「アロンガメント・ジナミコ」と呼ばれ、サッカー選手などスポーツを行う人達の中ではごく一般的に行われているものなのだそうな。もちろんマエケンダンスではないウォームアップですが(笑)。
この「アロンガメント・ジナミコ」、ポルトガル語で「動的ストレッチ」という意味で、身体を動かすことで筋力アップができるのだそうな。日本ではまだまだマイナーとのことですけど、番組内のVTRで出てきた横向きで足をクロスさせながら小走りするアレは中学校の時(20年以上前の話ですか(汗))にやったことがありますね。まさかそこまで有効なものだったとは・・・。

よく知られている従来のストレッチとは違い、ケガ予防や転倒抑止に効果的でかつ誰でも簡単にできるということですから、気になる方は、「ためしてガッテン!」の公式サイトを覗いてみてはいかがでしょうか?


人気ブログランキングへ ブログランキング・にほんブログ村へ  
Posted by alexey_calvanov at 23:24Comments(0)TrackBack(0)

2015年02月12日

真剣に歯医者行こうかいな・・・

先日、NHKでやっていた「ためしてガッテン!」その日は虫歯と入れ歯の特集だったんですけれども、虫歯の方が気になったので見ておりました
どうやら、大人になった時にできる虫歯は、神経に触らないように象牙質がガードしてしまうため、かなり進行して(それこそ歯が虫歯菌であるミュータンス菌によってまっ黒になって)しまっても痛みを感じないとか。


・・・すごく私自身の歯が気になったので見たところ、エナメル質のところに色が付いてる以外歯肉付近には見た感じ無さそう。とは思ったものの、前歯のあたりに歯石と思しき歯詰まりがあったので、つまようじを使って懸命に掻き出さんとしたところ、取れるには取れたが一部が黒っぽくなってる・・・(汗)。


こりゃ意を決して歯医者行かないかんなぁ・・・


人気ブログランキングへ ブログランキング・にほんブログ村へ  
Posted by alexey_calvanov at 23:21Comments(2)TrackBack(0)

2015年01月21日

はに丸再登場だけど・・・

1980年代に放送された子供向け教育番組「お~い!はに丸」の主人公はに丸と馬のひんべえが、『大きなお友達』に現代社会の問題(時事問題)に関する疑問をぶつけ聞いて回った「はに丸ジャーナル」。昨年8月の夏休みに放送され、かつて番組を見ていた当時の子供達(私も含む)はちょっとしたノスタルジーに浸りながらも、はに丸は相変わらずだなぁと思いながら見ていたことでしょう。


その「はに丸ジャーナル」が4月から不定期放送で始まることとなったそうです。
放送時間は休日(祝日)の18:10~18:40で年6回放送予定なのだそうな。
・・・これまたアバウトな(爆)。ただ一つ言えるのは、全国ニュースと地方ニュースの間の時間ということですな。まぁ、NHKが仕掛けやすい時間帯でもあるわ。

で、休日6回というふうだと、一番しっくりくるのが奇数月。というのも、休日もあるし連休にもなるケースが多く編成しやすいからでして。しかしながらわざわざ4月と銘打っているのですから、最初に4月にやってその後月関係なく・・・というふうにするのかもしれないとも考えられ、はたまた普段から放送している番組を潰してやることも考えられるので、この表記のアバウトさに見たい人間はいつなんだとやきもきさせられるのですわ(苦笑)。


まぁ、いずれにしても復活はめでたい。はに丸なりの現代社会の問題解決へのアプローチをまた楽しく見たいものです。


人気ブログランキングへ ブログランキング・にほんブログ村へ  
Posted by alexey_calvanov at 23:21Comments(0)TrackBack(0)

2015年01月07日

相変わらず、タモさんの目は輝きっぱなしだった

昨日(1/6)「ブラタモリ」の特別番組がNHKで放送されていました。今回は京都を舞台にしたもので、初の地方ロケになりました(理由は、昨年春から『勤務体制』ががらっと変わったため)。
今回は琵琶湖疏水にまつわるエピソード、新京極通りにまつわるエピソード、そして京都をぐるりと囲んでいた御土居という土塁にまつわる話。

特に個人的に気になったのは、琵琶湖疏水の途中にあるインクラインというところですね。
どうもそこだけは急勾配すぎて水が流せないので、レールを敷いてその上に船を乗せる台車を走らせた・・・というふうにしたのだそうで。余裕があったり急峻じゃければ閘門を作ってパナマ運河のようなふうにすることもできたんでしょうけど、あのあたりは一気に山になりますからねぇ。
で、そこに敷かれていたレールの枕木に打たれていた犬釘にタモリさんが食い付いた。どうやらイギリス式の犬釘は初見だったらしい。ちなみに、イギリス式の犬釘こそ、本来の犬釘なのだそうな。後に入って来て主流になるアメリカ式の犬釘は亀の甲羅に似た形のものなので、犬釘と言うのは不適切なのだとか。タモリさんは「亀釘」と称してましたが(笑)。さすがタモリさんの目の付け所が違うわい

この他にも、新京極通りの付近にある建物を突き抜けた鳥居は何回見ても迫力があるし、豊臣秀吉が作った御土居は、実は京都人のアイデンティティを築いたきっかけになったとか、なかなか好奇心をくすぐってくれますね。そんなに私は京都が好きなふうではないですけど、これを見ると何か行きたくなってしまうのだから不思議。


また再放送してくれないかしら。それかオンデマンドでも見ようかなぁ・・・。


人気ブログランキングへ ブログランキング・にほんブログ村へ  
Posted by alexey_calvanov at 23:59Comments(0)TrackBack(0)

2014年11月20日

是非名古屋でもロケやって下さい!

3年ぶりの復活になるそうです。


NHKが手掛けるタモリさんの冠番組「ブラタモリ」。既に第3シーズンまで放送しているのですが、当時同じくレギュラーで放送していた「笑っていいとも!」の関係上、遠出のロケができず、全て東京とその近郊(横浜など)でしか行われませんでした
しかし、「笑っていいとも!」のレギュラー放送が終了し、かつ元々人気番組かつタモリさんの趣味全開の番組ということで、新シーズン放送を望む人達が多かったのも事実。皆が期待して待っていた中、今回の復活発表となりました。


放送開始は来年の4月。ただその前に、1/6(20:00~20:43)に初の地方ロケになる京都編が特別番組として放送。そのさらに前になる1/3(8:15~終了時間未定)には過去3シリーズの中から選りすぐりの4本を選んだ集中アンコール放送も行われます


いよいよ地方ロケ解禁ですか。歴史のある街は東京やその周辺以外にもいっぱいありますからねぇ。
例えば大阪もそうですし、タモリさんの故郷福岡も武家の街『福岡』と商人の街『博多』という二極都市というからできた面白い街ですからね。是非ともそのあたりの経緯をタモリさんに斬って頂きたいとも思ってます。
しかし、名古屋も面白い街。特に本丸や本丸御殿、そしてその城下町をクローズアップして頂ければ、いい観光客誘致の材料になると思うんですけどねぇ。
タモリさんはまだまだ老け込むような歳でもないと思うので、是非に全国の街を趣味を兼ねた仕事でじっくり回ってほしいなと思います。見てるとすごく生き生きしてるもんなぁ・・・。


人気ブログランキングへ ブログランキング・にほんブログ村へ  
Posted by alexey_calvanov at 23:43Comments(0)TrackBack(0)

2014年03月24日

独眼竜政宗の再放送キター!

NHKの大河ドラマ史上最も高い平均視聴率(39.8%)を誇り、2014年現在歴代3位の最高視聴率(47.8%)である「独眼竜政宗」。
約10年前に行われた「もう一度見たいあの番組」というアンケートの中でも総合9位・大河ドラマの中では1位を獲得した人気のある作品で、過去にも総集編の放送(2004年)やDVD-BOXの発売(2008年)もあるのですが、この度再放送が決まりました

再放送は4/5(土)の18:00からBSプレミアムで放送されます。全50回ということなので、1年掛けて放送されるものと思われます。
現在でも名高い名役者の若い頃、勢いあふれる頃の作品でもあります。またバブルの頃ということで、豪勢なセットやシーンがわんさか出てきます。それらの点から、もう二度と作れないと言っても過言ではない作品でもあります。今のドラマとの違いを伺い知るいい機会になるのではないかと思いますので、是非とも見て頂きたいと思っております。
私自身も、ドラマ好きでない人が見たいと思わせる作品なので、楽しみにしております。余裕があれば録画しよう(笑)。


人気ブログランキングへ ブログランキング・にほんブログ村へ  
Posted by alexey_calvanov at 23:51Comments(0)TrackBack(0)

2013年08月20日

NHKでやっている「1964東京オリンピック」がすごい

今週の月曜~水曜の20時に、NHK総合テレビで「1964東京オリンピック」というドキュメンタリー番組をやっております。
これは、1964年に行われた東京オリンピックに関するもので、開催決定までのいきさつや開催が決まって開会までの出来事、そして東京オリンピックに賭けた選手達のドキュメントを取り上げたものです。

中でも、初日に放送された聖火リレーのいきさつ、特に聖火リレーを渇望していた沖縄(当時はアメリカの施政下)の人達のその日の話・国立競技場の聖火台にまつわる話や、今日放送された開催決定までのいきさつは涙なくして見られなかったですね。


この放送、来月に迫った東京招致が決まるIOC総会に向けて、国民への関心を高めようとする国威発揚的な臭いがプンプンしてならないんですけど(苦笑)、それを差し引いてもこれだけ東京オリンピックをやろうとする人々の思い、東京オリンピックを何としても成功させようとする人達の思いというのをひしひしと感じられる素晴らしいドキュメンタリーだと思って見ておりました。


これNHKオンデマンドで流してくれないのかねぇ・・・。そうじゃなくても、これ自身DVDとかで販売してくれんかなぁ。こんなにいいデキの番組だと思ってなかったので、録画なんてしてないよ(苦笑)。

そして、これを見るにつけ思う。当時録られたNHKで放送している東京オリンピックの開会式を全部見たいですね。ハイライトだけではなく、市川崑さんが作った「オリンピック東京大会 世紀の感動」ではなくね・・・。


人気ブログランキングへ ブログランキング・にほんブログ村へ  
Posted by alexey_calvanov at 23:59Comments(0)TrackBack(0)

2013年06月19日

復活するクイズ番組について、さぁ、答えなさい!

1980年代に一世を風靡したNHKのクイズ番組「クイズ面白ゼミナール」。3人1組の回答者が様々なクイズに応えていくというもので、VTRを使わずに全てスタジオの中で完結させるという、今では珍しい構成のクイズ番組でした。最高視聴率は40%(42.2%)を超え、この視聴率はいまだ破られていない記録(テレビ離れが加速している今、これからも破られる可能性は非常に低い記録)でもあります。2009年にWiiで発売された「NHK紅白クイズ合戦」にも構成が若干違いながらも収録されているので、番組そのものを見たことがなくても知っている人は多いのではないのかなと思っています。


その「クイズ面白ゼミナール」が特別番組で復活することになりました。タイトルは「クイズ面白ゼミナールR(リターンズ)」という名前で、当時司会だった鈴木健二さん(元NHKアナウンサー)が再任します。また鈴木さんのサポートということで、徳永圭一アナウンサーがアシスタントとして登場します。
恐らくクイズ形式はそのままで行われると思いますが、誰が出演するのかは先述の司会以外はまだ不明です。

放送時期は7/20と8/17(それぞれ土曜)の2回、20:00~21:00にNHK BSプレミアムで放送されます。放送時期から見て夏休み特番という形で進行していくのですね。テーマも決まっていて、1回目は「日本人とスマホ」、2回目は「日本人と氷」とのこと。どちらも身近なものからのテーマということで、どうなるのか楽しみです。


今後レギュラー化するのかはわかりません。仮にレギュラー化しても鈴木さんではない誰かが司会になるでしょう。この番組のように知育的なクイズ番組がないといってもいい状況なので、是非とも定期的に放送してほしいと思っています。


NHK紅白クイズ合戦NHK紅白クイズ合戦



人気ブログランキングへ ブログランキング・にほんブログ村へ  
Posted by alexey_calvanov at 23:17Comments(0)TrackBack(0)

2013年06月16日

蚊の毒で起こったおかしな話

先日放送していたNHKの「NEWS WEB」での話。


この番組でやっている「つぶやきビッグデータ」のコーナーの中で、「蚊の毒は50゚Cのお湯を掛けると分解され、かゆくなくなる」というツイートが拡散されたという話題を取り上げておりました。何でこういう噂が出てくるのかいぶかしがっていた人も多いと思います。暑くなったので、蚊が沸いてきたところも多いからなのかな・・・とか色々考えていましたけど、何なんでしょうねぇ。ただそれ以前に、やけどするって(汗)。

で、この件に関しては、さすがNHKとも言えるでしょう、専門家に伺ったそうです。その専門家の解説によると、全く効果がないとのこと。つまりはガセだったんですね。しかし、こんなことも言っておりました。
いわく、「ただ、蚊のかゆみは熱さに比べて感じにくくなる」とのこと。ということは、毒を消すという点では全くのガセながら、熱さで紛らわすことでかゆみを消せるというにはあながち間違っていないようです。

しかし、その専門家はこうも言ってます。「熱さ以外にも、冷たさや痛みを加えることでも同様の効果を得られる」とのこと。熱いの意味ないじゃん(ギャハ)!
確かに冷たいものなら、やけどすることはないし、凍傷になるほど酷い冷たさに陥ることもそうはないはず。それに暑い時期なので、涼むという意味でも一石二鳥だと思いますね。冷却スプレーを蚊に食われたところにシュッと掛ければ、しばらくはかゆみを抑えられるのかもしれないですね。それにかゆみ止めを塗るのがスッとするのも、冷たさでかゆみを抑えられるという点で考えると納得のいく原理なんですね。


そういえば、蚊に食われたところを×の印を入れればかゆくなくなるという都市伝説もありましたね。あれも結局ガセだったみたいですけど、この原理から考えれば、あながち嘘ではなかったんじゃないかなと。


まだまだメカニズムが解明されたわけではないでしょうから、今後調べてみたら色々わかってくるかもしれませんね。それをきっかけにかゆみが取れる事態になってくれば、ノーベル賞とまではいかないまでも、画期的な治療法が確立されるのかもしれませんね。


「NEWS WEB」の放送時間は「続きを読む」にて。


人気ブログランキングへ ブログランキング・にほんブログ村へ  続きを読む
Posted by alexey_calvanov at 22:48Comments(0)TrackBack(0)

2013年03月19日

大岡越前守、NHK-BSで

かつてTBS系で放送されていた「大岡越前」。
「大岡越前」は、松下電器産業(現在のパナソニック)提供の「ナショナル劇場」(現在は「パナソニックドラマシアター」)の看板番組として、「水戸黄門」(2011年で終了)とセットで放送されていました
「大岡越前」は、1970年~1999年までレギュラー放送、2006年に「ナショナル劇場」放送50周年記念で特別番組として放送されていました。主役の加藤剛さんが当たり役になった作品でもあります。

しかし、時代劇は現在斜陽化の一途をたどっており、民放の時代劇は今は一切見掛けないと言ってもいいレベルにまでなくなりました。一部の放送局は放送を行っていますが、あくまで再放送をやっているというふう。なので、新しい時代劇は専らNHKの独壇場と言ってもいいくらいです(あとは細々とCSでやっているそうだ)。


そんな中、TBSの大岡越前をそのままの形で放送することになったのが、何とNHKタイトルの題字・主題歌・音楽全てをそのまま使用し、制作もTBS時代と同じC.A.Lが手掛け、NHKでやっている以外は全く違和感なく見られるようになっているとも言えます。

ただ、役者は若返りを計るとのこと。主役の大岡越前守忠相は東山紀之さん、蘭学医の榊原伊織を藤村政信さん、8代将軍徳川吉宗を平岳大さんが務めます。おなじみの場所も登場するとのこと。


ハイクオリティな時代劇になることを期待したいと同時に、斜陽化している時代劇の起爆剤になってくれることを期待したいものです。


放送はNHK BSプレミアムで3/30からの全4回。ただし、4回目の放送日時は未定。しかしながら今回放送する4回分を含む9回分の制作が決まっています


放送時間の詳細は「続きを読む」にて。


人気ブログランキングへ ブログランキング・にほんブログ村へ  続きを読む
Posted by alexey_calvanov at 23:59Comments(0)TrackBack(0)

2012年11月28日

冬の脱水症状予防対策は、風邪予防対策でもあったんだ

昨日(11/27)放送されていたNHKの深夜のニュース番組「NEWS WEB 24」から。
夏によく言われるのが、脱水症状夏の暑い日差しの中、水もろくすっぽ飲まずに働き続けたり遊び続けたりすると、めまいなどを起こすだけでなく、最悪動けなくなり、死に至るという症状です。
実はその脱水症状は夏だけでなく冬にも起こるとのことらしい。しかも冬の場合は汗が大量に出る等々のバロメーターがないため、脱水症状に陥っているのか否かがわかりにくいとのことだそうだ。
そこで、脱水症状に掛からないようにするための方法と対策というのを専門家の人が来て解説していたのですが、なかなか面白くわかりやすい。


結局のところ、脱水症状にならないようにする基本対策としては、冬野菜をたくさん食べることと鍋料理がいいのだそうな。
冬野菜には水分を多く保っているとのこと。冬野菜の中には、果物にカテゴライズされるミカンもいいとのことだそうです。また鍋料理はその冬野菜を多く摂取できるだけでなく、鍋から立ちこめる湯気が部屋の保湿作用を促すということでいいのだそうな。いわゆる「コタツでみかん」や「部屋で鍋料理」は日本人が自然と身に着けていた脱水症状対策だったわけです。
もちろんこれ以外にも対策があり、乾燥した部屋への対策になるのですが、加湿器を置くというのがなかなかできない場合は、以下の方法でもいいのだそうです。

  • バケツに水を張り、タオルをバケツのへりに掛けておく(その際、一方の先を水に浸す)

  • 観葉植物を置く(寒さに弱いものもあるので、上手いこと置くのがポイント。要水やり)

  • 部屋干し

  • 火の付いたストーブにやかんを置く(夜間から発生する湯気が加湿器から出るそれの代わりになる)

  • 換気(外が乾燥していても、部屋の中の方が酷い乾燥状態であれば劇的な効果がある)


要は、部屋の乾燥化を防ぎ、程よい湿気を与え続けることがいいという意味です。最初に挙げたバケツにタオルを入れて置くという方法は、1日やっておくとその水分の減り方に驚く人も少なくないのだそうで。


さて、この対策を見てお気づきになる方はいないでしょうか。そう、実は冬の脱水症状対策というのは冬に風邪をひきにくくする対策でもあるのです。
乾燥すると発生しやすくなるのが風邪、中でもインフルエンザは乾燥した気候を好むとされていますインフルエンザをまん延させないための対策の一つとして、乾燥化を防ぐことと空気を入れ替えることとされています。つまり、上記の対策はまさに風邪対策にも有効なのです。
上記の対策は、普段からあるものを利用して行うので、お金もかからず経済的です。物は試しでやってみるのも悪くないのかもしれません。

なお、部屋に結露ができるから家はいらないんじゃないの・・・という人へ結露は部屋の乾燥・湿潤とは全く関係なく、外と中との寒暖差の中で発生するものなので、やらなくていいとは言えないのでご注意あれ。


今回紹介した「NEWS WEB 24」の放送時間の詳細は「続きを読む」にて。


人気ブログランキングへ ブログランキング・にほんブログ村へ  続きを読む
Posted by alexey_calvanov at 23:07Comments(0)TrackBack(0)