2017年04月30日

2017年2月のアクセス解析の結果

当サイトにお越し頂きありがとうございます。2017年1月のアクセス解析の結果を書いていこうと思います。


さて、PC:モバイルの比率は、36:64となりました。若干の違いはあるものの、PC・モバイルとも横ばい。比率に関しては、今回もモバイルが過半数(恐らくスマホが多数)ですね。
PCの詳細に関しては、Windowsシリーズ(Windows 7・10・8.1・Vista・XPの比率)が約84%(それぞれ約34・29・14・4・3)となりました。
各OSの利用しているインターネット閲覧ソフトは、7では、Internet Exploler(IE。11→10)が約55%、Chrome(56.0→55.0)が約29%、Firefox(51.0)が約9%となっています。IE・Firefoxが若干数時を伸ばしたのに対して、Chromeは3割を切りました。
Windows 10は、Chrome(56.0→55.0)が約36%、Edge(14.14393 )とIE(11)が約27%、Firefox(55.0)が8%となっています。Chromeが首位に立ち、Edgeが現状維持だったIEと同じ2位に交代、Firefoxは2ケタを切りました。ちなみに、IE(11)・Chrome(56.0)・Edge(14.14393 )だけで見れば、同率で首位(約27%)でした。
8.1に関しては、IE(11)が50%、Chrome(56.0→54.0)が約46%となりました。先月と比べてIEとChromeの差が肉薄していますね。
WinVistaは、Chrome(49.0)が93%と圧倒的になっています。
上記以外では、アップルシリーズ(iPad・Mac OS X)は約4%(それぞれ約9・5)で、このうちiPadはSafari(10.0)が約56%でWebkitが約25%になっています。そしてX11は約1.7%で、Gekoが約83%になっています。


対して、モバイルはAndroidが約58%、iPhoneが約38%、au(EZweb)が約3%、ドコモが約0.4%となっております。やはりAndroidが6割を切ったものの首位を維持。iPhoneは40%近くまで伸ばしてきました。auは現状維持ですね。
AndroidはSafari(4.0)が約20%に対し、Chrome(55.0→56.0→46.0→51.0→30.0→38.0→33.0→50.0)が約68%となっています。Chrome連合の比率が再び7割を切り、Safariは2割に返り咲いています。
iPhoneに関してはSafari(10.0→9.0→不明→8.0)が約89%と少し増えました。次に来たWebKitは約9%と、大きく落ち込んでいます。

auはKC4I(GRATINA2(KYY10))が約32%、SN3V(URBANO AFFARE(SOY05))が約26%となっています。今回はドコモは詳細が出ておりません。


2月は過去の記事以外では、ポテトのチーズ焼きの話やミニストップのホットスナックの新メニューの話、そしてヤマザキのレーズンゴールド(6枚入りはシールが4点)の話などが挙がっていましたね。
3月はプロ野球が開幕などもありますけど、ゲーム系強化月間でもあります。元々ゲーム系のサイトですから(苦笑)。その原点に立ち返るのが、この月だと思うので、よろしくお付き合いください。


人気ブログランキングへ ブログランキング・にほんブログ村へ  

Posted by alexey_calvanov at 22:39Comments(0)TrackBack(0)

2017年03月29日

2017年1月のアクセス解析の結果

当サイトにお越し頂きありがとうございます。2017年1月のアクセス解析の結果を書いていこうと思います。
今月から、livedoor Blogの解析方法が変わった新方式でのデータを基に割り出していく形になります。これまでは、PC・スマホ・ケータイというふうに分かれていましたが、今回からはPCとモバイル(スマホとケータイ)というふうになります。


さて、PC:モバイルの比率は、34:66となりました。PC・モバイルとも双方落ち込みがありました。比率に関しては、今回だけ見ればモバイルが過半数(恐らくスマホが多数)ですね。
PCの詳細に関しては、Windowsシリーズ(Windows 7・10・8.1・Vista・XP・Windows 8の比率)が約80%(それぞれ約36・28・11・3・2・0.9)となりました。
各OSの利用しているインターネット閲覧ソフトは、7では、Internet Exploler(IE。11→10)が約51%、Chrome(55.0)が約36%、Firefox(50.0)が約8%となっています。先月とは基準が違うので、何とも言えないところがあるものの、IEが再び過半数を達成。それに対して、Chrome・Firefoxは微増でした。
Windows 10は、Edge(14.14393 )が31%、IE(11)が約28%、Chrome(55.0)が約27%、Firefox(55.0)が12%となっています。Edgeがトップに返り咲き、IEが2位を維持しました。一方でChromeは落ち込み、Firefoxは沈んだままです。
8.1に関しては、IE(11)が58%、Chrome(55.0)が約36%となりました。ここでもIEとChromeが逆転していますが、それ以外ないのは前と変わりませんね。
WinVistaは、Chrome(49.0)が78%となっています。
上記以外では、アップルシリーズ(iPad・Mac OS X)は約18%(それぞれ約10・8)で、iPadはSafari(10.0)が約41%、Mac OS XはSafari(10.0)が約26%になっています。そしてX11は約0.6%になっています。


対して、モバイルはAndroidが約64%、iPhoneが約31%、au(EZweb)が約3%、ドコモが約0.9%、ソフトバンクが約0.3%となっております。やはりAndroidが強かった。普及数の多いはずのiPhoneはそこまで伸びていないんですね。
AndroidはSafari(4.0)が約18%に対し、Chrome(55.0→51.0→46.0→30.0→38.0→54.0→40.0→50.0)が約72%となっています。Chrome連合が大幅に伸び、Safariの方2割りを切っています。
iPhoneに関してはSafari(10.0→9.0→不明→8.0)が約87%と少し増えました。次に来たWebKitは約13%と、落ち込んでいます。

auはKC4I(GRATINA2(KYY10))とSN3V(URBANO AFFARE(SOY05))が共に約44%となっています。今回はドコモ・ソフトバンクには詳細が出ておりません。


1月は、過去の記事以外ではココイチのカレーラーメンの話や最近執行猶予付きの有罪判決が出たチェーンソー男の話などが挙がっていますね。


2月は最終盤にサッカーが開幕し、野球もキャンプなどで盛り上がっていることでしょう。色々と書くことが増えてくれると思いますので、何とか頑張っていければと思います。


人気ブログランキングへ ブログランキング・にほんブログ村へ  
Posted by alexey_calvanov at 23:55Comments(0)TrackBack(0)

2017年02月18日

2016年12月のアクセス解析の結果

当サイトにお越し頂きありがとうございます。2016年12月のアクセス解析の結果を書いていこうと思います。


さて、PC:ケータイの比率は、96:4となりました。PCからのUUが先月から微減なのに対し、スマホからのUUは微増、ケータイからのUUは約1.5倍増加しました。ケータイはコメント機能が廃止され、そのまま減るのかなと思っていたのですが、10月からV字回復のような感じになっていますね。
PCの詳細に関しては、単独ではAndroidが先月と同じくトップになりました。PCでは、Windowsシリーズ(Windows 7・10・8.1の比率)が約26%(それぞれ約14・8・4)となっていまして、Vista・XP・Windows 8を加えると約27%(それぞれ約1.3・約0.2・約0.1)になりました。先月からほぼ変わらない感じではあります。
各OSの利用しているインターネット閲覧ソフトは、7では、Internet Exploler(IE。11)が約56%、Chrome(55.0→54.0)が約33%、Firefox(50.0)が約6%となっています。IEが再び過半数を達成。それに対して、Chromeは2種のバージョンになったのに、先月より減少しています。Firefoxはほぼ横ばいでした。Windows 10は、Chrome(55.0→54.0)が約37%、IE(11)が約28%、Edge(14.14393)が20%、Firefox(55.0)が11%となっています。Chromeがトップを維持、IEとEdgeがそれに続きます。Firefoxも復活し、Windows 10は一番熾烈なOSかもしれないですね。8.1に関しては、Chrome(55.0→54.0)が約48%、IE(11)が40%となりました。Chromeはトップを維持、IEが追随しているのはWindows 10と変わらないものの、それ以外が付いて来ていないふうになっています。
上記以外では、Windows Vistaが約1.3%、Mac OS Xは約1.0%、Windows XPが約0.2%、X11とWindows 8は0.1%になっています。その中でWindows VistaがChrome(49.0)のみとなりました。


対して、スマートフォン(AndroidとiPhone・iPad)は約71%(Android42%、iPhone27%、iPad2.1%)となっております。久しぶりに7割超えになりました。iPhoneが少し伸びたのが理由でしょう。
AndroidはSafari(4.0)が約21%に対し、Chrome(55.0→54.0→46.0→51.0→30.0→38.0→44.0→49.0)が約65%となっています。Safari・Chrome連合共に落ちましたが、Safariの方が大きく落ち込みました。
iPhoneに関してはSafari(10.0→9.0→不明→8.0)が約81%となりました。次に来たWebKitは約18%と、微増となっています。
なおiPadは、Safari(10.0)のみとなっています。


そしてケータイはというと、ドコモ(iモード):au(EZweb):ソフトバンク(Yahoo!ケータイ)がそれぞれ約71:27:2となりました。auがトップを維持、他は少し減少となりました。
比率の詳細はというと、auはKC4I(GRATINA2(KYY10))が約52%、SN3V(URBANO AFFARE(SOY05))が約24%となっています。なお、ドコモは詳細が出ており、P07Aが64%になっています。ソフトバンクは詳細が出ておりません。


12月は、やはりアニメアウォーウズ!ですね。ライブドアブログに移ってから始めているこの記事ですが、トラックバックに乗っている影響か、多くの人が訪れる記事になりました。それ以外だとお好み焼バーガーでしょう。現在は販売していないところを見ると、定番化に失敗したのでしょうか(苦笑)?


来年も面白い記事を挙げられるよう頑張りますが、ネタ切れ怖い、ネタ切れ怖い・・・(汗)。


人気ブログランキングへ ブログランキング・にほんブログ村へ  
Posted by alexey_calvanov at 23:07Comments(0)TrackBack(0)

2017年02月08日

980円の攻防

今年から本格的にスポーツ配信を行う「DAZN(ダ・ゾーン)」1750円/月でJリーグなど13のスポーツ中継を見放題になっているのですが、先日NTTドコモとの間で包括協定を結び、ドコモユーザーであれば980円/月で同様のサービスを受けられるようになりました。
ドコモは日本の携帯市場でNO.1ではあるものの、スマホの契約者数の伸長に苦しみ、決め手になるコンテンツが欲しかったようです。今回の包括協定で多くのユーザーの囲い込みができるようになったと言われています。

今年からJリーグ中継はスカパーから「DAZN」に移ったので、これまで以上に柔軟な運営ができるようになったと言います。特にPC・ケータイから中継が見られるようになった(スカパーでもできるようになっていたものの、衛星放送の契約が必須だった)のは大きいですね。テレビを介さなくてもリアルタイムで見られるわけですから。
DAZNの課題は、増えすぎた契約を捌けるかどうか。あまりに多くなった契約者数に対応できる通信サービスになっているかが課題ですね。見ている途中でカクカクしたとか固まったとかではシャレにならないですからね・・・。


そのドコモの動きに対抗したのが、ソフトバンクYahoo!グループと連携して「スポーツナビ」が行うライブ配信「スポナビライブ」の中継を980円/月で見放題にするばかりか、ハイデフ(ハイビジョン)映像の中継も見放題になるのだそうな。


そして、いつも蚊帳の外になる(いや、見守っているだけかもしれない)のが、auなんだよねぇ・・・(汗)。こんな時は、いつも消極的なのよ。


人気ブログランキングへ ブログランキング・にほんブログ村へ  
Posted by alexey_calvanov at 23:59Comments(0)TrackBack(0)

2017年01月19日

2016年11月のアクセス解析の結果

当サイトにお越し頂きありがとうございます。2016年11月のアクセス解析の結果を書いていこうと思います。


さて、PC:ケータイの比率は、97:3となりました。スマホからのUU数が若干減ったため、PV数も微減になっています。なお、PCも微減、ケータイからは微増となっています。
PCの詳細に関しては、単独ではAndroidが先月と同じくトップになりました。PCでは、Windowsシリーズ(Windows 7・10・8.1の比率)が約27%(それぞれ約13・9・5)となっていまして、Vista・Windows 8・XPを加えると約28%(それぞれ約1・約0.4・約0.4)になりました。Windows7とWindows10の差は先月と変わっていない感じですけど、8.1は少し伸びています。
各OSの利用しているインターネット閲覧ソフトは、7では、Internet Exploler(IE。11)が約45%、Chrome(54.0)が約39%、Firefox(49.0)が約7%となっています。IEは過半数を割ったことでChrome・Firefoxが伸長。Chromeは4割に届こうとしています。Windows 10は、Chrome(54.0)が約39%、IE(11)が約26%、Edge(14.14393)が23%となっています。今月はChromeが躍進してIEと入れ替わりの格好になり、Edgeは3番目に、Firefoxは消滅しました。Windows 10はコロコロと利用者が変わりやすい、つまりはユーザーがどのブラウザにしようか迷っているようですね。8.1に関しては、Chrome(54.0)が約47%、IE(11)が44%となりました。こちらもChromeが再度逆転し、IEをわずかですがかわしています。
上記以外では、Mac OS Xは約1.4%、Windows VistaとWindows XPが約1%、X11が約0.3%、UNIXがごくわずかとなっています。その中でMac OS XはSafari(10.0)のみ、Windows VistaがChrome(49.0)のみとなりました。


対して、スマートフォン(AndroidとiPhone・iPad)は約68%(Android42%、iPhone24%、iPad2.8%)となっております。Androidが落ち、iPadが微増、iPhoneは変化なしとなっています。
AndroidはSafari(4.0)が約24%に対し、Chrome(54.0→51.0→30.0→53.0→46.0→40.0→27.0→44.0)が約66%となっています。Safari・Chrome連合共に伸びましたが、伸長率はChrome連合に軍配が上がったようです。
iPhoneに関してはSafari(10.0→9.0→不明→8.0→7.0)が約83%となりました。次に来たWebKitは約17%と、WebKitが大きく伸ばしています。
なおiPadは、Safari(10.0)→WebKitとなっています。


そしてケータイはというと、ドコモ(iモード):au(EZweb):ソフトバンク(Yahoo!ケータイ)がそれぞれ約68:29:4となりました(四捨五入しているため、合計は100%にならない)。ドコモとauの比率が同率、ソフトバンクも2ケタの比率を獲得していた先月とは違い、今月は再びauがトップに躍り出ています。そして、ドコモとソフトバンクはいつものようになりました(笑)。
しかし比率の詳細はというと、auはKC4I(GRATINA2(KYY10))が約47%、SN3V(URBANO AFFARE(SOY05))が約26%となっています。なお、ドコモ・ソフトバンクは詳細データなしになっています。


11月は、子供の頃に食べた懐かしい味の話や「ガリガリ君Rich! メロンパン味」の紹介記事もすごかったのですが、一番は「FC岐阜の一番長い一日」というFC岐阜J2残留決定の話でしたね。しばらく1位が続いていたのは、スポーツ関係の記事では珍しかったです。


12月は年の瀬で色々な話題が出てきますが、「アニメアウォーズ」やコミケの話で盛り上がると思っています。


人気ブログランキングへ ブログランキング・にほんブログ村へ  
Posted by alexey_calvanov at 23:41Comments(0)TrackBack(0)

2016年12月24日

2016年10月のアクセス解析の結果

当サイトにお越し頂きありがとうございます。2016年10月のアクセス解析の結果を書いていこうと思います。


さて、PC:ケータイの比率は、98:2となりました。PV数は減っているものの、UU数は増減はあるものの、ほぼ横ばいだったかと。ただ、比率面では相変わらず圧倒的にPC(スマホを含む)が多いというふうですね。
PCの詳細に関しては、単独ではAndroidが先月と同じくトップになりました。PCでは、Windowsシリーズ(Windows 7・10・8.1の比率)が約24%(それぞれ約12・9・3)となっていまして、Vista・WinXP・Windows 8を加えると約25%(それぞれ約1.2・約0.3・ごくわずか)になりました。Windows7とWindows10の差は先月と変わっていない感じですね。8.1はほぼ同じです。
各OSの利用しているインターネット閲覧ソフトは、7では、Internet Exploler(IE。11)が約50%、Chrome(53.0→54.0)が約31%、Firefox(49.0)が約5%となっています。IEは過半数をかろうじて維持したものの減少、Chromeは少し伸ばし、Firefoxは先月と同じになっています。Windows 10は、IE(11)が約37%、Edge(14.14393)が28%、Chrome(53.0→54.0)が約24%、Firefox(49.0)が約9%となっています。今月はIEが首位を奪取。Edgeはバージョンが上がったのが響いたのか少し減らしています。そしてChromeは先月と比べて微減、Firefoxは先月と比べて微増となりました。8.1に関しては、IE(11)が62%、Chrome(53.0)が約24%となりました。IEがChromeをかわして再度逆転し、Chromeは約半分減らしています。
上記以外では、Windows Vistaが約1.2%、Mac OS Xは約1.2%、X11が約0.6%、Windows XPが約0.3%、WiiとWindows 8がごくわずかとなっています。その中でWindows VistaがChrome(49.0)のみとなりました。


対して、スマートフォン(AndroidとiPhone・iPad)は約71%(Android45%、iPhone24%、iPad2.6%)となっております。Android・iPadが微増、iPhoneは微減しています。
AndroidはSafari(4.0)が約23%に対し、Chrome(53.0→56.0→41.0→40.0→30.0→27.0→38.0→33.0)が約63%となっています。Chrome連合の比率は先月と同じですが、Safariは若干減っています。
iPhoneに関してはSafari(10.0→9.0→不明→8.0→7.0)が約86%となりました。次に来たWebKitは約12%と、どちらも先月とほぼ同じ。
なおiPadは、Safari(10.0→9.0)となっています。


そしてケータイはというと、ドコモ(iモード):au(EZweb):ソフトバンク(Yahoo!ケータイ)がそれぞれ約43:43:14となりました。ドコモとauの比率が同率、ソフトバンクも2ケタの比率を獲得しています。
しかし比率の詳細はというと、auはKC4I(GRATINA2(KYY10))が約78%のみとなっています。ゆえに、ドコモ・ソフトバンクは詳細データなしになっています。


10月は、マクドナルドの40周年で復活したテキサスバーガーの話題や北海道物産展の話題、そして10月に営業を終了したココストアの話題がトピックになっておりました。


11月は冬突入前で、美味しいものを取り上げることが多くなるでしょう。そしてサッカーは昇降格などの結末を迎えます。そんな話題を取り上げていければと思います。


人気ブログランキングへ ブログランキング・にほんブログ村へ  
Posted by alexey_calvanov at 23:15Comments(0)TrackBack(0)

2016年11月30日

2016年9月のアクセス解析の結果

当サイトにお越し頂きありがとうございます。2016年9月のアクセス解析の結果を書いていこうと思います。


さて、PC:ケータイの比率は、97.5:2.5となりました。PC・スマホは盛り返す中、ケータイだけはアクセス数が落ち込み、遂に1ヶ月の日数よりも減少しました。8/18に出た「ケータイ版管理画面とコメント機能終了のお知らせ」が効いているんでしょうね。
PCの詳細に関しては、単独ではAndroidが先月と同じくトップになりました。PCでは、Windowsシリーズ(Windows 7・10・8.1の比率)が約26%(それぞれ約13・10・3)となっていまして、Windows Vista・WinXP・Windows 8を加えると約28%(それぞれ約2・約0.4・約0.2%)になりました。Windows7とWindows10の差は先月と変わっていない感じですね。8.1は少し落ちました。
各OSの利用しているインターネット閲覧ソフトは、7では、Internet Exploler(IE。11)が約57%、Chrome(53.0→52.0)が約25%、Firefox(48.0)が約5%となっています。IEは少し伸ばし、Chromeはやや減少、Firefoxは先月と同じになっています。Windows 10は、Edge(13.10586)が39%、IE(11)が約21%、Chrome(52.0→53.0)が約27%、Firefox(48.0)が約6%となっています。先月は差が無かったEdge・IEですが、今月はEdgeが抜け出す形になり、IEが大きく落ち込みました。そしてChromeは増加したもののFirefoxは先月と同じく微減となりました。8.1に関しては、Chrome(52.0→53.0)が約50%、IE(11)が47%となりました。ChromeがIEに逆転するという久しく見ていない現象が起こっています。
上記以外では、Windows Vistaが約2%、Mac OS Xは約1.3%、X11が約0.4%、Windows XPが約0.4%、Windows 8が約0.2%となっています。その中でWindows VistaがChrome(49.0)のみ、Mac OS XがFirefox(48.0)のみとなりました。


対して、スマートフォン(AndroidとiPhone・iPad)は約73%(Android44%、iPhone27%、iPad2.5%)となっております。iPadのみ若干減っただけで、他は伸びています。
AndroidはSafari(4.0)が約25%に対し、Chrome(52.0→40.0→46.0→51.0→53.0→30.0→27.0→38.0)が約63%となっています。Chrome連合の比率は若干減っているものの、まだ6割を維持しています。
iPhoneに関してはSafari(9.0→不明→10.0→8.0→7.0)が約87%となり、初めて10.0が登場しました。次に来たWebKitは約12%と少し減っています。
なおiPadは、Safariは9.0のみとなっています。


そしてケータイはというと、au(EZweb)とドコモ(iモード)の比率がアクセス解析を始めて以来初の逆転。ドコモ(iモード):au(EZweb):ソフトバンク(Yahoo!ケータイ)がそれぞれ約52:40:8となりました。
ドコモはP07Aが30.7%で初登場し、auはKC4I(GRATINA2(KYY10))が約40%のみとなっています。なお、ソフトバンクは今回も詳細データなしになっています。


今月は、山梨の物産展の紹介記事ヤマザキナビスコ(現ヤマザキビスケット)とモンテリーズジャパンが製造しているリッツの味比べマックのセルフレジ体感ルポ「林原めぐみのTokyo Boogie Night」の番組改編話などにアクセスが多くありました。


10月は秋深し・・・ということで、美味しいものが増える時期です。まぁ、暑いんでしょうけど(苦笑)。食べ物の話題が多くなるのではないかなと思います。旬なものをできる限り取り上げていきたいと思います。


人気ブログランキングへ ブログランキング・にほんブログ村へ  
Posted by alexey_calvanov at 23:34Comments(0)TrackBack(0)

2016年10月30日

2016年8月のアクセス解析の結果

当サイトにお越し頂きありがとうございます。2016年8月のアクセス解析の結果を書いていこうと思います。


さて、PC:ケータイの比率は、96:4となりました。先月よりアクセス数は減少したため、全てのUUが落ちた格好になっています。中でもケータイからのアクセス数がほぼ半減になっており、これまでにない落ち込みを見せています。
PCの詳細に関しては、単独ではAndroidが先月と同じくトップになりました。PCでは、Windowsシリーズ(Windows 7・10・8.1の比率)が約24%(それぞれ約11・8・5)となっていまして、Windows Vista・WinXP・Windows 8を加えると約26%(それぞれ約1.3・約0.6・約0.4%)になりました。Windows7とWindows10の差はそれほど変わっていない感じですね。8.1もそれなりです。
各OSの利用しているインターネット閲覧ソフトは、7では、Internet Exploler(IE。11)が約50%、Chrome(52.0→51.0)が約30%、Firefox(47.0)が約5%となっています。IEは少し減らし、Chromeは少し増やし、Firefoxはほぼ半減になっています。Windows 10は、Edge(13.10586)・IE(11)が約33%、Chrome(52.0)が約20%、Firefox(47.0)が約8%となっています。Edge・IEの差が無くなり、Chrome・Firefoxは微減しました。8.1に関しては、IE(11)・Chrome(52.0)が共に約41%となりました。IEがChromeに追い付き、Chromeは追い付かれたものの、踏ん張った感じですね。
上記以外では、Mac OS Xは約1.6%、Windows Vistaが約1.3%、X11が約0.7%、Windows XPとWindows 8が約0.4%、Win95が微量となっています。その中でMac OS XがSafari(9.1)、Windows VistaがChrome(49.0)のみとなりました。


対して、スマートフォン(AndroidとiPhone・iPad)は約70%(Android42%、iPhone26%、iPad2.8%)となっております。多少の変化はあるものの、先月と同じになっています。
AndroidはSafari(4.0)が約24%に対し、Chrome(51.0→52.0→40.0→30.0→27.0→46.0→44.0→50.0)が約66%となっています。しかし、今回はSafariの方がChrome単独よりも多いので、Chromeは再び連合でトップという形に戻っています。
iPhoneに関してはSafari(9.0→不明→8.0→7.0)が約86%となり、7.0が復活しました。次に来たWebKitは約13%と再び2割を切りました。
なおiPadは、Safari(9.0→不明)のみとなっています。


そしてケータイはというと、au(EZweb):ドコモ(iモード):ソフトバンク(Yahoo!ケータイ)がそれぞれ約79:16:5となりました。auとドコモの比率が若干変わったくらいです。その煽りでソフトバンクの比率が減っています。
auは今回はKC3Y(K005)が約43%、KC4I(GRATINA2(KYY10))が約23%となっています。なお、ドコモ・ソフトバンクは今回も詳細データなしになっています。


今月は 名城公園前にあった団地の空き地が愛知学院大学に売り渡されることになりそうという記事・マクドナルドのセルフレジに関する記事・くら寿司の変わり種メニューの紹介などに多くアクセスがありました。


9月は秋の3連休もあるし、野球が佳境に入ります。スポーツの記事などで色々発信できるといいかなと思っています。


人気ブログランキングへ ブログランキング・にほんブログ村へ  
Posted by alexey_calvanov at 23:00Comments(0)TrackBack(0)

2016年10月26日

秋の新機種2016 ドコモ編⑤

秋の新機種ドコモ編、最後はガラケーの紹介です。


⑫AQUOSケータイ SH-01J
3.4インチQHD TFT液晶を搭載した折り畳み型のケータイ。0.9インチ有機EL液晶のサブディスプレイも搭載されている。OSはAndroid5.1。
IPX5/8相当の防水機能・IP5X相当の防塵機能・MIL-STD-810G相当の耐衝撃機能を備えている。またBluetooth・無線LAN機能に対応している。

個人的感想
この機種は、折り畳み型ケータイながらも、Androidを備えたので、タッチクルーザーで操作できるようになっているワンプッシュオープンにあたるクイックオープンも備えらえれているので、使いやすさも向上している。ただ、Google Playが入っていないのが残念なところ


⑬P-smartケータイ P-01J
3.4インチフルワイドVGA液晶を搭載した折り畳み型のケータイ。0.9インチのサブディスプレイも搭載されている。OSはAndroid5.1。
プレミアムトーク・IPX5/7相当の防水機能・IP5X相当の防塵機能を備えている。またBluetooth・無線LAN機能に対応している。

個人的感想
この機種は、機能面ではAQUOS ケータイ SH-01Jより若干劣る部分があるものの、音声通話の部分はVoLTE以上のものが期待できるのがポイントになりそう。なお、この機種もGoogle Playが入っていないので注意。


次回はワイモバイルの新機種紹介です。


人気ブログランキングへ ブログランキング・にほんブログ村へ  
Posted by alexey_calvanov at 23:16Comments(0)TrackBack(0)

2016年10月25日

秋の新機種2016 ドコモ編④

秋の新機種ドコモ編、今回はドコモが手掛けるらくらくホン・キッズケータイ、そしてモバイルWi-Fiルータの紹介です。


⑧らくらくスマートフォン4 F-04J
4.5インチHD 有機EL液晶を搭載したストレートタイプのスマートフォン。OSはAndroid6.0。
Google Playに対応し、IPX5/8相当の防水機能・IP5X相当の防塵機能・MIL-STD-810G相当の耐衝撃機能を備えている。

個人的感想
この機種は音声もよくなっており、VoLTEの中でも上質な「VoLTE(HD+)」になっている。またこれまでアプリを追加したくでもできなかったが、Google Playを投入したことで、シニア層にもアプリを追加する楽しみが味わるようになったと思われる。


⑨らくらくホン F-02J
3インチフルワイドVGA液晶を搭載した折り畳み型のケータイ。OSはAndroid5.1。
周囲の反響音をカットする「響カット」・IPX5/8相当の防水機能・IP5X相当の防塵機能・MIL-STD-810G相当の耐衝撃機能を備えている。

個人的感想
この機種は、Google Playは対応していないものの、Android搭載機種になったので、LINEアプリはインストールされている。子や孫との連絡に活用できそう。また音質面では「VoLTE(HD+)」にはなっていないので、高音質やアプリの追加を考えているなら、らくらくスマートフォンをオススメしたい。


⑩キッズケータイ F-03J
2インチQVGA TFT液晶を搭載しているストレートタイプのケータイ。
4ヶ所まで電話番号を登録できるようになっている他、防犯ブザー・Bluetoothを介して相手先のアプリとケータイを連携できる「Linking」・IPX5/8相当の防水機能・IP6X相当の防塵機能・MIL-STD-810G相当の耐衝撃機能を備えている。

個人的感想
この機種は樹脂で色が表現されているため、傷が付いても色剥げがなく使えるため安心、かつ抗菌コートもなされているので清潔さを保てるとのこと。また側面にライトも付いているので、懐中電灯代わりにもなる通話・SMSに限られるものの、子供に持たせるだけなら、この機種でも十分だと思われる。


⑪Wi-Fi STATION N-01J
2.4インチのタッチスクリーンを搭載したモバイルWi-Fiルータ。
下り最大682Mbpsの超高速通信を利用できるようになっている。また相手先のアプリとケータイを連携できる「Linking」を備えている。

個人的感想
この機種はモバイルWi-Fiルータではあるが、「Linking」が入っているので、子供の持っているケータイからこの機種を介して親の持っているスマホアプリに通知を送ることもできる便利な機種でもある。


次回はガラケーの紹介です。


人気ブログランキングへ ブログランキング・にほんブログ村へ  
Posted by alexey_calvanov at 22:32Comments(0)TrackBack(0)

2016年10月24日

秋の新機種2016 ドコモ編③

秋の新機種ドコモ編、今回は海外メーカーのスマホ機種の紹介です。ちなみに、韓国のサムソン電子から発売される予定だったGalaxy Note 7も当初はラインナップされていたものの、バッテリーなどが原因による不具合の影響で販売中止になりました。


⑥V20 PRO L-01J
韓国のメーカーであるLGエレクトロニクスから発売される5.2インチWQHD IPS液晶を搭載したストレートタイプのスマートフォン。OSはAndroid7.0。
メインディスプレイの右上に小さいながらもセカンドスクリーンを備えている。また1600万画素と800万画素(共にCMOS)のダブルインカメラを搭載し、サウンド面はデンマークの音響メーカーであるバング&オルフセンによってチューニングされている。その他、IPX5/7相当の防水機能・IP6X相当の防塵機能・指紋センサー(背面電源キー)を搭載している。

個人的感想
この機種は海外モデルをベースにしているものの、海外モデルよりも少し小さめの設計になっている。日本人に合わせて作られているものと思われる。それ以外にも防水・防塵・ワンセグ/フルセグ・おサイフケータイも備えられ、日本向けにブラッシュアップされた機種になっているので、安価で充実した内容のスマホが欲しいと思う人には、この機種は薦めやすいのかもしれないが、カラーがチタン一色なのは残念なところ


⑦MONO MO-01J
中国のメーカーであるZTE(中興通訊)から発売される4.7インチHD TFT液晶を搭載したストレートタイプのスマートフォン。OSはAndroid6.0。なおMONOには、「もの」・「一つの」・「ドコモの」といった意味がある
側面にマナーモードを切り替えられるスイッチが搭載されている。またIPX7相当の防水機能とIP5X相当の防塵機能が備えられている。

個人的感想
この機種は、端末購入サポートを駆使した場合、一括払いで650円ほどと格安モデルとして販売される。ただし、12ヶ月以内で機種変更するないしは解約する場合、15,876円の契約解除料(違約金)が発生するので、購入する際には慎重を期したい。ただ、機能面ではシンプルかつ簡素なものなので、安く済ませたい人向けではある。なお、ZTEが手掛けているものの、メーカー名の略称ではなく、ブランド名であるMONOの略称になっている


次回はドコモのらくらくフォン・キッズケータイ・モバイルWi-Fiルータの紹介です。


人気ブログランキングへ ブログランキング・にほんブログ村へ  
Posted by alexey_calvanov at 22:14Comments(0)TrackBack(0)

2016年10月23日

秋の新機種2016 ドコモ編②

秋の新機種2016ドコモ編、今回もスマホの紹介です。


③AQUOS EVER SH-02J
5インチHD IGZO液晶を搭載したストレートタイプのスマートフォン。OSはAndroid6.0。
機種側面に指紋センサーを導入した。またIPX5/8相当の防水機能・IP6X相当の防塵機能を備えている。

個人的感想
この機種はドコモのLTE-Advancedサービス「PREMIUM 4G」には対応していないので、高速通信を望んでいる人には不向きな点以外は、使い勝手のいい機種になっている。なお、指紋認証機能は端末のロック解除・ドコモが行っているサービスのパスワードレス認証・アルバムのシークレット機能の解除にも使え、使う指ごとでアプリの起動を指定できる機能もあるので、セキュリティ面での安心が欲しい人にはオススメしたいところ。


④Disney Mobile on docomo DM-01J
5インチHD IGZO液晶を搭載したストレートタイプのスマートフォン。OSはAndroid6.0。シャープのAQUOS EVER SH-02Jをベースにしている。
機種側面に指紋センサーを導入した。またIPX5/8相当の防水機能・IP6X相当の防塵機能を備えている。

個人的感想
機能面ではAQUOS EVER SH-02Jとほぼ同じ。違うのは外観とミッキーをあしらったボタン、そしてカメラ機能に備えられた「ディズニーサプライズ日付フレーム」(場所や季節のイベントごとにフレームデザインが変わる機能)くらい。ディズニー好きなら、この機種が出るまで待った方がいいかも。


⑤arrows NX F-01J
5.5インチフルHD IPS-NEO液晶を搭載したストレートタイプのスマートフォン。OSはAndroid6.0。
IPX5/8相当の防水機能・IP6X相当の防塵機能に加え、MIL-STD-810G相当の耐衝撃機能を備えている。さらに、「SOLID SHIELD」・「リジットベゼル」(衝撃分散機能)・「Corning Gorilla Glass」備えている

個人的感想
今回の機種は、画面が割れることに対して徹底的な対策を行っているガラスを厚くしたり耐衝撃を強化したりすることで、1.5mの落下実験(下はコンクリート)でも耐えられるようになっているとのこと。
これ以外にも富士通独自の「Iris Passport」(虹彩認証機能)も備えているので、タフさを求めている人にはオススメ。ただし、赤外線機能が搭載されていないので、この機能をよく使う人は要注意。


次回は海外メーカーのスマホ機種の紹介です。


人気ブログランキングへ ブログランキング・にほんブログ村へ  
Posted by alexey_calvanov at 23:09Comments(0)TrackBack(0)

2016年10月22日

秋の新機種2016 ドコモ編①

秋の新機種、今回からドコモの紹介になります。


まず、ドコモの新しいケータイプランが新機種発売に併せ設立。既にある「カケホーダイプラン(ケータイ)」(2200円/月で音声通話が掛け放題)に加え、1200円/月で5分以内なら掛け放題(それ以上になった場合は、20円/30秒)の「カケホーダイライトプラン(ケータイ)」がラインナップされました。また同ユーザー向けには、2段階パケット定額プラン「ケータイパック」も設立され、約10MBまでは300円/月で、それから約137MBまでは0.03円/KBごとで課金され、137MB以降は4200円/月で定額となる2段階設定になっています(通信制限が掛けられるのは2GB/月以上利用以降)
ネットワークも高速化され、キャリアアグリゲーションと無線通信の変調方式である「256QAM」を駆使して最大682Mbps(スマホの場合は500Mbps)まで向上します。

聴覚障害者向けの新機能として、しゃべったメッセージが画面上に出る字幕のような機能「みえる電話」が搭載されるようになります。現状は試験段階ということでウェブ上で募集する形になります(利用は無料)サービスはアプリの形で受けられるようになるため、現状はスマホとタブレットのみということになります(推奨OSはAndoid4.3(ブラウザ版は同4.0)以上、iOS9.3.4以上)

その他、dポイントが貯められ、チャージ機能も付いた電子マネーカード「dカード プリペイド」が登場します。このカードにはドコモの決済システム「iD」とマスターカードが搭載されるそうです。なお、チャージはウェブ上とローソンのみなので注意
法人向けとしては、「dマガジン」の法人版(「dマガジン for Biz」)が登場します。提携店・施設・会社がWi-Fiスポットを登録しておけば、利用者はdマガジンアプリを同所内でダウンロードするだけで無料購読が可能になります。
また千葉・神奈川・福岡の一部地域で通信機能を持ったドローンを運行する免許(「無人航空機における携帯電話の利用に関わる実用化試験局の免許」)を取得「ドコモ・ドローンプロジェクト」として開始します。第1弾は11月から福岡市にある能古島での買い物代行サービスになります。


では新機種の紹介です。今回はソニーの新機種紹介です。


①Xperia XZ SO-01J
5.2インチフルHD TFT液晶を搭載したストレートタイプのスマートフォン。OSはAndroid6.0。
2300万画素のCMOSカメラには、「Exmor RS for mobile」・「レーザーAFセンサー」・「RGBC-IRセンサー」の3つのセンサーを搭載し、暗いところでも素早く、色表示も自然にかつきれいに撮れることを意識している。またユーザーの行動パターンから最適な充電を割り出し、2年経過してもバッテリーが劣化しないようにする「いたわり充電」という機能が搭載されている。その他、IP6X相当の防水機能・IPX8相当の防塵機能、下り最大500Mbpsの高速通信が搭載されている。

個人的感想
常にハイスペックな機種を提供しているソニー、今回も海外版をベースに様々なブラッシュアップを図ってきた。
素晴らしいのは充電もただするのではなく、ユーザー目線で動いていること。確かにバッテリーは一番気になるところなので、こういったファジーな機能は今後も搭載してほしいところ。カラーリングも4色展開で、男女ともに取り込めると思う。惜しむらくは、防水機能が付いていながら外部接続端子がキャップレスなところ。端子部分が錆びたり、そこから水が入っておシャカというふうにならなければいいが・・・。


②Xperia X Compact SO-02J
4.6インチHD TFT液晶を搭載したストレートタイプのスマートフォン。OSはAndroid6.0。
IPX5/8相当の防水機能、IP5Xの防塵機能を搭載している。

個人的感想
実は、この機種は一部の機能を除いて、Xperia XZ SO-01Jのコンパクト版という位置付けになる。そのため、防水・防塵だけがないのが唯一の違い・・・だったのが、国内版ではその防水・防塵も備えられたため、ほぼ差のない機種になってしまった。ゆえに、この機種が安価で売られるようになれば、非常にオススメしやすいキラーコンテンツになるのではないかと思う。
次回もドコモのスマホ機種の紹介です。


人気ブログランキングへ ブログランキング・にほんブログ村へ  
Posted by alexey_calvanov at 23:40Comments(0)TrackBack(0)

2016年09月22日

2016年7月のアクセス解析の結果

当サイトにお越し頂きありがとうございます。2016年7月のアクセス解析の結果を書いていこうと思います。


さて、PC:ケータイの比率は、95.5:4.5となりました。先月よりアクセス数は増えているものの、その恩恵に与れたのはスマホだけで、ケータイはほぼ同じ、PCは減少しています。一昔前では考えられなかった傾向です。
PCの詳細に関しては、単独ではAndroidが先月と同じくトップになりました。PCでは、Windowsシリーズ(Windows 7・10・8.1の比率)が約24%(それぞれ約11・9・4)となっていまして、Windows Vista・Windows 8・WinXPを加えると約26%(それぞれ約1・約0.7・約0.6%)になりました。Windows7とWindows10の比率がかなりひっ迫しています。もう少しで追い抜きそうな感じです。
各OSの利用しているインターネット閲覧ソフトは、7では、Internet Exploler(IE。11→10)が約55%、Chrome(51.0)が約25%、Firefox(47.0)が約13%となっています。IEは少し減らし、Chromeは先月とほぼ同じ(1/4)ほどになり、先月消えたFirefoxが今回復活しました。Windows 10は、Edge(13.10586)が約31%、Chrome(51.0)・IE(11)がそれぞれ約30%、Firefox(47.0)が約9%となっています。Edge・Chrome・IEの差がこちらもひっ迫しています。8.1に関しては、Chrome(51.0)は63%、IE(11)が約30%となりました。こちらはIEとChromeが逆転しました。Chromeは大躍進とも取れますね。
上記以外では、Mac OS Xは約1.5%、Windows Vistaが約1%、Windows 8が0.7%、Windows XPが約0.6%、X11が約0.6%、PlayStation3が微量となっています。その中でWindows Vista・WinXPがそれぞれChrome(49.0)のみとなりました。


対して、スマートフォン(AndroidとiPhone・iPad)は約70%(Android40%、iPhone28%、iPad2.9%)となっております。先月から微増になり7割に乗せてきました。
AndroidはSafari(4.0)が約26%に対し、Chrome(51.0→40.0→30.0→27.0→38.0→50.0→33.0→44.0)が約65%となっています。実はChrome連合の中でトップになった51.0は約27%と名実ともにトップになり、単独でもSafariを越えています。
iPhoneに関してはSafari(9.0→不明→8.0)が約75%となり、不明と8.0が逆転しました。次に来たWebKitは約23%と再び2割に乗せてきました。
なおiPadは、Safari(9.0→8.0)のみとなっています。


そしてケータイはというと、au(EZweb):ドコモ(iモード):ソフトバンク(Yahoo!ケータイ)がそれぞれ約76:15:10(四捨五入をしているため、100%にはならない)となりました。先月とほぼ変わりなし。auとドコモの比率が若干変わったくらいです。
auは今回はKC3Y(K005)が約66%、KC4I(GRATINA2(KYY10))が約17%となっています。なお、ドコモ・ソフトバンクは比率が2ケタほどでも詳細データなしになっています。


今月は、フジパンのスナックサンドの一つ、「スナックサンド きゅうりのキューちゃん&マヨ」の話イオンで地域限定販売されている「献立いろいろみそ炒飯」の話に集中しておりましたね。


8月は夏休みに入るところが多いので、見る人が多くなるはず。注目されるような記事を作っていければと思っております。


人気ブログランキングへ ブログランキング・にほんブログ村へ  
Posted by alexey_calvanov at 23:37Comments(0)TrackBack(0)

2016年08月31日

2016年6月のアクセス解析の結果

当サイトにお越し頂きありがとうございます。2016年6月のアクセス解析の結果を書いていこうと思います。


さて、PC:ケータイの比率は、94:6となりました。先月と比べて目減りはしているものの、PC・スマホ・ケータイのユーザー数は激減しているというわけではなさそうです。
PCの詳細に関しては、単独ではAndroidが先月と同じくトップになりました。PCでは、Windowsシリーズ(Windows 7・10・8.1の比率)が約28%(それぞれ約14・11・4)となっていまして、Windows Vista・WinXP・Windows 8・Windowsを加えると約30%(それぞれ約1・約0.8・約0.4%・約0.1)になりました。Windows7がトップなのは変わらないものの、Windows10が比率を大きくしています。
各OSの利用しているインターネット閲覧ソフトは、7では、Internet Exploler(IE。11→10→8)が約64%、Chrome(51.0→50.0)が約25%となっています。IEは6割台に伸ばし、Chromeは1/4ほどになったのですが、Firefoxはその煽りを受けてか消滅するハメに・・・。Windows 10は、Edge(13.10586)が約37%、Chrome(51.0→50.0)が約31%、IE(11)が約25%、Firefox(47.0)が約5%となっています。Edge・Chromeが微増、IEは微減、Firefoxはほぼ半減になっています。8.1に関しては、IE(11)が約76%、Chrome(51.0)は12%となりました。こちらでもIEが微減したのに対し、Chromeは微増となっています。
上記以外では、Mac OS Xは約1.7%、Windows Vistaが約1%、Windows XPが約0.8%、X11が約0.7%、Windows 8が0.4%、Windowsが約0.1%となっています。その中でMac OS XはSafari(9.1)のみ、Windows VistaはIE(7.0)のみとなりました。


対して、スマートフォン(AndroidとiPhone・iPad)は約65%(Android40%、iPhone23%、iPad2.6%)となっております。先月とほぼ横ばいですけれども、約とはいえAndroidの比率が4割になりました。
AndroidはSafari(4.0)が約30%に対し、Chrome(51.0→50.0→40.0→30.0→33.0→27.0→38.0→34.0)が約63%となっています。Safariは3割に乗せ、Chrome連合はほぼ横ばいになっており、先月と同じく大きな動きはなかったとも。
iPhoneに関してはSafari(9.0→8.0→不明)が約79%となり、これまで比率に乗っていた7.0が消滅。次に来たWebKitは約18%と再び2割を切りました。
なおiPadは、Safari(9.0→8.0のみとなっています。


そしてケータイはというと、au(EZweb):ドコモ(iモード):ソフトバンク(Yahoo!ケータイ)がそれぞれ約78:13:10(四捨五入をしているため、100%にはならない)となりました。ソフトバンクが2ケタにまで増加したのが特徴的ですね。
auは今回はKC3Y(K005)が約61%、KC4I(GRATINA2(KYY10))が約20%となっています。なお、ドコモ・ソフトバンクは比率が2ケタほどでも詳細データなしになっています。


6月は東海地方限定のランチパック紹介の話、マクドナルドが無料Wi-Fiを導入する話、同じくマックからは愛知県限定で販売する「小倉ソフトホットケーキ」の話、ワンダーコアの偽物を販売していた人が逮捕される話などが目立っていましたね。相変わらず食い物系の話が多いですが(苦笑)、ワンダーコアのような話は思った以上にウケがよかったですわ。


7月は学生が夏休みに入るので、閲覧数が多くなると思います。ホットな話題を届けられるようにしていければと思います。


人気ブログランキングへ ブログランキング・にほんブログ村へ  
Posted by alexey_calvanov at 23:17Comments(0)TrackBack(0)

2016年07月29日

2016年5月のアクセス解析の結果

当サイトにお越し頂きありがとうございます。2016年5月のアクセス解析の結果を書いていこうと思います。


さて、PC:ケータイの比率は、94:6となりました。若干の変動はあったものの、誤差の範囲内とも取れるわけで。スマホ・ケータイが先々月並みに回復しています。
PCの詳細に関しては、単独ではAndroidが先月と同じくトップになりました。PCでは、Windowsシリーズ(Windows 7・10・8.1の比率)が約27%(それぞれ約15・8・5)となっていまして、Windows Vista・WinXP・Windows 8を加えると約29%(それぞれ約1.3・約0.5・約0.4%)になりました。Windows7・10・8.1が入れ替わりながらも先月と同じくトップ3に入っておりますね。
各OSの利用しているインターネット閲覧ソフトは、7では、Internet Exploler(IE。11→10)が約59%、Chrome(50.0→49.0)が約24%、Firefox(46.0)が約7%となっています。IEは若干勢力を伸ばし、Chromeは若干減少、Firefoxは横ばいになっております。Windows 10は、Edge(13.10586)が約33%、IE(11)が約31%、Chrome(50.0)が約22%、Firefox(45.0)が約9%となっています。EdgeとIEの順位が逆転。Windows 10ではメインになっているEdgeが1位になりました。なお、Chromeは微減、Firefoxはほぼ同じになりました。8.1に関しては、IE(11)が約82%、Chrome(50.0)は11%となりました。こちらでもIEが増加したのに対し、Chromeも微増となっています。
上記以外では、Mac OS Xは約1.2%、X11が約0.9%、Windows XPが約0.5%、Windows 8が0.4%、WILLCOMが約0.2%となっています。その中でWindows VistaはChrome(49.0)のみ、X11はChrome(50.0)のみとなりました。


対して、スマートフォン(AndroidとiPhone・iPad)は約67%(Android38%、iPhone26%、iPad3.1%)となっております。先月とほぼ横ばいになっております。
AndroidはSafari(4.0)が約28%に対し、Chrome(50.0→40.0→30.0→33.0→27.0→34.0→37.0→38.0)が約65%となっています。Safariは同じ、Chrome連合が6割超えながらもほぼ横ばいになっており、大きな動きはなかったとも。
iPhoneに関してはSafari(9.0→8.0→不明→7.0)が約74%と先月より約15%も減少、次に来たWebKitは約25%と史上初めて1/4の勢力になりました。
なお、iPadは、Safari(9.0→8.0)→WebKitの順となっています。


そしてケータイはというと、au(EZweb):ドコモ(iモード):ソフトバンク(Yahoo!ケータイ)がそれぞれ約79:18:3となりました。auが微増、ドコモそのまま、ソフトバンクが微減となりました。
auは今回はKC3Y(K005)の約55%以外にも、KC4I(GRATINA2(KYY10))が15%入ってきています双方とも京セラの機種ということで、ケータイに関しては京セラの機種が人気だということが改めてわかったかなと思います。なお、ドコモ・ソフトバンクは今回も詳細データなしになっています。


5月は、名古屋にあるパン屋ピカソで販売しているカレーパンの話や岩手・花巻にあったマルカン百貨店の話題が多かったですね。


6月は5月ほど大きな話題が出てこないかもしれないので、地道にやっていきたいと思います。


人気ブログランキングへ ブログランキング・にほんブログ村へ  
Posted by alexey_calvanov at 23:35Comments(0)TrackBack(0)

2016年06月29日

2016年4月のアクセス解析の結果

当サイトにお越し頂きありがとうございます。2016年4月のアクセス解析の結果を書いていこうと思います。


さて、PC:ケータイの比率は、95:5となりました。先月とほぼ同じ比率ですが、PC・ケータイ・スマホのユニークアクセス数は先月よりも1割ほど減少しています。特にケータイのユニークアクセスは4/13に0を記録し、長らく続いていたアクセスが恐らく初めて途切れることになりました。
PCの詳細に関しては、単独ではAndroidが先月と同じくトップになりました。PCでは、Windowsシリーズ(Windows 7・8.1・10の比率)が約27%(それぞれ約15・6・6)となっていまして、Windows Vista・Windows 8・WinXPを加えると約29%(それぞれ約1.2・約0.7・約0.4)になりました。Win98が消滅し、ユーザーが増え始めた10がトップ3に食い込みました。
各OSの利用しているインターネット閲覧ソフトは、7では、Internet Exploler(IE。11)が約55%、Chrome(49.0)が約29%、Firefox(45.0)が約6%となっています。IEが再び過半数を握り、Chrome・Firefoxは双方減少、中でもFirefoxは10%も減少となっています。8.1に関しては、IE(11)が約72%、Chrome(49.0)は18%となりました。こちらでもIEが増加したのに対し、Chromeも微増となっています。Windows 10は、IE(11)が33%、Edge(13.10586)が28%、Chrome(49.0)が23%、Firefox(45.0)が9%となっています。以前には掲載されていなかったFirefoxがアクセスされるようになっていますね。
上記以外では、Mac OS Xは約2.6%、X11とWindows Vistaがそれぞれ約1.2%、Windows 8が0.7%、WinXPが約0.4%、Wiiが0.1%となっています。その中でMac OS X・X11はChrome(49.0)のみ、Windows VistaはIE(7)→Chrome(49.0)の順となりました。


対して、スマートフォン(AndroidとiPhone・iPad)は約66%(Android38%、iPhone24%、iPad4.3%)となっております。相対数は増えたものの、iPadはデータ上から浮上することはありませんでした。
AndroidはSafari(4.0)が約28%に対し、Chrome(49.0→40.0→33.0→30.0→27.0→48.0→47.0→50.0→34.0)が約66%となっています。Safariが3割を切る事態になり、Chrome連合が6割を超え、差が大きく広がった感があります。
iPhoneに関してはSafari(9.0→8.0→不明→7.0)が約89%と先月より少し減少、次に来たWebKitは約10%と2ケタに乗せました。
なお、iPadは、Safari(9.0→8.0→不明→7.0)となっています。


そしてケータイはというと、au(EZweb):ドコモ(iモード):ソフトバンク(Yahoo!ケータイ)がそれぞれ約78:18:4となりました。auが微増、ドコモ・ソフトバンクが反動で少し減らす格好になりました。
auは今回はKC3Y(K005)の約74%のみになりました。ドコモ・ソフトバンクは今回も詳細データなしになっています。


4月は、アウェイ戦観戦のために香川へ行った時の帰り、岡山のセブンイレブンで買ったご飯の話大須で起こった火事の話が多かったですね。
5月は大型連休も挟み、いつもより人が来る時期でもあります。多くの人に読んでもらえるように頑張っていきたいと思います。


人気ブログランキングへ ブログランキング・にほんブログ村へ  
Posted by alexey_calvanov at 23:36Comments(0)TrackBack(0)

2016年06月09日

春の新機種2016 ドコモ編 後編

春の新機種ドコモ編、後半は海外モデル・タブレット端末・モバイルWi-Fiルータの紹介です。


最初は海外モデルから。


④Galaxy S7 edge SC-02H
韓国のメーカーであるサムソン電子から発売される5.5インチ有機EL液晶を搭載したストレートタイプのスマートフォン。OSはAndroid6.0。
IPX5/8相当の防水機能とIP6X相当の防塵機能、最新のキャリアアグリゲーション、ワンセグとフルセグ、おサイフケータイ、置くだけ充電に対応している。

個人的感想
まず何より大型液晶が隅々まで広がっている点。サムソン電子伝統の液晶だが、通常の液晶より大きく見られるように感じられる。それ以外にも日本の事情を酌んだ機能を備え、かつドコモの最新機能も備えているため、海外モデルに抵抗感を持っていなければ、非常にオススメしやすい機種


⑤Disney Mobile on docomo DM-02H
韓国のメーカーLGが製造を手掛けているディズニーモバイルモデルで、5.2インチHD TFT液晶を搭載したストレートタイプのスマートフォン。OSはAndroid6.0。
エレクトリカルパレードをイメージした機種に仕上がっている。

個人的感想
機種的には、最新機能を備えていないため、ロースペックモデルとも言える機種。しかしながら、これまで以上にディズニーディズニーした機種になっている感があり、ディズニーフリークにはもってこいの機種になるだろうと思われ。


続いてはタブレット端末とモバイルWi-Fiルータの紹介です。


⑥arrows Tab F-04H
10.5インチWQXGA 有機EL液晶を搭載したストレートタイプのタブレット端末。OSはAndroid6.0。
最大8人まで個別のストレージ領域に設定・各種アカウントの情報を保存できるマルチユーザーに対応している。その他、最新のキャリアアグリゲーション、PREMIUM 4G、虹彩認証機能「Iris Passport」などを備えている

個人的感想
富士通のタブレット端末としては1年半ぶりの登場になったため、今回の機種は最新機能をバンバンと備えている。音声通話は備えていないものの、コンパクトなパソコン代わりに使うには十分すぎる機種になっている。


⑦Wi-Fi STATION HW-01H
中国のメーカー華為技術(Huawei)から発売される2.4インチタッチスクリーンが搭載したストレートタイプのモバイルWi-Fiルータ。
最新のキャリアアグリゲーション・モバイル機器へのチャージ機能を搭載している。

個人的感想
この機種はバッテリーが大きい(4750mAh)ので、長時間使うことも想定されている以外にモバイル充電のためのバッテリー用として使うことも想定されている。ただし、充電の際は専用の機器が必要になっているのは少しいただけないかなと。


次回はauの新機種紹介です。


人気ブログランキングへ ブログランキング・にほんブログ村へ  
Posted by alexey_calvanov at 23:21Comments(0)TrackBack(0)

2016年06月08日

春の新機種2016 ドコモ編 前編

夏に発売される春発表の新機種(以降春の新機種ないしは春モデル)が出揃ったようです。ドコモとauは発表会を行い、auは2回目の発表会を行う予定であることを明かしています。ソフトバンクやワイモバイルも発表会は行っていないものの、新機種を発表しています。


今回は最初に発表を行ったドコモの新機種紹介をしていきます。


ドコモは、快適をキーワードにして施策を打ってきました


まずは通信速度の快適さ
800MHz・1.7GHz・2GHzの通信帯を束ねたトリプルバンドのキャリアアグリゲーションを行い、下り最大375Mbpsを実現する運びとなりました。この最大速度が実現するのは、東京・新宿、名古屋・栄、大阪・USJの3地域で、それ以外では下り最大370Mbps(東名阪。それ以外では332.5Mbps)のPREMIUM 4Gが体感できるようになり、東京・名古屋・大阪・札幌・仙台・金沢・広島・松山・福岡の9都市で先行実施されます(東京は山手線主要駅、大阪は梅田・難波・大阪環状線主要駅、名古屋は栄、福岡は天神)

もう一つは音声の快適さ
VoLTEがさらに快適になり、一部機種ではVoLTE(HD+)が搭載されることになりました。音質はFMラジオ並ということなので、非常にクリアな声が聞こえてくるというふうになるわけですね。このVoLTE(HD+)の導入により、人間の聴き取れる範囲の2/3を補うことになります。

最後は操作の快適さ
中でもタッチ操作なしで電話に出たり出なかったりができる「スグ電」が一部機種で導入されます。またユーザーの使い方に合わせてヒントを出す「おすすめ使い方ヒント」も導入されます。

なお、今回の新機種からメーカーから投入される機種は1年サイクルになるとのこと。とはいっても、年に1回しか機種が投入されるというわけではなく、ハイスペックとミドルレンジ・ロースペックのモデルが交互に出るという形になるようです。
例えば、シャープは今回ハイスペックのモデルを出しているので、次回はミドルないしはロースペックのモデルを出すというふう。逆に富士通は今回ミドルレンジのモデルを出しているので、次回はハイスペックモデルになる可能性があるというわけです。ただ、海外モデルにも適用されるのかは未知数なので、状況次第では国内メーカーから不満の声が出てくる可能性もはらんでいます


出は新機種の紹介です。今回は国内モデルの紹介です。


①Xperia X Performance SO-04H
5インチのフルHD液晶を搭載したストレートタイプのスマートフォン。OSはAndroid6.0。
下り最大370MbpsのPREMIUM 4G・最新のキャリアアグリゲーション・VoLTE(HD+)に対応。2300万画素のCMOSカメラやIPX5/8相当の防水機能とIP6X相当の防塵機能を搭載している。

個人的感想
全てにおいてハイスペックでありながら、男女を問わないシックないしはポップな4色展開、そしてワンセグ・フルセグやおサイフケータイといった独自の機能も搭載しているので、恐らく今回の機種の中では一番売れるのではないかと思われる。


②AQUOS ZETA SH-04H
5.3インチのフルHD IGZO液晶を搭載したストレートタイプのスマートフォン。OSはAndroid6.0。
速い動画にも耐えうる超高精細な液晶に2260万画素のCMOSカメラ、指紋センサーによる指紋認証機能、IPX5/8相当の防水機能やIP5X相当の防塵機能を搭載している。

個人的感想
今回のシャープの機種は画面いっぱいにまで広がったEDGESTを辞め、通常の画面構成になっている。それでいて、最新のキャリアアグリゲーション、ワンセグ・フルセグ、おサイフケータイ、VOLTE(HD+)も抑えている。さらに完全防水になるようにキャップ型のふたを採用しているので、水回り出も安心して使えるように配慮されている


③arrows SV F-03H
5インチのHD IPS液晶を搭載したストレートタイプのスマートフォン。OSはAndroid6.0。
IPX5/8相当の防水機能、IP6X相当の防塵機能、14項目に準拠したMIL規格(MIL-STD-810G)を搭載している。

個人的感想
ミドルレンジモデルでありながら、プレミアム感あふれるカラーリングになっており、機種名にもSuperior Value(上質な価値)となっており、高級感あふれるものにもなっている。MIL規格が通っているので、ハードな現場で仕事をする人にオススメ。


次回はドコモの海外モデルおよびタブレット・データ通信端末を紹介していきます。


人気ブログランキングへ ブログランキング・にほんブログ村へ  
Posted by alexey_calvanov at 23:27Comments(0)TrackBack(0)

2016年05月30日

2016年3月のアクセス解析の結果

当サイトにお越し頂きありがとうございます。2016年3月のアクセス解析の結果を書いていこうと思います。


さて、PC:ケータイの比率は、95:5となりました。先月とほぼ同じ比率で、PC・ケータイ・スマホのユニークアクセス数は3月ということで2日多くなっているため、少し増えていました。
PCの詳細に関しては、単独ではAndroidが先月と同じくトップになりました。PCでは、Windowsシリーズ(Windows 7・8.1・98の比率)が約27%(それぞれ約18・6・3)となっていまして、Windows 10・WinXP・Windows Vista・Windows 8を加えると約31%(それぞれ約2.5・約1.3・約1.3・約0.4)になりました。Windowsが3割台に回復。持ち返すかな・・・と思ってはいるのですが、スマホ隆盛の今、どこまで盛り返せるのか疑問でもあります。
各OSの利用しているインターネット閲覧ソフトは、7では、Internet Exploler(IE。11)が約41%、Chrome(49.0→48.0)が約33%、Firefox(45.0→44.0)が約16%となっています。IEが過半数を切り、Chrome・Firefoxは双方純増となっています。8.1に関しては、IE(11)が約62%、Chrome(49.0)は19%となりました。こちらでもIEが落ち込み、Chromeが少し盛り返しています。再び上位に返り咲いたWin98はIE(11)が34%、Chrome(46.0)が17%になっています。以前ではChromeが上だったので、今回はIEが盛り返した形になります。
上記以外では、Mac OS Xは約2.9%、Windows 10が約2.5%、WinXPとWindows Vistaがそれぞれ約1.3%、X11とWindows 8がそれぞれ約0.4%となっています。その中でMac OS XはSafari(9.0)→Chrome(49.0)の順、Windows 10はIE(11)→Edge(13.10586)→Chrome(49.0)の順、Windows VistaはIE(7)のみとなりました。Windows 10が初登場し、その中に組み込まれているインターネット閲覧ソフトEdgeが初めて入っています。


対して、スマートフォン(AndroidとiPhone・iPad)は約63%(Android38%、iPhone23%、iPad2%)となっております。Androidが4割を再び切り、iPhone・iPadもそれに引きずられる形で減少しています。
AndroidはSafari(4.0)が約34%に対し、Chrome(40.0→49.0→30.0→48.0→33.0→27.0→34.0→47.0)が約58%となっています。Chrome連合の勢いはほぼ一定の割合残していますね。
iPhoneに関してはSafari(9.0→8.0→不明→7.0)が約94%と先月より増え、次に来たWebKitは約6%となりました。
なお、iPadは再び集計から消えてしまったのですが、Safari(9.0)がデータ上では出てきています。


そしてケータイはというと、au(EZweb):ドコモ(iモード):ソフトバンク(Yahoo!ケータイ)がそれぞれ約74:17:9となりました。au・ドコモが減らし、ソフトバンクが先月と同じく少し増やしました。
auは今回はKC3Y(K005)の約63%のみになりました。ドコモ・ソフトバンクは今回も詳細データなしになっています。


3月は「だがしかし」のコラボ商品の話セブンイレブンの「トマトとクリームチーズのサンド」の話くらいですかね。
4月は新生活ということもあり、バタバタしてしまうのかアクセス数がつかみにくい時期でもあります。何とか読んでもらえるように頑張りたいと思います。


人気ブログランキングへ ブログランキング・にほんブログ村へ  
Posted by alexey_calvanov at 23:19Comments(0)TrackBack(0)