2019年05月25日

関東圏での小ネタ集

先月末に栃木、5/19に千葉に行ってきたのは、既にお話しした通り。思えば、ほぼ月イチで行った感じなんだな(苦笑)。そしてどちらも東京はスルー案件(ギャハ)。
そこで食ってきたものを小ネタ的に紹介していきましょうか。


SHV39_4804最初は栃木に向かう際の話。
途中の刈谷サービスエリア(刈谷ハイウェイオアシス)で買ってきた「とりめしバーガー」
とりめしは刈谷市のそばにある高浜市の名物なんですよ。おこげの部分が特に美味いのは、炊き込みご飯あるある(笑)。



SHV39_4805中身はこんなふう。
まぁ、モスバーガーのライスバーガーみたいだと言えば通じるか。



こちらは、中に入っている鶏肉の味の濃さとご飯の味の濃さ(鶏肉の味が移ってる)が手軽に味わえます。恐らく炊き込みご飯をパティ状にして、焼いてるからおこげみたいな焼き色が付いているんだと思うんですけど、これはこれで正解だと思う。ご飯の風味が増すのよ。おこげが美味いを上手く利用したと思うわい。


SHV39_4806もう一つは、栃木に着いてから。
宇都宮駅にあるNewDaysで買ってきた「いもフライ風コロッケ入り焼きそばサンド」(左)と「ソーセージ&オムレツサンド」(右)。左が地元栃木の商品になるんですね。右は静岡の御殿場ですか。
「いもフライ風コロッケ入り焼きそばサンド」は月星食品のソースを使用し、「ソーセージ&オムレツサンド」は御殿場高原という会社のソーセージである「あらびきポーク」を使用しています。御殿場高原は最近有名になった食品メーカーで、CMで「ごてあらポーク」というのがよく流れています。関東圏でも有名なのね。



「いもフライ風コロッケ入り焼きそばサンド」は、ソースの濃い味がアクセントになっているかなと。いもフライ風コロッケは素朴で甘めの味わい。実は、いもフライ入りの焼きそばも食べたことあるけど、結構素朴で食べ応えのある味なんですよ。これも確かに食べ応えはあります。

「ソーセージ&オムレツサンド」はソーセージのプリプリさが楽しめました。一緒に挟まれているオムレツはやや甘めですけど、ケチャップのアクセントで酸味が加わって、全体のバランスはよくなっております


SHV39_5037お次は千葉に行った時の小ネタ。
ねんがんの「マックスコーヒーコッペ」をたべてきたぞ(ニヤニヤ)!以前から食べてみたいとは思っていたものの、いかんせん千葉駅に行くチャンスが無かった蘇我駅は東京駅から直通で行けるからね。乗り換えだったからできたこの体験(ギャハ)。
こちらの商品は、カワシマパンという駅ナカの店で販売しております。なので、改札を越える必要があるようです。
ここは『千産千消』(地産地消)にこだわっており、千葉県産の食材を基本的には使用しているようです。なので、千葉県産のピーナッツを使ったコッペパンや千葉県産の豚肉を使ったカツやソーセージを使ったコッペパンとかもあります。
ちなみに、ここで「マックスコーヒー」が買えますから、「マックスコーヒー」と「マックスコーヒーコッペ」との夢のコラボも楽しめますけど、朝からそれはキツい(爆)。



これ、結構甘いわ(笑)。それでいてコーヒーのコクがきちんと出ているクリームなので、「マックスコーヒー」よりもコーヒーですわ。クリームなのにクリームなのに・・・。


SHV39_5040まぁ、カワシマパンで色々買って食べてもよかったけど、そばが食えるというのがわかったので、そばいちペリエ千葉店にて頂いた「山菜そば」。トッピングでわかめを入れています。何でわかめを入れたのかというと、三陸産だったから。「わかめそば」にしたかったけど、温かいのしかなかったのよね・・・(汗)。



味は恐らく二八そばで、オーソドックスなかつおだしのつゆがそばの味を引き立ててますな。わかめは歯応えのあるシャキッとした一品でした。冷たいのでわかめそば食いたかったなぁ・・・。


人気ブログランキングへ ブログランキング・にほんブログ村へ  

Posted by alexey_calvanov at 23:55Comments(0)

2019年05月04日

平成最後の東北に向かう② 久慈駅にて

SHV39_4838さて、いよいよ三陸鉄道に乗って南下する当日。
朝一番の列車が午前5時なので、近所にコンビニはあるものの、駅とは反対方向になることから、時間が無くなると困る。何より何にも無いというオチもあるかと思い、八戸駅にあるNewDaysで買った工藤パンのお世話に。
左が、4月の新商品の「イギリストースト 津軽産りんごジャム&はちみつ風味クリーム」
同社の商品である「イギリスブレッド」に津軽産りんごを使用したジャムとはちみつ風味クリームをサンドした一品です。パッケージには、太宰治の小説「津軽」の初版本表紙がプリントされています。今年は太宰治生誕110周年だそうで・・・。
右は、以前紹介した「イギリストースト 小倉&マーガリン」。やはり、「イギリストースト」といったらコイツだわ(ニヤニヤ)。



うーむ、はちみつの甘さとりんごジャムの甘酸っぱさがいい塩梅ですなぁ。小倉の甘さもいいんだけど、甘酸っぱさの塩梅が利いたこの商品も捨てがたい。
「イギリストースト 津軽産りんごジャム&はちみつ風味クリーム」は期間限定商品なので、青森に行く機会があったら、是非とも。


SHV39_4840朝一の列車に乗るために、いそいそと向かう中でも、撮るものは撮っていく(笑)。
まずは、あまちゃんハウス朝ドラの「あまちゃん」関係の展示を行っているところらしい。当然ながら営業時間外(9時~17時)。
実は、この場所は4/1にリニューアルオープンしたのだそうな。それまではここより西のところにあったものの、2016年に来襲した台風10号の水害で今の場所に移ったらしい。



SHV39_4841近くの料理店では、片桐はいりさん演じる役のイラストも。まめぶ汁美味そうだな・・・。



SHV39_4843久慈市のトピックといえば、三陸鉄道の一本化。
駅前の建物にも全線開通の横断幕が屋上に飾ってありました。



SHV39_4842その下には、北の海女と三陸鉄道(作中では北三陸鉄道)乗務員のイラストが。
久慈市は、海女の北限として知られており、大勢の観光客がやって来るとのこと。



SHV39_4845駅前にあるデパートには、作中に出てきたものと思しきものが描かれております。



SHV39_4846そのデパートの下には、久慈市の歓迎幕もありました。



SHV39_4847さて、やって来ました三陸鉄道リアス線久慈駅
かつては北リアス線の起終点として機能しておりましたが、今は一本になったリアス線の起終点となりました。

起終点ということもあって、券売機が備えられております。
三陸鉄道リアス線は、ワンマン運行になっているので、有人駅(宮古駅・盛駅など)以外では車内で出る乗車券を取って、下車時に清算という流れになります。



SHV39_4848そんな三陸鉄道リアス線では、色々なおトク切符があります
旧北リアス線のみで乗車できるものから往復で乗車できる2日分の乗車券まで色々ある中・・・。



SHV39_4960今回は、南下するだけなので、片道のみ有効な途中下車可能な2日分の乗車券を買いました。
実は3,710円するのですが、これは久慈駅から盛駅まで乗っていた場合この切符なら戻らなければ何回でも途中下車できるので、結構リーズナブルになります。しかも2日分なので、途中で一泊してもいい今回は1日のみしか使っていないですけど、2日分ということを考えれば、かなり破格ですよ。



SHV39_4849先程も書きましたが、三陸鉄道は3/23から一本化されました
三陸鉄道リアス線は、旧北リアス線(旧国鉄久慈線・旧国鉄宮古線)・JR山田線の一部・旧南リアス線(旧国鉄盛線)の3路線から成り立っており、国鉄の民営化に伴い、旧南北リアス線が国鉄より移行されました。その後、東日本大震災で一旦全線不通になり、その後旧南北リアス線は再開まで漕ぎ着けたものの、JR山田線の一部(宮古駅~釜石駅)は不通が続き、BRT(バス・ラピッド・トランジット)での運行が模索されていました
このままJRとしてはBRTによる運行をしていきたかったものの、沿線自治体の強硬な反対により進展せず、最終的にはJRが折れて、一部の費用を三陸鉄道と沿線自治体に負担してもらうことを条件に三陸鉄道への移行が決まりました。
今回の一本化によって、全長が163kmとなり、日本で一番長い第三セクター路線になりました(それまでは、青森県にある青い森鉄道の青い森鉄道線の121.9km)。



SHV39_4850こちらは、全線復旧を記念したもの。
ここでいう『全線復旧』とは、旧南北リアス線のことを指します。



SHV39_4851全線開通(一本化)ののぼりには、「鉄道むすめ」のキャラが描かれております。
左が釜石まな(旧南リアス線)、右が久慈ありす(旧北リアス線)。



SHV39_4852こちらが、今回始発になる列車。



SHV39_4853一番最初に乗る列車は、「かいけつゾロリ」のキャラが描かれた「かいけつゾロリ 大冒険号」でした。



SHV39_4854北の終点を眺める。
この先は、JR八戸線。実は、写真には収めていませんが、JRとはレールは繋がっているんです。なので、頑張れば八戸駅まで行ける(ニヤニヤ)。



さぁ、いよいよ出発進行。長い長い三陸鉄道をゆっくり参りますか。


人気ブログランキングへ ブログランキング・にほんブログ村へ  
Posted by alexey_calvanov at 14:54Comments(0)

2019年05月03日

平成最後の東北に向かう① 三陸鉄道に向かうまで

4/28に宇都宮から東北に向かい、4/29の1日は三陸鉄道を利用して南下するという旅に出ておりました。『旅』とは書いていますが、私自身は『旅』という認識ではなく、東日本大震災の被災地を見て、震災とは何なのかを考える行脚のようなものだと思っております。そうじゃない主旨のケースもありますけどね。ただ、『旅』と言った方がしっくりくるのかなとも思っております。日本語は難しい・・・(苦笑)。

今回は栃木SC×FC岐阜の行われた栃木県宇都宮市から宿泊先になる岩手県久慈市までの出来事をまとめました。実は結構タイトなスケジュールだったんですよ。まぁ、毎回そうなんですけど(汗)。


栃木県グリーンスタジアムからシャトルバスで宇都宮駅まで。あまりバスが出てないんじゃないかと心配だったのですが、とりあえず満員のバスには乗れた。
その後は新幹線で八戸駅まで向かうのですが、その時心配だったのは席の確保。実際、指定席は満席で、自由席を何とか確保宇都宮駅ははやぶさが停まらないので、やまびこで仙台駅までやまびことはいっても、東海道新幹線のこだまとは違い、各駅停車ではない(今回乗ったのは、栃木県で停まるのは宇都宮駅だけのやまびこだった)ので、仙台駅までは1時間と15分で到着。ここから臨時列車のはやぶさに乗り換えます。


SHV39_4831はやぶさは全車指定席なのは以前話した通り。この時期だから、立ち席覚悟だったのですが、無事に指定席を獲得できて一安心。これで八戸までゆったりできます。
乗り換えまで少し時間があったので、仙台駅内のNewDaysで晩ご飯・・・と思ったら、「藤原総料理長監修 ナポリかつ」なるたるものが・・・。
これは、2016年に一旦閉店したものの、その後再開の要望が高まったため、2017年に再開されたマルカンビル大食堂(閉店当時はマルカン百貨店大食堂)の人気メニュー「ナポリカツ」を再現したものです。特製のナポリソースを28%使用しているとのこと。
・・・ああ、時を越えて、あの時食べられなかった「ナポリカツ」をこんな形で頂けるだなんて(泣)。



なるほど、これは人気になるはずだわ。
甘酸っぱい、昔懐かしいとも言えるトマトソースが映えますね。薄手のカツもトマトソースと合わせると、あっさりとして美味しくなります。これは本物の「ナポリカツ」が食べたくなってきた。だからといって花巻に降りるわけにもいかない(ニヤニヤ)。


SHV39_4832せっかくなので、NewDaysでは「磯部餅」を一緒に買っていた



甘いタレの味なのかな・・・と思っていたら、後からピリリと来たぞ、これ。どうやら一味唐辛子入りの醤油ダレ味だったらしい。個人的には、この味は好きなのでよしとする。


SHV39_4833およそ1時間半で八戸駅に到着。東京駅からだとおよそ3時間ほどで着きます。
やはり八戸といえば、ヴァンラーレ八戸昨年見事にJ3参入を決め、現在12位ではあるものの、新規加入チームとしては結構奮闘していると思います。ただ、JFL時代(2016年)の頃より大人しくなっちゃったかな・・・。この掲示板くらいしかなかったのは少々残念。頑張ってくれよ。来年お世話になるかもしれないから(ギャハ)。



SHV39_4835ここはやっぱり、鮨市でしょう。
今回は「貝づくし六貫」をチョイス。
普通は、ほっき貝(ボイルと活)・活あわび・赤貝・つぶ貝・ほたて貝の6種なのですが、ほたて貝が切れていたので、マグロの中トロに変更された。普通なら、そこで売り切れですとしなかったところが粋だよね、活(いき)な魚介を取り扱うだけに(ニヤニヤ)。<誰が美味い(上手い)こと言えと。



鮮度のいい貝が揃っているのを実感。どの貝も身が締まって甘みもある。ここは鯖寿司も美味いけど、普通の寿司も美味しいねぇ。時間があったら絶対ここで寿司食べよう。


SHV39_4836午後8時過ぎの八戸駅を出発した八戸線の列車は、午後10時過ぎに終点の久慈駅に到着。ここでJRの路線が切れて、第三セクターの三陸鉄道に切り替わるのです。
そんな久慈市は、朝ドラ「あまちゃん」のロケ地として非常に有名



SHV39_4837「いんや~ほにほに遠いところ良くきてけさったなす」と地元の方言で歓迎。
恐らく、「いやいや本当に遠いところから良く来て下さいましたね」という意味でしょう。



久慈駅に着いた時、駅前は駅舎以外はほぼ真っ暗。三陸鉄道で明日買ったらいい切符を聞いて、その後はホテルに直行。まだ久慈市は寒く、息が白かったのが印象的。温かいものが恋しかったわい。
明日は早いので、着いたらすぐ寝よう・・・と思ってもなかなか寝られなかったのは内緒(笑)。


次回からいよいよ三陸鉄道に乗って岩手県を縦断します。


人気ブログランキングへ ブログランキング・にほんブログ村へ  
Posted by alexey_calvanov at 23:59Comments(0)

2018年05月10日

東北を見る旅② 湯本駅でいろいろと

SHV39_3137スパリゾートハワイアンズ(旧常磐ハワイアンセンター)でタクシーに乗って十分ほど、あっという間というのか、湯本駅に到着。予定していた列車にはあと1時間近くある。
となると、お風呂に入ってさっぱりしたい。実はスパリゾートハワイアンズの温浴施設に行きたかったのはそんな理由だったんだけど、時間が無くなりそうと思って戻らざるを得なくなったとなったわけ。
で、一番近い温浴施設はどこなのかと駅前の温泉施設案内に尋ねると、やっぱりここだった。
こちらは駅前にある公衆浴場の「「みゆきの湯」。下調べで候補だったんですけど、近いと思ってスパリゾートハワイアンズに行ってしまったのですわ(苦笑)。
入るだけならワンコインでも十分。しかし、タオルやら何やら持っていなかったので、大体600円くらいかな。それでも安かったように思えます。
小さい浴場ながらも41゚Cと44゚Cの2種類のお湯があり、どっちもいい湯でした。



SHV39_3136時間もあったし、頃合いでもあったし・・・ということで、お昼を買っていこうと思い立つ。
駅前にはコンビニがありました。WAIWAISHOP(ワイワイショップ)という今ではすっかり珍しくなった個人商店型のお店です。
店の中は、スーパーが近くにないということもあって、肉や野菜なども揃えてありましたけど、ファストフーズもあるコンビニのような側面も。お弁当も充実していました。

そのコンビニに掲げられた、いわきFCのタオルと同チームに関するコラム。恐らく2017年頃のものかなと。それだけ地域に溶け込み、地域に根差そうとしている、地域の期待を一身に浴びているクラブなんだなと。

ちなみに、郡山でもいわきでもそうでしたが、同じサッカーチームの福島ユナイテッドの宣伝は全く見掛けませんでした去年行った会津地方でも無かったように感じましたから、福島県のクラブとしてもっと宣伝しないといかんですわね・・・。



SHV39_3138そこで買ったお昼その1。
WAIWAISHOPで買った「にんにく味噌焼きおにぎり」(左)と「直巻きおにぎり うめ」(右)。
「直巻きおにぎり うめ」は、「焼きおにぎり(うめ)」という商品名にもなっていた。お米は福島県産とのこと。



どちらも味噌ないしは醤油の風味があって美味しいのですけど、「にんにく味噌焼きおにぎり」はにんにくの風味がとてつもなく強烈だった(苦笑)。でもパンチが利いてて美味しかったけどね。人と会う前には食えんわ(汗)。
ちなみに、「にんにく味噌焼きおにぎり」に梅干しが入っていたのは、単純に製造者側のミスだと信じたい(笑)。


SHV39_3141もう一つは、駅前にある豆腐屋の奈良屋の「あおばた寄せ豆腐」
いわゆる枝豆豆腐で、とても美味しいと店の人が太鼓判を押していた。ご厚意で塩を頂きました。ありがとうございました。



これね、何も無くても豆腐の味わいが滑らかでかつ苦みの少ないまろやかな豆腐枝豆の風味も口の中で香ってきていい豆腐でした。そこに塩を振ると、豆腐の味わいが締まってより美味しい。推してくれた理由がわかった気がするわ。


SHV39_3142最後は、駅にあるNewDaysから、「ポテト入りそば飯」
ん、ポテト入り・・・と思いながら、しばらくして思い出す。そうか、ポテト入り焼そばってのが、栃木県にあったなぁ(ニヤニヤ)。



見た目のように、濃い味付け。そして少し酸味のある味わいは、やはりそば飯だからか。でもポテトには味が付いていないのよね。味が付いていないから、箸休めに丁度いいわい。


そうこうしているうちに列車がやって来た。先程買ったものを電車で頂きながら、のんびり車窓を眺める。日本のよき風景と思いながら、美味い飯とお茶で一服。
途中、Jヴィレッジも通ったんだけど、線路の上(つまり丘の上)なので、見られず近い将来Jヴィレッジ駅という駅ができるそうなので、それまで待つとしよう。なお、Jヴィレッジは今年の夏から再開とのこと。


SHV39_3143しばらくのどかな車窓を眺めていて、思わずはっとなるシーンを見掛け、慌ててカメラを向ける。場所的には木戸駅の直前あたり。
あの黒いごみ袋、除染した廃棄物の入ったものか・・・。
広範囲に除染を行っていたのは知っていたけど、まさか線路のそばに廃棄場があったとは思わなんだあのあたりは人も住める区域になっているのに、カバーも掛けられていない。本当はカバーを掛けないといけないのに間に合っていないのか。失礼な話、この状態を見てしまったら窓は開けられないわな・・・。



この木戸駅の前で見たものは、ほんの序の口だったに過ぎない。この先、私はもっと大変なものを見に行くことになるのだった。


人気ブログランキングへ ブログランキング・にほんブログ村へ  
Posted by alexey_calvanov at 23:24Comments(0)

2018年03月23日

ジェフ戦の試合に行く前に 後編 アビコ・アキバ、そして・・・

3/11にジェフユナイテッド市原・千葉×FC岐阜の試合を観に千葉県千葉市中央区蘇我にあるフクダ電子アリーナに行く前の話。前回はディズニーランドの話でした。


そのままフクダ電子アリーナの最寄り駅である蘇我駅まで直行できるのですけど、そのまま行ってもだいぶ時間がある。そんなわけで、舞浜駅で青春18きっぷを買うことに。舞浜駅は都区内でもないことを考えると、それがベターだろうなぁと。
じゃあ、青春18きっぷでどこへ行こう。色々考えた末、最初に向かったのは、我孫子駅


SHV39_2789何で我孫子駅なのか?
答えは簡単。1・2番線ホームにある弥生軒に行きたかったから。以前行った時(偶然にも千葉戦観戦時)は工事中だった1・2番ホームの弥生軒は営業中。外観は撮ってこなかったのですけど、山下清さんが働いていたことを示す緑の看板はしっかり撮ってきました
ただ、あまりお腹が空いていなかったので、単品の唐揚げ1個を買って帰ることに。



SHV39_2790そうなった理由。
舞浜駅のNewDaysでおにぎりを買っていたから。
九州沖縄旨いものフェアをやっていたので、「九州産高菜炒飯」(左)その日が丁度震災から7年という節目だったので、「三陸産わかめ」(右)を頂きました。



「九州産高菜炒飯」は、高菜の味がしっかりしているけど、チャーハンの美味さもあって、なかなか美味しい。パラパラしすぎていないので、食べやすいですね。チャーハンはパラパラしているのがいいけど、おにぎりに限っては、少ししっとり目でもいい。


SHV39_2793我孫子駅からやって来たのは、アキバこと秋葉原駅
ランチパックのアンテナショップも行ったついででアトレに行ったら、「りゅうおうのおしごと」のアンテナショップがあったこれは作者いてもおかしくない案件(笑)。丁度千葉戦もあったからね(ニヤニヤ)。



この後、蘇我駅に向かうはずだったのですが、乗換駅を間違え四街道駅まで行ってしまい、引き返して千葉駅で乗り換える・・・と思ったら、東千葉駅で降りてしまうという大失態の繰り返し(爆)。繰り返すのは、対戦相手の千葉だけでよかろうに(泣)!
ちなみに、ロンドンから来たインド系の方が、飯田橋まで行きたいと尋ねてきたので、何とかかんとか説明したのですけど、無事に飯田橋に着いたのだろうか。少々心配。


人気ブログランキングへ ブログランキング・にほんブログ村へ  
Posted by alexey_calvanov at 23:57Comments(0)

2018年02月12日

去年末東京に行った時の小ネタ

去年の年末、東京に行ってきたことは既に書いたと思いますが、その時に色々買ったりもらったりしたので、そのあたりの話を今さらながら書いていこうと。ええ、今さらですが(ニヤニヤ)。


SHV32_1700最初はNewDaysで販売していた「三元豚の手作り味噌カツサンド」JR東海のベルマートやキオスクでも味噌カツサンドは定期販売しているものの、ここのは、三元豚という3種類の品種(ブランドものとは限らない)を掛け合わせた豚にまるや八丁味噌の味噌を使って作った味噌だれを掛けたものになっています。



いやはや、この味噌カツサンドは、名古屋人も納得の味味噌の渋みと甘みがよく出されていて、豚肉も美味くて相性がいい。衣にきちんと味が行き渡っているのも好印象。


SHV32_1703お次は、大みそかの朝に頂いたセブンイレブンの「赤の麻婆!旨辛あんかけ焼そば」。小雪舞う西新宿のイートインで頂いたものです。
麺とあんかけ麻婆焼そばの部分が分離されています。麺は堅焼きではなかったかと。



こちら、とろみというのかあんかけの部分は普通麻婆の部分は安心安定の味でした。辛いけど旨味もしっかりあって、麺の少し甘いように感じられる味との相性も抜群です。ちなみに、同じセブンイレブンから発売されている麻婆丼よりも色味も辛さも少し控え目なのかな。


SHV32_17053番目は、伊藤園の「具がたっぷり!トマトのスパイシースープ」。恐らくJR東日本の自販機「acure(アキュア)」限定販売なのではなかろうかと。
ひよこ豆とにんじんが入っているトマトスープの缶飲料です。広口になっているので、飲みやすいです。



その名の通り、スパイシーなトマトの味わいにまずビックリ。それでも後から来るトマトの酸味と甘みにほっこりさせられます具は特にひよこ豆のしっかりとした食べ応えある味がいいですね。あっさり味なので、トマトスープによく合います。


SHV32_17164番目は、さわの「飛騨牛味ざん舞」
某サイトの管理人が岐阜・飛騨に行った時に買ってきたお土産です。いの一番に当たったので、選ばせて頂きましたよ。空気読めとか言わない(ギャハ)!名古屋にいたって飛騨牛は高いのよ・・・(泣)。
飛騨牛に国産のきのこ類(椎茸・舞茸・しめじ)が入っている佃煮です。



これは美味い。飛騨牛の旨味もさることながら、一緒に入っているきのこ類の食感、シャキシャキ感がたまらない。味付けはそんなに濃くないのですが、ご飯にピッタリ。通販でも買えるようなので、遠方でも安心(笑)。


SHV32_1772最後は、日本アスパラガス製造、北海道日高乳業発売、南日本酪農協同販売の「贅沢バニラミルク いちごミックス」去年紹介した「贅沢バニラミルク」の後釜として発売されたようです。こちらも先程伊藤園の商品で紹介したように、JR東日本の自販機「acure」でのみ販売しているふうですね。



前のよりも牛乳分が減って半分にはなっているものの、バニラな風味はあまり損なわれていない。それでいて、いちご風味が濃厚なので、まるでいちご味のソフトクリームを食べているよう。なお、いちご味ではあるものの、いちごの酸味は無く甘みメインになっております。


人気ブログランキングへ ブログランキング・にほんブログ村へ  
Posted by alexey_calvanov at 22:52Comments(0)

2018年01月03日

オムすび勝負!

「オムすび」とも呼ばれることのあるオムライスのおにぎり。チキンライスにケチャップかデミグラスソースを掛け、薄焼き玉子でくるんだもの。毎年数回出ることがあるのですけど、ほぼ同じ時期に同じような「オムすび」出すんですよねぇ。


というわけで、年末に東京・横浜に行った時、しこたま「オムすび」ばかり買ってきました(笑)。名古屋へ帰る時に買ってきたのですが、なかなか集まらずに苦労しました(泣)。


SHV32_1706で、その戦果(笑)。天下のローソン様が出してないとは何事だ!
・・・と思って調べたら、売ってもいなかった(爆)。


左側はケチャップを掛けたもの。
セブンイレブンの「自家製ふんわり玉子のオムライス」(左上)とJR東日本のコンビニであるNewDaysの「オムすび」(左下)。
右側はデミグラスソースを掛けたもの。思ったよりこっちの方が多い(汗)。
ファミリーマートの「ふわとろ玉子のデミオムライス」(右上)、JR東海が運営している売店ベルマートの「おむすび デミグラスソースのオムライス」(右中央)、デイリーヤマザキの「洋風おむすび デミグラスソースのオムライス」(右下)になります。



その味はというと・・・。まずケチャップ味から。
セブンイレブンのは、そんなに具材は入ってないんだけど、中のケチャップの味わいがいいね。ケチャップライスも美味いけど、中のケチャップとの塩梅もなかなか。バランスのいい味わいになっています。
ところが、NewDaysはそれを上回っていたケチャップライスは薄味なものの、ケチャップが濃厚。甘酸っぱい味がご飯を引き立てます。個人的には好きな味です。

対してデミグラスはというと、ファミリーマートのはオムライスがメインでデミグラスは薄め。具材もあまり無い感じですわ。
ベルマートのは、ファミリーマートのものをさらに薄くさせた感じ。値段も一番高いのに、いいところがないのはいかに。
それに対して、デイリーヤマザキのは、オムライスの味は薄め、デミグラスは若干濃いかなと思ってたら、鶏肉がゴロっと入ってた。案外大きい肉が入っているのよ。食べ応えならこの「オムすび」が一番かも。


結論として、一番美味しかったのは、NewDaysかな。その次はセブンイレブンかデイリーヤマザキかもしれない。個人的には味の差が付いているケチャップ味の方が美味しいかな。


人気ブログランキングへ ブログランキング・にほんブログ村へ  
Posted by alexey_calvanov at 23:46Comments(0)

2017年08月30日

FC岐阜観戦記2017 アウェイ編 その13 おまけ 安孫子のそばと帰路のメシ

SHV32_1303先日見に行ったジェフユナイテッド市原・千葉×FC岐阜との試合前、「青春18きっぷ」で直行すると、試合開始5時間くらい前に着いてしまうので、だったらどこか寄っていこうと思い、千葉県だからと行ったのは、我孫子駅
いくつかの乗り換えを経て、我孫子駅に着いたのは午後1時過ぎだったかなぁ。駅ナカにあるそば屋の「弥生軒」に行って参りました。
店の外観を撮ってこなかったのは、目的の「弥生軒」(「弥生軒」は駅に2つ店を構えている)は改装工事中だったから。その改装工事中の方は、かの画家山下清さんが道中立ち寄り、アルバイトをしていたという店で、そのことを記した看板もあるのですが、工事中で撮れないのなら仕方ない。それで目的のそばも食えないんじゃ本末転倒だな・・・と思ったら、もう一方の店はちゃんとやってた。よかった、「唐揚げそば」が食えるわ(ニヤニヤ)。
名前の通り、デカい唐揚げ(鶏もも肉と思われ)がデーンと乗ったそばで、写真は2枚入り1枚の注文も、単品での注文も可能ですが、単品の場合は、つゆの無い状態で出され、かつ掛けてくれないので注意



まぁ、正直唐揚げは硬い作り置きしているので、そうものすごく美味しいというものでもない。ただ、べちゃっとはしておらず、カチカチに揚がっているという感じ脂っこいのは事実だが、嫌な脂っこさではないかなと。
じゃあ、どうするのか。簡単です。つゆに浸せ(爆)。かつおだしの利いたシャープなつゆに浸すと、これがまたいい味わいになるんです。不思議(笑)。普通のかけそばだったら、シャープな味わいのそばですね、で終わるんでしょうね。

かけそばだけなら普通の味。唐揚げだけなら硬いなぁという印象。しかし、この両者が合わさると、確かに美味しいなぁとなるんですよね。ホント不思議(ニヤリ)。


SHV32_1315で、帰り。
新幹線で帰れば、午前様ながらも名古屋には帰れたのですが、大変なので新宿まで出てクラマー湯のお世話に風呂に入って一泊する形になりましたが、新幹線で帰るよりよかったかなと。

その帰りの電車で何か食べようと思って買ったのが、「クラマー湯」そばのセブンイレブンで買ってきたおにぎり「高菜明太子」(上)と「ジャンバラヤおむすび」(下)
下のは後に全国展開したようで、近所のセブンイレブンでも見掛けました。
上のは恐らく関東圏の地域限定商品の模様。新型おにぎりで、中だけでなく上からも中身がわかるような仕組みになっています。うどん屋とかお惣菜屋とかにこういったタイプのがありますよね。



上のは、高菜の辛さと明太子の辛さがマッチする・・・というか、よくある設定ですよね(ニヤニヤ)。九州の人ならもう皆まで言わなくとも美味いと思われる味かと。
下のは、スパイシーなんだけどもう一味欲しいなぁと。あとソーセージが薄っぺらい(苦笑)。


SHV32_1317そして、もう一つ買ってきた。こちらはNewDaysの「ゴーヤチャンプルー風炒飯」
8/31が野菜の日ということもあり、もっと野菜を摂ろうという意味合いで初音ミクがイメージキャラになって宣伝しておりました



あっさり味の炒飯に仕上がっているものの、ゴーヤはどこー(汗)?美味いんだけどね。ゴーヤがどこなの(苦笑)?


人気ブログランキングへ ブログランキング・にほんブログ村へ  
Posted by alexey_calvanov at 23:22Comments(0)

2017年08月15日

FC岐阜観戦記2017 アウェイ編 その11 おまけ③ 横浜で食べたのは、こんなもんか

で、あの日横浜で食べた物って何だろうと思い返すと、このくらいだったのかもしれない。今回はスタメシで紹介した以外のものをここで。ちなみに、写真には収めていないが、新幹線で崎陽軒のシウマイだけは食べて帰った(笑)。


SHV32_1128最初は、行きの電車。熱海駅で乗り換えた時
少し時間があったので、駅ナカコンビニのNewDaysで買ったおにぎり2種。丁度「北海道&青森フェア」が開催していたのもあり、今回は「NewDaysサンドおにぎり ザンギ(キャベツマヨネーズ和え)」(左)と「大間産本鮪入り ねぎとろ」(右)をチョイス



「NewDaysサンドおにぎり ザンギ(キャベツマヨネーズ和え)」は、濃い唐揚げ(正確には『ザンギ=唐揚げ』ではないのだが、敢えてこう書く)の味わいに、マヨネーズのコクが加わって美味かったです。

「大間産本鮪入り ねぎとろ」(右)は、本鮪なんてほんのちょっとしか入ってない(苦笑)ものの、まぐろの中落ち部分を使っているのは間違いなく、トロリとしたマグロの味わいを楽しめるのは言うまでもないのよね。基本おにぎりにねぎとろのような生物を使っているモノは買わないようにしているのですが、今回は買ってよかったと思った。


SHV32_1145そして中華街。
中華街では何も食べられず、横浜スタジアムでも見て行こうかと思った時に、飲み物欲しさに立ち寄ったファミリーマートで買ってきたのが、「揚げパン」3種。偶然3種類あったので買った。関東圏のファミマでしか買えないものらしい。
左から、ピザ・カレー・ピロシキになっています。



ピザは濃いトマトソースの味わいが楽しめる定番の味で、カレーはスパイシーではないものの、カレーの味わいは楽しめる味。そしてピロシキは普段味わないからなのか薄味に感じたのは気のせいか?なお、衣は揚げているせいもあるのか、結構甘い。ゆえに、中の具にコントラストがあってもいいんですけどねぇ・・・。


やっぱり、崎陽軒は偉大だった(ギャハ)。


人気ブログランキングへ ブログランキング・にほんブログ村へ  
Posted by alexey_calvanov at 22:55Comments(2)

2015年08月16日

これから無茶して帰ります(爆)

コミケ3日目、欲しい物はあらかた買い、早いこと帰ろうと思い電車に飛び乗りました(笑)。


とりあえず、りんかい線分は青春18きっぷが通じないので大崎駅まで乗り、そこから一旦改札を出て使うというふうに。
その大崎駅改札外のNewDays(いわゆるキオスクともコンビニとも言える形態の店)は、おにぎりが赤飯だけ(ギャハ)。仕方ないので改札内のNewDaysに入ると、それなりにあったのでいくつか買ってきました。落ち着いたら車内で頂く予定です。
ちなみに、「終わりのセラフ」のコラボキャンペーンをやっていたのは、大崎駅だけなのか?


この後、平塚→熱海→興津→浜松→豊橋・・・となっていくので、総じて6時間以上の長丁場になりますけど、この時間ならそう混まないと思いを馳せ、寝て行きます(ギャハ)。<乗換えし損ねるぞ!


人気ブログランキングへ ブログランキング・にほんブログ村へ  
Posted by alexey_calvanov at 14:36Comments(0)TrackBack(0)