2019年09月06日

22年の時を超えて

1997年にプレイステーションで発売された「moon」。こちら、アスキーから発売(開発はラブデリック)され、RPGでありながら、戦闘が無い、勇者が主人公ではない、むしろ勇者は悪者として描かれているというRPGの不文律を破りに破った作品として名を馳せていました。当時としては結構難しい部類に入る作品で、骨を折られた人が多かったのではないのでしょうか。
プレイステーションで発売しているにもかかわらず、他のハードに移植されないまま、22年が過ぎました。できなかった最大の理由は、権利関係と言われています。22年の間に開発のラブデリックが解散してしまった点とアスキーという会社もいろいろな変遷を経てKADOKAWAに変わっていたことで、権利関係がうやむやになったとも。ここ数年では、テレビ東京系の番組である「勇者ああああ」でも言われていますが、プレミアの付いている作品とも。

そんな作品が、9/5に配信されたNintendo Directで移植決定と発表されました。廉価版が1998年に登場して以降、全く移植などもされなかった作品が、遂に日の目を見るのです。しかもソニー系ハードではなく、任天堂系ハードであるNintendo Switchというハードを越えた移植というのもまた驚かされましたね。この驚かされ方は、飯野賢治さんが「エネミー・ゼロ」をプレイステーションからセガサターンにハード提供先を変えた話以来だわ(苦笑)。

難易度の高い作品ですが、一度はプレイしてほしい作品ですね。苦労に苦労を重ねた結果見た真実は、昨今のRPGとは何だったのかという思いに駆られます。まぁ、プレイ中にもそう思うことが多いでしょうけど・・・。


「moon」は10/10にダウンロードソフトとして配信(価格は1,980円(税込))されます。22年前に遊んで衝撃を受けた人、今のRPGを遊んでいながらこの作品を知らない人、どちらの方にも遊んでほしい、そんな作品です。


人気ブログランキングへ ブログランキング・にほんブログ村へ  

Posted by alexey_calvanov at 23:56Comments(0)

2019年09月05日

もじぴったん、ご存命だった

「ことばのパズル もじぴったん」こともじぴったんシリーズの最新作が発売されることになったと今日配信されたNintendo Directで発表されました。もじぴったんシリーズとしては、ニンテンドーDS(DSiウェアという配信ソフト)での発売以来、実に10年ぶりになります。ただし、発売は2020年予定になるので、数えで言えば11年ぶりになりそうですが。

Nintendo Switchで発売される新作の名前は、「ことばのパズル もじぴったんアンコール」。この発表に合わせて、公式サイトの更新も行われていたため、既に死んでいたと思われた公式サイトが実は生きていたという事実も判明一部のネットユーザーは、生きていたのかと驚愕する声も挙がっていました。
作品そのものの内容は、2008年にWiiで発売された「ことばのパズル もじぴったんWii デラックス」をベースにし、Wii版の分と新作を併せて800ステージ以上を搭載予定という超豪勢なものに。
さらに『みんなで作る』をキーワードにし、「みんなでつくろう もじぴったん」という応募企画を実施辞書に載せたい新語や新ステージを公募するとのこと。特に新語は、ここ数年の流行語は確実に入ってくるだろうなぁ・・・。なので、同じ言葉に集まった場合は、先着10名がクレジット(登録した名前で)掲載されるとのこと。
なお、新語は平仮名で9文字以内という決まりになっているので、『ゆーちゅーばー』のような長音符(伸ばす音の文字)の入る言葉は作れないので注意しよう。恐らく人名や商品名も厳しいんじゃないかな。あくまで一般名詞か話題になった言葉レベルまででしょう。それでも結構あるだろうし、1人しか書かない言葉は採用されにくいだろうから、採用はかなり難しいだろうなぁ・・・。正直『そんたく』(忖度)とか『ばくがい』(爆買い)とか考えたけど、皆が思いつきそうな言葉だもんなぁ。
ともあれ、思いついたらレッツ投稿の意気込みで書いていけば、意外と採用されるかもしれないですよ。

「みんなでつくろう もじぴったん」の締め切りは10/31になっています。期間があるようで無いぞ(ニヤニヤ)。


人気ブログランキングへ ブログランキング・にほんブログ村へ  
Posted by alexey_calvanov at 23:25Comments(0)

2018年03月21日

イチモツでわかったマリオの世界観

世の中ナニでわかるかわからない。そう『ナニ』でわかったのだ(爆)。
先日「Nintendo Direct」で6/22発売と発表されたNintendo Switchの「マリオテニス エース」。その際掲載されたルイージがテニスラケットが壊れて驚く姿に注目が集まることになったのです。あっと驚くその顔は、ラケットが壊れた顔だと思いたかった。実は、股間のあたりがふっくら・・・
そう、ルイージにはイチモツがあることが明らかになったのです(爆)。そんなの当たり前・・・そう思ったでしょう。実際のところ、ルイージをはじめ、マリオシリーズのキャラには、それを明確に示すものが無かったのですよ!これにより、男性、つまりイチモツもったキャラだということがわかったんですよ。

しかも解析班のすごいところは、壊れたラケットからイチモツの大きさを推測したあたり(笑)。壊れたラケットが一般的に使われる71cmだと仮定したところ、9cm強あることがわかったのです。イチモツがしぼんだ状態ではなく、部分勃起状態という非常にわかりにくい状態まで留意しやがった(ギャハ)。テニスウェアのせいじゃないかとも言ってたけど、よく調べたよ・・・。


しかし、このルイージのイチモツでわかったのはそれだけではなかった。何と他のキャラの身長が推測できるかもしれないと息巻いているのだ。既にクッパの身長がわかっており、1.2m程だと判明したのです。思った以上に小さいな(苦笑)。ドラえもんといい勝負だったのか・・・。

ただ、一部ではルイージにイチモツがあるのは根拠に欠けると反論する動きもあり、今後更なる議論が彼らのシリーズの世界観の判明と共に巻き起こっていくでしょう。


いやねぇ、そんなところからわかるのも、ルイージにとっては不本意でしょう。ただでさえ目立たないキャラとか言われているのに、こんなことで目立っちゃうなんて・・・(苦笑)。これも冴えない弟の宿命なのかねぇ・・・。


マリオテニス エース - Switch
マリオテニス エース



ハッピープライスセレクション ルイージマンション2 - 3DS
ハッピープライスセレクション ルイージマンション2



人気ブログランキングへ ブログランキング・にほんブログ村へ  
Posted by alexey_calvanov at 23:21Comments(0)