2018年02月18日

『不具合』で低評価無双

日本ではPS4で販売された「真・三國無双8」。海外ではPS4以外にもPC版(Steam)でも販売されております。そのことから、PC版は日本語の対応は基本的にしていない(字幕やインターフェイスでの対応は無く、音声のみの対応)だったのですけど、発売当初は中国語と共に日本語がフル対応になっていたのです。
ところが、発売2日後にアップデートが施され、非公式でフル対応になっていた日本語と中国語が不具合扱いで対応不可になってしまったのです。それに伴い、日本語は基本的に非対応、中国語に至っては全て非対応になってしまいました
この一件で、日本および中国ユーザーの怒りを買い、レビュー・コミュニティ共に炎上、「おすすめしない」が9割に達する事態になりました。


一番不遇なのは、中国を題材にしているゲームなのに、(元々サポートしていないとはいえ)中国語が一切非対応になってしまったことでしょう。地元の史実をベースにしているのに自国語で遊べないのは辛いでしょうねぇ。ただ、中国でどのくらい遊べるのかが不確かなところでもあるわけですわ。ご存じの通り、中国は社会主義体制で国家の統制が厳しいところそこをかいくぐって遊ぶのであれば、いくら不満を挙げてもSteamやコーエーテクモゲームスの耳に届きにくくなるでしょうね。

日本語の一件に関しては、お怒りはごもっとも。日本で作っている作品なんだから、日本で展開されるのは当然という考えもわからなくはないです。ただ、元々Steamでは海外展開のみとしているので、致し方なしなところも。中国語の一件と同率に考えるべきなのでしょうが、日本ではPS4で遊べるという点で事情は異なってくるでしょう。日本でのPCでの普及率も頭に入れなければならないでしょう。ただ、コーエーテクモゲームスの前身であるコーエー(光栄)がPCメーカーのパイオニアとして、この扱いもどうかとは思いますが・・・。


もっとも、日本語・中国語を不具合扱いで処理したコーエーテクモゲームスの対応が一番まずかった返金の認められる購入から14日以内ないしはプレイ時間が2時間未満の間にやるべき処置だったのに、それを怠ったのは不具合の扱いと同様にまずいですわねぇ・・・。
一番行うべきは、元々対応していなかったのに入れてしまったことを謝罪することであり、非対応にするのであれば、条件に関わらず返金すべきだと思うのです。それか公式に日本語と中国語で対応しますとアナウンスすることでしょう。


自分達の利益を追い掛ける結果がこの対応ならば、コーエーテクモゲームスも酷い企業になったなと思えてならず、残念でなりません。


人気ブログランキングへ ブログランキング・にほんブログ村へ  

Posted by alexey_calvanov at 21:44Comments(0)

2016年04月22日

メガドライバー歓喜!

ただし使用言語は英語(汗)。


セガ・ヨーロッパは、Steam(スチーム)というダウンロードコンテンツでSEGA Mega Drive(メガドライブ)のゲームを保存する機能「SEGA Mega Drive Classics Hub」を展開することを発表しました。
1990年代の部屋をイメージした仮想空間に保存され、当時をしのばせるポスターやブラウン管のテレビが置かれています。


この「SEGA Mega Drive Classics Hub」では、ローカル対戦やどこでもセーブができる機能、さらにMODデータを入れた遊ぶことができる「Steam Workshop」にも対応しています。
なお、既にセガクラシックスを購入した人も自動でこの機能に無料で対応してくれるとのことなので、この機会に是非どうぞ。


対応ソフトは30本。日本でも有名な作品もたくさんあります。セガを代表するRPGファンタシースターシリーズはⅡ・Ⅲ(時の継承者)・Ⅳ(千年紀の終わりに)の3作とも対応している他、セガのアクションゲームの傑作「バーチャファイターⅡ」や「スペースハリアーⅡ」、プレミア価格が付いたことのある「コミックスゾーン」も収録されています。今後、対応ソフトはアップデートにより増加するとのことなので、人気だったあの作品も間もなく登場するかもしれませんね。


でも、どうせなら根強いファンのいる日本にもローカライズしてほしいなぁ・・・(ニヤニヤ)。


人気ブログランキングへ ブログランキング・にほんブログ村へ  
Posted by alexey_calvanov at 21:48Comments(0)TrackBack(0)