2018年12月13日

イタリアの方のスプリームアルヨ

アルヨ書いてるけど、韓国のメーカーの話アルヨ!<どっちもダメアルネ。


先日、韓国のメーカーであるサムスン電子が、中国でGalaxy A8sの発表会を行いました。その時、大々的にアメリカのファッションメーカーであるSupreme(シュプリーム)との提携を発表したのです。しかし、壇上に上がってきたのは、アジア系の方2名アメリカの企業だけど、今回たまたまアジア系の方が担当しているんだね・・・とか思ったわけです。
ところが、事態は急展開。実は、提携をしていたSupremeというのは、SupremeのコピーブランドであるSupreme Italiaとだったのです。このSupreme Italiaというのは、International Brand Firm(インターナショナル・ブランド・フィルム)社の所有している会社で、Supreme Spainという会社もあるのだとか。中国の特許先願制でもSupremeがアカンかったんでしょうね。


韓国は、相手のSupreme Italiaがコピーブランドだという認識があったんでしょうか。言い訳がましく、「(アメリカ企業の)Supremeは中国での営業許可が無いため、中国で営業可能なSupreme Italiaと組んだ」と言ってるんですよ。これは怪しいなぁ・・・。


ただ、コピーブランドであるSupreme Italiaは少なくともヨーロッパでは差し止めにはなっていないんですね。
というのも、『Supreme』という言葉がだたの形容詞であってメーカー商標に当たらないとして、EUの知的所有権を扱う省が判断したため、差し押さえができない状況になっているのです。つまり、企業として実質認められている状態で、今回のコラボも違法性はないというふう。ただ、倫理的に見て、Supremeの名前に乗っかって売ろうとする魂胆は見え見えなので、快く思われないわけです。


結果的に、Supremeとのコラボは、アメリカの方もイタリアの方もNGになるでしょう。前者は倫理観の無い企業とは組めないという理由で、後者は倫理的に認められない企業と組むのは問題という理由で。あーあ、一挙両得じゃなくて一挙両損アルヨ(苦笑)。


人気ブログランキングへ ブログランキング・にほんブログ村へ  

Posted by alexey_calvanov at 23:55Comments(0)