2014年11月02日

レコゲー2014 11月 据え置き機編②

レコゲー据え置き機編、今回は各ハードの注目作の紹介です。


まずはWii U。


最初は、進め!キノピオ隊長(★)
マリオシリーズに登場するキノピオが主人公の箱庭アドベンチャーです。
ステージ上にある様々な仕掛けを利用してキノピオをゴールに導くというものです。Wii U GamePadのタッチパネル画面やマイクを利用して仕掛けを動かしたり、Wii U GamePadを傾けてステージを見渡すこともできます。ステージ数は70ほどあるのですが、行き詰ってもお助けアイテムで乗り越えることもできます。そしてさらわれたはずのヒロインもステージに登場することも。
よくあるパズル系アドベンチャーではあるものの、Wii U GamePadを使うという点が斬新なのではないかと思います。

続いては、太鼓の達人 特盛り!(★)
ご存知、太鼓の達人シリーズ最新作になります。
新要素としては誰に回ってくるかわからないバトンタッチ演奏やイントロクイズ、ゲーム内通貨を使ったガチャ機能で曲や着せ替えなどを購入可能になっている点でしょうか。ちなみに、最新曲や人気曲など100曲収録され、「アナと雪の女王」で有名になった♪Let It Go~ありのままで~も収録されています
これからクリスマスシーズンということもあり、パーティーアイテムとしても重宝しそうです。


続いてはXBOX ONE。


XBOX ONEからは唯一Halo: The Master Chief Collection
XBOX・XBOX360で発売された1(コンバット・エボルヴ)~4までのシリーズと実写版「Halo: Nightfall」、そして最新作「Halo 5: Guardians」のマルチプレイヤーベータアクセス権を収録したシリーズ集大成的な作品。特に2に関しては、発売10周年を記念したリマスター版となって登場し、当時のグラフィックとの比較も一瞬で対応可能(切り替えという形)です。最新作に繋がるシーンも新収録されているそうです。


次回はPC作品の紹介です。


人気ブログランキングへ ブログランキング・にほんブログ村へ
  

Posted by alexey_calvanov at 23:28Comments(0)TrackBack(0)

2014年09月03日

レコゲー2014 9月 据え置き機編③

レコゲー、今回は各ハードの注目作の紹介です。今回はWii UとPS4・PS3から。


まずは、Wii U。
最初は、ベヨネッタ2(★)
2009年にPS3・XBOX360で発売した同作品の続編。華麗なアクションゲームとして話題になり、日本ゲーム大賞2009ではフィーチャー部門で、同2010では優秀賞を受賞しています。また作品内容から、デビルメイクライシリーズとの関連性が指摘されています
任天堂ハードでの発売は今作が初となるのですけれども、初めてプレイする人のために、前作がまるまる収録されているとのこと。
Wii U移植にあたり、Wii U GamePadでのプレイ(タッチ操作)ができるように改良されています。また日本語音声も収録されているので、作品の内容がよりわかりやすくなるよう配慮されています。そして、サムス・アラン(メトロイドシリーズ)、ピーチ姫(マリオシリーズ)、リンク(ゼルダの伝説シリーズ)のコスチュームが収録されています。
さらに今作ではマルチプレイとオンラインプレイが可能になっていて、他のプレイヤーとの共闘が可能になっています。
華麗なアクションゲームが、どちらかというと子供向けとされるWii Uでどこまで成功するのかが注目ですし、ハイティーン層への訴求もできて、普及への起爆剤になってくれればと思っています。

もう一つは、零 ~濡鴉(ぬれがらす)ノ巫女~
人気ホラーアドベンチャーの最新作。今作は日上山という山を舞台に繰り広げられます。
ゲームはフロントビュー方式になっており、Wii U GamePadを射影機に見立てて使用します。
ホラーシーズンはそろそろ終わりになりますけれども、怖い作品が好きな人にはオススメです。


続いてはPS4。
こちらは唯一戦国無双4(★)を紹介。
今年3月に発売した同作品の移植版で、グラフィックの高精細化だけでなく、SHARE機能を使ったプレイヤーへのプレイ補助(回復や援護)や特殊アイテムを放出する強敵の出現を促す機能が搭載された他、過去作品と同様にPS3ないしはPS Vitaでプレイしたデータを連動することも可能になっています。
これまで遊んだ人も初めて遊んだ人も同じ土俵に立てるのが、この作品の大きな特徴。オンラインプレイはないものの、補助的な支援はできるので、オンラインプレイはまだやったことのない人は、ぜひSHARE機能での参入でオンラインプレイ気分を味わってほしいですね。


最後はPS3。
こちらも唯一になる神様と運命覚醒のクロステーゼ(★)を紹介。
前作である「神様と運命革命のパラドクス」の数年後が舞台で、登場人物はほぼ一新されているものの、前作の影響が残っている設定になっています。神様に選ばれた少年が主人公で、天使の少女か悪魔の少女のどちらかを救うことを迫られるふうになっています。
前作同様いとうのいぢさんがイラストを手掛けているため、「灼眼のシャナ」からシャナが、「涼宮ハルヒの憂鬱」から涼宮ハルヒが登場します。また、こちらも前作同様に「ラブライブ!」のキャラが担当する5人のキャラが再登場します。
なお、今作から2Dだったダンジョンのグラフィックは3Dに改められています
日本一ソフトウェアらしい凝ったシナリオなので、今作も『究極の選択』と称される少女を救う選択に大いに悩まされることでしょう。


次回はPC作品の紹介です。


人気ブログランキングへ ブログランキング・にほんブログ村へ  
Posted by alexey_calvanov at 23:35Comments(0)TrackBack(0)

2014年08月02日

レコゲー2014 8月 据え置き機編②

ここからは、各ハード注目作の紹介です。


まず今回最初は1本しかないWii Uから。というのも、今月は無双シリーズの最新作ゼルダ無双(★)が登場するからです。
任天堂のキャラが無双シリーズで登場するのは初めて。世界観がファンタジーの世界なのもガンダム(SF)やワンピース以来でしょう。
リンク以外にもゼルダ・インパ・ミドナといったおなじみのキャラが登場します。当然ながら魔王軍はワラワラと登場し、一騎当千の爽快感は失われていません。
ステージもシリーズおなじみの場所ばかり。また無双シリーズでは珍しいレベル制になっており、レベルを挙げることで体力(HP)や攻撃力の上限が上がるだけでなく、戦闘中であれば体力と必殺技ゲージが回復するふうにもなっています。さらにハートシステムも健在で、4つ集めれば器になり、体力が1個増えるという仕組みになっています。
元々アクションRPGというジャンルなので、合わないわけがない。念願していた人も多かったのではないかと思うので、これがWii Uの起爆剤になればと思っています。


ここからはPS3の注目作の紹介です。今回はまず2本紹介します。


最初は、スーパーロボット大戦OGサーガ 魔装機神F COFFIN OF THE END
スーパーロボット大戦のOGシリーズの最新作で、「スーパーロボット大戦OGサーガ 魔装機神Ⅲ PRIDE OF JUSTICE」の続編にあたり、かつ魔装機神シリーズの最終作にもなります。
シリーズ最終作ということになるので、どういう結末になるのか期待している人も多いと思います。今後のシリーズ展開にも左右するのではないかと思うので、是非ともいい結果を示してほしいものです。

もう一つは、ペルソナ4 ジ・アルティマックス ウルトラスープレックスホールド
2013年に稼働した「ペルソナ4 ジ・アルティメット イン マヨナカアリーナ」の続編にあたる作品で、今作も同年に稼働した同作品の移植になります。ただし、今作はPS3でのみ発売となります。
今作では5段階の難易度調整が可能になり、さらにトレーニングモードやゴールデンアリーナモードという名の成長要素のあるサバイバルモードも搭載されました。ゆえにシリーズに慣れていない人も初めての人にも、かつ作品を遊び倒した人にも楽しめるように配慮されています。
なお、今作もオンライン対戦が実装されています。


次回もPS3の注目作の紹介です。


人気ブログランキングへ ブログランキング・にほんブログ村へ  
Posted by alexey_calvanov at 22:48Comments(0)TrackBack(0)

2014年08月01日

レコゲー2014 8月 据え置き機編①

8月、もう半月すると夏休み・・・という社会人の方が多かろうと思います学生(小中高)の方々はもうあと1ヶ月(寒冷地ではあと半月)で休みが終わりなので、計画的に宿題進めてますか・・・と(ニヤニヤ)。
夏を謳歌しながら面白いゲームをやりたいと思っていた方、お待たせしました。今月はいっぱい出てますよ。販売店も巻き返しのチャンスだと思いますので、ぜひとも新作をどんどん前面に出していきましょう。


そんな今回は、マルチ展開の作品紹介からです。


最初は、「ウルトラストリートファイターⅣ」(PS3XBOX360)(★)
2013年にアーケードで稼働した同作品の移植で、ストリートファイターⅣ・スーパーストリートファイターⅣの流れを汲むストリートファイターⅣシリーズの集大成となっています。
ポイズン・ヒューゴーなど新キャラ5名を加えた44名が参戦し、新要素も含めたバランス調整も施され、楽しみやすく遊びやすい作品に仕上がっています
なお、スーパーストリートファイターⅣや同アーケードエディションを持っている人はネットを介してのアップグレードにも対応しているので、改めて買い直す必要はないそうです。

続いては、「ロストディメンション」(PS3PS Vita
世界中で大規模な殺戮が発生する中で、11人の能力者達が世界を救うために塔を登って行くというもの。ただし、この過程で裏切り者がいるというふうになっており、必ずその裏切り者と思しき人物を消してからでないと先に進めないというふうになっています。
基本的にはRPG方式なんですが、仲間との信頼度を上げたりとか未来のビジョンを覗いて裏切り者が誰かを選定する、または裏切り者を切った後誰にその能力を引き継がせるかなどシミュレーション的要素も高いです。
緊迫感あふれる作品なので、これまでの手ぬるい作品に飽きたという人にオススメです。

3番目は、「ディアブロⅢ リーパー オブ ソウルズ アルティメット イービル エディション」(PS3PS4
2014年に発売したディアブロⅢ本編に「リーパー オブ ソウルズ」という外伝をプラスしたもの。自由に探索できるようになったり、レベル上限もさらに解放され新たなスキルが追加されています。
なお、PS3版で育てたキャラをPS4並行させることも可能になる予定ですので、これからPS4を買おうと思っていた人には大きなきっかけになるのではと思っております。またPS3版はお買い得になっているので、まだまだPS3で・・・ということも可能です。

最後は、「ドラゴンクエストⅩ オールインワンパッケージ」(WiiWii UPC)(★)
2012年に発売した「ドラゴンクエストⅩ 目覚めし五つの種族 オンライン」と2013年に発売した「ドラゴンクエストⅩ 眠れる勇者と導きの盟友 オンライン」が一緒に入ったものです。2本分で4800円(税別)と初期の頃に比べれば随分とオトクになって登場しているので、まだやってみたいと思ったけど高いと思っていた人やそろそろWii UないしはWindowsでプレイしたいという人にはいい転機になるのではないかと思います。


次回は各ハードの注目作の紹介です。


人気ブログランキングへ ブログランキング・にほんブログ村へ  
Posted by alexey_calvanov at 23:15Comments(0)TrackBack(0)

2014年07月01日

レコゲー2014 7月 据え置き機編 前編

7月に入りました。学生は月半ばで夏休みに突入し、クリスマス・正月前と同様にゲーム業界が盛り上がる時期のはずですが、なぜか今年は注目作が少ない。スマホなどのソーシャルゲームやオンラインゲームに押されてしまっているのか、はたまたゲーム離れが進んでいるのか、その要因はいまだによくわからないふうですね・・・。
それゆえなのか、今月は注目作の中にマルチ展開がない月になりました。なので、各ハードの注目作の紹介です。


まずは、PS4から。
今月唯一紹介できるのは、AKIBA'S TRIP2(★)
2013年11月にPS3・PS Vitaで発売した同作品がPS4でも登場となりました。PS4版は画面や内容のクオリティが上がったこともさることながら、ダウンロードコンテンツがほぼ全て収録されていたりビジュアルエディターが使用可能になったり、PS4の実況機能に対応していたりと本編以外での追加が多くなされており、既に遊び尽くした人にも新鮮な気持ちで遊べるようになっているのではないのでしょうか。


PS3からは2本。
最初は、アンダーナイトインヴァース エクセレイト(★)
2012年に稼働し、2013年に現バージョンにアップされたアーケードゲームが原作で、開発は『あの』エコールと同人活動で名を馳せたフランスパンと共同で行っています(今作の開発はフランスパンのみ)。伝奇ライトノベル風の世界を舞台にした対戦格闘になっています。
コンシューマー移植にあたって、オンライン対戦やオンラインでの観戦、新キャラクターの追加、ゲーム内通貨を使ってキャラのカスタマイズが可能になっているなどが挙げられます。
操作はそれほど難しくなく、かつ爽快にプレイできるとのことなので、格闘に苦手意識がある人でも入れるのではないのでしょうか。

もう一つは、シャリーのアトリエ ~黄昏の海の錬金術士~(★)
アトリエシリーズの最新作で、2013年に発売した「エスカ&ロジーのアトリエ ~黄昏の空の錬金術士~」の続編にあたる作品になります。
今作は2人の主人公を軸に展開される作品で、一人は故郷を救うために、もう一人は夢を叶えるために奔走するというものです。
内容はこれまでと同様錬金で作り上げていくことがメインで、そのためには採集などを行っていかないといけないわけで、その途中にはモンスターが襲いかかって来る・・・というふうになっているわけです。
丁度前作にあたる作品がアニメ化され、その作品の映像メディアの発売が控える時期になっているので、アニメで作品を知った人は入りやすいのかもしれません。


最後はWii U。
Wii Uから唯一の作品は、Wii Sports Club
2013年にダウンロード販売された同作品のパッケージ版で、作品そのものはWii本体と同じ日に出た「Wii Sports」のリメイクになります。
今作ではWiiリモコンプラスやハイデフ画面に対応しただけでなく、オンライン対戦も可能になっています。またダウンロード版では追加配信となっていたベースボールとボクシングがパッケージ版では既に収録されているので、これから欲しいという人はこちらの方を買うのがトクかもしれません。


次回はPC作品の紹介です。


人気ブログランキングへ ブログランキング・にほんブログ村へ  
Posted by alexey_calvanov at 23:48Comments(0)TrackBack(0)

2014年05月01日

レコゲー2014 5月 据え置き機編 前編

5月になりました。世間はゴールデンウィークまっただ中で、今月前半はその余波で大人しい状況。しかも消費税増税の影響か、作品も少なめ。あまつさえ売りたい作品が先鋭化しているために同じような作品しかない。何とかならんのか・・・。


そんな中での注目作は、今月唯一のマルチ展開作品である「ワールドサッカー ウイニングイレブン 2014 蒼き侍の挑戦」(PS33DSPSP)(★)です。
今年ワールドカップが開かれるということで制作された特別版で、「ワールドサッカーウイニングイレブン2014」でのモードが全て収録され、さらにジャパンチャレンジモードという日本代表が世界での戦いを行っていく過程を追体験できるというモードが新たに収録されます。これには、全日本人選手の中から理想の日本代表を選ぶチームモードとビカム・ア・レジェンドで育てたオリジナル選手を日本代表として戦わせるプレイヤーモードの2つに分かれ挑むことができます。自分の思い入れが強いものになるので、やり込みがいがあるのではないのでしょうか。
なお、今作でやっとというのか国立競技場が初めて収録されます。改装前の段階で収録されるのは恐らく最後になると思うので、資料的価値としても貴重になるでしょう。


この作品以降、PS3から紹介していきます。


まず最初は、アイドルマスター ワンフォーオール(★)
ご存知アイドル育成シミュレーションの最新作です。
今作では、765プロ所属のアイドル全13名が育成可能になった他、育成機関が初めてエンドレスとなったので、じっくりと育てることができるようになりました。その代わり、シーズンごとに目標が定められ、それを達成するごとに新たな楽曲が使用可能になったり、プロデュースできるアイドルの数が増えるなどといった特典がもらえます。
これまであくせくしながらプレイした人にとっては、ゆったりとプレイできるようになるので、特定のアイドルをじっくり丁寧にプロデュースできるようになることもあり、思い入れが強くなるのではないのでしょうか。

続いて、機動戦士ガンダム サイドストーリーズ
過去に発売したガンダムの外伝シリーズを収録したオムニバスソフト。しかしながら、今作オリジナル作品である「機動戦士ガンダム ミッシングリング」も収録されています。また、左記の作品以外にも、VRミッションモードという所属に縛られないでモビルスーツなどを編成できるモードが搭載されており、様々なミッションが用意されています。
中には過去のハードに収録されているので、なかなか遊べない作品もあるだけに、今作で遊べるのは貴重ですね。

最後はWii Uからマリオカート8(★)
ご存知マリオカートシリーズの最新作。
今作は、より立体的なコースで楽しめるようになっているとのこと。例えば反重力を利用して、天井や壁もコース取りして走れるようにしているとかがあります。また「マリオカートWii」で収録されたバイクも使えるようになるとのこと。
さらに、クッパ側のキャラに追加が施され、マリオ3などで登場したクッパ7人衆が参戦するとのこと。コースは新規16・リメイク16の計32となった以外に、オンライン対戦も可能で、そちらは最大12人まで対戦可能になっています。なお、自動で編集されたリプレイをMiiverseに投稿すると、他のユーザーと共に鑑賞しているかのように楽しめる「マリオカートTV」という機能も収録されます。


次回はPC作品の紹介です。


人気ブログランキングへ ブログランキング・にほんブログ村へ  
Posted by alexey_calvanov at 23:16Comments(0)TrackBack(0)

2014年04月03日

レコゲー2014 4月 据え置き機編③

レコゲー、今回も各ハードの注目作の紹介です。まずはWii Uから。


最初は、JUST DANCE Wii U
シリーズとしては3作目で初のWii U版になります。
最大4人まで踊って遊べるリズムアクションゲームで、Wiiリモコン片手に指定された動きをして踊るものになっています。
今作では、別売りマイクやWii U GamePadのマイクで歌を歌うことができたり、Wii U GamePadのカメラ機能を利用して踊った動画を録画することも可能になっています。もちろん、今作にもエクササイズモードが搭載されているので、遊びながらダイエットも可能です。
収録楽曲はAKB48の楽曲を始めSKE48や初音ミク・EXILEの曲も収録されている他、K-POP(KARA・BIGBANG・PSYなど)や超有名な洋楽(ABBA、ヨーロッパ、レディ・ガガなど)も収録されています。

もう一つは、ファミコンリミックス1+2
「ファミコンリミックス」は2013年に配信、同2は今作と同時に配信されたミニゲームの一種。
モードは、収録された16本(2本収録されているので、計32本)の中の1シーンから出されたお題をクリアしていくファミコンステージと操作が限定されたりブラインドが掛かっていたりといった規制が掛かっているなどの新要素を加えたリミックスステージから成っています。操作はファミコンのものそのままなので簡単なばかりか、Wii U GamePadでのプレイも可能です。
なお、クリアするとスターとBITがもらえ、BITはMiiverseで使用できるハンコと交換できるようになります
「メイドインワリオ」シリーズのようなシンプルながら奥深い作品が好きな人にオススメですし、値段も安いので、手軽に遊びたい人にもオススメです。


続いてはX様ことXBOX360から。


唯一の紹介作品は、バレットソウル -インフィニットバースト-
2011年に発売された「バレットソウル -弾魂-」の続編にあたる作品。今作では合体バーストを搭載したバーストモードを採用し、よりプレイの幅を広げています。もちろん、初心者から上級者まで幅広く楽しめる調整も今作でも施されています。


次回はPC作品の紹介です。


人気ブログランキングへ ブログランキング・にほんブログ村へ  
Posted by alexey_calvanov at 23:34Comments(0)TrackBack(0)

2014年02月03日

レコゲー2014 2月 据え置き機編③

レコゲー、ここからは各ハードの注目作の紹介です。まずはPS3から。


PS3からは、魁!!男塾 ~日本よ、これが男である!~(★)
実に9年ぶりに発売されるマンガが原作の作品。血と汗と涙を流しながら展開されるアクションゲームとのこと。アクションは原作をトレースしたものもあれば、対戦型のアクションゲームもあり、かつミニゲームも収録されたタイミングアクションの様相を呈しています。
なお、実はネットワーク対戦にも対応しており、殴り込みもできるようになっています(苦笑)。
原作を知らないので何とも言えませんが、血がブシャブシャ沸き出る作品なので、スプラッタな表現が苦手な人は要注意。


続いてはX様。随分久しぶりだね(ニヤニヤ)。


久しぶりのオリジナル作品は、Fable Anniversary
2005年にXBOXで発売された自由度の高いアクションRPG。
ハイデフ化された映像以外にも、追加シナリオを含め1000の実績やPC 版でのみ発売の「Fable The Lost Chapters」に入っているチャプターや要素を追加。またロード時間の短縮・続編で培われたユーザーインターフェイスでのプレイも可能になっており、よりシームレス・ストレスレスな感覚で遊ぶことができます
なお、英語のみですが、Windows 8.1ないしは同RT 8.1搭載のPCやSurfaceなどのタブレット端末にXbox SmartGlassをダウンロードすると、サブディスプレイ代わりにマップが表示できたり、自身の姿をSNSにアップロードできたり、秘密の場所を発見できたりとさらに奥深いプレイが可能になっています。
もはや新作と同じエネルギーで制作されていると言ってもいいでしょう。既にXBOXで遊んでいる人にもオススメです。


最後はWii U。


紹介するのは、ドンキーコング トロピカルフリーズ(★)
「ドンキーコング リターンズ」以来実に4年ぶりの新作で、シリーズを通じて初めてハイデフで制作された作品になります。
これまで以上にアクションやギミックが追加され、例えば、水中攻撃ができるようになったり、道具を引き抜く動作・敵を持ち上げて投げるという動作などが追加されています
定番かつ子供と一緒に楽しめるアクションゲームになっているので、パーティーゲーム的な位置付けで用意しておいてもいいかもしれません。


次回はPC作品の紹介です。


人気ブログランキングへ ブログランキング・にほんブログ村へ  
Posted by alexey_calvanov at 23:50Comments(0)TrackBack(0)

2014年02月02日

レコゲー2014 2月 据え置き機編②

レコゲー、ここからはPS4以外のハードの紹介です。
今月はPS4発売の月ということと決算月前というのもあり、ソフトが充実しています。以前は2月はそんなに充実してなかったのですけど、ここ4~5年くらいは2月から充実させることが多くなりました。


では、早速紹介していきましょう。今回はマルチ展開の作品紹介から。


まず最初は、「超ヒロイン戦記」(PS3PS Vita)(★)
この作品は、スパロボの系統を引くシミュレーションRPGです。昨年の東京ゲームショウでVTR出展されていましたが、すごくよくできていたのを覚えています。
1980年代~2010年代までのアニメ作品のヒロインが登場するもので、主に2005年以降に放送された深夜アニメと称されるアニメ作品(「戦姫絶唱シンフォギア」・「ひぐらしのなく頃に」・「緋弾のアリア」・「IS 〈インフィニット・ストラトス〉」・「ゼロの使い魔F」など)が多いのが特徴です。
システムとしてはオーソドックスなシミュレーションRPGになっているものの、背後からの攻撃に優位になっていたり高低差を利用することでダメージに差が付くなど高度な戦術が必要になる部分もあります。また「能力破壊システム」というのが存在し、攻撃・回避・命中の3つのパラメータを攻撃することでHPと同じように減らすことができ、この3つのパラメータを0にしても、HPが0になった時と同様に負けに持ち込めるというもの。要は精神攻撃が可能ということですね。なお、能力部位の1つを0にすることで、エクストラアタックという連続攻撃が可能になります。
各作品のヒロインが登場するということで、思い入れのあるキャラが登場するのなら是非に。

2番目は、「ぷよぷよテトリス」(PS3Wii U3DSPS Vita)(★)
テトリス誕生30周年記念作品であり、「テトリス」にとっても「ぷよぷよ」にとっても初めてのコラボ作品になります。
「テトリス」・「ぷよぷよ」どちらの作品だけでも楽しめる他、「テトリス」と「ぷよぷよ」との異種格闘戦のようなモードも搭載されています。通信対戦も備えられており、こちらはハードの垣根を越えた対戦も可能です。
またストーリーモードも用意されており、こちらはぷよぷよシリーズだけでなく魔導物語シリーズのキャラも登場します
値段もリーズナブルなので、パーティ用にももってこいです。

最後は、「紫影のソナーニルRefrain -What a beautiful memories-」(XBOX360PSP
2010年にPCで発売された同作品の移植版。かつてニューヨークと呼ばれた都市とその地下にある歪んだニューヨークを舞台にしたアドベンチャーです。
コンシューマー移植に際し、画面構成をハイデフにしただけでなく、シナリオもコンシューマー向けにリチューン。さらにエクストラシナリオも完全収録しています。


次回は各ハードの注目作の紹介です。


人気ブログランキングへ ブログランキング・にほんブログ村へ  
Posted by alexey_calvanov at 22:40Comments(0)TrackBack(0)

2014年01月31日

バーチャルコンソール、DSのソフトも対応に

任天堂を始め、過去のハードから発売されたソフトをダウンロードできるバーチャルコンソール。各ハード(Wii・Wii U・3DS)によって対応しているハードは違いますけれども、たいていファミコン・スーパーファミコン・ニンテンドウ64・ゲームボーイシリーズ・セガマークⅢ・メガドライブ・PCエンジンシリーズ・ネオジオ・MSXのソフトが販売されており、将来的にはゲームボーイアドバンスにも対応予定となっております。
そこに、Wii Uのみになりますが、DSのソフトが対応することになりました(現在Wii Uはファミコンとスーパーファミコンのソフトに対応している)。


Wii UでDSのソフトを出す理由はただ一つ。Wii Uの現状から来ているわけです。
発売してから1年経った中、Wii Uはかなりの苦戦が報じられており、任天堂の赤字の元凶になっているのではないかと推測が立てられているほどです(日本での販売台数は160万台ほどかと)。そのような苦境の中で、Wii U(特にWii U GamePad)を最大限に生かすためには、ダブルスクリーンの機能という結論に達したんでしょうね。ちなみに、これ以外にもNFC(近距離無線通信技術、いわゆるおサイフケータイで使われている技術)を生かした作品の作成や高速起動できるメニューの実現を図るとしています。


確かにDSは日本で3000万台以上売れているわけで、中にはダブルミリオン以上のソフトもあるわけなんですけど、その過去の資産の勢いが直接Wii U販売の底上げに繋がるほど世の中は甘くないし、過去その難しさは証明されています(ドリームライブラリと称して販売していたセガのドリームキャストしかり、XBOXのソフトを遊べるようにしていたマイクロソフトのXBOX360しかり)。まずは徹底した宣伝とソフトの充実を図ることが第一になってくるんでしょうねぇ・・・。
ただ、本来これは3DSでやるべきなんだろうなぁと思ったりもするんですけど、大丈夫かねぇ、岩田君(苦笑)。


人気ブログランキングへ ブログランキング・にほんブログ村へ  
Posted by alexey_calvanov at 23:15Comments(0)TrackBack(0)

2014年01月01日

レコゲー2014 1月 据え置き機編 前編

新しい年が始まりました。
今年は本格的な新世代機戦争が幕開けになると思われます。2月にはPS4が出ますし、少なくとも今年中にはXBOX ONEが発売予定になっています。既にWii U・G-cluster・OUYA(ウーヤー。海外でのみ展開。日本ではメーカー直販ないしは並行輸入で手に入れられる)が発売していますが、日本で発売してないOUYAを除けば、いずれも低空飛行な状態なだけに、新しく出るPS4やXBOX ONEにも覇権を握るチャンスはあるわけです。
そんな新ハード到来前という時期だからか、はたまた正月という時期だからか、あまり今月は注目作が登場しません。でも、とりあえず見てみましょう。今回は本数が少ないので、マルチ展開の作品と一緒に紹介です。


まず最初は唯一のマルチ展開の商品「ドラゴンボールZ BATTLE OF Z」(PS3XBOX360PS Vita)(★)から。
人気連載漫画から端を発し、アニメも好評だった「ドラゴンボールZ」のゲーム作品最新作で、今作は作品のキモにもなっていた乱戦・共闘をテーマに作られています
今作では巨大化した敵との戦闘も用意されており、先述の共闘が大きく生きる作りにもなっています。また昨年公開された「ドラゴンボールZ 神と神」のキャラも含めた総勢70名が参戦と結構豪勢なものになっています。
共闘する仲間とのコンボ攻撃や倒れた仲間を助けるシステム、さらに簡素ではあるもののNPCになっている仲間へ作戦の指示も可能になっています。
もちろんオンライン対戦もあるので、自身が作成したルールや相手が作成したルールの下で対戦・共闘ができます。
ハード間を越えたバトルができるようになると思われるので、特にこの手のゲームが好きな人は、携帯・据え置き両方揃えてプレイしたいところですね。


続いてはPS3から。

最初は、機動戦士ガンダム エクストリームバーサス フルブースト(★)
2012年に稼働したアーケードゲームの移植で、「機動戦士ガンダム エクストリームバーサス」の発展作でもあります。
エクストリームバーストが2種類から選択できるようになった他、前作では一部機体にしか搭載されていなかったバーストアタックが全機種に搭載されるなどの変更点があります。もちろんオンライン対戦も可能です。
今でも白熱したバトルが展開されている現行機種の発売だけに、更なる盛り上がりも期待できるでしょう。

もう一つは、ディアブロⅢ
アメリカでは人気アクションゲームとして名を馳せ、前作が世界的な規模でヒットしたシリーズの最新作です。
ダークファンタジーをベースにしたものになっており、若干難易度が高めになっています。また複数の職業が用意されているのでやり込みも十分敵もたくさん登場するので、骨太の作品になっています。
なお、今作は音声・字幕が日本語である以外は海外と全く同じ仕様(ただし、海外版でもアジアをベースにしているため、アイテムのやり取りが金銭(リアルマネー)でできるオークションハウスには非対応)とのこと。


最後は、Wii Uからダウンロード販売されるドクタールイージ&細菌撲滅(★)
Wiiウェアのサービス開始になった時にローンチ作品の一つだった「ドクターマリオ&細菌撲滅」のアレンジ版で、「ドクタールイージ」にはL字型のカプセルが登場する高めの難易度の作品になっており、「細菌撲滅」に関してはWii U GamePadを縦持ちにしてプレイできるように改善されています。
暇な時にプレイするには最適な安めの価格設定になっているので、オススメです。


次回はPC作品の紹介です。


人気ブログランキングへ ブログランキング・にほんブログ村へ  
Posted by alexey_calvanov at 23:23Comments(0)TrackBack(0)

2013年12月01日

レコゲー2013 12月 据え置き機編①

いよいよ年末になりました。この時期が1年の中で一番盛り上がるはずなんですが、あまり今年の年末はあっと驚くような作品が少ないような気がします。既にモンハンやポケモンの最新作が出ているのもあるので、そうなってしまった感があるわけですけど、逆に言えば今これらの作品が生きてくる時期に差し掛かっているのではないのでしょうか。そういう点では携帯ゲーム機は面白いんでしょう。
ところが、据え置き機はあまりいい作品が揃っていない。据え置き機は苦しい展開をせざるを得ないでしょう。


では、注目作の紹介です。最初はマルチ展開の作品紹介です。


マルチ展開といっても、据え置き機と携帯ゲーム機との連動が妙に多い。それだけ据え置き機の現状は携帯ゲーム機によって支えられているのでしょう。


その代表格としては、「ファイナルファンタジーⅩ/Ⅹ-2 HDリマスター」(PS3PS Vita
2001年にPS2で発売した同作品の移植で、セット版であるこの作品のみがマルチ展開で販売されます
今回のHD化では、グラフィックの向上・曲アレンジもさることながら、シナリオを担当した野島一成さんが書いた新エピソードも収録されます。またトロフィー(実績)が実装されるので、やり込みにも対応しているのも大きな特徴です。このトロフィー機能は同じく新要素であるクロスセーブにも対応しているので、片方のハードで達成した者はもう片方のハードにも反映されるというふうになっています。
なお、映像作品の「ファイナルファンタジーX 永遠のナギ節」と「ファイナルファンタジーX-2 LAST MISSON」も同時収録されます。こちらもHDにグレードアップしていますよ。

続いては、「真・ガンダム無双」(PS3PS Vita
2007年から続く「ガンダム無双」の流れを汲むシリーズ最新作。今作から再びフルCGモデリングに戻されていますが、汚れや塗装落ちといった自然な表現も敢えて残したものになっています
今作ではオフィシャルモードが再実装され、宇宙世紀とコズミック・イラ双方の世界観が再現されます。
今作では様々な新機体が登場するのですが、今まで敵としてしか登場しなかった巨大もビルアーマーがプレイヤー機として操作可能になっています。圧倒的な火力でバリバリやりたい人にはオススメですね。
また各キャラが持ち合わせた特性がモビルスーツに反映されるバーストシステムが搭載アムロのニュータイプ覚醒(相手の動きが極端に遅くなる)やキラのSEED(ストライクフリーダム搭乗の場合、ミーティアが放てるようになる)が再現されます。
この他、PS Vitaならアドホック通信、PS3なら画面分割による協力モードなども搭載しています。
新しいガンダム無双を定義しているとも言えるこの作品。ガンダムフリークなら是非遊んでもらいたいものです。

3番目は「‘&’-空の向こうで咲きますように-」(PS3PS Vita
2012年にPCで発売された作品の移植版。今回の移植に際し、新規シナリオとイベントCGの追加・クロスセーブを採用をしています。
PC版は評価の高い作品なだけに、コンシューマーでも高い評価を得られるのではないのでしょうか。


最後は据え置き機同士の連携作。それが「ドラゴンクエストⅩ 眠れる勇者と導きの盟友 オンライン」(WiiWii UWindows
2012年8月に発売した「ドラゴンクエストX 目覚めし五つの種族 オンライン」の拡張ディスク(通称バージョン2)。今作では、今まで未公開だったレンダーシア大陸が舞台になり、カジノが稼働するのが大きな特徴です。新モンスターも登場し、まもの使いという新しい職業も開放されます
新しく始めるには、「ドラゴンクエストX 目覚めし五つの種族 オンライン」が必要になりますけれども、一から始めても面白い作品だと思いますので、是非とも。


次回は各ハードの作品紹介です。


人気ブログランキングへ ブログランキング・にほんブログ村へ  
Posted by alexey_calvanov at 23:11Comments(0)TrackBack(0)

2013年11月03日

レコゲー2013 11月 据え置き機編③

レコゲー据え置き機編、今回は各ハードの注目作の紹介です。今回はPS3とWii Uのみになります。


まずは状況の苦しい任天堂(Wii U)から
何とか最終利益は黒字(6億円)を達成したものの、営業損益は232億円と相変わらず赤字体制から脱却できない状況です。先月末にはファミリーセットとして、「New スーパーマリオブラザーズ U」と「Wii Party U」を同梱した本体を販売し年末商戦に備えていますけれども、これが吉と出るか凶と出るかは何とも言えないふうですね・・・。


そのマリオを本体同梱版で入れているのに、今月もマリオシリーズの最新作を発売します。それがスーパーマリオ 3Dワールド(★)。
2011年に3DSで発売した「スーパーマリオ3Dランド」の続編。妖精の国を支配しようとするクッパ撃退のためにマリオ達が立ち上がります。
今作では特殊装備(かぶりもの)も増え、ネコマリオや弾を打ち出せる「ほうだいボックス」が追加。そしてダブルマリオという分身系のものも登場します。さらに今作にはコレクション機能もあり、対象となるゲーム中に出てくるハンコはMiiverseで使用可能になっています。
また最大4人までマルチプレイが可能になり、かつ協力プレイもできるようになっています。ちなみに、ピーチ姫が約四半世紀ぶりにプレイヤーとして使用可能になっています。
年末商戦近しということで、パーティーゲーム系のアクションゲームを用意した感じですね。シンプルながらもわかりやすい作品になっていると思います。

続いて、太鼓の達人 Wii Uば~じょん!(★)。
おなじみの太鼓の達人シリーズ最新作。Wii Uでは初めての作品になります。
今作では、「太鼓とバチ」同梱版以外にもWii U GamePadを利用してプレイが可能です。もちろん、Wii U GamePadだけのプレイも可能です。また最大4人で同じ曲を一緒に演奏していく「バトンタッチ演奏」(順番やランダム設定も可能な他、難易度調整も可能)や条件達成ごとにもらえるスタンプを集めることができるスタンプ帳機能、組み合わせはほぼ無限大の着せ替え機能もあります
なお、今作の曲も数多く、有料配信もあります。
こちらもパーティー要素を強めた作品になっており、末永く遊べる要素もふんだんに含めています。


対してPS3はというと、PS4が控える中でも力を緩めていないというふうですね。


そのうちの一つが、スーパーロボット大戦OG INFINITE BATTLE
スパロボシリーズの中でもアクション要素の強い作品(対戦アクション)。OGシリーズでは初、シリーズを通じても事実上初になります(1990年代にリアルロボットバトル系の作品は登場している)。
アクションの苦手な人にもボタン操作一つでハイスピードプレイができるように配慮され、スパロボシリーズでおなじみの強化パーツを利用したカスタマイズというやり込み要素も豊富です。
この作品では3vs3バトルで展開され、コスト配分に気を付けながら機体をセレクトするというふうになっています。またミッションモードも設定されているので、単純なアクションバトル以外にも楽しめる要素が取り揃えられています。

もう一つは、真・三國無双7 猛将伝
今年2月に発売した「真・三國無双7」のアペンドディスク。本編だけでも遊べますが、「真・三國無双7」のディスクがあれば、データの引き継ぎができるMIX JOYが可能になっています。
本作では、于禁(うきん)・朱然・法正・陳宮・呂玲綺が新規キャラとして追加。またEX攻撃が各武将2種類に追加・チャレンジモードの追加・シナリオの追加などの新要素が盛り込まれています
ちなみに、PS Vita版の「真・三國無双7 with 猛将伝」との連携が可能になっているので、併せて購入するのもオススメです。


次回はPC作品の紹介です。


人気ブログランキングへ ブログランキング・にほんブログ村へ  
Posted by alexey_calvanov at 23:39Comments(0)TrackBack(0)

2013年11月01日

レコゲー2013 11月 据え置き機編①

11月になりました。年末商戦に向けて、そして欧米では新世代機のゲーム機が登場するということで、着々と準備が進んでいることと思います。
その新世代機、PS4とXBOX ONE、共に欧米では感謝祭(11/22)以降に発売となります。どちらもネットに繋ぐことでプレイヤー同士のコミュニケーションを行うという仕様になっており、これまでと違ったゲームができるのではないかと期待されていますが、個人的には携帯ゲーム機の延長線上になると思っています。

日本では年末商戦が近くなるということで、たくさんのソフトがラインナップされます。今後の商戦を占う意味で、どこのハードに勢いが出ているのかがある意味わかりやすいのではないかと。


では、注目作の紹介です。今回もマルチ展開の作品から。


まず最初は、「ワールドサッカー ウイニングイレブン2014」(PS33DSPSP
毎年登場するサッカーゲームの最新作。きれいなグラフィックはさることながら、リアルなサッカーゲームとして追及された作品でもあります。今作はAFCチャンピオンズリーグが収録され、新たなナショナルチームとしてジャマイカが参戦します。もちろん、実名のクラブ・スタジアムなども収録されています。
なお、PS3では最大7人(オンラインでは最大22人)、3DSではワイヤレス通信とオンラインで最大2人、PSPではアドホック通信で最大4人までプレイ可能です。またオンライン対戦はPSP以外は可能になっています。
よりリアルなプレイをしたいならばPS3、手軽さなら3DSやPSPになるのではないのでしょうか。

2番目は、「ロックスミス2014」(PS3XBOX360PC
2013年に発売した同作の2014年版。前作は全世界で140万本売り上げるほどの人気作になりました。
エレキギターをリアルトーンケーブルで繋ぎ、演奏するのはこれまでと一緒ですが、ロード時間も短縮されたので、演奏までの間もそれなりに解消されました。こだわりの音作りができるのはこれまで通りです。
今作では日本のアーティストの楽曲(B'zの♪ultra soul)も収録。またギターケードというミニゲームでギターの演奏テクニックを向上させることもできます

3番目は、「アサシン クリード4 ブラック フラッグ」(PS3XBOX360Wii U
こちらも人気シリーズの最新作。今作は18世紀のカリブ海に浮かぶ西インド諸島を舞台に繰り広げられます。海賊の時代ということで、海での戦闘も行われ、陸上でも主人公が活躍します。またオンラインでは、ルールラボという200以上の詳細なルールを設定することが可能になっています。
今回は緻密さもさることながら、派手なアクションが垣間見られるのではないでしょうか。アクションゲーム好きならオススメです。

4番目は、「ライトニング・リターンズ ファイナルファンタジーXIII」(PS3XBOX360)(★)
ライトニングを主人公にしたFFXIIIシリーズ3部作の最終章。今作は前作になるFFXIII-2の世界から数百年後が舞台になり、世界の終末を迎える中、人々の魂を救済することが大きな目的になります。
今作では、ワールドドリブンという4つの大陸からなる世界を昼夜問わず、また現実世界でもフェイスブックや公式ウェブ上で繋がっていくということを主眼に置いているようです。
現実世界とゲームの世界という疑似オンライン的に進められる作品になっています。オンラインあり木の風潮の中、今後のゲームのあり方をもしかしたら変えてくれるのかもしれません。


次回もマルチ展開の注目作紹介です。


人気ブログランキングへ ブログランキング・にほんブログ村へ  
Posted by alexey_calvanov at 22:58Comments(0)TrackBack(0)

2013年10月04日

レコゲー2013 10月 据え置き機編④

レコゲー、今回も各ハードの注目作の続きです。
4番目・5番目は、いわゆるギャルゲーと呼ばれる作品になります。


まずは、ルートダブル -Before Crime * After Days- Xtend edition(★)
2012年にX様とPCで発売した同作品の移植。研究所で起こった事故に取り残された人達とその取り残された人達を救助する側双方の視点で描かれたアドベンチャーです。
PS3への移植に際し、Xtend Routeと呼ばれる新ルートの設定・既存シナリオの見直し(主に終盤のテンポアップ化)・エピソードの追加・操作性の向上などが行われています。
双方が抱える問題をエッジを利かせて展開している作品でしたが、PS3への移植に際し、よりシリアスなものになってくると思われます。

もう一つは、家族計画 Re:紡ぐ糸
2001年にPC(2002年に「絆箱」として再販)で、2005年にPS2に「家族計画 心の絆」として、2010年にPSPで販売された同作の移植版。
新規要素はないものの、新しく主題歌が製作されています。
2度もコンシューマー化され、PC版もシナリオのよさで高評価を得ている作品です。


最後はWii Uの注目作。その作品は、Wii Fit U(★)です。
2007年に発売され、ロングセラー作品になった同作のWii U版。ベースは2009年に発売された「Wii Fit」のバージョンアップ版「Wii Fit Plus」。
バランスWiiボードを使ったエクササイズとダイエットプログラムをゲーム感覚で楽しく行うための作品。プレイ(エクササイズ)したデータは記録として残り、ダイエット記録にも使える代物です。
今作では新作19種目が追加(合計で全77種目)され、ダンス・ヨガ・筋トレにはミラーモードが用意されています。今作の中に同梱されているフィットメーター(携帯活動量計)を用いることで、ウォーキングなど本作以外で運動した時の記録を連動できるようになります。
今作でもたくさんのエクササイズが楽しめますし、今まで運動してきている人にはより綿密なダイエット計画が練られるのではと思います。


次回はPC作品の紹介です。


人気ブログランキングへ ブログランキング・にほんブログ村へ  
Posted by alexey_calvanov at 23:10Comments(0)TrackBack(0)

2013年10月02日

レコゲー2013 10月 据え置き機編②

レコゲー、今回もマルチ展開の作品紹介です。


4番目は、「ソニック ロストワールド」(Wii U3DS)(★)
ソニックシリーズ最新作で、今回も任天堂系ハードで登場します。
ソニックとテイルスが、エッグマンとの激闘の末たどり着いた幻の大陸(ロストヘックス)舞台に繰り広げるアクション作品になっています。
今作は、エッグマン六鬼集と呼ばれる幹部や三段階のスピード設定、そして「ソニック カラーズ」で登場した個性豊かな能力を持ったお供キャラカラーパワーが登場します。
またWii U版ではWii U GamePadを利用したプレイに対応しており、先述のカラーパワーはWii U GamePadを傾けることで空を飛ぶことができたり、Wii U GamePadにあるタッチパネルをタッチすると地面を掘ったりなどのアクションを行う他、2人協力プレイおよび対戦プレイ(レースゲーム)ができたり、ゲーム中に手に入れたアイテムをMiiverseに放流し、かつ使ってもらうことでアイテムを成長させて戻すことができたりなど、プレイヤー間の繋がりを感じられるような内容になっています。
3DS版ではテイルスラボと呼ばれるソニックをサポートしてくれるラジコンやアイテムの製造などのできる施設が搭載されている他、ローカルプレイ(ソフト1枚でプレイ可能なダウンロードプレイにも対応)・オンラインプレイが可能な対戦モードやスペシャルステージが搭載されています。
なお、3DSのテイルスラボで製作したラジコンをWii U側に受け渡すことができます
シンプルなアクションゲームながらも仲間内で楽しめるようにも設計されているいい作品になっているかと思います。

5番目は、戦国無双2 with 猛将伝 & Empires HD Version(★)。
2006年に発売した「Empires」と2007年に発売した「猛将伝」が一本になった作品で、これまでPS2で出ていたものをPS3に移植したものです。
画像のハイデフ化だけでなく、実績の追加・敵の数の増加などが図られています。なお、PS Vita版のみダウンロード販売のみになりますので注意。
最後は、「向日葵の教会と長い夏休み -extra vacation-」(PS3PSP)(★)
今年3月に発売された同作品の移植版。
新要素として新規ヒロインの追加・新規CGの追加・エンディング曲の追加が行われます。
この作品はPC版と同じ製作会社(の関連会社)が関わっているので、ほぼ原作に忠実になっていると思われます。


次回は各ハードの注目作の紹介です。


人気ブログランキングへ ブログランキング・にほんブログ村へ  
Posted by alexey_calvanov at 23:21Comments(0)TrackBack(0)

2013年09月03日

レコゲー2013 9月 据え置き機編③

レコゲー、ここからは各ハードの注目作の紹介です。まずはPS3から。


マルチ展開でアクション系が目立つのに対し、PS3オリジナルタイトルではRPG系の作品が目立ちますね。
最初は、アルカディアスの戦姫(★)
日本一ソフトウェア設立20周年を記念した作品の一つで、ベルトスクロール型のアクションRPGです。
ある国の日目を主人公に、様々な特性のあるキャラを駆使して敵(モンスター)を倒していくというものです。
基本はボタン連打で最大3人のパーティによる横スクロール型のアクションRPGということで、非常にシンプルながらもパーティ編成でやり込み要素のある作品に仕上がっているようです。
この作品では、通常のモード以外に兵団同士がぶつかり合う激乱戦とボス戦にあたる超乱戦があり、いずれも士気を消費することで、様々な技を駆使できます
奥深さと多様さを兼ね備えた作品になっているので、これまでディスガイアシリーズでやり込み要素を味わった人にもオススメです。

次は、俺の妹がこんなに可愛いわけがない。 ハッピーエンド(★)
人気ライトノベルが原作で、テレビアニメにもなった同作品のゲーム化3作目。この作品で、原作同様最終作となります。
最後の人生相談として主人公に依頼するのは、アイドルになるということ。主人公は彼女達のマネージャーになってフォローしていくというふう。
基本はマネージャーになって、アイドルになった彼女達の写真をSNSにアップ。人気を拡大していきながら、SNSで彼女達の会話をチェックしながら仲を深めトップアイドルにしていくというものになっています。
SNSの中には重要なメッセージが含まれており、そこからイベントに発展していきます。状況次第では女の子達の結末が変わる場合も・・・。
各キャラに思い入れのある人にオススメです。

続いてWii U。こちらは1本のみになります。
その作品は、ゼルダの伝説 風のタクト HD(★)
2002年にゲームキューブで発売された同作品がハイデフ化されたもの。
今作では、難易度調整といった部分でチューンナップされており、より遊びやすくなっています。またMiiverseへの投稿もできるので、進行状況を仲間内でチェックし合ったり、難所攻略で知恵を出し合ったりとソロプレイながらも協力プレイのような感覚を味わうことができるようにもなっています。
ゲームキューブでもヒットしたキラータイトルでもあるので、Wii Uでも期待できるのではないのでしょうか。


次回はPC作品の紹介です。


人気ブログランキングへ ブログランキング・にほんブログ村へ  
Posted by alexey_calvanov at 23:29Comments(0)TrackBack(0)

2013年08月03日

レコゲー2013 8月 据え置き機編③

レコゲー、3回目は各ハードのオリジナル作品の紹介です。


まずはPS3。ここでは唯一この作品ダンジョンズ&ドラゴンズ -ミスタラ英雄戦記-(★)をば。
この作品は、共にアーケードで展開された1994年の「ダンジョンズ&ドラゴンズ タワーオブドゥーム」と、その続編にあたる1996年の「ダンジョンズ&ドラゴンズ シャドーオーバーミスタラ」の2本が収録されたもの。過去にセガサターンでの移植(1999年)はあります(今回の移植はセガサターン移植から実に14年ぶり)。
今回の移植にあたり、当時はほぼ不可能だったアーケードそのままの移植を実現。それに加え、アーケードでもできなかった4人同じキャラでの操作も可能に。それ以外にも細やかなオプション設定・同じく難易度設定・周回プレイ可能・クリアしたステージならチャプターセレクトも可能・当時の資料を閲覧できるボーナスコンテンツなども追加されています。
既にダウンロードで発売していますが、追加要素があって、思い入れのある人なら是非に買っておきましょう。


続いてWii U。

こちらの一本目は、The Wonderful 101
超人的なパワーを持ったヒーロー100人を結束させて戦うアクションゲーム。
この作品は、Wii U GamePadの画面を使う(特定の図形を描く)ことで、必殺技を稼働できるといったギミックが設定されています。また各個性の持ったキャラを利用して仕掛けを解くこともできます
なお、最大5人までの対戦(オンラインは不可)ができるので、ワイワイとプレイするにもぴったりだと思います。

もう一つは、龍が如く1&2 HD for Wii U(★)
2012年にPS3で発売した「龍が如く1&2 HD EDITION」を移植したもの。「龍が如く」・「龍が如く2」(共にPS2で発売したもの)をハイデフ化したもので、任天堂作品へは初移植になります。
今回の移植ではWii U GamePadでのプレイが可能で、テレビ画面でのプレイではマップ画面になっているので、テレビ画面を広々と使用できます。
これまで遊んだ人もWii U GamePadでじっくりプレイできるので、Wii Uを買った際にもう一度・・・というふうでもいいかもしれないですね。


次回はPC作品の紹介です。


人気ブログランキングへ ブログランキング・にほんブログ村へ  
Posted by alexey_calvanov at 22:47Comments(0)TrackBack(0)

2013年07月02日

レコゲー2013 7月 据え置き機編②

レコゲー、今回は各ハードの紹介・・・といっても、X様は今回ないんですけど(苦笑)。


今回は少ないながらもいいものが揃っているWii Uから

1本目は、ピクミン3(★)
2001年に一作目、2005年に二作目、2008年に一作目がWiiでリメイク・・・という流れで出てきたこのシリーズ、新作は実に9年ぶり、リメイク版から数えると5年ぶりになります。
今作は前2作で活躍したオリマーではなく、新しい星の人間3人が主人公になります(ちなみに、オリマーはビンゴバトルモードの2Pキャラとして登場)。
食糧危機に陥った母星を救うため、ピクミンの住む星に向かって彼らの協力を仰ごうと思ったものの、到着寸前に不時着。乗務員3人はバラバラになり、それぞれが懸命の活動をすることに・・・というふう。
今作では、今まで登場した5種類のピクミンの他に新たに2種類のピクミンが登場岩ピクミンは頑丈な身体を利用して硬い壁や仕掛けを破壊することができ、を羽ピクミンは空を飛ぶことができます。
なお今回の操作は、Wiiリモコン+ヌンチャクやWii U PROコントローラー以外にWii U GamePadでの操作も可能です。Wii U GamePadを利用すると、効率的な探索や複数の乗務員を動かしたい時、また各種データを確認したい時に便利です。
またやり直すことも可能で、重大なミスをしてしまった時には非常に有効です。さらにミッションモードも搭載されているので、練習がてらシステムを学ぶことができます
リアルタイムストラテジーとしては非常にできた作品です。少々玄人向けの作品ながらも、一度プレイするとやみつきになる作品でもあります。

続いては、New スーパールイージ U(★)
こちらは6月にダウンロード版が発売されていますけれども、パッケージ版が今月出るのでこの中で紹介。
「New スーパーマリオブラザーズ U」の拡張ソフトとして登場(ただし、パッケージ版は単独でのプレイも可能)。主人公はマリオの弟ルイージで、「New スーパーマリオブラザーズ U」の全ステージが全て刷新(ただし、ワールドマップは同じ)されているばかりかタイムも100短縮され、遊びやすくなっただけでなく難易度も若干上がっていますマルチプレイも可能で、今作ではトッテンという当たってもミスにならない初心者向けキャラが利用できます
この作品は今年いっぱいの期間限定出荷品なので、欲しい方はお早めに。


続いてPS3。こちらは一部を除いてリメイク作品なので、手短に。

注目作としては、魔女と百騎兵。ご存知日本一ソフトウェアの新作ですが、やり込み重視のディスガイアシリーズで培われたこれまでのものとは違い、ストーリー性を重視したものになっています。
ジャンルはアクションRPGで、日本一ソフトウェア初の3D作品でもあります。
イメージ的にはシレンやトルネコシリーズのように、ローグライクな舞台を渡り歩き、空腹に耐えながら進んでいくというものになっているようです(ただシレンやトルネコシリーズと違うのは、空腹が極限まで来てしまうと、拠点に戻されてしまうというふうになっている)。
この会社の特徴とも言える敷居が高めの作品(苦笑)ではありますが、とっつけるようになれば、やり込み型ではないものの、取りつかれたようにプレイしている作品になるのではないのでしょうか。

もう一つは、ケツイ ~絆地獄たち~ EXTRA
2003年に稼働した同作品の移植版。もう10年になるんですね・・・。既にDS(2008年、「ケツイ デスレーベル」として)・X様(2010年)に移植されています。
モード的にはX様版と同じなので、既に持っている人というよりかは、PS3まで待っていた人達にオススメでしょう。


次回はPC作品の紹介です。


人気ブログランキングへ ブログランキング・にほんブログ村へ  
Posted by alexey_calvanov at 22:41Comments(0)TrackBack(0)

2013年06月16日

白黒はっきり付けられます

新世代機の一つとして颯爽と登場したWii U。しかしながら、思った以上に売れているというふうではなく、2013年6月時点で93万台ほどとまだ苦戦気味です。
その本体はシロとクロの2色が用意されているのですけど、本体にプレミアムセットとベーシックセットという2種類がさらにあり、現在クロはプレミアムセット・シロはベーシックセットという割り振りになっています。ということから、どうしてもプレミアムセットが欲しければクロを選ばざるを得ない状況に陥り、これが普及の妨げになっているんじゃないのかなと思っていました。

その点を感じてか、7/13よりWii U本体プレミアムセットにシロが新色として登場することになりました価格はそのままなものの、選択肢が広がってくれたので、買いやすくなったんじゃないのかなと思います。


ただ、これを売ることで、ベーシックセットのシロはどうなるのかという点同じ格好になっちゃうので、売る時に間違えないかなと思いますね。特に現状あまりないと思われますが、中古販売の時にこの状況が増えて大変なことにならなければいいのですが・・・。
なので、本体だけは新品で買いましょう(笑)。


Wii U プレミアムセット shiro (WUP-S-WAFC)Wii U プレミアムセット shiro



Wii U プレミアムセット kuro (WUP-S-KAFC)Wii U プレミアムセット kuro



人気ブログランキングへ ブログランキング・にほんブログ村へ  
Posted by alexey_calvanov at 23:26Comments(0)TrackBack(0)