2017年07月19日

Yahoo!が本格的にブラウザゲームに参戦

今でもブラウザゲームを提供しているYahoo!ですが、昨日設立された「Yahoo!ゲーム ゲームプラス」(以下「ゲームプラス」)で、ワンランク上のゲームを提供することになったようです。
今回「ゲームプラス」で配信される作品は、Yahoo!のIDだけでプレイ可能なだけでなく、PCからでもスマホ・タブレットからでもプレイ可能に。またPCで遊ぶ場合は、USB対応のコントローラーでもキーボードでも遊べる作品もあります(一部対応不可あり)

初回配信されたのは44本。ほとんどが有料のゲームですが、ファイナルファンタジーシリーズ(「ファイナルファンタジーⅩ」と「同Ⅹ-2」・「ファイナルファンタジーXIII」)や「ラストレムナント」などのスクウェア・エニックスの人気ゲームや往年のPCゲームなどが遊べるので、新旧ゲームファンに満足なものになるのではないのでしょうか。


現状、人気ゲームも多いものの、ジャンルの偏りが見られるのも事実52社が参入を決めているので、今後参入した会社が何を出してくるのかが楽しみですね。
ただ、この中にセガ・コナミ・バンダイナムコがいないのは少し残念任天堂やソニーインタラクティブ・エンタテインメントが入っていないのはわかる。しかし、大手のソフトメーカーの一つでもあるセガ・コナミ・バンダイナムコが入って来ないのは、少しもったいない気がするなぁとも。新旧いい作品を揃えていることもあるし。早く参入を決めて頂きたいと思います。自前でやっているからなんて言わずに。


人気ブログランキングへ ブログランキング・にほんブログ村へ  

Posted by alexey_calvanov at 23:17Comments(0)

2016年11月04日

Yahoo!ショッピングで買ってきたもの

SHV32_0112先日行われていた福岡ソフトバンクホークスの応援セールで買ったのが、福岡市にある水炊き屋(鍋屋)「博多若杉」の「博多若杉牛すじカレー」
3袋1242円(税込。11/4現在)だった商品が、1000円ジャスト(税込)だったんですわ。

こちら、まかないメニューだったものを商品化したものだそうです。



実際中を開けてみると、牛すじ肉が結構入ってます。その点では食べ応えがあります。そして味はカレーなのにスパイシーさよりも酸味が少し強めなのかなと。ただ、辛いと言えば辛いというレベルで、辛いのが苦手な人でもそこまで苦にせず頂けるのではないかと思います。
なかなか形容しがたい味で、かつクセになりそうな味ではあります。普通の辛さ一辺倒なカレーや甘いカレーを食わされているなんて人には、是非ともオススメしたいです。


人気ブログランキングへ ブログランキング・にほんブログ村へ  
Posted by alexey_calvanov at 23:35Comments(0)TrackBack(0)

2015年12月14日

全国のローカル番組が見られるように

Yahoo!が運営している動画サイトGyaO!で「ご当地テレビ特集」が開始されました。この特集は全国にある13道府県にある20局の30番組が、その地域でしか見られない番組として紹介されています(一部ネット番組あり)。
ジャンルは様々で、ドキュメンタリー・地域紹介番組からバラエティ番組まで多彩です。中には昔話の紹介というものもあり、掘り出し物的な番組もあるっことでしょう。

この「ご当地テレビ特集」は、「ご当地テレビ大賞」の選定対象になり、再生数部門・瞬間風速部門・SNS拡散部門・ワイルド部門の4つがあります。投票はツイッター上で行えますので、ツイッター加入者なら是非とも。
同時に各ローカル放送局の女子アナウンサーの特集もあります。こちらは賞の対象になっていませんけれども、個性的な女子アナを見ることができますよ。
なお、対象放送局と番組は徐々に増える予定なので、もしかすると自分が見ている番組も紹介されるかもしれません。


現在地デジ化に伴い、コンテンツ力が問われる時代となりました。ローカル番組を多く編成できるようになれば、それだけその放送局の地力が付き、東京制作の番組に勝るとも劣らない編成ができるようになります。逆に地方から東京へネットする逆ネットも可能になるかもしれません。だからこそ、これを機にローカル放送局の皆様は積極的に参加してほしいですね。


人気ブログランキングへ ブログランキング・にほんブログ村へ  
Posted by alexey_calvanov at 23:28Comments(0)TrackBack(0)

2014年07月17日

夏の新機種2014 ワイモバイル編 前編

6月にイーモバイル(イーアクセス)とウィルコムが合併してできたイーアクセスが、7月にワイモバイルに社名変更し、いよいよ8/1よりサービス開始となります。
企業合併後もケータイ・PHS双方の事業を行っていくということだそうで、こういった形態の業務は、NTTドコモ以来(後にドコモのPHS事業は休止)になりますね。


ワイモバイルは、Yahoo!との連携を軸に行う携帯事業者で、誰もが低額で安心して使えるをモットーに普及を図って行くとのことだそうです。それゆえに、メインターゲットはスマホを利用していないユーザーになるとのことで、当然ながらPHSが大活躍する素地はあるとも言えるわけです。

料金プランは、ケータイ・PHS共通でS(2980円/月)・M(3980円/月)・L(5980円/月)の3タイプで、Sタイプの場合は、通話の場合は10分以内なら300回/月まで、通信の場合は4Gで1GB/月利用可能になるということです。しかも、この3プランで付与される定額分は通話・通信共通というふうになっています。簡単に言ってしまえば、一昔前の料金プランのようなものですね。
なお、もっと通話をしたいという場合は、いずれのプランに1000円/月を加えるだけで通話料が定額になる「スーパーだれとでも定額」というオプションも用意されています。

もう一つは、Yahoo!との連携
無料でYahoo! JAPAN IDとのひも付けができ、プラスで「Y!mobile メール」・30GBまで利用可能な「Yahoo!ボックス」・「Yahoo!ウォレット」が利用できるようになっています。また、ワイモバイルのスマホからYahoo! JAPANのトップページないしは同アプリにログインすると契約プランに応じたマイルが貯まるパケットマイレージサービスも行われます。このマイルは翌月にパケット通信量に『換金』でき、最大は無制限となっています。また、このログインでは、「パケくじ」というサービスも受けられ、連続5日ログインした場合にはボーナスで最大200マイルもらえるということも行われる予定です。


では、新機種の紹介です。普段ならば春の新機種としての紹介になりますが、8月にサービスを開始するという便宜上、夏の新機種というふうで紹介しています。今回は旧イーモバイルにあたる機種の紹介です。


①STREAM S 302HW
中国のメーカーHuawei(華為技術)から発売されるストレートタイプのスマートフォン。4.7インチHD・TFT液晶を搭載したストレートタイプのスマートフォン。ベースとなっている機種は同社の海外モデルAscend P6でOSはAndroid4.4。
厚さ8.6mmの薄型モデルになっている。

個人的感想
基本的に、このモデルは薄さがメインになっているだけという印象。機能面では正直あまり期待は持てないので、スマホを初めて使う人用の機種になりそう。


②DIGNO T 302KC
4.5インチQHD TFT液晶を搭載したストレートタイプのスマートフォン。OSはAndroid4.4。
IPX5/7相当の防水・IP5X相当の防塵・MIL-STD-810G(MIL-STD-810G Method 516.6:Shock-ProcedureIV)に相当する対衝撃機能を搭載している。

個人的感想
この機種には、はっきり聞こえるようにするためにディスプレイ全体が振動して通話音声を伝える「スマートソニックレシーバー」を搭載しているので、中高年にもターゲットを絞れそう。また5色の多色展開も行っているので、男性・女性どちらにもウケがよさそうでもある。


③Pocket WiFi 303HW
中国のメーカーHuawei(華為技術)から発売されるモバイルWi-Fiルータ。2.4インチのカラー液晶を搭載している。
専用のAndroidないしはiOSアプリを利用すれば、ワンセグ・フルセグでの視聴が可能になっている。

個人的感想
この機種はソフトバンクから販売されるPocket WiFi 304HWと同じもの。ゆえに、今使っているケータイで選ぶという形になるのかもしれない。


次回は旧ウィルコムが展開していたPHSの機種紹介です。


人気ブログランキングへ ブログランキング・にほんブログ村へ  
Posted by alexey_calvanov at 23:43Comments(0)TrackBack(0)