2018年09月27日

この記録を見る限り、機械の記録も伸びる

ファミコンの「スーパーマリオブラザーズ」で繰り広げられている「any%スピードラン」(特に指定された条件はなくクリアタイムを競う競技。例えば1-2からワープで4-1、4-2からワープで8-1に行くという最短ルートもOK)で、TAS(エミュレータで機械的な正確な入力を実行させるもので、ツールアシステッドスピードランの略)による「any%スピードラン」に迫る新記録が出たとのこと。
アメリカのプレイヤーが達成したもので、4分55秒913と約4ヶ月ぶりの新記録になりました。単純に言えば約0.3秒の更新なのですけど、この記録の本当にすごいと思わせる部分がありまして・・・。
実は、この記録が出たプレイ、8-3はクリア時点で過去の記録より0.8秒も早かったのです。つまり8-4でケアレスミスを起こさなければ、大幅な記録更新もあったわけです。しかもTASでの記録は4分54秒03とおよそ1秒差人力の記録改善がまだまだ見られるということは、エミュレータを利用しているTASの記録もまだまだ磨けるとも言えるわけです。

道具の力で伸びることも、ともすれば人間の英知によるものなので、TASでもいい記録が出ることを期待します。もちろん、人間の自力で出した記録がTASを追い抜けば、それはそれで素晴らしいことですよ。是非とも見てみたいです。


ちなみに私なら、10分位でできるかな・・・と思っているけど、そんなに上手くはいかないか(ニヤニヤ)。


人気ブログランキングへ ブログランキング・にほんブログ村へ  

Posted by alexey_calvanov at 23:55Comments(0)