2016年01月21日

秋の新機種2015 au編 前編

『秋』と書いていますけど、正確にはもはや冬(苦笑)。しかも2016年に入ってしまったわけで。今後隠し玉も出てくることでしょうから、既に2016年にもなっているのに、2015年の秋の新機種として紹介するのもどうなのかねぇ・・・(でもそうしないと、ますますわかりにくいかもしれないし)。


そんなわけで、auの新機種がやっと発表されました。今回のauの特徴は、『原点回帰』とも言えるのでしょうか、学生への優遇、「学割」を強化させました。
「学割」(開始当初は「ガク割」)はau最大の特徴ともいえる施策で、基本使用料とau間の通話・固定電話への通話・Cメールが半額他社間の通話は20%引きというもので、2009年まで行われていました。その後、名称を変えて進められたものの、概ね「学割」と同じくなっていました
今回行われる「auの学割」は、基本使用料はそのままに、データ量を5GBまで毎年無料で提供することになりました。ただし、5GB以上利用した場合は、データ定額料から1000円/月の割引が付きます。さらに、うたパス・ビデオパス・auスマートパスも期間限定ながら割引になります。
対象者は25歳以下で、25歳までであれば学生でなくても対象になります。データ定額料の割引に関しては、その家族も対象となっています。
それ以外では、23ヶ国と地域で国際通話の定額サービス(980円/月)が開始されます。


それでは新機種の紹介です。最初は国産モデルの紹介です。


①Xperia Z5 SOV32
5.2インチフルHD TFT液晶を搭載したストレートタイプのスマートフォン。OSはAndroid5.1。
2300万画素CMOSカメラをメインに搭載し、ソニー製デジカメ「α」の技術を応用した0.03秒高速オートフォーカスを果たしている。またLTE(下り最大225Mbps)とWiMAX 2+(下り最大220Mbps)とのキャリアアグリゲーションにも対応している。

個人的感想
カラーリングは4色となっているものの、どちらかというと男性が好むような色が多く、男性を意識した機種に仕上がっているかも。また音に関してもこだわりを持っているが、基本的にソニーの純正ヘッドホンがないと機能しないのは惜しいところ。しかし、この機種がメインモデルというのは贅沢になったものだと感心してしまう。


②DIGNO rafre KYV36
5.0インチHD TFT液晶を搭載したストレートタイプのスマートフォン。OSはAndroid5.1。
完全防水(一体成形)になっており、IPX5/8相当の防水に対応している。

個人的感想
最大の特徴は、完全防水普通は水道水レベルまでなところ、この機種に関してはハンドソープ水レベルであれば防水に対処可能としている。また一体形成になっているため、水が機械内部に浸透しにくくなっており、この点でも通常防水よりワンランク上の仕様になっている。そのため、汚れたらすぐにハンドソープで洗浄・・・というこれまでの常識では考えられないことができるようになっている。子供がよく触る・汚す、清潔なケータイを常に持ちたいという人にオススメ。


③Qua phone KYV37
5.0インチHD TFT液晶を搭載したストレートタイプのスマートフォン。OSはAnndroid(バージョンは不明だが、5.0以降になると思われる)。
IPX5/8相当の防水・IP5X相当の防塵・MIL規格に準拠した耐衝撃性能を備えている。

個人的感想
機能的には中庸で、VoLTEには対応しているが、キャリアアグリゲーションには対応していない。ただ、防水・防塵・耐衝撃機能は備えているので、頑丈な機種が欲しい人にオススメ。またアルマイト処理が施されたアルミニウム合金「A5052」といったデザイン面でのきれいさもオススメしたいところ


④AQUOS SERIE mini SHV33
4.7インチフルHD IGZO液晶を搭載したストレートタイプのスマートフォン。OSはAndroid5.1。
動画の処理スピードが120Hz駆動(1秒間に120回の更新)になったり、動画撮影のスピードも120fpsに対応可能になったなど細かい面でのブラッシュアップが施された。

個人的感想
機能面ではあまり大きく変わったところが少なく、逆にミドルレンジ級の機種なので、ハイスペックな機種が欲しいと思った人には残念至極なところ。IGZOの進化した面が見られるところだけ見どころになるのか?


次回は海外モデル・ガラケーなどの紹介です。


人気ブログランキングへ ブログランキング・にほんブログ村へ
  

Posted by alexey_calvanov at 23:21Comments(0)TrackBack(0)

2015年01月30日

冬の新機種2015 au編 前編

普段ならば秋から冬にかけて新機種を発表するというパターンをケータイ各社は行ってきておりますが、今回auに関しては秋と冬の2回に分けて行われることとなりました
今回の新機種発表の中では、au長年の伝統である学割を実施する(ただし、これまでの学割とは少々違い、「カケホとデジラ」のプランに加入の場合は月額データ定額料を1500円割引に、「LTEプラン」の場合月額基本料を3年間無料にするというもの。対象者は新規契約ないしはMNP(ナンバーポータビリティ)を実施した学生ないしは25歳以下(開始当初は学生のみ)とMNPを実施したその家族)以外大きな発表はなく、敢えて言うならUQ WiMAXのWiMAX 2+を2つ束ねるキャリアアグリゲーションを実施することで下り最大220Mbpsを実現できるようになったということでしょうか。その対応機種がUQコミュニケーションズと共に発売されます。


ところでUQといえば、MVNO(仮想移動体通信事業者)でUQ Mobileを立ち上げました。詳細を紹介するか否かはまだ思案中・・・。ディズニーモバイルのような例もあるし、他のMVNOの取り扱いをどうしようかと悩む面もあり、すぐに紹介と行かないのが残念なところです。


では、新機種の紹介です。今回は定番(?)のスマホ2機種の紹介です。


①INFOBAR A03(KYV33)
4.5インチワイドフルHD TFT液晶を搭載したストレートタイプのスマートフォン。OSはAndroid4.4。INFOBARシリーズとしては6代目で、製作メーカーは京セラ再び国内メーカーに開発が戻っている
アルミ製ボディにIPX5/8相当の防水・IP5X相当の防塵が施されている。通信は4G LTEとWiMAX 2+、そして高品質な音質となるVoLTEに対応している。

個人的感想
この機種、デザインケータイでありながら、卓上ホルダをサービスで付けたり高品質な音質のVoLTE、キャリアアグリゲーションやWiMAX 2+にも対応しているので、ある意味実用的になっている。カラーリングに関しても伝統色であるNISHIKIGOI(赤)以外にもクールな色合いのPOOL(青)など4色を揃え、男女双方にアピールできるよう展開されている。


②AQUOS SERIE mini SHV31
4.5インチフルHD IGZO液晶を搭載したストレートタイプのスマートフォン。OSはAndorid4.4。
縦124mm・横63mm・厚さ9.9(最厚10.1)mmのコンパクトなボディに、4G LTEとWiMAX 2+の通信機能に加えVoLTE・キャリアアグリゲーションにも対応している。またエモパーも搭載されており、スケジュールや天気予報といった実用的な情報からあいさつや雑談に至るまで様々に音声やテキストで対応してくれるようになっている。

個人的感想
この機種は通信機能も充実し、エモパーのように硬軟どちらにも対応できる『秘書』のような存在も付いている。またIPX5/7相当の防水やFeliCa・NFC、赤外線通信、ワンセグといったエンタメ機能も搭載しているものの、フルセグには対応していないのは残念なところ。これだけ揃っているのだから、なおのこと浮いて見えてしまう。


次回は、変わり種スマホの紹介です。


人気ブログランキングへ ブログランキング・にほんブログ村へ  
Posted by alexey_calvanov at 23:29Comments(0)TrackBack(0)