2012年03月19日

アプリゲーム ゲーム発展国++

Androidアプリになってうれしいことと言えば、以前にもお話したと思いますが、『BREWのくびき』から解放されるということでしょうか。ドコモやソフトバンクと違い、Javaが基本的に受け入れられない(かつてはオープンアプリというシステムでJavaの非公式アプリは使えたんですけど・・・)ので、どうしても遊べるアプリが少なくなってしまうんですよねぇ。

ところが、今回の機種変更で、今まで遊べたアプリが無くなるよりもこれから遊べるアプリが遙かに多くなるという点で涙モノなわけですよ。
それで、何かいいアプリが無いかなと思って探していたある日、今回紹介する「ゲーム発展国++」が20円という超破格値でダウンロードできたので落としてみたわけです。


この作品、20年の間に、人気ゲームを作っていくことと自社ハードを開発してそこからヒット作を売り出していくことが大きな目的といってもいいでしょう。
とはいえ、最初は能力もないし、作れるゲームも限られています。さらに当初はPCゲームでの開発しかできないので、そこで力を付けていかないといかんわけです。しかしながら初めのうちは、売れるゲームが作れるわけでもないのに、自社制作作品を作っていたら、そのうち資金ショートを起こしてしまいます。そのために、最初のうちは受注開発で、カネと社員の力を蓄えていくのが大きな目標になるでしょう。
また、請け負うことで、もしくは開発中の作品のデバッグで得られる研究データを使って社員をレベルアップさせていきましょう。この研究データは社員が何かプラスアルファのことをやりたい(独創性を増したい・面白さを増したい・グラフィックを強化したい・音楽を豪勢にしたい)場合にも使えますし、アイテム屋から買ったアイテムを使う時(消費アイテムは除く)にも使います。また社員のレベルアップにも欠かせないので、使い過ぎには注意。ただし、レベルが上がれば上がるほど、社員の年俸が上がっていくので、これまた注意。

社員に関しては、カネをかけて教育をすることで、プログラム・シナリオ・グラフィック・音楽のいずれか(または全て)を向上させることができます。ただ、中にはある能力を向上させる代わりに別の能力を低下させるものや全ての能力を低下させるものもあるので、使う際には社員の職業と相談の上で・・・
ちなみに、社員の職業は基本職4種、上位職4種の計8種類。特に上位職への転職は基本職を全てマスターすることが必須で、上位職は状況次第では全ての職業をマスターしないといけないのでかなり厳しいです。ゲームハードを作りたい場合は現職ハードエンジニアが必須なので、育て上げるのにかなり苦心するかもしれません。


さて、受注開発で力を付け、PCで1本以上ゲームを開発すると、いよいよハードメーカーからゲームが出せるようになりますが、この際ライセンシーを払わないとそのハードの開発ができません。そのライセンシーもピンキリなので、財力との相談の上で決めて下さい。
ただ、ファミコンにあたるハードのライセンシーが取れないと少々厳しいかも。ここで稼げるだけ稼いで、ゲームボーイにあたるハードで一気に儲けてやりましょう。というのも、ライセンシーが低く、開発費も少ないながら、がっぽり稼げるからです。
この後、プレイステーションないしはセガサターンにあたるハードでさらに儲けてやりましょう。そうしたら次世代機のゲームキューブにあたるハードが登場してくると思うので、そこに乗り換え。さらにプレイステーション2にあたるハードに出し抜けば、20年はあっという間に乗り切れるはずですし、いい社員も集められるでしょう。


まぁ、最初のプレイのうちはなかなか上手いこと行かないんじゃないかと思います開発も売り上げも思うようにいかないで、苦しみながらの20年になるかと思いますが、ここで開発できるジャンルや内容を見つけておいて育て上げておくと、2周目のプレイがかなり楽になります
ある意味、2周目が本当のプレイみたいなもので、楽に稼げるし楽にも進められます。様々な要素をしゃぶり尽くしたいなら、2周以上やるのがオススメです。


ゲーム発展国++
230円 / ダウンロード
ドコモ・ソフトバンクのケータイアプリ、iPhone/iPad・Android端末(スマートフォン)に対応。ダウンロード価格は時期によって異なるので要確認。
ゲーム会社として殿堂入り作品を制作すること、ミリオンセラー以上のソフトを販売する、自社ハードを開発してヒット作を作るというのが大きな目的。期限は20年と設定されているが、それ以上のプレイも可能。
社員の教育・ジャンルや内容の発見が大きなポイントとなるが、有能な社員を発掘するのもポイントになる
テンポに関しては若干ゆっくり目だが、会社運営が波に乗ってくると、あっという間に感じるかもしれない


人気ブログランキングへ ブログランキング・にほんブログ村へ  

Posted by alexey_calvanov at 22:27Comments(2)TrackBack(0)

2012年03月16日

アイマスがiPhoneに

先日、PS3でガンダムのオンラインゲームが無料(一部課金あり)でできると書きましたが、今度はアイマスこと「アイドルアスター」が無料(一部有料)でできるモバイルゲームとして登場することになりました。
とはいっても、正確には一般的なケータイ(モバイル版)で出していた作品がiPhoneでも楽しめるようになりましたよ、という話。それゆえに、作品のタイトルは「アイドルマスターモバイルi」となっています
蛇足ですが、昔ならiと言えばiモード、つまりはドコモのアプリゲームを指したのに、今はiPhoneのiになってしまったのは時代の流れなんでしょうね・・・。


ところで作品の内容ですが、基本は待ち受けとしてセットしておくもので、最初に選んだ765プロ所属のタレントをタップすると、独り言をしゃべってくれたり、時間を教えてくれたりなどの反応を示してくれる以外にも、例えばカメラ機能を使えば、相手の子と一緒に写真に収まってくれたりもします

しかし、このアプリの真骨頂は、ゲームモード
アプリ待ち受けの右上にあるドアをタップすると始まるもので、全国505ヶ所から舞い込んでくる依頼をこなして地名度を上げていき、ファンを増やすのが大きな目的になります。
この全国505ヶ所というのは実際にある場所で、その場所へ期限内に行くことで依頼をこなしたことになります。もちろん、中には絶対に行けないという場所もあることでしょう。そこで、他のプロデューサーに依頼を代わりに行ってもらう代行依頼システムがあります。代行依頼は掲示板に掲載されるので、その地域に近い人がそれを読んでオファーをしてくるというふうになっています。この代行依頼はツイッターを介して掲示板に依頼を出したことを掲載できるので、より効率化を図ることもできます。

その他に、得られた特産品で体力を回復させたり、知名度を増やすことができたり、ファン人数やエリア数が一定以上達すると、アイドル達とのスペシャルイベントが発生するので、お目当てのアイドルと親交が深くなりたければ、一生懸命に依頼をこなしていくことが重要なんですよ(ニヤニヤ)。もちろん、称号やトロフィーもあるので、自慢したがりの人も大満足です(爆)。


なお、モバイル版が既に出ていると書きましたけど、そこからの引き継ぎも可能になっていて、今まで汗水たらして貯めたデータも移行できますけれども、ご当地待ち受けやご当地着ボイスといったご当地デジコンは引き継ぐことができず、データが消失することになるので注意。また完全移行になるので、もう一本の世界戦ができるというふうでもなさそうです(それ以前にiPhone専用のSIMカードが用意されると思うので、そういったことはできないかもしれない)


今回iPhone(iOS)対応になったということで、対象はauとソフトバンクのみ最大手であるドコモに関しては、Androidでのリリース待ちということになるんでしょう。バンナム(バンダイナムコゲームス)のことなので、恐らく手は打っているはずですから、首を長くして待ちましょう(ニヤニヤ)。


人気ブログランキングへ ブログランキング・にほんブログ村へ  
Posted by alexey_calvanov at 22:48Comments(0)TrackBack(0)

2011年12月04日

ソフトバンク終了?auはどうなる?

先日、また日本経済新聞がすっぱ抜いた大スクープが大きな話題になっています


来年(2012年)の夏にNTTドコモ(以下ドコモ)からiPhoneシリーズを出すことでアップルと基本合意したという報道がなされたからです。

iPhoneはこれまで初代から4Sまで5台登場したスマートフォンで、ケータイ業界に一大センセーションと一大革命を起こしたとされている機種でもあります。アメリカではもちろん日本でも大人気で、世界中で発売されている機種でもあります。中国ではわいろの材料に使われているとか(苦笑)。


そのiPhoneシリーズ、日本では4まではソフトバンクの独占販売だったのですが、今回と同じように日本経済新聞が4Sからはau(KDDI)からも出しまっせとすっぱ抜いたために、マジかガセかで大騒ぎ実際auからも発売されることが判明したため、今年最大のスクープとさえ評されるものになったんじゃないかとちょっと持ち上げてみた(笑)。
実際は選択肢が増えたということで、双方に益があったんじゃないかという話もありますが、ここで割りを食ったのがドコモAndroidを中心としたスマートフォンと広いエリアで着実に増やしていましたが、ソフトバンク・auがiPhone販売でさらにシェアを伸ばしたことから、ドコモとしても危機感が募ってきたのでしょう
そんな中で今回発表されたこの記事。再びマジかガセかで大騒ぎになっています


ところで、なぜドコモでいち早くiPhoneが出なかったのでしょうか?その答えは意外に身近にあります。それはiモードというドコモ独自のWebシステム
iモードは1999年に開始されたケータイに仕様を合わせたウェブとメールが行えるサービスで、メールに関してはiモードメールという名前でも呼ばれています(iモードメールはFOMAがメインになって以降MMSやFOMAメールと呼ばれることが多くなる)。その後2001年にiアプリ、FOMA登場以降iモーションなど様々なサービスが派生したのですが、特にiモードの登場がケータイ業界に大きな変化を遂げさせたのは事実で、日本のガラパゴスケータイ化を決定付けたものとも言えるかもしれません。

そのiモードをスマートフォンで何とか積みたかったため、試行錯誤していましたアップルと結局揉めたのは、このiモード絡みではないのかとも言われています。
iPhoneをドコモで出したいと交渉した時、

ドコモ:「iモード積ませてよ」
ジョブズ:「ダメ(ニヤリ)」


なんてことがあったんでしょう。恐らく最後まで抵抗していたのは先日亡くなったジョブズ氏だったのかもしれません。
ところが、ジョブズという障壁が無くなってから、auがこうも早く発売にこぎつけたとなると、ドコモからの発売も案外事実なのかもしれません。

でも、私自身ドコモはiモードを捨ててないと思っています。その理由はdモードというスマートフォン版iモードと呼んでもアプリがあるため
既にドコモのAndroidではこのdモードが積まれており、iモードとあまり遜色なくブラウジングができます。恐らくiPhoneでもiOSでdモードができることをアピールして、ないしはこれを条件にアップルを丸めこんだのではないかと推測しています。


まだこの記事の結末は見えてきません。その時期が来るまで待つしかないのでしょうが、私自身この記事は、過去の例を考えれば、飛ばしではなくほぼ事実ではないかなと思います
仮に事実なら、エリアで泣いているソフトバンクは轟沈されてしまうのではないかと。auがどういう立ち位置になるかが正直わかりません。仕様が改良されれば互角の勝負。なければドコモの一人勝ちというふうになるのかもしれません。


人気ブログランキングへ ブログランキング・にほんブログ村へ  
Posted by alexey_calvanov at 23:59Comments(0)TrackBack(0)

2011年10月14日

今日も明日も、店によっては対応が大変だのぉ

今日は、『スティーブ・ジョブスの遺産』とされ、かねてから期待されていたスマートフォンiPhone4Sの発売日。今回はこれまで発売していたソフトバンクからだけでなく、au(KDDI)からも発売されることになり、日本でも単独販売の構図が崩れ、互いが競争する時代に突入することになりました。
その初日になった今日、キャリアショップであるソフトバンクショップ・auショップだけでなく、予約なしで買うこともできたアップルストアなど様々な販売店で、早くは火曜日から長~い列を作っていました


そんな中、一部店舗で販売の遅れ(顧客情報の入力ミス)はあったものの、比較的順調に何事もなく終わったauの事務対応に対し、ソフトバンクは一時(およそ3時間ほど)、新規契約・機種変更(いわゆる買い増し)だけでなく、ナンバーポータビリティ・契約内容の変更・料金収納・修理受け付けや修理品の返還・解約なども含めた全ての業務が止まるシステムダウンが発生したそうです。
こうなったのは、予想を越える申し込みが殺到したため・・・とのことだそうですが、おいおい、iPhone4が発売した時にも同様のシステムダウンが起きたような気がそこから得た教訓は生かされなかったんかい?

そうなんです。iPhone4が発売した時にも同様にシステムダウンが起き、長時間何もできなかったという苦い経験をソフトバンクは起こしているのです。にもかかわらず、今回も3時間ながら起こしてしまった。このことは非常に通信機器を取り扱って会社にとっては致命的なのではないのでしょうか。

また、この3時間だけの休止が誤った解釈を生んだのか、一部店舗では終日受付NGという解釈がなされてしまい、慌てて孫社長のツイッターで大丈夫宣言が飛び出す始末。もしかして業務グループより、孫社長のツイッターを逐一監視していた方が、業務が運用できるのか否かがわかるんじゃないのか(苦笑)。それも通信機器を扱う会社としてどうなのよ公式発表がツイッターなのは少々困ったものではないのかね?
確かにツイッターは情報源としては生かせるけど、こういった重大な事態は、先にプレスリリースを出してからツイッターで出す方が確信が持てていいんじゃないのかなぁとも。そう言うのは、私がツイッターというものを『イエスマンしか残さない内向き(閉鎖的)なツール』としてしか見ていないからかねぇ・・・


とにかく、こんなバタバタした1日を過ごした翌日には、今度はPS Vita(プレイステーション・ヴィータ)の発売前予約を控えてます
ネット通販では日付の変わり次第受付というところもあれば、朝からというところもあり、店舗予約の場合は朝7時からというところもあれば、開店してからというところもあります。中にはGEO(ゲオ)のように、Ponta会員限定で予約受付という強気のパターンもあります。

さすがに店舗内・ネット内での予約なので大丈夫だとは思いますが、これがSCE(ソニーグループ)のネットワークサーバーに回って、その予約リストがまたハッキングされて・・・(ガクガクブルブルガクガクブルブル)。<いっくら何でもそれはないない。


ともあれ、一つ確実に言えることは、今週末の家電量販店は地獄です(ニヤニヤ)。


人気ブログランキングへ ブログランキング・にほんブログ村へ  
Posted by alexey_calvanov at 23:53Comments(0)TrackBack(0)

2011年09月26日

iPhone販売への布石か?

先日から話題騒然になっている『au(KDDI)からのiPhone販売』
今日の発表会ではその詳細は明らかにされなかったばかりか、「105回言ってますがノーコメント」と言いきったほど報道統制を図っています。


しかし、iPhoneはauで販売されるのではないかと思われる事態がいくつか現れています。
その一つがAndroid au昨年9月末からスマートフォンを販売するため、ソフトバンクのiPhoneに対抗するためにスマートフォンのOSのひとつであるAndroidに特化しようという試みで始まったものです。
そのAndroid auでは対ソフトバンクを意識した部分が徐々に強くなり、「iPhone(ソフトバンク)を買うくらいならauのAndroid端末を買った方がいいよ」というメッセージを大なり小なり流し続けていました。

ところが、iPhone発表の直前、突然このAndroid auを指揮していた人が左遷されるということが起こりました。そして今日、大規模なキャンペーンが終わったかのように公式サイトも閉鎖されました
『Android au』というコピーは当分Android端末が販売されるので続けて使用されるそうですが、もはや積極的に使われるコピーではないことの暗示になっているのでしょう。実際、発表会の中でも、「キャリアがゴリ押しするのではなく、お客がサービスを選ぶ時代」という趣旨の発言をしています


以上のことから、Androidオンリーで進めることはないという意思の表れとも取れるわけです。その証左の一つとして既にauはWindowsの機能を搭載したWindows Phone(IS12T)を販売しています。


これらの出来事が本当にiPhoneへの販売に繋がってくる出来事になるのか、それとも単なる看板の架け替えで終わるのか?恐らくそれは秋冬モデルの販売が本格化する頃わかるのでしょう。


人気ブログランキングへ ブログランキング・にほんブログ村へ  
Posted by alexey_calvanov at 22:52Comments(2)TrackBack(0)

2011年09月22日

ドコモ涙目・・・いやソフトバンクも涙目

9/26に控えたauの新機種発表会を前に、大きなニュースが飛び込んできました。
auからアップルのスマートフォンiPhoneが発売される可能性があると日本経済新聞を始め一部の新聞の夕刊で報道されました(うちの地元の夕刊でも載っていました)。


これまでは、輸入品を除きソフトバンクモバイル(ソフトバンク)の事実上の独占契約だったことはご存知の通り。この事実上の独占契約のおかげで、ソフトバンクは通話料の安さと購入価格の安さで一気に独走し、ボーダフォン時代には「MNP(ナンバーポータビリティ)が始まれば『草刈り場』になる」とまで言われたほどだったのが、現在はauに猛追するほどの勢いになっています(純増契約数NO.1を確か2年以上続けていたような)。


このiPhone販売権をauが契約できたことで、これまで劣勢だったスマートフォンに対して優位に立てるばかりか、選択肢が大きく広がるので、これまで純増数がほとんど10万以下だった状況も打破できるようになるかと思います。

そして最も優位に立てるのが電波に対して
ソフトバンクは急激に契約者数を伸ばしたものの、インフラである電波はあまり改善されていないとされています。確かに一部地域では孫社長の一言で改善されたとはされ、コミケなどイベントでは移動電波車を派遣してよくしたりと必死のイメージアップを図っています。ただ、それでも地方を中心にまだ追いついていないのが現状です。さらに、ここに来て問題になっているスマートフォンが引き起こすトラフィック(通信がひっ迫した状態)。これがソフトバンクユーザーの不満点としてMNPへの着火点(不安要素)として挙げられるでしょう。
今回iPhone5からauは販売を開始するとしていますが、これが現実のものとなると、初代iPhoneやiPhone 3GSのようなケータイを持っている(つまりは『満期』を迎える、または『満期』を越えた)ソフトバンクユーザーが電波の悪さを嫌ってauへ映る可能性も考えられます。この数は少数かもしれないですが、iPhone6・7・・・と進むに従って、auへの加速度的な流出は止まらなくなる可能性も考えられます。それだけ、iPhoneへの期待と快適さは繋がってくるのです。


ところで、なぜアップルがここまで態度を軟化させたのでしょう。
推測ですが、ジョブズCEO(当時)が退任したからだと考えられます。これまではジョブズCEOが徹底的に秘密主義を貫いたばかりでなく、アップルのビジネスモデルを重視してきたことが考えられますドコモがアップルとの契約に頓挫したのも、iモードが積めなかったからとされています。
またジョブズCEOと孫社長とのホットラインがあったから契約がスムーズに進んだとも言われています

で、今回auと契約を結んだのも、新作発表会の前にリークされたのも、ジョブズCEOの『重荷』が取れたからと考えられます現在集団指導体制を採っているアップルは、業績を盤石なものにするために、1社独占を辞め、かねてから進めていたauとの契約を結んだのでしょう。この情報が漏れたのも、ソフトバンクやドコモへのけん制の可能性も考えられます。


今は詳細な契約内容が出ていないだけに、憶測でしか書けないわけですけれども、恐らくauがアップルと契約してよい大きな要素があったからに違いありません(一番考えられるのはEZweb絡みの可能性)
本当に9/26の新作発表会が気になるところです。さて、どう出るのでしょうか。


人気ブログランキングへ ブログランキング・にほんブログ村へ  
Posted by alexey_calvanov at 23:22Comments(0)TrackBack(0)

2011年06月19日

何が何でも売りたい → やっぱりやめました

これまで噂に上っては消えていった『ドコモからのiPhoneシリーズの販売』。
これまでは是が非でも売りたいとしていたのではないかと言われていましたが、先日ドコモがついに『降伏』。今後ドコモではiPhoneシリーズの販売は事実上なくなり、ソフトバンクの独占供給というふうになりそうです。
公式(株主総会での発言)には「iモードが導入できないため」ということになっていますけれども、どうもそれ以外にも理由がありそうです。


これまでドコモは必死になってアップルと交渉をしてまでして自社のラインナップに加えようとしていた節があります。やはり世界で普及していた端末だったのと、シェア競争にとって決定打になると言われていました。そのため、ドコモは必死になってアップルの端末を抱きこもうとしていたばかりか、ソフトバンクに対してもiPhoneシリーズのSIMフリー化を求めていたのではないかと思われます。

しかし、世界の携帯電話の市場を見てみると、iPhoneのOSであるiOSは実のところ少数派。現在はAndroidを積んだ端末の方が多くなっています。そしてAndroidは無料で扱えるため、ドコモにとっても様々なアプリを作りやすいというメリットがあるかもしれません。その中にはiモードを使えるアプリ(spモード)も入っているのでしょう。

ただ、iPhoneが今でも魅力的な端末なのは事実。実際iPhone以上の端末が出てきても、iPhoneは売れ続けていますし、日本では半ば『ブランド』的にiPhoneが売れています(それが今日のソフトバンクの純増に繋がっているのではと推測しています)


ドコモの戦略は間違っていないと思います。ただ現状では、まだまだiPhoneの力が勝っていると思えてならないのです。


人気ブログランキングへ ブログランキング・にほんブログ村へ  
Posted by alexey_calvanov at 22:00Comments(0)TrackBack(0)

2011年03月27日

iPhone / iPod touch向けにあの大作が移植

3/24にiPhone / iPod touch向けに「ファイナルファンタジーⅢ」が移植販売されました。


「ファイナルファンタジーⅢ」は1990年にファミコンで発売されたシリーズ3作目の作品。技術的な問題で長らく他ハードへの移植(ワンダースワンカラー・GBA・PS2での移植の予定もあったものの、開発中止になった経緯がある)は叶わなかったのですが、2006年に16年の沈黙を破ってニンテンドーDSへ移植。大幅な仕様変更は施されましたが、かつての世界観を残しリメイクされ、ミリオンセラーを叩き出しました。なお、ファミコン版は2009年にWiiのバーチャルコンソールへ移植されました。


今回iPhone / iPod touchへ移植された「ファイナルファンタジーⅢ」、2006年に発売されたニンテンドーDS版をベースにしています。そこから背景のグラフィックを強化し、タッチパネルで操作しやすいようにユーザーインターフェイスが改良されています。また、やり込みデータ・モンスター図鑑の改良、ジョブカードは新デザインになっています


iPhone / iPod touch、つまりはiOSに移植されたということは、近いうちにAndroidにも移植されるのかもしれないですね。そうなると、PSPへの移植(さらにはPS suiteへの移植)への可能性も出てくるのかもしれません(Androidに移植されれば、AndroidをベースにしているPS Suiteへの移植も可能になるし、それに近いPSPないしはNGPへの移植も可能になる)


ちなみに、価格は1800円。まぁ、妥当なのか?もう少し安くできるのかなとか思うけど・・・。


人気ブログランキングへ ブログランキング・にほんブログ村へ  
Posted by alexey_calvanov at 21:27Comments(0)TrackBack(0)

2010年12月26日

アクセス解析が面白くてならない

ライブドアブログに移ってから、何気に気にしているのがアクセス解析
どの機種(PCだとどのOSやブラウザ)から来たのか、いつ来たのか、どうやって来たのか、何の記事を見てきたのかとかがまるわかりという一種のパンドラの箱じゃないかと思わせるくらいすごいものですわ。
またログミンというアバターがチョコマカと動き回る機能も面白いですね。視覚的にわからせるのと見ている本人に楽しませるというダブルの目的で作られているから、何回見ても飽きない。こりゃモチベーション上がるわ(笑)。


そんな今日現在のPC:ケータイの来場比率ですけど、27:72とまだまだケータイの比率が高め。でも、iPhoneがPC扱いされているのには驚いた(爆)。こりゃスマートフォンはPC扱いになるんでしょうかねぇ・・・。

ただ、ケータイのEZwebからの接続率は順調に減っています(苦笑)。元々それは狙っていたんですけどね。それでも9割近く(約88%)あるので、これが6割くらいにまで落ちて、ドコモとかが4割(現状ドコモが約1割、ソフトバンクがやっと入ってきた(笑))くらいになれば、正直健全かなと。元々au one ブログという(PCや他社ケータイでも閲覧は可能だったんですけど)ほぼau向けのSNS(ソーシャルネットワークサービス)と化していましたから・・・。そういう点では、オープンフリーを目指していた理念とは相反する方向でしたし。

PCの閲覧も3割をまず目標に頑張りたいなと。半分くらいなってくるとひとまずOKかなとも。


・・・あくまで自己満足なんだろと言うのはナシの方向で(ニヤニヤ)。  
Posted by alexey_calvanov at 22:49Comments(0)TrackBack(0)