2021年09月16日

【実はただの】まさかの東西融合!?【西日本仕様】

SHV47_1563日清食品のどん兵衛シリーズには、「日清のどん兵衛 きつねそば」というきつねそばがあるのはご存じでしょうか。どうしてもうどんの陰に隠れがちなんですけど、私はこちらの方が好きですね。
この商品リニューアルされたようで、本鰹と昆布のWだしが利いたものになったそうです。ということは、東日本のかつおだしと西日本の昆布だしが合わさった融合品なんだ・・・と思って、この商品の概要見たさに日清食品の公式サイトを調べてみたら、何だよ西日本仕様のうどんつゆがベースなのかよ(泣)。



だからなんでしょう、かつおだしの味と昆布だしの味のバランスが非常に良くて、角の無いまろやかな味わいに仕上がっています。かつおだしだけの味も悪くないのですけど、合わせだしの美味さがよくわかります。
麺に関しては、のどごしのいい長い麺になっているので、食べやすい。つゆをよく絡めてくれるので、あっという間になくなっちゃいます(苦笑)。揚げは相変わらず甘い味付けで、大好きですね、私は。


東日本の「どん兵衛」ユーザーには、今回の味はそばとはいえ、西日本仕様の「どん兵衛」を味わえる貴重な機会になると思いますから、見掛けたら買いましょう。


人気ブログランキングへ ブログランキング・にほんブログ村へ  
Posted by alexey_calvanov at 23:51Comments(0) 飲み食い系 

まさに『顔パス』で乗れるように

よく偉い人になると、その顔を見ただけで色んなところに通れるようになる、乗れるようになるというふうになります。俗に「顔パス」と言われるそれが、誰でも受けられるようになると言ったら、どうなるのでしょう。


千葉県佐倉市にあるユーカリが丘線とユーカリが丘に走るコミュニティバスで、この度社会実験として顔認証乗車システムが9/15より試験導入(コミュニティバスは5月から既に運営開始)されることになりました。
このユーカリが丘線というのは、首都圏の列車でありながら、車両が古いため冷房が無い、ICカード(Suica・PASMOなど)が導入されていないなどかなり不便なもので、そっちの方を早く導入した方がいいんじゃないのとか思ってしまうんですよ(汗)。それでも顔認証を導入することにしたのは、逆に無い無い尽くしだからやりやすいという意味もあるのかなとか思ったりするんですよね。

今回のシステムは、ユーカリが丘線とコミュニティバスを管理する不動産会社の山万とパナソニック、そして「乗換案内」などでお馴染みのジョルダンの3社連携で行っているもので、パナソニックの顔認証技術とジョルダンの決済・チケット管理システム「JorudanStyle3.1」を用いています。これらによって非接触・非対面で本人およびチケット確認を行い、乗車管理を行うそうです。なおユーカリが丘線では、自動改札の代わりに認証ポールを置いて、乗り降りする人はそこを通過するとのこと。


この試みは来年1月末までになっています。今回はモニター制になっているとのことなので、一般の人達が体験できるのは、この実証実験が成功した暁には・・・となるのかもしれませんね。


人気ブログランキングへ ブログランキング・にほんブログ村へ  
Posted by alexey_calvanov at 23:31Comments(0) etc 

2021年09月15日

フュージョン! 前編

その昔、「ドラゴンボール」の末期に出てきた、2人の息を合わせた合体技「フュージョン」なるものがありました。上手く融合すれば、合体前の人物よりもはるかに強力なキャラになるものの、失敗するととんでもないことになるということもありました。また成功しても、敵が強ければそれまでボロボロにやられるなんてこともあったそうです。


そんなことを知ってか知らずか、日清食品もカップヌードル50周年ということで、8つのフレーバーをフュージョンさせることになりました日清食品内で吟味された結果、4種類でき上がったのですけど、果たして上手く融合できたのでしょうか・・・。今回は、その4種類のうちの2種類をご紹介。


SHV47_1570最初は、「カップヌードル スーパー合体シリーズ カップヌードル&しお」
普段の「カップヌードル」(醤油味とされる)と「カップヌードルしお」とがフュージョン!普段私は塩味のカップヌードルはそんなに食べないので、どんなふうに変化するんでしょうねぇ。



こちら、中身に関しては「カップヌードル」寄りになっていました。なので、普段の物を食べているのと違和感は無かったですね。ただ、スープの味が普段の物よりもまろやかになっているかなと思いました。少し角のあったスープが、角の取れて飲みやすい味になっていますね。逆に言えば醤油風味が薄まったとも。これは味の変化は乏しいものの、上手く融合したと言えるでしょう。


SHV47_15712番目は、「カップヌードル スーパー合体シリーズ カレー&シーフード」
こちらは、「カップヌードルシーフードヌードル」と「カップヌードルカレー」とがフュージョン!どちらも濃い味わいの物同士ですが、はてさて上手く融合できるのでしょうか。



こちら、中身に関してはほぼ半々といった感じ。「カップヌードルシーフードヌードル」でお馴染みの海産物系の具に「カップヌードルカレー」のじゃがいもが存在感を発揮しております。その代わり、「カップヌードルカレー」の入っている他の具材(肉・にんじん・ねぎ)は外されております。でも見た感じなら、ほぼ変わらないなと思えるくらい(苦笑)。ただ、スープの味はカレーが強めもう少しシーフードの味わいが強ければ、シーフードカレーという新ジャンルを生み出せるきっかけになったんじゃないかなと。それでも「カップヌードルカレー」よりも味はまろやかなのよね・・・。融合具合は可もなく不可も無くかなと。それゆえに、強い敵に立ち向かったら、やられてしまうでしょう(爆)。


次回は、クセ者揃いのフュージョンになりそうです。大丈夫か(ニヤニヤ)!?


人気ブログランキングへ ブログランキング・にほんブログ村へ  
Posted by alexey_calvanov at 23:08Comments(0) 飲み食い系 

秋の新機種2021 アップル編 前編

いよいよ秋の新機種の発表となってきたかなと思ったアップルの新機種発表会。iPhone・iPad・iPad miniと全て展開されることとなりましたね。後日発表となりますけど、iOSなどの発表もあるようなので、今後もアップルの展開は見逃せないですね。


では早速ですが、新機種を見ていきましょう。なお今回の機種は、ドコモ・au・ソフトバンク・楽天モバイルで展開されます。


①iPhone 13
6.1インチ有機EL液晶を搭載したストレートタイプのスマートフォン。OSはiOS 14、プロフェッサはA15 Bionicで、128GB・256GB・512GBの3種類が発売される。
1200万画素CMOSの広角・超広角カメラ、IPX8相当の防水機能、IP6X相当の防塵機能を搭載している。

個人的感想
今回の機種は、以前の物よりブラッシュアップされた格好になっている。カメラ機能やバッテリーの強化の向上がそれで、前者は人物撮影の面で強化され、動画も映画撮影レベルにまで向上している。後者は持ちが数時間長くなっている。なお、カラーリングは5色なので、様々な人から選ばれるものになっている


②iPhone 13 mini
5.4インチ有機EL液晶を搭載したストレートタイプのスマートフォン。OSはiOS 14、プロフェッサはA15 Bionicで、128GB・256GB・512GBの3種類が発売される。
1200万画素CMOSの広角・超広角カメラ、IPX8相当の防水機能、IP6X相当の防塵機能を搭載している。

個人的感想
今回の機種は、以前の物よりブラッシュアップされた格好になっている。カメラ機能やバッテリーの強化の向上がそれで、前者は人物撮影の面で強化され、動画も映画撮影レベルにまで向上している。後者は持ちが数時間長くなっている。なお、カラーリングは5色なので、様々な人から選ばれるものになっている。また、コンパクトな仕上がりになっているので、同じ機能なら・・・という方にウケるのではないのだろうか。


③iPhone 13 Pro
6.1インチ有機EL液晶を搭載したストレートタイプのスマートフォン。OSはiOS 14、プロフェッサはA15 Bionicで、128GB・256GB・512GB・1TBの4種類が発売される。
1200万画素CMOSの広角・超広角・望遠カメラ、IPX8相当の防水機能、IP6X相当の防塵機能を搭載している。

個人的感想
この機種、大きさ的にはiPhone 13とほぼ同じ重さだけが違うので、重さが気にならない人なら、グレードも高いこの機種がオススメ。なお、カラーリングは落ち着いたものになっており、派手さは無い

④iPhone 13 Pro Max
6.7インチ有機EL液晶を搭載したストレートタイプのスマートフォン。OSはiOS 14、プロフェッサはA15 Bionicで、128GB・256GB・512GB・1TBの4種類が発売される。
1200万画素CMOSの広角・超広角・望遠カメラ、IPX8相当の防水機能、IP6X相当の防塵機能を搭載している。

個人的感想
今回の機種の中では最も大きいので、とにかく大画面の人には、この機種になると思われる。それ以外の性能は、iPhone 13 Proと同じなので、本当に画面だけなのかなぁ・・・。


次回はiPadとiPad miniの新機種紹介です。


人気ブログランキングへ ブログランキング・にほんブログ村へ  
Posted by alexey_calvanov at 22:34Comments(0) ケータイ系 

2021年09月14日

春の新機種 隠し玉 その2 海外モデルの逆襲

そろそろ秋モデルの発表・・・という時に、春の新機種の隠し玉が登場することになろうとは(苦笑)。もしかすると、今回紹介する機種は、秋モデルの可能性も無くはないのですけど、現状キャリアからの新機種発表会の連絡が無いので、新機種発表会が行われるまで春モデル扱いにして参ります


ということで、新機種の紹介をば。今回は紹介する全て海外モデルだけになり、ドコモとauのマルチ展開になります。そのため、ドコモ版もau版もまとめて紹介となります。実は機種に付いているキャリア向けの機種名がドコモとauで逆になっていますね。これはこれで面白い。


⑪Galaxy Z Flip3 5G SC-54B / ⑥Galaxy Z Flip3 5G SCG12
6.7インチ有機EL液晶を搭載した折り畳みのスマートフォン。1.9インチの有機ELサブディスプレイも搭載している。OSはAndroid 11。
1200万画素CMOSの広角と超広角カメラ、IPX8相当の防水機能、おサイフケータイを搭載している。

個人的感想
こちらの折り畳みモデルは、かつてのガラケーを思わせる縦折りの機種。コンパクトさがウリの機種になるので、スマホは大きくてかさばると思っている人にオススメ。
⑫Galaxy Z Fold3 5G SC-55B / ⑦Galaxy Z Fold3 5G SCG11
7.6インチ有機EL液晶を搭載した折り畳みのスマートフォン。閉じた状態使えるディスプレイは6.2インチ有機EL液晶になっている。OSはAndroid 11。
1200万画素CMOSの広角・超広角・望遠カメラ、IPX8相当の防水機能、おサイフケータイを搭載している。

個人的感想
こちらの折り畳みモデルは、観音開きのような横折りの機種。これまで同様、閉じた時のディスプレイと開いた時のディスプレイが備えられている(二画面分割もできる模様)。また別売りになるSペンに対応しており、タブレット端末のような使い方もできる。大画面で動画を見たい人などにオススメ。なお、auではカラーリングで緑も展開される。


人気ブログランキングへ ブログランキング・にほんブログ村へ  
Posted by alexey_calvanov at 23:58Comments(0) ケータイ系 

レーズンサンド(お酒は使っていません)

SHV47_1564先日、岐阜に行った時のこと。
乗ったJRの駅のベルマートで、ヤマザキの「レーズンサンド」を買った。小腹が空いていたのでね。
一般的にレーズンサンドのレーズンはラム酒漬けになっているので、微量ながらもアルコールが入っているのですけど、この商品に関してはラム酒を使っていないので、アルコール成分は無いとのこと。そんなんで美味しいのかねぇ・・・と思って買ったわけです。



実際食べたところ、まずは美味しかった。アルコールが入ってなくとも、ラム酒漬けの雰囲気は味わえるのね。レーズンも程よい酸味でサンドとの相性もピッタリです。そして、サンドの部分はサクサクもっとしっとりしているかなと思ったら、サクサクなので食べていてポロポロ細かいのがこぼれるのは欠点なものの、食感のよさはそれを補って余りあるものになっています。またクリームも甘過ぎなくて美味い。後味すっきりに仕上がっていますよ。


確か、これで120円くらいだったと思うのですが、価格としては悪くないなと思いました。また見掛けたら買おうと思っています。なかなか他のコンビニやスーパーでは見掛けないのよね。


人気ブログランキングへ ブログランキング・にほんブログ村へ  
Posted by alexey_calvanov at 23:20Comments(0) 飲み食い系 

2021年09月13日

潔いのか?

SHV47_1557先日、ローソンで「厚切りハムカツサンド」を買ってきた
こちら、分厚いハムカツが入ってるのですけど、ローソンってファストフーズで「贅沢厚切りハムカツ」というのがあるんですね。あれをそのまま挟んだ・・・と思ってたけど、ちょっと衣の薄さとか大きさが違うんですよね。



で、ハムカツは肉厚なので、意外にも肉を食べた感じは強い。しかしそれ以外が無いのだ。
一応千切りキャベツが入っているらしいのですけど、その千切りキャベツは心許ない量で、ホントに入っているのとツッコみたくなる(苦笑)。味も甘酸っぱめのマスタードの利いた味だったので、ちょいと単調な感も。とはいえ、今回食べたのは温めずに食べたから、温めるとまた違うのかもしれない


潔くかつ肉を食べたい人ならそこまで気にならないのかもしれないけど、野菜が欲しい人は、先述の「贅沢厚切りハムカツ」と「ミックスサラダ」というカット野菜を「Lチキバンズ」に挟んで頂くことをオススメします。案外同じくらいの値段で野菜も食べられる(今回の商品が348円(税込)なのに対し、今回紹介した3商品の組み合わせで計340円(税込))ぞ(ニヤニヤ)。


人気ブログランキングへ ブログランキング・にほんブログ村へ  
Posted by alexey_calvanov at 23:55Comments(0) 飲み食い系 

【新フレーバー】カップヌードルが辛麺を作ると、こうなる【また爆誕!?】

SHV47_1549「カップヌードル 辛麺」が発売されて、しばらく経ちました。発売当初から好調な販売で、一部では売り切れになったほど。生産体制は整っていたからか販売休止には至らなかったようで、現在も十分な供給下で販売しております。
このカップ麺の特徴は、焙煎唐辛子というもの。ただ辛いだけじゃないのも特徴になってくると思うので、そのあたりを気を付けながら頂きましょうか。



味は何といっても辛いのですが、一般的な辛麺にあるような激辛というふうではなく、程よく辛いという感じ。辛くて食べられないわけではなく、後を引く辛さに仕上がっています。また辛さ以外に酸味も利いているのがポイントで、キムチの酸味が甘さも一緒に出してくれていて、これも後を引く美味さになっています。そこに麺が絡んでくると、辛さ・酸味・甘味を吸ってまた美味い。麺の量が足りないと思うくらいに麺との相性がいいですね。


辛過ぎずすっきりながらも、辛さ・酸味・甘味のキリっとした味わいのスープが最高ですね。焙煎唐辛子も辛みを引き出すのではなく、コクを引き出す感じになっていましたね。最後までクセになる味わいは、得も言えぬ美味しさになって、また食べたいと思わせてくれました。


人気ブログランキングへ ブログランキング・にほんブログ村へ  
Posted by alexey_calvanov at 23:22Comments(0) 飲み食い系 

2021年09月12日

懐かしの看板商品を頂く ファミリーマート編 後編

現在ファミリーマートでは、「懐かしの看板商品復活祭」と題して、1980年代に発売した商品から2010年代発売の当時話題となったヒット商品やロングセラーとなった商品をリバイバル販売しています。全10種類ある中で、今回はファミリーマートの商品の後半戦です。


SHV47_15504番目は、「ビックリチキンカツ弁当」1987年と今回の中では一番古い商品になります。元中日ドラゴンズの岩瀬仁紀さんが学生時代によく食べていたというエピソードが語られていました。
この商品、何と言っても大きなチキンカツが特徴的ですね。



見た目はこってり目ではあるものの、実際食べてみると、チキンカツは脂の少ない部分で食べやすかったです。ソースが元々掛かっているのもあり味はしっかりしており、そこから追いソースを掛けると、ソースの酸味が、ご飯とマッチしてますます美味いですわ。


SHV47_15585番目は、「メロンペストリーバター」。2002年に発売した商品です。
デニッシュにもビスケットにもバターをふんだんに使い、そこにグラニュー糖を掛けたというものです。



まずはビスケットのサクサク感がザクザク感となっており食べ応えが満点で、食べてすぐに満足感を味わえるものになっています。中のデニッシュもクリームとかが入ってないのに甘くてまろやかな味わいが感じられ、ビスケット生地の甘さもあって、とろけそうでしたわ(ニヤニヤ)。


SHV47_1552最後は、「Wクリームエクレア」2008年に発売した商品です。当時テレビCMで話題になったとのことですけど、あまり覚えてない(爆)。
カスタードとホイップがたっぷり入ったチョコエクレアですね。



見た目とは裏腹に、しつこくない。確かにカスタードは甘いけど、一緒に入っているホイップのおかげである程度相殺されているし、エクレアをコーティングしているチョコが少し苦めの味わいになっているので、それもカスタードの甘さを抑え目にしているのかなと。


今回紹介した全10品は、9/20まで販売予定です。あの時を懐かしみながらというのもまた一興なのかなと思いながら、また頂きましょうか。


人気ブログランキングへ ブログランキング・にほんブログ村へ  
Posted by alexey_calvanov at 22:45Comments(0) 飲み食い系 

FC岐阜観戦記2021 第9節 恩返しならぬしっぺ返し

FC岐阜、昨日はガイナーレ鳥取との一戦になりました。
前回のホームで0-4と屈辱的な敗北を喫した岐阜は、先週行われたアウェイのY.S.C.C.横浜で3-0と全てではないものの取り返すことができました。そこで迎えたホーム、相手は現状最下位に沈んでいるチームです。鳥取はやや上向き気味ではあるものの、サマーブレイク明け以降連敗しており、ここで叩いておけば、岐阜は上位陣にくさびを打ち込むことができると思っています。


さて鳥取には、昨年まで岐阜に在籍していた石川大地選手と永島悠史選手が移籍しています。もしかしたら来るのかなと思っていたら、スタメンで石川選手が控えで永島選手がそれぞれ名を連ねていました。気を付けねば・・・と思っていたら、あんなふうになるなんて。


SHV47_1565先週と同じく緊急事態宣言下で行われた試合、一部イベントは中止ないしはスタジアム内での開催に変更となっていました。
しかしながら、この日の試合ではグッズ販売と飲料の販売が屋台村のあった広場で行われていました。特に飲料の販売は、まだまだ暑い日が続く中で2500人程度の観客が訪れると、自動販売機だけでは全てを賄いきれないでしょうから、いい試みではあったと思います。
グッズ販売は、マーサ21で買いに行くことは無いのかとちょっと安心(苦笑)。



SHV47_1569この日は、10月から第2期の放送が決まった「やくならマグカップも」のコラボ試合ではあったものの、この状況下だからなのかあまり大々的に行っておらず、グッズだけ売ってみた感が強かったなぁ(汗)。これは多治見市とのコラボデーの時にやらなければ盛り上がらんつくづく岐阜はこの手のイベントが下手と思ってしまうのであった。

なお、コラボタオルは買った。「やくならマグカップも」っていうんだから、マグカップを買うんじゃないのかって?残念でした(ギャハ)!



SHV47_1566さて試合ですが、先程も書いたように、石川選手と永島選手が名を連ねたのに対し、先週スタメンから外れた川西翔太選手・吉濱遼平選手に加え、今週は守備の要であるはずのキャプテン甲斐健太郎選手も外れていました。確かに甲斐選手は天皇杯の予選も含めこれまでフル出場だっただけに休ませてあげるべきだと思ってはいたものの、このタイミングでいなくなるとなると、ちょっと何かあったのではないかと邪推したくもなります
そんな中で起こった前半は、意外にも危なげない展開を見せ、鳥取に主導権は渡さない展開になっていました。ただ、決定機はあったものの、そこで決めきれなかったのが、後半大きくのしかかってきたのです。

後半に入り、岐阜も鳥取も先制点を得ようと躍起になっていた中、後半10(55)分、守備の隙を作ってしまった岐阜のイレブンその隙間を塗ってパスを回され、最後は裏に抜けてきた石川選手によって決められてしまったのです。
そしてその後、がら空きの守備に石川選手がお膳立てしたクロスを受け取った杉井颯選手にペナルティエリア少し後からシュートを放たれゴラッソとなり、これは福島戦の再放送かと嘆き悲しんでいると、終盤には途中交代した永島選手がゴールマウス前まで詰め寄って冷静に放ち、もうどうしてこうなったと頭の中が真っ白になりました(泣)。守備がら空きでゴールマウス前も詰めました感が・・・。いや、何より特に1点目と2点目がそうでしたけど、桐畑和繁選手が前に飛び出し過ぎなのかなと。そこを相手に突かれてしまったようにも思えたので、やっぱりゴールマウスに張り付くことは重要なんじゃないのかな・・・と思ってたら、3点目がアレだもの(大泣)。
それでも福島戦の時のように心が折れてしまったかのような怠慢なプレーはほぼ見られず、最後まで1点をという姿勢を見せていたのが救いではあったのですが、0-3で負けは負けとてつもなく厳しい現実を最下位のチームに叩き付けられたのは否めません。そして川西・吉濱・甲斐の3選手がいない結果だと考えると、ますますこの先不安でなりません



SHV47_1567試合後にやって来た石川・永島両選手。
勝った後ということもあってか、いい笑顔してやがる(苦笑)。アウェイの時には両選手が出ていなかったので不安ではあったのですけど、頑張っていたようで何よりでもあります。



しかし、この厳しい現実は何だ。もう昇格云々を語れるチームではないと痛感させられました。そうなると、来年落ちてくるチームの対策、来年やって来るチームの対策、そして近い将来やって来るJFL行きにならないための対策を練るべき段階になってしまったのではないかと思っています。ホントにこのままならJ3の中庸から下位に落ちてもおかしくない状況です。来年あたりJFLへの降格制度が起きるのなら、真っ先に窮地に陥っても過言ではないです。今ある戦力が全員しりに火が付いている現状を再認識し、次に備えてほしいものです。今日の試合はまだそれがあるとはいえ、このままではまずい。


次の試合で挽回したいところですけど、そこでお休みが入ってしまいます。最悪の状況を立て直せるか不安なまま、9/25にアウェイの鹿児島ユナイテッド戦が次の試合になります。前回勝っているとはいえ、この状況下でダブルを狙うのではなく、確実に勝てるために動くようにしてほしいです。

ホームは10月に入った最初の試合、10/2のFC今治戦です。アウェイで惨敗だっただけに、ここでも前回の試合の対策と直近の今治の選手達の分析を行ってほしいです。


人気ブログランキングへ ブログランキング・にほんブログ村へ  
Posted by alexey_calvanov at 22:14Comments(0) スポーツ | アニメ・コミック

2021年09月11日

玄関開けたら・・・

新型コロナウイルスの影響で、リモートワーク(在宅勤務)という人も増えたのではないかと思います。まぁ、そんなの縁遠いわいという人もまだまだいらっしゃると思いますし、職種によっては一生無いという人もいらっしゃることでしょう。私もそんな縁遠い人間の一人です(ギャハ)。<じゃあ何で記事にした!?


さて、リモートワークを行っている人達の悩みは、パーソナルな空間を保てない点でしょう。家族と共にいながら仕事をするというのは、なかなかもって大変で、子供がテレビ会議の中に移り込んできたという事例も。家族といない時でも、自分の部屋をオフィス代わりにしている人は、自身のプライベートを白日の下にさらしかねない事態にもなりかねません。
そこで、多目的な個室を離れとして自宅の庭に設けようとするわけですが、資金に難を持っている人に朗報です。ケイアイスター不動産が「HANARE 禅zen」という離れを一般販売することになりました。
この「HANARE 禅zen」は、1帖タイプの小部屋になっており、フローリング・壁紙仕上げ・断熱性能を持っております室内は、エアコン用のコンセントと2口のコンセントが用意されており、書棚になる収納エリアとスタディカウンターも備えられているとのこと。
今回はリモートワーク向けでの販売ですけど、趣味用の部屋として扱うことも可能なので、一人で模型作りなんてこともできるようになっています。
価格は55万9000円で、工期は2日とのこと。案外安くて早くできるんだね。ただし、関東圏のみでの展開なので、全国でこれを早くできるようになってほしいと思ったら、直接頼んでみよう(ニヤニヤ)。

なお、約4帖のスペースに宅配ボックス・駐輪スペースなどを備えた「HANARE」(54万7800円~)と室内2帖サイズの「HANARE 書斎版」(198万円)も発売しています。実は、今回の「HANARE 禅zen」はシリーズ第3弾なのだそうな。


人気ブログランキングへ ブログランキング・にほんブログ村へ  
Posted by alexey_calvanov at 23:58Comments(0) etc 

懐かしの看板商品を頂く ファミリーマート編 前編

現在ファミリーマートでは、「懐かしの看板商品復活祭」と題して、1980年代に発売した商品から2010年代発売の当時話題となったヒット商品やロングセラーとなった商品をリバイバル販売しています。全10種類ある中で、今回は前編・後編と分けてファミリーマートの商品を紹介。


ファミリーマートは、1972年に西友の一部門として設置されたのが始まりで、1973年に実験店舗がオープンします。1978年にファミリーマートは誕生したのですけど、ファミリーマートとしての創業は、1981年に分社化した時点としているようです。国内で試行錯誤して作りあげたコンビニだったので、海外資本だったセブンイレブン・ローソン等とは違い、積極的に海外に打って出て行ったのが特徴の一つです。
その後、西友の子会社だったファミリーマートは1998年に伊藤忠商事の子会社になりました
そして、ファミリーマートは積極的に他社との併合を進め、am/pm(2009年)、ココストア・エブリワン(2015年)、サークルKサンクス(2016年)をファミリーマートに転換していきました。


SHV47_1543では、ここからはリバイバルされた商品の紹介ですが、前編は過去に紹介した2商品と過去に紹介したかと思ったら、していなかった1商品を一緒に紹介します(苦笑)。


最初は、「具入りラー油」。2010年に発売したもので、こちらは発売当初に他社の同製品と共に紹介していますね。発売6日間で200万食を売り上げた驚異的なおむすびです。



味もあの時とほとんど同じようで、あまり辛くないラー油にニンニクチップが入っており、ニンニクの風味は、なかなか利いております。やや甘辛なので、ご飯にも合うなぁ。


SHV47_15422番目は、「ファミチキ(甘辛味)」。2016年に発売したもので、こちらも過去に紹介していますね。
ファミチキとしては初のフレーバー商品とのことですけど、当時はファミチキ販売10周年記念商品という部分が強かったように思えます。フレーバーの部分であれば、REDと称した辛い物も出ていますし。



味の面に関しては、やや辛め(唐辛子のフレーバーが利いているキレのある辛み)ながらも甘みのあるコントラストの利いた味わいはそのままに、肉がドラムからサイに変わったため、ジューシーさは以前以上になったのではないかなと。
SHV47_15543番目は、「プレミアムフランク」。2014年に発売したもので、豚肉を72時間熟成させただけでなく、スモークも利かせています



こちらは、熟成した豚肉の味わいが口の中に広がるばかりか、ジューシーさも普通のフランク以上です。スモークした風味も食欲をそそり、こっちを定番にしてもいいんじゃないかと思ってしまったわ(爆)。


次回もファミリーマートの40周年記念商品を紹介していきます。


人気ブログランキングへ ブログランキング・にほんブログ村へ  
Posted by alexey_calvanov at 23:30Comments(0) 飲み食い系 

2021年09月10日

セルフレジからオールセルフへ

新型コロナウイルスの影響でキャッシュレス決済の普及が大きく進み、一部のコンビニやスーパーでは、自分でバーコードを読み取って会計をする一連の操作を行うセルフレジや一部の操作を客に行わせるセミセルフレジが導入されています。特に積極的なのがファミリーマートで、レジのそばないし少し離れたところに設置されるようになり、先程書いたように、自分でバーコードを読み取って会計をする一連の操作を行います。
そのセルフレジから一歩進んで、レジに店員がいない完全セルフのコンビニができるようになるかもしれないところまで来るようです。


ファミリーマートでは無人決済のコンビニを2024年度末までに約1000店舗拡大する予定だということを明らかにしました。この無人決済というのは、出入口に入った客が、棚から手に取った商品を店内の天井カメラが読み取って自動精算するもので、精算の時には出入口にある画面をタッチの後に支払いを行い終了というふうになります。このタイプのコンビニでは、一部のスーパーや中国で既に行われている無人タイプのスーパーやコンビニとは違い、事前登録が必要ないため、誰も気軽に入れるのが特徴です。
店側にもメリットがあって、配置する店員を減らせる点が最大の特徴になるのではないのでしょうか。また、これまでコンビニを出すのが難しいとされた小さなビルや採算の取りにくい地方やへき地などにも容易に進出できるとされます。
もちろんデメリットもあり、免許のいる販売(酒・薬・タバコ)ができない可能性がある点とファストフーズや公共料金の支払いといった特殊なケースに対応できない点が挙げられます。また万一トラブルが発生した時に店員1人でも大丈夫なのかという点やいわゆるワンオペになって長時間労働が常態化しかねない点も問題になってくることでしょう。このあたりはサテライト店舗のように本部になる店からの派遣や周辺店舗への誘導などで対処していくのでしょうか。


いずれにしても小売りの一大転換点になることは間違いなく、上手く行くようになれば、他のコンビニや他業態にも進出することになっていくでしょう。人口減少社会にもマッチする施策なので、上手く行くことを願っております。


人気ブログランキングへ ブログランキング・にほんブログ村へ  
Posted by alexey_calvanov at 23:57Comments(0) etc 

懐かしの看板商品を頂く am/pm編

現在ファミリーマートでは、「懐かしの看板商品復活祭」と題して、1980年代に発売した商品から2010年代発売の当時話題となったヒット商品やロングセラーとなった商品をリバイバル販売しています。全10種類ある中で、今回はam/pmの商品を紹介。


am/pmは元々アメリカにあるコンビニ会社で現存しています。日本に進出してきたのは1989年、神奈川県横浜市港北区にオープンしました(日本法人は翌年に設立)ガソリンスタンド会社が設立したコンビニということで、日本でも共同石油(現在のENEOS)が出資しており、主に都市部に集中的に出店していました(後に鉄道会社との合弁でエキナカにも進出)。ただ、主に進出していたのが、関東圏・関西圏・九州だったため、名古屋には無かったんです。でも、しばしば雑誌やテレビで紹介されていたので、行ってみたいという憧れはあったのですよ。それゆえに、私自身行ったことがあるのは大阪のミナミにあったのと三重県四日市市の近鉄駅の辺りにあったところくらいでした。


am/pmの特徴として、冷凍食品の充実とキャッシュレス決済の導入でした。
前者は店にあるレンチンで解凍して頂くもので、先述の憧れの理由の一つになってましたね。実際食べたこともあり、とても美味しかった記憶があります。今回のリバイバル企画でも復活してくれればよかったのになぁと思ってましたけど、再現するのは難しかったのかな?
後者は現在盛んに行われている施策の一つでもありますけれども、日本ではam/pmが先駆けだったんですね。鉄道会社との連携も積極的だったため、当初からsuica・pasmoやSUGOCAも使えました。


なお、am/pmは共同石油からレックス・ホールディングス(牛角のフランチャイジー)に経営権が移るものの、2009年にファミリーマートが買収して完全子会社になった後、ファミリーマートへの移行が進み、2010年に日本法人の解散、2011年に全店舗の転換をもって終了となりました。


SHV47_1551では、ここからは今回リバイバルされたam/pmの商品の紹介です。


最初は「パリジャンサンド(ハム&チーズ)」
1995年に発売したもので、フランスパン(パリジャン)にボンレスハム・ゴーダチーズ・レタスを挟んだものです。



シンプルな素材を使っているので、味もシンプル。ハムとチーズの塩気がマスタード入りのマヨネーズと馴染んでいいですね。フランスパンも硬過ぎないので、食べやすいです。


SHV47_1555もう一つは、「フレッシュチーズめいっぱいJr.」
2007年に発売された、めいっぱいシリーズの一つです。平たく言えばレアチーズケーキで、ラズベリーソースが中に挟まっています



こちらは、以前紹介した「天使のチーズケーキ」とタイマン張ってきたとか思っちゃいましたよ(苦笑)。まさかのチーズケーキかぶり(爆)。
実は、「天使のチーズケーキ」よりもチーズの味わいが濃かったりする(笑)。レアチーズとフレッシュチーズの2種が入っているからなんでしょう。そこに甘酸っぱいラズベリーソースがアクセントとして利いている感じですね。まぁ、私はラズベリーがあまり好きじゃないんですけど(苦笑)。そしてフカフカのスポンジケーキが入ってて、これもチーズチーズせずに飽きの来ないものになってます


人気ブログランキングへ ブログランキング・にほんブログ村へ  
Posted by alexey_calvanov at 23:20Comments(0) 飲み食い系 

2021年09月09日

中二病感あふれる名称なのに

SHV47_1556こちら、ローソンで発売中の「からあげクン 光と闇のクリスタル味」「ファイナルファンタジーXIV」とのコラボ商品ですが、光と闇のクリスタルに掛けた名前とはいえ、何とも中二病をくすぐるものですなぁ・・・。
・・・と思ってたら、下に何か名前が残ってるぞ。おい、『ペッパータルタルソース味』とかあるぞ!
そうなんです。この商品のPOS登録上での名称は、「からあげクン ペッパータルタルソース味」『光と闇のクリスタル味』は、さすがに商品名としてマズイとローソンが判断した可能性が高いです。この根性無し(ギャハ)!<やめてあげて!



犬と猫の出来損ないロボットがドラえもんという中二病テイストな設定(実はホントにあった設定)ならば、光と闇の味の出来損ないが今回の商品という中二病テイストな設定・・・ということにならないように、美味しいことを願うのみですわ。

・・・で、今回敢えて開けた状態にしておいたのも、「闇のペッパーフレーバー」とか「光のタルタルソースフレーバー」とか書いてあるから、もう光と闇の味の出来損ないが今回の商品という中二病テイストな設定にしたいんじゃないかと思っちゃったわ(爆)。
・・・味だよね?悪くはなかった。しかし、私には光が強過ぎた(ニヤニヤ)。それ以上は語らまい。だからこそ、『(ペッパー)タルタルソース味』でいいや(ギャハ)。


人気ブログランキングへ ブログランキング・にほんブログ村へ  
Posted by alexey_calvanov at 23:59Comments(0) 飲み食い系 | ゲーム系

懐かしの看板商品を頂く サークルKサンクス編

現在ファミリーマートでは、「懐かしの看板商品復活祭」と題して、1980年代に発売した商品から2010年代発売の当時話題となったヒット商品やロングセラーとなった商品をリバイバル販売しています。全10種類ある中で、今回はサークルKサンクスの商品を紹介。


サークルKサンクスは、サークルKとサンクスが合併してできたコンビニで、共に1980年にサークルKは愛知県、サンクスは宮城県で1号店を出店しています。その後、一部地域を除きながらも全国展開を果たしていくのですが、サンクスは経営基盤の脆弱さもあって、1998年にサークルKとその運営母体であるユニーに引き取られることになります。しかし、2004年にサークルKサンクスという名称になったようにブランド統合に失敗し、サークルKとサンクスという同じ内容なのに名称の違うコンビニとして生き残ることになったのです。これにより統一感を出せなかったことが響いたのか、セブンイレブン・ローソン・ファミリーマートの3大コンビニとの競争に勝てなくなり、ユニーの不振も相まって、2014年には伊藤忠商事の薦めでファミリーマートの傘下に入ることを決定し、2018年に消滅となりました。
ちなみに、今回紹介する2品は、サークルKサンクス時代のものとなり、サークルK時代およびサンクス時代の商品は出てこないあたり、ファミリーマートは個別時代の商品を重要視していないのではという疑念が無くはないです。もっとも、その時代のヒット商品って何だろうとかいうのは無しか(ニヤニヤ)。


SHV47_1545最初は、「天使のチーズケーキ」
2010年に発売した、サークルKサンクス時代最大のヒット商品とも言えるものです。ファミリーマートに合併された際、この商品だけは残してほしいとしばしば言われておりました。



実は、サークルKサンクス時代に一度も食べていないものなので、どれだけ美味いのかなと思って頂きました。
味に関しては、全くもって薄味。しかしながら、ムースやカスタードはまろやかで口あたりのいいものに仕上がっていますほのかなチーズの風味と甘酸っぱさが後味の爽やかさに繋がってくるのかなと。このバランスのよさが後を引くものになっているんでしょうね。


SHV47_1548もう一つは、「びっくりのり弁」
2007年発売に発売したもので、今でもよくあるたくさんのおかずを詰め込んだ商品の先駆けになったのではないかと思われるものでもあります。



いやはや、白身フライ・コロッケ・鶏唐揚・ちくわ磯辺天・ハンバーグ・ソーセージ・ポテトサラダとたくさんのおかずがあるので、ご飯を食べる分には困りません(笑)。一つ一つの味付けもしっかりしているかつ悪くないです。逆に多過ぎて、ご飯足りないよ(ニヤニヤ)。


人気ブログランキングへ ブログランキング・にほんブログ村へ  
Posted by alexey_calvanov at 23:40Comments(0) 飲み食い系 

2021年09月08日

ラップロールなタコス

SHV47_1540先日買ってきた「ラップロールタコスミート」セブンイレブンで新たに売り出されたタコスですね。既にファミリーマートで似たようなものを販売していますけど、それよりも一回り大きい気がしないでもない
中に入っているのは、タコスミートと呼ばれるもの。豚挽き肉を辛く味付けして炒めたものですね。



SHV47_1553こちらは、別の日に買ってきた「ラップロールグリルチキンタンドリーソース」
ソースはタンドリーソースというインド料理に使われるものが掛けられています。



まず「ラップロールタコスミート」は、中に入っているタコスミートが少しピリ辛の味付けになっているばかりか、中に入っているタネも多いみじん切りにしたキャベツとかひよこ豆みたいな豆が入っていたりと見えないはずなのに具だくさんさを感じさせるものになっています。トルティーヤも悪くなかったです。でも、これはとうもろこしで作ったものがベストだなぁ・・・。

そして「ラップロールグリルチキンタンドリーソース」は、ピリ辛と酸味のバランスがいいタンドリーソースが美味いヨーグルトが酸味の決め手らしい。チキンも多いし、野菜も多い。栄養バランスを考えられたと言っても過言ではない作りのものになっていましたね。


今後、ラップロールシリーズは続々出てくるのではないかと思います。サンドイッチと比べても食べやすいと思うので、見掛けたら一度お試し下さい。


・・・そういえば、栄のテレビ塔広場にできたタコス料理の店に行ってみたいと思う今日この頃(ニヤニヤ)。


人気ブログランキングへ ブログランキング・にほんブログ村へ  
Posted by alexey_calvanov at 23:45Comments(0) 飲み食い系 

パラリンピックも無事閉幕

9/5に東京パラリンピックが無事に閉幕しました。当初は開幕さえ困難になるのじゃないかと言われていましたけど、無事に開催されたばかりか、過去のパラリンピックと比べて、地元開催という部分を差し引いても、大きく盛り上がっていたのではないかと思います。
日本は2004年のアテネパラリンピックに次ぐ2番目のメダル獲得数だったそうです。オリンピックと同様で、メダルの数が大事ではなく、競技で自分に納得できるものができたかだと思います。それゆえに、クラス分けの件である選手が走ることないまま終わってしまったのは、残念無念でなりませんこの件は、IPC(国際パラリンピック委員会)は改善策を設けて頂きたいです。


さて閉会式は、障害者の無限の可能性を存分に引き出した、そして障害者に対する社会的メッセージの極めて強いものになったかなと思います。ともすれば政治的なメッセージにまで踏み込んだ部分があるんじゃないかとも思えたのですが、そこまで踏み込まないと、日本のような国は特にそうですけど、変わっていかないと感じているからでしょうね。あと日テレ、やるならこれだぞ(ニヤニヤ)。
個人的には、NHKで中継していた時に司会の一人で出ていた嵐の櫻井翔さんが、かなりアツくなって見ていた、様々な人達の踊るブレイクダンスのシーンとやっとのことで出てきたソメイティとミライトワが印象的かなと(苦笑)。ソメイティとミライトワの件は、本当によかったと思う。最後まで出られなかったらホントに寂しいものになっただろうからね。なお、男子バスケットボール決勝戦をミライトワは『観戦』しておりました。あの配慮も粋だよね。


これで日本の障害者スポーツならびに障害者に対してどのような変化が見られるのでしょうか。少なくとも、3年後のパリパラリンピックまでその熱が冷めていないことを願うばかりです。これはメディアの責任でもあるのよ。そして日本のパラリンピック委員会や障害者スポーツの団体が、積極的に試合の告知とかを行えば、変わってくることだからね・・・。


人気ブログランキングへ ブログランキング・にほんブログ村へ  
Posted by alexey_calvanov at 23:16Comments(0) スポーツ 

2021年09月07日

今度はTOKIOが大人向けうどんをプロデュース?

SHV47_15469/3から丸亀製麺で「トマたまカレーうどん」を販売しています。この商品は、大人にもウケた「丸亀こどもうどん」を手掛けたTOKIOの3人が味を占・・・もとい(爆)、本格的に大人に向けて作った「日本でうどんを元気に」を全面に出したものになっています。

元々、丸亀製麺にはカレーうどんが存在し、それにどんな味を付けたら美味しくなるかを考えたのだそうです。
なお、店内飲食の場合は、一口ごはんが付いてきます。テイクアウトでは付いてこないこの一品、残った汁を掛けたり、残った汁に放り込んだりしてリゾットにすると美味しいのだそうですけど、麺とご飯を一緒に食べたくない私にとっては迷惑千万断ろうかと思ったのですけど、もったいないので普段掛けない天丼用のたれをぶっ掛けて真っ先に食べたった(ギャハ)。



で、今回の商品。
まずカレーうどんのつゆですが、辛いだけじゃなく非常に酸味も利いたメリハリのある味に仕上がっていたんですね。カレーの辛さは、カイエンペッパーが決め手になってるんでしょうけど、それ以外にも、おろししょうが・生にんにく・ごま油が入っています。恐らくそのあたりのエッセンスもあるから辛いんでしょう。何せしょうがとにんにくのツートップですから(ニヤニヤ)。
そして酸味は、名前にも入っているトマトですね。大きめにカットされたものを先述の4種類の材料の中に放り込む(その後カレーの入ったつゆに放り込まれる)のだそうで。それゆえに、つゆの中にも大きくカットされていたトマトが小さくなりながらも残っています
ただ、辛味と酸味のエッジが利き過ぎたがために、溶き卵のまろやかさとかはあまりないんですね。だからといって美味しくないとか単調とかではなく、クセのある後引く味なのは事実で、また食べたいと思わせる旨辛な一杯になってるんですね。事実、現行で売っているカレーうどんとは食べ比べたい、そう思わせたほどです。


人気ブログランキングへ ブログランキング・にほんブログ村へ  
Posted by alexey_calvanov at 23:49Comments(0) 飲み食い系 

きんに君が降ってくる、ヤバいCM(笑)

先日テレビを見ていたら、こんなCMが流れて来た。9/16発売予定の「バンドリ! ガールズバンドパーティ! for Nintendo Switch」のCMです。



ご覧頂いたらわかるかと思いますけど、なかやまきんに君が、リズムゲームのアイコンになってて、そこにジャストタイミングとなると、きんに君が色々叫ぶ(笑)。連打のところなんて筋肉でタンバリン(鈴?)揺らしてるやん(爆)。15秒のCMでここまで狙ってるヤツはないわい(ニヤニヤ)。
そもそも論で、きんに君をリズムゲームのアイコンにすること自体がずるい(しかも真ん中動いとるやん(爆)!)。ポージングもさることながら、「パワー!」・「ヤー!」・「ガルパワー!」と叫んでるのもなかなか。謎の中毒性とクセのあるCMに仕上がっていますわ。


この他にも、なかやまきんに君出演のCMが何種類か用意されているようなので、気になる方は公式サイトでご覧下さい


バンドリ! ガールズバンドパーティ! for Nintendo Switch(【初回特典】A3クリアポスター(パッケージイラスト)同梱 特製ステッカー、ヴァイスシュヴァルツ特製PRカード 封入)
Posted by alexey_calvanov at 22:44Comments(0) ゲーム系