2022年11月29日

陽気な南米人が売っていたものを買ってきた

SOG03_181336金山駅では、ちょくちょくイベントをやっているのですが、その時にやたらと陽気な南米人と思われる3人の売り子(うち1人が調理をしているのだろう)の屋台で、ついつい買った「エンパナーダ」という代物
見た感じは揚げた餃子のようにも見え、ブラジル料理の「パステウ」とも思ったのですが、恐らく中のチーズ(カプレーゼ)やバジルなどピザのようなものだったので、「エンパナーダ」と思われる



そんな味は、正に揚げピザ中のチーズがトロリとしていて、バジルの風味がほのかに香って、なかなか美味かったのです。トマトソースの味も少ししていたので、ホントはピザなんじゃないかと思ってはばからなかったりする(苦笑)。

この屋台では、牛肉詰めと鶏肉詰めもあったので、もし出てたらまた買ってみようと思う。その時、アイツは「エンパナーダ」だったのか「パステウ」だったのか聞けたら聞こうと思う。


人気ブログランキングへ ブログランキング・にほんブログ村へ  
Posted by alexey_calvanov at 23:29Comments(0) 飲み食い系 

2022年10月のアクセス解析の結果

当サイトにお越し頂きありがとうございます。2022年10月のアクセス解析の結果を書いていこうと思います。


今回、PC:モバイルの比率は、26:74となりました。モバイルの比率が再び盛り返してきました。


PCの詳細に関しては、Windowsシリーズ(Windows 10・7・8.1の比率)が約67%(それぞれ約59・6・1)となりました。Windows 8.1の比率は、正確には0.6%と1%を割り込む格好になり、先月と同じ割合だったとはいえ、大きな変化になったと言えます。
各OSの利用しているインターネット閲覧ソフトは、Windows 10は、Chrome(106.0→105.0→107.0)が約95%、不明が約5%となっています。遂にChromeが9割以上を占めるほどになりました。いずれChromeのみになることも近いかもしれません。
Windows 7は、WebKitが約64%、Chrome(107.0)が約18%となっています。こちらは、WebKitが大幅に伸びたことでChromeとの差が大きく広がりました。
Windows 8.1は、Chrome(106.0)のみとなりました。再びChromeのみになったのですが、Windows 8.1そのものの利用者も減っていると思われるので、今後もChromeのみになるのかもしれません。
上記以外では、UNIXが約13%、アップルシリーズ(Mac OS X・iPad)が約13%(それぞれ約6・7)、X11が約7%になりました。このうち、Mac OSはSafari(15.6→16.0→14.1)が約60%、Chrome(87.0)が約10%となり、iPadはSafari(不明)が約66%、WebKitが約17%となり、X11はSafari(不明)が約58%、Chrome(109.0)が約33%になりました。UNIXは不明のみとなっています。
アップルシリーズでは、恐らく初となるiPadとMac OSとの比率が逆転となりました。比率全体で見ると、UNIXとアップルシリーズが同率になりました。


対して、モバイルはAndroidが約55%、iPhoneが約45%となっております。先月とほぼ同じになりましたね。
Androidに関してはChrome(106.0→63.0→105.0→107.0→99.0→103.0→104.0→91.0)が約85%、不明が約10%となっています。こちらもOSの順番以外は先月と変わっていません。
iPhoneはSafari(15.6→不明→16.0→14.1→14.0→15.5→15.4→9.0)が約88%となり、次に来たWebKitは約6%となっています。こちらは先月と同様にSafariが少し伸ばし、WebKitは若干落ちた感じになっています。


10月は、「ナポリタン」に見える「台湾焼きそば」の記事がトップなんですが、この記事の内容よりも、「まさゆきの地図」で有名になったあの方のコメントのせいじゃないかと思ってしまう次第(苦笑)。いや、ホントに今でも本人が来て頂いたことに驚きをもっており、それを隠せない状況です。長いことブログをやっててよかった瞬間でもありました。改めて、ありがとうございます。

それ以外だと、過去記事が目立っており、冬が近いからか、コンビニで販売されている「味噌煮込みうどん」の食べ比べ記事いわてグルージャ盛岡の秋田豊さんが退任される話が出たからなのか、過去の試合の記事が読まれたり、最近行われたのか伊藤園のガレージセールの記事が読まれたりと、これまた長いことブログをやっていてよかった・・・のかな(ニヤニヤ)?


さて、11月はJリーグ(J3)とアマチュアリーグが終盤を迎えるので、そのあたりの記事をメインに据えるかもしれません。また、秋アニメの評価をそろそろしていくものと思われます。


人気ブログランキングへ ブログランキング・にほんブログ村へ  
Posted by alexey_calvanov at 23:01Comments(0) etc 

2022年11月28日

外堀を埋められてしまいましたなぁ・・・

何かとお騒がせのJFLに所属の鈴鹿ポイントゲッターズ。八百長疑惑に元幹部の逮捕、そしてGM兼監督のパワハラと負の足跡が一気に放出された・・・と思ったでしょう、と誰かに言われたような気がする(汗)。
実は、J3ライセンス(百年構想クラブ)取得のために、鈴鹿市内に新スタジアムの建設が行われようとしてたのです。しかし、建設が発表された際には、一部の市民団体が反対・中止の意見を出していたのですけど、これに関しては、いつものことで流していた人も多かったかもしれません。
ところが今日、鈴鹿市の末松則子市長が鈴鹿の運営会社であるアンリミテッドに資金調達の見通しが立っておらず、市民との信頼関係の面から困難だということで、アンリミテッドに中止を要請したのです。この市長、元々はスタジアム建設には前向きだった人が、反対に回ったのですから、余程のことですよ・・・。


今回の件で、鈴鹿は鈴鹿市との関係で何とか建設に持ち込もうと思っていたのでしょうけど、鈴鹿市からもNOを突き付けられたことで、外堀を埋められてしまった格好になりました。もしかすると、鈴鹿市がスタジアム建設にNOを突き付けたことは、スタジアムができないという意味だけではなく、今後市民の支援を得にくくなることになり、サポーター数の減少やスポンサーの撤退、果ては経営が成り立たなくなる可能性もはらんでいるのではないかと思われます。


現状、三重県にはJリーグ参入を狙っているチームが3つあります。JFLに所属している鈴鹿とヴィアティン三重(桑名市・いなべ市など)、そして東海1部に所属するFC.ISE-SHIMA(伊勢市・志摩市・鳥羽市・松阪市など)です。3チームが3チームとも自分が・・・と息巻いているので、統合の動きも進んでいません過去に三重と鈴鹿の合併話が出た時、鈴鹿が強引に進めたことが仇となり、ご破算になっています。ただ、今回鈴鹿が窮地に陥れば、三重が動く可能性もあります。三重県自身も具体的なコメントは無いものの、合併には反対していないようです。


財務状況が明るくならない限り、それ以前に株式譲渡とガバナンスが解決しない限り、鈴鹿は今後も厳しい運営になると思われます。ただ、健全な運営を行える人間が就任して、鈴鹿市の信頼を取り戻すことができれば、スタジアム建設にも再びGOサインが出るでしょう。


鈴鹿は誠意をもって改善を行うべきでしょう。それができなければ、チームの存廃まで考えないといけないでしょうね・・・。


人気ブログランキングへ ブログランキング・にほんブログ村へ  
Posted by alexey_calvanov at 23:59Comments(0) スポーツ 

デカい豆腐が主役

SOG03_184234松屋に行った時、「富士山豆腐の本格麻婆めし」を頼んだ。というより、これを食べたかったから頼んだと言ってもいいでしょう。
恐らくですが、豆腐は、山梨県にある浅野食品が手掛ける「八海とうふ」と思われます。こちらで、「富士山とうふ」という商品がありますからね(実際の「富士山とうふ」は、上に白い豆腐、下にごま豆腐を組み合わせたもの)
しかし、この豆腐がデカいどんぶり平面のほぼ半分を占めるのだから、あな恐ろしや。そこに麻婆が掛かっているのですよ。これはスプーンで食べる必要があるわ。



味は、麻婆に関して言えば、痺れる・辛いというよりかは、少々塩気のある味で、しょっぱいかなと。松屋の味付けって、伝統的(?)にそんなのが多いのよね。
ただ、一緒に乗っている豆腐は、味付けは全くされておらず、素材の味で勝負というふうなので、大豆のいい風味を味わえます。これは美味い・・・んだけど、滅茶苦茶熱い(爆)。アッツアツだとやけどしかねないくらいになっているので、食べる時は慎重に。少しすくってから、熱いかどうかを確認して頂きましょう。


これは単品でも十分にご飯の代わりになるのではないかと。すき家なら、ご飯の代わりに豆腐に切り替えられるから、十分にイケると思われ。そうじゃくともワンコイン(500円(税込))で頂けるのですから、安い、安過ぎる。<単品なら380円(税込)です。


人気ブログランキングへ ブログランキング・にほんブログ村へ  
Posted by alexey_calvanov at 22:57Comments(0) 飲み食い系 

2022年11月27日

かなり遅い2022年のJFL総括とかなり気の早い2023年のJFL展望

前回Jリーグの総括と展望を行いましたが、今回はJFLで行っていきます


まず、来年のJFLは以下のようになります。順番は今年の順位順(カッコ内は所属していた地域リーグ)+全国地域サッカーチャンピオンズリーグ優勝・準優勝チームになります。なお、★はJリーグ百年構想クラブ所持クラブになります。


  • Honda FC(東海)

  • ラインメール青森(東北)★

  • FCマルヤス岡崎(東海)

  • 東京武蔵野ユナイテッドFC(関東)

  • ヴィアティン三重(東海)★

  • ヴェルスパ大分(九州)★

  • 鈴鹿ポイントゲッターズ(東海)

  • ホンダロックSC(九州)※

  • FC神楽しまね(中国)

  • 高知ユナイテッドSC(四国)★

  • FCティアモ枚方(関西)

  • ソニー仙台FC(東北)

  • クリアソン新宿(関東)★

  • MIOびわこ滋賀(関西)

  • ブリオベッカ浦安(関東)

  • 沖縄SV(九州)★

※ホンダロックは親会社がミネベアミツミの完全子会社化になるため、チーム名の変更が行われる予定。


今年は奈良が強く、FC大阪も奮闘したため、Honda FCも相当苦戦したものと思われ。それでも3位に食い込む当たり、Jリーグの門番を最後まで果たそうと立派に戦ったのかなと。ゆえに、来年もHonda FCを軸に優勝争いとJ参入争いを繰り広げるのではないかと思われます。
その優勝争い、今年は企業チームが躍進した感が。一方で同じソニーがどうしちゃったのかと思うことになりましたけど、岡崎の躍進は来年の台風の目に繋がると思います。それを破れそうなのは、V大分と三重かなと。青森は隔年で発動する格好なので、来年が心配です(汗)。
で、最も動向がわからないのが鈴鹿百年構想クラブの資格をはく奪され、三浦泰年GM兼監督のパワハラも発覚し、お先真っ暗な感が・・・。来年に百年構想クラブに戻れるか不透明になりましたからね。カズが残れば、ワンチャンあるかもしれませんけど・・・。

一方で残留争いは、新宿・滋賀・しまねと復帰してきた浦安、先述の状況次第では鈴鹿も巻き込まれるでしょう。浦安は戻って来ても、今の戦力じゃ歯が立つのかも心配。あとは沖縄も心配ですけど、スポンサーがいるので、何とかなるかなとも。


さて、今回行われた全国地域サッカーチャンピオンズリーグ、沖縄が劇的勝利で2位に、浦安が同じ関東リーグに所属する栃木シティFCとの激戦に勝ち、優勝しました。上手くいけば、関東リーグ2チームが『談合』の上で同時昇格も夢見れたんでしょうけど、試合時間の妙と組み合わせの妙で阻まれた格好になりましたねぇ。
しかし、FC刈谷は下手したらマイナスからのスタートだったのに、ここまで挽回したのはすごかったなぁ。残念ながら上がれなかったけど、来年の東海1部はカオスになりそうだ・・・。同じ刈谷のwyvern(ワイバーン)がFC岐阜SECONDと共に上がってくるのですけど、wyvernは無敗で1部に向かうんだよねぇ・・・。


それはさておき、このまますんなり終わるかというと、一つ気になることがありまして。それは、しまねの経営問題7月に給与未払問題が発覚し、クラウドファンディングを行っても低調。さらに選手は給与未払いに加え、アルバイトに勤しみながらサッカーを続けなければならないという有様で、経営状況は全く改善されていないのではないかという状況に。12/6にクラブが出した改善策の結果(沙汰)が出るのですけど、甘々で行くなら、クラブ存続になるでしょうね・・・。ただ、ここで一喝されることになれば、状況次第ではしまねのクラブ解散にまで追い込まれることになるかもしれません。
個人的には、しまねが解散になるなら、隣県のガイナーレ鳥取のエリアにして、Jリーグ史上初の越境を認めてもいいんじゃないかと。元々商圏が小さく、放送局でも島根・鳥取と1県2波で行っている、政治の面でも参議院選挙では合区を組まれるところなので、妥当ではないかなと思います。ただ、前者に傾けば、相乗効果で鳥取の運営にプラスになるでしょうけど、後者に傾けば、非難轟々で鳥取の運営にピンチになりかねませんが・・・。
そうなると、3位になった栃木FCにも昇格のチャンスが巡ってくるため、まだわからないのよね・・・。先述の通り、甘々裁定になることが予想されるためしまねは、降格でもしない限り、解散なり何なりしないことでしょう。


来年はJリーグもJFLもかなりドラスティックなことになると思われます。Jリーグ・JFLの入れ替え戦が行われることになれば、久しぶりの展開(ただし入れ替え戦そのものは初)になり、双方の歴史に大きな跡を残すことになるでしょう。過去にFC町田ゼルビアがJFLに強制入れ替えとなりましたけど、その時よりも大きな跡になるでしょうね・・・。


来年のJリーグ・JFLに幸あらんことを。


人気ブログランキングへ ブログランキング・にほんブログ村へ  
Posted by alexey_calvanov at 21:34Comments(0) スポーツ 

かなり遅い2022年のJリーグ総括とかなり気の早い2023年のJリーグ展望

在FIFAワールドカップ開催中ですが、このおかげでJリーグは早めに終了しないといけなくなったのは、サッカーファンの方々なら知っているお話(だと思う)。
開幕はほぼ同じなのに、閉幕は1ヶ月近く早いので、今年はオフシーズンも早い年末前なのに、もう来年のような雰囲気を漂わせています。まだトライアウトも行われていないはずなのに・・・。


ということで、今年のJリーグの総括的な物と来年から参加するJリーグチームの一覧を見ながら、来年の展望をしていきましょう。ただし、まだ戦力が整っていない状況なので、あくまで今年の成績を見ながら、こんな感じじゃないのという推測と妄想ですが(ギャハ)。


まずは、2023年のJ1は、以下のようになります。順番は今年の順位順+J2昇格チーム上位順になります。


  • 横浜・F・マリノス

  • 川崎フロンターレ

  • サンフレッチェ広島

  • 鹿島アントラーズ

  • セレッソ大阪

  • FC東京

  • 柏レイソル

  • 名古屋グランパス

  • 浦和レッズ

  • 北海道コンサドーレ札幌

  • サガン鳥栖

  • 湘南ベルマーレ

  • ヴィッセル神戸

  • アビスパ福岡

  • ガンバ大阪

  • 京都サンガF.C.

  • アルビレックス新潟

  • 横浜FC



恐らく来年も横浜FM・川崎の一騎打ちになると思われます。そこに上位に就いた広島・鹿島がどこまで絡めるかというふうですね。下に沈んでいる鳥栖の動向も怖いところ。数年ペースで上位に上がったりする傾向があるので、歯車が噛み合えば、来年は怖いチームになると思います。その他ですと、C大阪・FC東京が注目でしょうか。

一方で来年残留争いに巻き込まれそうなのが、神戸でしょうね。今年は終盤でブーストが利いて切り抜けられましたが、構造的な問題は何一つ変わっていないと思われるので、来年もそれなりの覚悟を・・・となるかもしれません。
同様に福岡と京都もギリギリのライン。特に京都は最後まで残留争いを行っていたので、来年が正念場だと思います。「落ちひん」パワーがどこまで発揮できるか(ニヤニヤ)。あとはG大阪なんでしょうけど、いい選手が取れれば、切り抜けられるかな・・・と楽観視している現状。ただ、実際いい選手を獲るためにリストラ策をやってますけど、これが失敗すると、一気に残留争いに巻き込まれそうだなぁ。

J2からは、5年ぶりに復帰した新潟と1年での復帰を果たした横浜FCが台風の目になるかもしれませんね。特に新潟は後半戦を圧倒的な力でねじ伏せた感があるので、来年J1上位に就くチームも互角にやれる(下手したら叩ける)かもしれません。


お次は、2023年のJ2です。以下のようになります。順番は今年の順位順+J1降格チーム上位順+J3昇格チーム上位順になります。


  • ファジアーノ岡山

  • ロアッソ熊本

  • 大分トリニータ

  • モンテディオ山形

  • ベガルタ仙台

  • 徳島ヴォルティス

  • 東京ヴェルディ

  • ジェフユナイテッド千葉

  • V・ファーレン長崎

  • ブラウブリッツ秋田

  • 水戸ホーリーホック

  • ツエーゲン金沢

  • FC町田ゼルビア

  • レノファ山口FC

  • 栃木SC

  • ヴァンフォーレ甲府

  • 大宮アルディージャ

  • ザスパクサツ群馬

  • 清水エスパルス

  • ジュビロ磐田

  • いわきFC

  • 藤枝MYFC



J2は正直どこが優勝して、どこが昇格するのかよくわからないくらいにカオス。まずは、積極補強を行っている仙台が、今度こそ・・・と息巻く中、プレーオフに進んだ岡山・熊本も侮れない相手になると思われます。ただ、主力を抜かれているチームは、翌年(つまり来年)厳しくなるという状況を何度も見てきているので、現状主力を抜かれているいわきの動向が気掛かりです。ただし、いわきは、これまでの常識を覆しているチームであり、設備の整っているクラブハウス・フィジカル重視のトレーニングを知っている人なら、誘いが無くとも行きたいと思っている人が多いのではないかと。ゆえに、刈り取られても有望な若手がやって来る、まだまだ伸びるチームだと思っております。ゆえに、いわきも昇格候補とにらんでいます(ただ、自動昇格ではなくプレーオフになると思われる)。

そして、静岡県にJ2チームが3つ終結した点通称「さわやか3組」の動向にも注目ですね。上手くいけば、清水の1年での復帰は叶うでしょうけど、1度目の降格の時とは状況が違うので、今回は苦しむかも・・・。
藤枝に関しては、今回はJ2の様子を窺う気持ちで挑むことになるかもしれません。まだまだ戦力差が大きいですね。ただ、攻撃ほぼ全振りのサッカーがハマれば、J2残留→定住も夢物語じゃないと思います。ゆえに、スカウティングされた後半戦の動向が大きなカギになると思います。
え、磐田はどうかって?後述します(ニヤニヤ)。

一方で残留争いは、カオスとはいえ、ある程度見えてしまっているのが怖い常連になりつつある大宮と群馬が最有力になってしまいそう。ただ、群馬は戦力さえ整えば十分J2で戦えます大槻毅組長(笑)の戦術が浸透すれば、上位に食い込むこともできると思うので、今年も我慢して力を蓄えてほしいです。大宮と違って、絶望的な状況じゃないから(汗)。
この残留争い、先述の2チームが最有力と言いましたけど、本命がいます。そう、磐田です。
磐田は外国人選手獲得を巡り、違反行為があったとしてFIFAから補強禁止の制裁を受けてしまい、監督もお辞めになってしまったので、マイナスの状態からスタートするハメになりました。ほぼ自前の選手で戦わないといけないので、J2の中でも群を抜いて低い中で戦うことになるかもしれません。下手をしたらボーナスステージと揶揄されるかも・・・。過去補強禁止という例は無いので何とも言えませんが、少なくともJ2を戦い抜くのは困難だと思います。真っ先に降格候補と言われてもおかしくないでしょう、残念ながら。
その他、残留争いに巻き込まれそうなのは、制度疲労が目立ち始めた水戸・金沢・秋田、ACL(アジアチャンピオンズリーグ)も行わないといけない甲府あたりですね・・・。


最後は、2023年のJ3です。以下のようになります。順番は今年の順位順+J2降格チーム上位順+J参入チーム上位順になります。


  • 鹿児島ユナイテッドFC

  • 松本山雅FC

  • FC今治

  • カターレ富山

  • 愛媛FC

  • AC長野パルセイロ

  • テゲバジャーロ宮崎

  • ヴァンラーレ八戸

  • 福島ユナイテッドFC

  • ガイナーレ鳥取

  • ギラヴァンツ北九州

  • FC岐阜

  • アスルクラロ沼津

  • Y.S.C.C.横浜

  • カマタマーレ讃岐

  • SC相模原

  • いわてグルージャ盛岡

  • FC琉球

  • 奈良クラブ

  • FC大阪



遂にJ3は定員の20に到達しました。そのことを踏まえ、まずは昇格レースになりますが、あと一歩のところで逃した鹿児島・松本山雅・今治・富山で決まりでしょう。そこに石﨑信弘さんを監督に迎えた八戸と新監督で挑む盛岡が絡めるかでしょうね。瞬発力なら福島も可能性がありますけど、どこまでその瞬発力が維持できるかがカギでしょう。何せ今年はいわきが強過ぎた。そしてJ2降格4チームがどこも上がれなかった(そのうち松本山雅以外は終盤の昇格レースにも絡めなかった)現状を考えると、J3は地獄です(泣)。

そして、新規参入の奈良とFC大阪も台風の目になるでしょう。毎シーズンJFLからの参入組は、初年度大暴れするという実績(十分なスカウティングができていない)があるため、もしかすると昇格は難しくとも、上位を十分に窺える実績を残すのではないかと思われます。あな恐ろしや・・・。

一方で、来年度から始まると思われる残留争いですが、Y.S.C.C.・讃岐は、いの一番に挙げられるでしょう。相模原・沼津は監督次第、鳥取・琉球は戦力次第になるでしょう。
あ、岐阜も戦力次第です(苦笑)。今年でこの体たらくですから、来年は残留争い必至でしょう。まだ銀河系集団にこだわるのなら、このチームはもうあきまへんし、若手主導にかじを切るなら、何とか残留かなと思います。いずれにしても昇格争いには加われないでしょう。個人的にはフロント総辞任でもしない限り無理とも考えています(このフロントよりいいフロントが来るのかと言われると、ぐうの音も出ないですが(苦笑))。


本来なら、JFLまで一気に語りたかったのですが、JFLは全国地域サッカーチャンピオンズリーグが絡むので、次回に回します<この時間なら終わってるだろ!
・・・書くことがJリーグ以上に多くなるかもしれないんだよ。察しろ。


人気ブログランキングへ ブログランキング・にほんブログ村へ  
Posted by alexey_calvanov at 20:24Comments(0) スポーツ 

2022年11月26日

アップル(の磨き布)でアップルをピカピカにする話

アップルが販売しているiPhoneやiPadの画面を拭くための「ポリッシングクロス」、俗に言う磨き布が話題になっています。この磨き布で、あるYouTuberが、店で買ってきたりんごを磨いてみたそうなのです。
丁寧に磨いていくと、徐々にりんごが輝き出し、りんごに含まれるロウの成分でワックスが掛かったかのようにピッカピカに艶(つや)が出てきます。そして、最後にはガラスのような表面に。恐ろしい(笑)。
ちなみに、100円ショップの磨き布で磨いてみたところ、こっちの方がより短時間できれいになるんじゃないのかとその方はつぶやいたというオチ付(苦笑)。「ポリッシングクロス」って結構お高いヤツじゃないの(ニヤニヤ)?


まぁ、その方は、プロの磨き手だから・・・という側面も否めないですけど、頑張ればきれいになるんだよということを教えてくれたのかもしれない。もしかすると、眼鏡を拭くのにもいいんじゃないのかと、「ポリッシングクロス」を思わずポチりそうになったのでした(爆)。


人気ブログランキングへ ブログランキング・にほんブログ村へ  
Posted by alexey_calvanov at 21:43Comments(0) ケータイ系 

駅弁で豚丼

SOG03_192808イオンで駅弁が売られていた。そこで安売りになっていた、ぽっぽ屋の「摩周の豚丼」を買ってきた。



SOG03_193004中は、こんなふう。
大きめの豚肉のスライスがほぼぎっしり敷き詰められておりました。



ただ、イメージ図の通りなら美味しかったかもしれないけど、ちょっと薄めの色合いなのよね。
豚肉そのものは硬くなくて、丁度いい塩梅の柔らかさになっており、食べやすかったのですけど、ちょっと味が薄い。あとはご飯が、あまりよろしくないかなと。もう少し炊き上がりのいいものだったらと思ってしまうほど、味がよろしくなかったんですね。そう思うと、コンビニのご飯は、何だかんだ言って美味しくなっているんだなと思いましたね・・・。


人気ブログランキングへ ブログランキング・にほんブログ村へ  
Posted by alexey_calvanov at 21:29Comments(0) 飲み食い系 

2022年11月25日

これは越前もニッコリ

SOG03_202239前々から紹介したくて、探してもなかなか買えなかった「焼きビーフン」(上)。また「醤油焼きビーフン」(下)なるたるものもあり、こちらも買ってきました。というより、本命は「醤油焼きビーフン」なんだよな(ニヤニヤ)。
こちらは、マックスバリュで販売しているのですが、マックスバリュでもマックスバリュ東海、しかもごく一部の地域の店舗でしか売っていないんです。というのも、この「焼きビーフン」をはじめとする中華総菜、東立商事が運営している上海飯店というデリカテッセンが担っており、マックスバリュ太閤店が製造を担っています。それをごく一部の店舗に配達して置いているというふうのようです。なので、私は今回わざわざ太閤店で買ってきたんですよ。



で、私が薦めたいのは「醤油焼きビーフン」の方でして。
台湾産のビーフンのもっちりとして食べ応えたっぷりな麺に醤油の香ばしい風味が合わさって、実に美味い。具はそんなに多くはないけど、ビーフンの味だけで十分に美味しく頂けます。そして、見た目ではわからないですけど、持つとわかるずっしりとした量片方だけでもお腹いっぱいになるかもしれませんよ(ニヤニヤ)。

上の「焼きビーフン」も美味しいんですけど、あっさりとした塩味だと思うのですが、その味わいを好みになれるかどうかかなと。あっさり味が好きなら、こちらの「焼きビーフン」もオススメです。


人気ブログランキングへ ブログランキング・にほんブログ村へ  
Posted by alexey_calvanov at 23:58Comments(0) 飲み食い系 

アカン、盛り過ぎ!

勤労感謝の日、休みになっているのなら、お昼ご飯をどこかで食べて行こうと思い、久しぶりに御器所に行くことにした。
バスで1時間に1本しか来ないレア便に乗って、鶴舞公園経由で御器所通というバス停(終点)まで乗って行き、そこから下車して徒歩数分にある、すすきの亭というラーメン屋に到着しました。なお、地下鉄で行く場合は、御器所駅で降りて徒歩すぐです。5月にテレビで紹介されて、いつか行こうと思ったけど、暑い時期にラーメンは・・・と思い、寒くなってきたこの時期に行くことにしたんですよ。

ここで味噌ラーメンを頼むことにした。信州味噌(確か「タケヤみそ」)をメインにブレンドしたものを使っているそうで、店に入ったら、味噌のいいにおいが漂っておりました

しかし、真骨頂はここから。写真をご覧下さい。


SOG03_134427このラーメンを頼んだ際、コーンのトッピングを頼んだのですが、見よこの量!レンゲをどけてしまっているので、そんな大したことないやろ・・・と思われますでしょうけど、すくってもすくってもコーンしか出てこないくらいの量があるのです。そう、とんでもない量です。ホント、麺やチャーシューやメンマがほじくり出さないと出てこないラーメンなんてありえませんメンマなんて最後に出てきたわ(苦笑)。



味に関しては、スープはややしょっぱめ。しかし、そのしょっぱめの味わいがクセになりまして、後を引くものになっており、これはリピーターができるわけだと納得。実際、この店は人気店で、常連が多いため、日中は行列になるらしい。私は昼の営業終了間際に行ったのに、3人ほど待っていた人がいたくらいですよ。
麺に関しては、やや縮れているもので、芯が少しあって、パスタでいうところのアルデンテ状態。食べ応えのあるものになっているので、(トッピングの)コーンと麺だけでお腹が膨れる人もいるかも(ニヤニヤ)。こちらはスープが絡みやすいので、あのしょっぱ味が生きてくるのです。


店員さんも異常なくらいに愛想がいいので、これだけでも評価が高いと思う人もいらっしゃるのでは。また次の機会があれば、行ってみたい店でもあります。


人気ブログランキングへ ブログランキング・にほんブログ村へ  
Posted by alexey_calvanov at 23:21Comments(0) 飲み食い系 

2022年11月24日

【悲劇から】日本サッカー史において歴史的勝利【歓喜へ?】

現在、カタールのドーハで開催しているFIFAワールドカップ連日番狂わせが起こっているとして、起こした国では狂喜乱舞、起こされた国では阿鼻叫喚な状況になっておりますが、日本は前者の方になったようです。


11/23に行われた日本×ドイツの試合は、2-1で逆転勝利となりました。
前半にゴールキーパーの権田修一選手の反則でPKを献上し、先制されたものの、後半になって途中交代の堂安律選手が同点に追い付き、同じく途中交代の浅野拓磨選手が、ここぞとばかりの場所に放り込んだシュートが決まって、逆転劇を演出しました。あの角度の無いところでかつキーパー正面とも言えるところに放り込める度胸と正確性には脱帽ですわ。
試合終了後、森保一監督は、次が大事と言っておりました。この勝利は奇跡でも何でもなく、全員が必死になってつかんだ勝利なのです。相手はちょっと舐めプな形で挑んでいた選手もいただけじゃなく、カタールの国状に対して批判的な人達がドイツ国内での放映を取り止めたため、選手達のモチベーションも下がっていたんじゃないかと思います。
だからこそ、次のコスタリカ戦は、惨敗していることもあって、日本に勝てばカオス必至なので、必死に挑んでくるでしょう。スペイン戦に弾みを付けるためにも、日本は再び全力で挑むべきでしょうね。


・・・と言ってますが、ワイ、正直ワールドカップにはそんな興味ないんですよね(苦笑)。日本代表に古橋亨梧選手が選ばれていたら、結構真剣に見ていたでしょうけど、選ばれなかったので、古橋のいないワールドカップなんて・・・と思ってたのです。


ちなみに、先日行われたアルゼンチン×サウジアラビアの試合で、サウジアラビアが歴史的勝利を収めたため、国王が翌日を休みにして施設を無料開放したことが話題になりました。
・・・日本もワールドカップ優勝経験国かつ世界ランク11位のドイツに勝ったじゃん!何で休みにならないのですか、岸田文雄首相(ギャハ)!


人気ブログランキングへ ブログランキング・にほんブログ村へ  
Posted by alexey_calvanov at 23:55Comments(0) スポーツ 

ピラフが食いたかった

SOG03_194345そんな動機で、セブンイレブンに寄り、「バター香る海老ピラフ」を買ったのだ。
パッケージは2種類あり、写真のような丸型は、北陸・東海・近畿・中国・四国で、角形は、南関東圏と甲信越で展開されているようです。



そういえば、ピラフというのは炊飯して作るもので、チャーハンとは違うんですね(チャーハンは鍋などで炒めて作るもの)
そんなことも思いながら頂くと、確かに香ばしい風味は無く、バターの風味の生きた蒸されたお米の味わいが広がっていきます炊かれたお米なので、もっちりとしていて弾力があるんですね。具はそんなに多くないけど、存在感はある。ただ、もうちょっと多ければよかったかなと思ったものの、昨今の物価高を考慮すれば、これが限界なのかもしれない。美味かったからよしとしよう。


人気ブログランキングへ ブログランキング・にほんブログ村へ  
Posted by alexey_calvanov at 23:24Comments(0) 飲み食い系 

2022年11月23日

Retro PC Game Music Streaming Radio

私、目覚まし機能やストップウォッチ機能の付いている「Alarm Clock Xtreme」というアプリをいつも使っているのですけど、目覚まし音をケータイの着信音などから利用することができる以外にも世界のインターネットラジオを使って目覚ましにすることもできるようなのです。
そこで、日本のインターネットラジオを調べてみると、全国のコミュニティFMだけでなく、超A&Gのような有名どころのインターネットラジオも入っているのですよ。

その中で、異彩を放っていたのが、「Retro PC Game Music Streaming Radio」というもの。こちらは、1985年~1996年までのPCゲームの音源(Beep・PSG音源・SCC音源・FM音源・MIDI音源のみ)をランダムに流すというもので、日本のPCハードのほとんどを網羅しているとも言えます。それこそPC88・PC98・X68000・FM TOWNS・X1・MSX・MSX2などなど、往年のプレイヤーなら聞いて涙するようなハードばかりです(泣)。
こちらにはリクエスト機能もあり、2022年8月現在300タイトル以上・6500曲以上の中から最大5曲までセレクトできるようになっています(ただし一度選ばれると、しばらくは再度演奏できないようになっているらしい)
超有名なタイトルから無茶苦茶マイナーな作品まで並んでおりますから、聞いてて飽きないと思います。さすがに著作権(JASRAC)の絡む曲は流せれないものの、今後も精力的に増やす予定のようです。


私もたまに気分転換に聞いております。(PCの場合)アプリを介さなくても聞ける仕様になっていますから、作業用BGMに使ってもいいかもしれませんね。


人気ブログランキングへ ブログランキング・にほんブログ村へ  
Posted by alexey_calvanov at 23:55Comments(0) ゲーム系 

セブンイレブンの鍋フェア

以前お伝えした通り、セブンイレブンでは「鍋フェア」を開催しています。それを見計らってか、気温も下がり気味になってきましたね。本格的な寒さはまだまだですけど、そろそろ鍋の恋しい季節にはなってきているのではないかと。早速紹介していきましょう。


SOG03_200027最初は、「加賀屋監修 蟹と海老入りつみれのいしる鍋」
石川県七尾市にある老舗旅館の加賀屋が監修している鍋で、いしるという魚醤の一種を使っただしがメインになっております。関東一部と新潟県・北陸・東海で販売しております。



こちら、いしるの味わいは薄めのあっさりとしたものになっていますね。その代わりに一緒に入っているつみれの味を強く感じることができます海老と蟹の風味が一緒なのは何ともはや(苦笑)ですが、それでも少し甘みのある風味豊かな味わいに老舗旅館の意地を感じましたね。なお、野菜が結構多く入っており、いしるとの相性が素晴らしくいいです。


SOG03_195858お次は、「1/2日分の野菜 コク旨キムチ鍋」。今回紹介する中では、店や旅館の監修を受けないものになっています。



こちらは、鶏・和風・野菜の3種のだしの味わいにキムチの辛みが加わって、辛さ一辺倒ではない複雑な味わいが楽しめますね。個人的には、和風だしのコクが一番深かったかなと思います。そこにだしを吸った野菜と豆腐がすごく美味しく、ご飯のお供に最適になっておりました。


SOG03_1959123番目は、「柿安監修 牛すき鍋」
三重県桑名市にある柿安の監修になります。得意分野である牛肉の持ち味を生かした鍋になるのでしょうか?なお、こちらにはうどんが入っていたので、朝ご飯代わりに頂きましたけど、結構贅沢な値段だったりする(苦笑)。



見た感じ濃いかなと思ったのですが、割下は思っていた以上に薄い。もっと甘辛のコントラストを付けてもいいんじゃないのと思った次第。それ以外は具も多いので、満足はするでしょうね。うどんはまぁまぁの量でしたけど(ニヤニヤ)。


SOG03_193912最後は、「ちゃんこ増位山監修 醤油ちゃんこ鍋」
東京都墨田区にある元大関の増位山関が運営するちゃんこ料理店で、6年連続ミシュランで掲載された有名店でもあるそうな。



こちら、醤油の風味がありながらもすっきりとした味わいに仕上がっており、かつ野菜たっぷりなので、食べ応えもあり、つくねも鶏肉の旨味をたっぷり含んでいるので、どこからも隙が無い強い力士が向かってくるかのような味だな(笑)。
このフェアは、もうしばらく続きそうです。期間が定まっていないので、欲しいものはお早めに。また、地域限定の商品も多く用意されているので、その地域の味を楽しむのもいいかもしれませんね。


人気ブログランキングへ ブログランキング・にほんブログ村へ  
Posted by alexey_calvanov at 22:58Comments(0) 飲み食い系 

2022年11月22日

【クリスマスの】JR岐阜駅の一コマ【装いになった】

SOG03_174506先日岐阜に行った時の帰り。外は日が短くなったからか、午後5時過ぎにもかかわらず真っ暗になってきました。

そんなJR岐阜駅の前にたたずむ織田信長像には、クリスマスイルミネーションが飾られていました。
信長公が存命の時に、このイルミネーションを見たら、どう思うでしょうねぇ。



SOG03_174953そんなクリスマスイルミネーション、JR岐阜駅構内にある商業施設のアクティブGでも行われていました
10月に行われた、20th GIFUクラフトフェアで来場した方々が制作した染色作品で作られたクリスマスツリーです。美濃筒引き本染めという岐阜県に伝わる技術で作られたもので、垂れ幕が幹に、丸い部分が枝葉に見えるようになっています。先日、「NHKニュースおはよう日本」の地域発のコーナーで紹介されていたのを思い出して、見にきたのです。

実際生で見てみると、すごくオシャレでした。



人気ブログランキングへ ブログランキング・にほんブログ村へ  
Posted by alexey_calvanov at 23:59Comments(0) etc 

真っ黒過ぎ!

SOG03_195338イオンのブラックフライデーで販売中の「黒すぎる海苔弁当」。その名の通り、ブラックフライデー限定で販売しているものになります。



SOG03_195557中は、こんなふう。あまりの真っ黒さに言葉を失う(苦笑)。
ということで、最初の写真から中身を確認すると、黒米入りご飯・海苔・ひじき煮・竹輪磯辺天・特性イカスミ入りソースの白身魚フライ・昆布煮・黒豆が入っているらしい。竹輪磯辺天以外は全て真っ黒。ゆえに、バランの緑が鮮やか(苦笑)。



味も真っ黒じゃないのかと思ってたけど、そんなことはなく、ちゃんとまとまっていたよ(笑)。
昆布煮の味が結構濃いので、ご飯が欲しいなぁと思ったら、ご飯が思った以上に入ってない(泣)。半膳も無いんじゃないかというくらいに少ないので、おかずとご飯のバランスがおかしいかなと。あとは黒豆は思いの外甘いし、イカスミ入りソースの白身魚フライは思っている以上にソースの風味が強いまとまってはいるけど、正直コントラストが利き過ぎているのです。なのに、ご飯が少ない。ゆえに、ご飯は多めにしてもよかったなぁ。


いっそのこと、おかずだけで販売してもよかったかと思う一品でした。もったいないと言えないのは、ブラックフライデーだけでしか売られないからかな。


人気ブログランキングへ ブログランキング・にほんブログ村へ  
Posted by alexey_calvanov at 23:29Comments(0) 飲み食い系 

2022年11月21日

FC岐阜観戦記2022 最終節 銀河系集団の最期

FC岐阜、昨日はギラヴァンツ北九州と戦いました。
岐阜はアウェイになったSC相模原戦以降勝ちが全くなく、勝てると思っても最後逆転されるという全くよくない状況が続いています。もちろん最終盤で失点という展開は、勝ってる時も引き分けになっている時も起こる現象で、それが治る気配もなく1年が進んでいったのです。
そんなわけで、現在の順位は14位負け越しも決まって、J2時代の悪い時の岐阜がJ3でも見受けられるという結果になっています。銀河系集団と騒がれ、今年の昇格候補として名を馳せた岐阜は、まさかどころかやっぱりねと言われるほどの体たらくになったのでした。


41120こちら、岐阜サポのキイロメガネザルが銀河系集団がピッチ上で躍動する姿を描こうと必死になっているものの、彼の絵画センスが最悪なのは、ご存じの通り
それを川崎フロンターレ兼カターレ富山サポの青ダヌキが、あきらめるんじゃないと叱るのですけれども、絵を見て納得したのか、「なるほど、無理だ」とゲラゲラ笑ってやがる!
・・・まぁ、そうだよね。夏に動けないロートル集団ばっかりだったもの(泣)。ということで、この一場面は、今年の岐阜を象徴しているとも言えるでしょう・・・と思ってセレクトした(ニヤニヤ)。

ちなみに、この後、先端部分を描けと言われ、「つづきスプレー」をプシューと掛けることで、立派な絵が出来上がるのですけど、チームがそんなふうに出来上がったら、苦労しないわい



SOG03_120451シリーズ最終戦ということで、いつもの店に立ち寄った中で、グーテライゼから「名古屋やきそば」なる商品が・・・。
おい、ここ岐阜だそ。岐阜なのに名古屋の名を名乗っていいのか。だいいち、ワイは名古屋から来ている人間だぞ。名古屋の味を再現で来ていないのなら、看板に偽りありと訴えて・・・。



うん、味は薄いけど、名古屋の味だわ(ニヤニヤ)。ウスターソースとあるけど、カゴメかな?それともコーミかな?ウチはコーミ派だから、カゴメは信仰上の理由でトマトジュースしか受け付けないんだよ(ニヤニヤ)。<そんな話聞いたこと無いぞ。


SOG03_155419試合は、『今季を象徴するような試合』(藤谷匠選手)と言わしめるものになりました。


前半21分に、相手選手の蹴った球を庄司悦大選手が必死のカット。その球を窪田稜選手が合わせ、センタリングした球を藤岡浩介選手がドンピシャのヘディングシュートで先制!そう、先制をしているんです。藤岡選手が得点王にあと1点と迫る16点目の得点を挙げたんです。

ところが、後半に北九州が猛攻あっという間に同点からの逆転劇を喰らい、見事な逆転負けになりましたとさ。もう様式美レベルだった(泣)。
実に9人の満了と2人の引退を表明した計11人の選手の中から7人が出てる試合だったというのもあるのでしょうけど、そんなことは関係ない。むしろ、11人全員をスタメンなり控えなりで出した方が、まだマシな試合展開になったんじゃないのとか思ったのは、私だけなのでしょうか。



試合後は、サンクスセレモニーが開催され、小松裕志社長をはじめとするフロントと後援会の方々のコメント、そして引退する舩津徹也選手と本田拓也選手のコメントが寄せられました。


とりあえず、社長のコメントは、小難しいことを言っておけば、サポーター達を納得できるでしょうという小賢しいものに聞こえて、大変不快でした。社長就任当初は何か変えてくれるだろうと期待していましたけど、今は絶望と不満しかないです。お気持ち弾幕も出てましたけど、明確なビジョンが無いのに、フィロソフィー(哲学)を語っても、釈迦に説法のような感じになってしまっているとしか思えないこのままだとJリーグにいられるかも心配です(そうなる理由は後述)。

そして、舩津選手と本田選手には、こんなどうしようもない、最後の試合にも勝てないチームに2年いてくれたことに感謝しかありません。若手の手本になれたでしょうか。いい若手を伸ばすことができたでしょうか。
・・・しかし、舩津選手の感動的なメッセージの後に、本田選手よ、長くなったので手短にって、もらい泣きしそうになったその心を返せ(ギャハ)!あと、久世さんも乗っかるんじゃない(ニヤニヤ)!


前途は多難どころか苦難しかない現状の岐阜。同じ日に行われたJFLの最終節で、FC大阪がMIOびわこ滋賀との一戦で観客動員数を12,182人とし、全ての条件をクリア60番目のJリーグチームとして来年J3に参入します。
これに伴い、Jリーグの定員が満員となり、状況によってはJFLとの入れ替え戦が再び始まることになると思われます。詳細はJリーグの発表後、わかる範囲で詳しく書いていこうと思われますが、過去の経緯から考えると、最下位は強制入れ替え、ブービーはJFL2位のチームとの入れ替え戦になると思われます。
特に後半戦の成績が非常に悪かった岐阜、来年もこの後半の成績が続くことになれば、残留争いに巻き込まれることになるでしょう。J2で辛酸をなめたあの争いをJ3で繰り返すのか。で、フロントは、この事実を理解したうえで、フィロソフィーを語っているのですよね?海外クラブとの連携も結構ですけど、今は勝つことが最高のパフォーマンスであることを是として、必ずJ2への昇格争いの一角に入り、J2昇格を成し遂げてほしいのです。


そんな不安を残しつつ、また来年ホーム&アウェイのどこかでお会いしましょう。そして、来年がJリーグに所属する最後の年にならぬことを祈らずにはいられません。


人気ブログランキングへ ブログランキング・にほんブログ村へ  
Posted by alexey_calvanov at 23:58Comments(0) スポーツ | 飲み食い系

魚介とキムチが入ってないのに、入ってる風体を見せてるカップ麺

SOG03_200001こちら、トップバリュ ベストプライスの「魚介&キムチの旨み 唐辛子の刺激 辛さ際立つ旨辛ヌードル」。ネット等では掲載されていませんので、店頭でないと買えないようです。
イオン系のスーパーで販売しているもので、トップバリュの中では最も安い部類になることが多い品物です。税込で102円だったもんなぁ・・・。

この商品、魚介&キムチの旨みとうたっておきながら、入ってないとのこと。まるで詐欺だ(ギャハ)!



これ、ホントは入ってるんでしょ(ニヤニヤ)?
そう言いたくなるくらいに、魚介とキムチの味わいが入っておりまして。かつ、ちゃんと辛味もある。そして、旨味もしっかりある。安いのに美味い。きちんと美味さを追求している恐ろしい子である。具もそう豊富じゃないんですよ。なのに、ちゃんと味が構築されているのですから、やろうと思えば安価にできるんじゃないかと思うほど。

ちなみに、こちらの商品は東日本明星で作られたものです。企業努力のたまものだと思いながらも、ここまで懸命にやって大丈夫なのかと思ってしまうほどでした。


人気ブログランキングへ ブログランキング・にほんブログ村へ  
Posted by alexey_calvanov at 22:45Comments(0) 飲み食い系 

2022年11月20日

【今回で】長野の物産展に行ってきた【2度目】

現在、名鉄百貨店で「長野大物産展」が開催中です。去年も行ったよな・・・と思ったら、やっぱり行ってた(笑)。
今回も長野県各地から色々なものがやって来たわけですが、今回は2つ紹介していきましょう。ホントは長野市にある大久保西の茶屋の「戸隠クルミざるそば」も食べて行きたかったけど、時間が無かったのよね・・・(泣)。


SOG03_180456最初は軽井沢町にあるミカド珈琲店の「モカソフト」
元々コーヒーショップということもあって、このような商品も作れるのでしょうな。



こちら、コーヒーのほろ苦さにバニラの甘さが相まって、まるでカフェオレをソフトクリームで食べているような感覚になりますね。甘いものが苦手な人も勧めやすい食べ物になると思います。


SOG03_193102こちらは、須坂市にあるTEMO.jpの「あんバタソルト」



SOG03_193131中は、こんなふう。
白い粉がいっぱい掛けられてるね!<この頃言い方がぞんざいだぞ!



こちら、名古屋人なら郷愁に浸れる味という一言で片づけられるこの味あんこの甘さは控え目で、何個食べても重くならない仕上がりに。一方でバターは塩バターになっているので、まぁまぁの塩気が感じられます(ただし、しょっぱいわけではない)サクッとした生地もいいですね。あんことバターの塩梅もいいから、さっきも書いたけど、何個でもイケる(ニヤニヤ)。


この催しは11/22までになっています。何だよ、11/23までやれば、休日だからもっと売り上げが見込めたのに(泣)。


人気ブログランキングへ ブログランキング・にほんブログ村へ  
Posted by alexey_calvanov at 23:35Comments(0) 飲み食い系 

あの鉄道をタダ乗りしてきたぞ!< 言 い 方 !

SOG03_144756静岡駅から向かった先は、掛川駅。
在来線でも行けなくはなかったのですけど、時間のことを考えると、新幹線で行った方が早いと思っていたので、新幹線で向かうことに。「JR東海&16私鉄 乗り鉄☆たびきっぷ」に乗っているからできる芸当ですね。もっとも、この先のことを考えると、在来線でもよかった気がする(苦笑)。

その掛川駅で乗って来たのは、天竜浜名湖鉄道天竜浜名湖線という路線に乗ってきました。通称は天浜線です。
元々は、東海道本線のサブ路線として敷かれたものの、戦後使用用途が急激に減り、1987年に国鉄から第三セクターに譲渡されました。近年では、「ヱヴァンゲリヲン新劇場版」の最終話の中で、天竜二俣駅がモデルになった駅が登場したことでしょうか。


車両は見てもらってもわかる通り、1両のみのディーゼルカー。それが昼間は1時間に1本間隔で走っているのです。また、通し(新所原駅~掛川駅)で走る列車は一部のみで、ほとんどが天竜二俣駅など途中停車で乗り換えとなります。これは、かつて天竜浜名湖線が東西で分割営業されていた名残りなのかもしれません。



途中の景色は収めていませんが、景色は非常によく、かつダイナミックな光景も拝めるので、是非とも前方展望で見て頂きたい路線でもあります。特に浜名湖佐久米駅は、駅前に浜名湖の湖面が広がり、冬場にはゆりかもめなどの渡り鳥が越冬地としてやって来て、大賑わいになります。


SOG03_115340ということで、この先は静岡県内で食べたものの紹介。<尺が余ったのでオマケなのね。
最初は、静岡駅で買ってきた、ここのわの「焼津のツナとシャキシャキたまねぎのサンド」
国産のツナは非常に珍しい・・・いや、焼津で水揚げされたというふうかもしれない(ニヤニヤ)。



名前の通り、玉ねぎがシャキシャキで、水っぽくないツナの味わいに玉ねぎのほどよい辛味がマッチしていて、もっと欲しくなります。パンに関しても、みずみずしく甘みのある風味の高いものになっております。普通に食パンで食べても美味しいかも。


SOG03_121203こちらは、セブンイレブンの「みしまコロッケサンド」
三島馬鈴薯というじゃがいもを使った静岡県限定商品です。



中に入っているじゃがいもが、とても丁寧にマッシュされていて、舌触りが滑らかに感じるほど。甘めのソースの味わいもあって、じゃがいもだけなのに満足できる味になっていました。肉食べてるような味もした(笑)。


SOG03_142722最後は、掛川駅で食べた自笑亭の「おに弁 うなぎ」
おにぎりなのに弁当のような作りをしているから、「おに弁」なのでしょう。これ以外にも色々あるので、今度また紹介できれば。



ご飯はすし飯なのか、普通のご飯のような味ではなかったような気が。少し酸味がありましたね。中のうなぎは極めて普通の味。香ばしい味わいがいいですな。


SOG03_141726おまけ。
アッーーー!!!<「シュート!Goal to the Future」の紹介をこのフレーズでするんじゃない。掛川市とのコラボで舞台なんだから。



人気ブログランキングへ ブログランキング・にほんブログ村へ  
Posted by alexey_calvanov at 22:54Comments(0) とっくしゅ~で~す | 飲み食い系