2008年03月02日

The Tower移植ですか!

今日はレコゲーをお休みして、個人的に気になる作品をさくっと。

今週のファミ通を見てると、DSのこれから先の発売ラインナップに、あのソフトを発見!

おお、The TowerがDSで出るのか


まだ5月未定の状態ですが、DSでThe Tower(The Tower DS)が発売されます。発売は任天堂ではないものの、タイトルから見て、あのThe Towerで間違いないかと。

この作品は、4つ(PS版。GBA版は2つ)の異なるシチュエーションの中から1つを選んで60階建てのビルを建設、グレードを上げていき、その最上階で結婚式を催すというのが一応目的のシミュレーションゲーム。まぁこの作品には終わりがないので、いつまででも遊んでられますが(笑)。
元はPCでの作品。後に3DO・セガサターン・PS・GBAに移植されました。

製作はシーマンでおなじみのビバリウムの斉藤由多加さん


今回はタッチパネルでできるようになるんでしょうけど、非常に楽しみですねぇ。
ワクテカして待ってます(爆)。

  

Posted by alexey_calvanov at 23:35Comments(2)TrackBack(0) ゲーム系 

2008年03月01日

レコゲー2008 3月 据え置き機編 マルチメディア展開編

さぁ、やってきた半期に一度の決算期である3月
1年で年末に次いで忙しい時期なんですが、このゲーム業界にとってはたくさんのソフトをねじ込む・・・あわわ、発売する時期でして(苦笑)。普段より多めに展開されております。
悪く言えば玉石混合なラインナップの中、いくつかピックアップしていこうかと思います。
今回は多展開、もしくは連動できるソフトの紹介です。


今月一番注目、いやフリークなら絶対抑えておけという作品が1本ありまして。
その作品は「ギターヒーロー3 レジェンド オブ ロック」(PS2・PS3)
まぁ、ぶっちゃけて言えば、欧米版ギターフリークスなんですが、本気度はそれとは数段違う

まず曲は実際のアーティストのモノを利用。その中にはエアロスミス、アリス・クーパー、KISS、ブラック・サバス、セックス・ピストルズ等々といった有名ロックバンドの曲を完全カバー(もちろん本物の曲)。日本では権利関係の複雑さから見送られがちな傾向がありますが、欧米ではそう複雑じゃないからなのか本物志向(なりきり感)のなせる業からなのか見事実現。
そして、有名メーカーの手がけた専用ギターコントローラーでなりきり度がさらにアップ。
そのリアリティの高さから、欧米ではシリーズ化されるほどの人気で、今回3作目がやっと日本で移植されることに
ちなみに、欧米では140万本の売り上げだったとのこと。

絵柄は洋ゲーテイストそのものですが、曲の良さ・楽しさには国境は無いと思います。
とにかく、音楽フリークは遊んでおけと言いたい。濃い絵柄は個性だと思って(笑)。


音楽に次いで日本では大きい勢力になりそうなのはアニメじゃないのかと個人的に勝手な思い込みたらしてますが(爆)、春の新アニメに先駆け登場するのが「コードギアス 反逆のルルーシュ LOST COLORS」(PS2・PSP)
4月より日曜夕方5時から始まるアニメで、前作は深夜帯で一部地域の放送だったにもかかわらず大人気作品になり、放送終了後にもBS-i・CS・インターネットストリーミングで放送されたり、地上波でも未放送地域のほとんどとキー局だった毎日放送で放送(毎日放送は再放送)されるほど人気に。そのため、深夜帯から全日帯(今回の場合は夕方)に格上げされた経緯を持つ
関連作品もヒットを飛ばすほどの作品になったという。
以前出たDS版も結構売れたようなので、今回は満を持して、そして次回作との相乗効果を狙ってソニー陣営に『殴りこみ』をかけたと。

アニメ版第8話で黒の騎士団が結成されるが、その結成直後に入り込んだ記憶をなくした主人公が登場人物達と活躍するアドベンチャーゲーム
基本的にはPS2・PSPと同じストーリーが展開されるが、PS2・PSPオリジナルのストーリーもあるとのこと。
他のオリジナルとしては、PS2版ではシアターモード(いわゆるマッドムービーが作れるモード)、PSP版では前シリーズの総集編が見えるUMDディスクが付いてくる限定版の発売がある。残念ながら連動の予定は無い模様。

世界観を深く知るためならPSP版、大きな画面で楽しみたいならPS2版、信者なら両方(笑)がオススメでしょう。


同じロボット系なら、「アーマード・コア フォーアンサー」(PS3・XBOX360)
硬派なロボットアクションゲームの雄にしてシリーズも通産12作目(コンシューマ版のみ)。作品的には同4のその後の話にあたる。

今作は自機よりも巨大な敵を攻略したり、画面内のオブジェクションを破壊することができたりとリアリティが高い
しかしながらロボットアクションに見られがちな操作性の複雑さといった敷居の高さは、様々な初心者向けモードで解消している。簡易ボタン設定やオート操作モード、チュートリアルなどがそう。
オンライン対戦も可能でしかも無料(PS3版。XBOX360版は会員になることが条件)で楽しめます。


最後は、この時期になると盛り上がってくる競馬ゲーム「ウイニングポスト7 マキシマム2008」(PS2・PS3・Wii)。既にWin版が出ているのだが、コンシューマーは今月という若干変則的な発売体制(最近コンシューマーでもこの手の出来事は多いんですけどね)に。
馬を育成し、重賞レースに勝ち進んでいくことを目的とする育成シミュレーションと競馬予想ゲームとしての側面を持ち合わせた作品。

各機種でオリジナル要素が違い、

・PS3:きれいなグラフィックと8つの地方競馬場を追加収録。ジーワンジョッキー4 2007とのリンクが可能
・PS2:ジーワンジョッキー4 2007とのリンクが可能
・Wii:片手での操作が可能


となっている。


次回以降は各種ハードの紹介。

  
Posted by alexey_calvanov at 22:30Comments(0)TrackBack(0) ゲーム系