2010年08月13日

今年のコミケ会場は思った以上に涼しいお(爆)

暑くなるだろうと思ったら、涼しいんでやんの
あつかったのは、近くにいる女・・・おや、何か冷たい視線が集まってきたような(苦笑)。


そんなわけで、朝の4時半過ぎに着いたわけですけど、写真はそれより数時間前の海老名サービスエリアで食べた揚げシューマイ
思った以上に美味い。



今回乗った席が、見事に最前列
いい景色・・・すぎて寝られなかったじゃねーか(爆)。
レインボーブリッジで巨大キティ見逃したし(泣)。<と、いい歳こいたキティが何かのたまってますよ(ニヤニヤ)。



どこまでも続く地平線に伸びる1本の道。
これを見ると広いなと思う。
どこの外国と思いたいが、残念ながら東京ビックサイトの東ホール前。
今年はトイレと売店の場所が大きく変わったぞ。気を付けろ。



7時台に、「中西哲生のクロノス」でコミケ特集をやるらしい(汗)。

  

Posted by alexey_calvanov at 06:47Comments(0)TrackBack(0) アニメ・コミック 

2010年08月12日

もちろん忘れていたわけではない(笑)

まぁ、言わなくってもわかるかと思い、敢えてスルーしてたわけですが(苦笑)、8/13~8/15は例によって例のごとく、有明祭(場)に行ってきます(ギャハ)。<コミケ言え、コミケと。


今その途中の遠州豊田サービスエリアで休憩中。
・・・あ、ららぽーとがある!
いやぁ、ららぽーとって言うと、ららぽーと東京ベイしか思い浮かばないんだよなぁ<この田舎者(ギャハ)。
あとはbayfmの時報くらいしか(苦笑)。



せっかくだから、赤の扉に突入するがごとくに行ってみたかったんですが、「いけません」と怒られた(笑)。<だめだ、こいつ。早く(以下略)。




  
Posted by alexey_calvanov at 23:54Comments(0)TrackBack(0) etc 

えっ、味噌ラーメンにカツ?

今日の「秘密のケンミンSHOW」で最も衝撃的だったのは、高知県のラーメン屋では一般的という味噌カツラーメンなる食べ物
味噌ラーメンに揚げたてのトンカツを乗せたものだそうな。
一見、コテコテの極北に位置しそうな驚愕の一品だが、衣は薄めで、かつ豚肉に脂身が少なめとのことで抵抗感なく頂けるらしい。

しかし、味噌カツといえば、名古屋の味噌カツを思い浮かべるもの。特に今では味噌カツが知れ渡ったこともあり、全国区になったと思っていたのに、高知県のラーメン屋や道行く人に尋ねると、味噌カツは味噌カツラーメンになるらしい。名古屋の味噌カツはありえないとまで言うのだ。


なん・・・だと。



何と屈辱的な(苦笑)。
あんなしゃびしゃび(注:水っぽい)の衣のカツが美味いんかて!<取って付けたように名古屋ことばで喋るな、たわけ。

・・・いつか高知に行って見ねば(汗)。

  
Posted by alexey_calvanov at 22:01Comments(10)TrackBack(0) 好きな番組系 | 飲み食い系

To see is to believe

先日、我が家に13年ぶりにゴキブリが出て、とんだ騒動になったのだが、その際にどこからやって来たのかが推測でしか語れなかった

しかし、今日出かけた時に、その結末がわかったのだ
その結末はあまりにあっけなく、だが意外なものだった。
エレベーターで1階に降りようとした際、エレベーター前にある隣の家の玄関前を奴は闊歩していたのだ。

今回は推測通り、外部からの侵入ということで結論着いた。
まさに『百聞は一見に如かず』である。


ただ、今回のことで、我が家の周辺がゴキブリの巣窟になっていることも併せてわかった。これも驚愕の事実である(泣)。

  
Posted by alexey_calvanov at 20:28Comments(0)TrackBack(0) etc 

2010年08月11日

人間の記憶は、これほど曖昧でおっかないものである

今日、某サイトの管理人から電話が来た。いわく、明後日(8/13)の件でのことで。
その時、怖々ながら切り出したのが、「先日(7/24)の飲み会の時ってお金払ったっけ?」

実に情けないことに、あの日酒が美味いのをいいことに飲みすぎてしまい、帰るには帰れた(早い話が急遽宿を取り、そこへ向かえた)ものの、お金を払った記憶が欠如していたのです(苦笑)。その記憶の欠如ぶりはいくら払ったかさえも覚えていないくらい(汗)。
どうやら、私はきちんとお金は払ったとのことで、安堵しましたが、もしや気を遣われていないかと思い、念入りに聞いてしまったほどです。疑っていたわけではなく、本当に心配でならんかったんです。改めて、ここでも申し訳ないと書いておきます
その際、某サイトの管理人いわく、「お金を払っていなかったら、シャバの空気は吸わせない」
・・ごもっともで(汗)。

まぁ、きちんと払ったっけと聞いた際に、「ああ払ってない払ってない。その前もさらに前もずっと払ってない」と言われた時には、「俺はそこまでボケ老人じゃないよ」と一蹴しましたが(ニヤニヤ)。


本当に酒で記憶が無くなることもあるんですねぇ・・・。
普段日常の中では酒は飲まない人間ですし、こういう機会がないと飲まない人間ですから、余計にこういうことがあると身に染みるんですよ
とは言っても、中々酒のコントロールというのは難しいのも事実。気を付けてはいますが、時々厄介なことをしでかしなねないわけで・・・。

  
Posted by alexey_calvanov at 23:45Comments(2)TrackBack(0) etc 

最初と最後

・・・まるでB'zの曲の名前みたいだな。<あれは、♪イチブトゼンブ。


というわけで、買ってきましたこの2冊。左は「四姉妹(しとらす)エンカウント」、右は「ゆびさきミルクティー」。

左の本は、ファミ通で隔週連載している大島永遠(とわ)さんのマンガ。主人公の今野未来が四姉妹に翻弄されるドタバタコメディー。
今回の単行本化に併せて、一部書き換えられている部分があるような気が・・・。あとはタイトルが付きましたね。恐らく欠番になった第9話への配慮か?

右の本は、2年以上の休載を挟んでようやく完結した宮野ともちかさんのマンガ
好事家向けとかディープ作品とか色々言われましたが(苦笑)、何とか終わりましたよ。
ただ、女装男子はわかる。ツンデレ女子ってひだりのことか?それは違うような気も・・・。
ともあれ、ひだりの急成長にワロタ。激しくワロタ。
あの成長ぶりは女性ホルモンでも注射されましたか(汗)?
しかし、あのラスト今読んでも腑に落ちない。何と言うか唐突な終わり方をしていてどう解釈すればいいのやら・・・。詳細は読んでもらえればわかります。




  
Posted by alexey_calvanov at 22:55Comments(0)TrackBack(0) アニメ・コミック 

2010年08月10日

こりゃだめだ、だめすぎる・・・

8/9現在4位ながらも、0.5ゲーム差で日ハム、5.0ゲーム差で楽天が付いて少々ピリピリムード漂うオリックス。特に日ハムとは先述のとおり0.5ゲーム差なので、最低1試合でひっくり返される可能性を秘めています

普通そういうチーム状況なら、2.0ゲーム差のロッテに追いつけ追い越せとチーム内で奮起するはずなのに、出てきたのは選手のゴタゴタ・・・

先月の26日には、主軸を担うはずのカブレラ選手が、自身のフリーバッティングの順番に腹を立て、持参していたモデルガンで選手や球団広報、スポーツ紙記者に向けて発砲。その後室内で自主練をし帰ってしまい、球団から厳重注意処分を受けていました。
キャンプ並の濃密な練習(投内の連携練習・シート打撃)に加え、『後輩格』のバルディリス選手より順番が遅いということで、シート打撃に不参加。そしてそれらのイライラが重なってこの蛮行に出たという流れ。
まぁ、ドンキホーテで買ったモデルガンとはいえ、かつて中日のネルソン選手が、わざとではなかったとはいえ、銃弾を所持して警察に書類送検され、後に謹慎処分されています。こんな危なっかしい行為をして、彼独特のおちゃらけ行為やわがままで済まされるのは、球団内の指揮に大きな影響を与えるのは間違いないでしょうね。

と思ったら、やっぱりきしみが出てきてしまうもので、今度は一輝選手が8/9の練習中に松山内野コーチと一触即発の状態に陥るという事態に。
この事態が起こった理由は、松山コーチが一輝選手にかけた言葉を、彼が『(コーチから)ちゃかされている』と取ったため。
まったく、チーム状況がそれほど悪くなくても、チーム内の団結が薄いと、こういう些細なことでも大騒動になるわけです。


まだ混戦の続くパリーグ。こういうことで落ちるきっかけになってしまうのならば、選手にとってもファンにとってもいたたまれないわけです。
ましてやオリックスはただでさえゴタゴタの多い球団。そして今年は選手の一人が亡くなって、彼のためにも奮起しなければならないという事実を彼らは忘れてしまっているのではないかと疑いの念を持ちかねません。

  
Posted by alexey_calvanov at 21:47Comments(0)TrackBack(0) スポーツ 

マーケティングのできる自販機

マーケティング。それは相手顧客の消費動向を読んで、新たな商品開発や効率のよい販売方法を模索しながら拡販をしていく企業活動のこと。経営学の基礎の一つとされます。

このマーケティングは人間が大勢でかかっても一苦労するものです。
まず消費動向は地域や場所によって違うのはもちろん、いわゆるサンプル集めというのも苦労します。状況によっては、交通量調査のように、該当場所に1日中張り付いていないといけない・・・というふうにもなってしまいます。


ところが、JR品川駅に新しく設置された自販機は、そのサンプル集めを自販機自身が行うとのこと。
その集めたデータ(POS)をUQコミュニケーションなどが取り扱っている超高速通信の一つWiMAXを使って会社側に送信するふうになっています。
なお、このWiMAXは、気温などの各種情報を送ったり、緊急時の無料提供を遠隔操作で行う時にも利用されます

極めて高度なところは自販機そのものにもあり、表面は大型ディスプレイ(47インチ)になっており、その画面部分はタッチパネルに。普段人が通らない時は、商品の宣伝画面や気温などの各種情報を流し、人が立った時点で、販売商品の一覧とそれをタッチすることで出る商品詳細が拝めるという仕組みになっています。


ただ、ずんぐりむっくりしている点と、消費電力が高そうな点、そして何よりWiMAXの通信網が繋がらないと意味がないという点がネックになるのではないかなと思っています。



でも、これはちょっと面白そうだなぁ。敢えてその年代のオススメの商品を外して買ってみるとか(苦笑)。ペタペタと押して反応速度の実験をしてみるとか(爆)。<怒られます。

  
Posted by alexey_calvanov at 20:49Comments(0)TrackBack(0) ケータイ系 

2010年08月09日

かたなし君のバナナにミルクが出たよ!

・・・って一体何を書いているんだ(爆)。
傍から見たら、とてつもなく怪しいと思われかねませんよ!<ならオマエ書くなよ。

・・・さて、何のことかわからないお子様(=種島)と八千代さんはそろそろお休みの時間ですよ(ニヤニヤ)。<そんなことがわかるオマエも永遠に(以下略)。


とにかく、今回紹介したいのはこれ。
タカナシの完熟バナナミルク。
早い話がバナナ入りの乳飲料ですな。
・・・全くこれを言いたいがために種島は<責任転嫁。

この飲み物、「たっぷりミルク」ということで、乳成分は70%とのこと。
・・・なんて嫌らしい。<おっと、種島先輩の悪口を言うのもそこまでだ!



味はというと、バナナの味はほんのりめ牛乳の味が強いですね。あまり甘くなくすっきりテイスト。
夏の飲み物の一つとしてオススメです。

  
Posted by alexey_calvanov at 23:20Comments(2)TrackBack(0) 飲み食い系 

東の起終点は品川

2027年に開業予定のリニア中央新幹線。東京から名古屋までの大まかな運行は決まった(ただし長野県のルートが未調整)ものの、東の起点である東京の駅はどこに置くかというのは実は決まっていなかったのです。
それが今日、JR東海によって発表され、東の起終点は品川駅にすることが固まりました

なぜ品川なのかというと、元々リニア中央新幹線は地下数十メートルに巨大な地下空間を作ることを前提にして動いていました。その候補として挙げられたのが、今回決まった品川駅と東京の拠点東京駅、そして新横浜駅でした。
新横浜駅が拠点から落ちたのは特に今回記載がなかったのですが、恐らく拠点駅としては不便すぎるという点に集約されるのかもしれません。

そして東京駅が落ちた理由が実に興味深い
まず、東京駅の地下空間が十分でなかったという点
東京駅の地下には、京葉線(JR)と東京メトロ・都営地下鉄といった地下路線が複数走っているからだと推測できます。また周辺に大きな建物が集中しているため、空間建築の際に困難が伴うことも容易に想像できます
じゃあ品川駅はというと、空間確保が取れた以外に、羽田空港へのアクセスを採っているようです。品川駅に据えることで羽田空港への乗り継ぎを良くするばかりでなく、東海道新幹線との接続の利便性を確保したいという一石二鳥的な発想があったようです。
そして、JR東海自身が品川駅を東京での拠点と考えているためという話もあるそうです。そのため、JR東日本の拠点である東京駅を敢えて外したという『対抗意識』(思惑)があったようです。

このことで、東北・長野(北陸)新幹線からのトランジットに大きな影響が出る可能性もあり、利便性の面と乗客確保の点で苦しくなる可能性もあります。


ただ、個人的には品川の方がありがたいと思う面も。

まず東京の南側に拠点が置かれることになるので、新宿や秋葉原、さらに都外の横浜に向かう際にも非常に便利なんですね。
そしてコミケの会場になるお台場方面も行きやすい
品川から次の大崎駅で乗り換えることで、りんかい線とダイレクトで行けることもあり、また新幹線の場合、東京で自由席がほとんど確保されてしまっている(指定席も空きがないケースもある)ことを考えれば、品川起点は席確保の面でも有利になるわけです。


まぁそうは言うものの、とりあえず恩恵にあずかれるのは少なくとも17年後なので、まだ先よのぉ・・・(遠い目)。

  
Posted by alexey_calvanov at 22:06Comments(0)TrackBack(0) etc 

2010年08月08日

新種のやきそば弁当

久しぶりにゆっくりとした昼下がり。
前から食べようと思ってそのままになっていた写真のブツをお昼ご飯として頂くことに。
それが「やきそば弁当」マルちゃん(東洋水産)が北海道限定で売っているカップ焼きそばです。
今回はその新作であると思われる「あんかけ風 やきそば弁当」を頂こうかと。



・・・って、今見ている人は絶対に思っているだろう。オマエそれどこで手に入れたと(ニヤリ)。

・・・実は、以前長野に行った時に、長野駅にあるNEWDAYS(JR東日本が運営しているコンビニ型キオスク。長野の主に北信と中信にある駅はJR東日本の管轄な場合が多い)でやっていた北海道フェアでつい買ってきたものなり(笑)。
だから、信州のやきそば弁当、信州→新種、新種のやきそば弁当・・・


・・・


・・・・・・


・・・・・・・・・


バンザーイ!<オマエ一回(以下略)。


作り方も独特で、かやくを入れたらお湯を入れて3分待った後お湯を捨て、あんかけソースをかけて170mlのお湯を麺にかけてかき混ぜるというふう。

最初お湯が入ってひたひたになっているので、少々心配になってくるのですが、しばらく混ぜ混ぜしていると、あら不思議。見事なとろみ具合が再現されているのです!

そして食べてみると、とろみの付いたあんかけソースの味わいが最高に美味い
濃いかなと思ってたらそうでもなく、あんの絡み具合と麺の食感が絶妙。おまけにアツアツで、冷めやすい傾向のあるカップ焼きそばにはぴったりのツールではないかと。

・・・実に今の季節に逆行したアイテムですね(ギャハ)。でも、ホントに美味しい。冬場に食べた場合、体を温められるアイテムに早変わりだろうなぁ。

ちなみに、こういう製法のためか、いつもこのシリーズについているはずの中華スープは付いていません。しかしながら、それを持って余りあるテイストだと自信を持って言おうぞと(キリっ)。

  
Posted by alexey_calvanov at 23:10Comments(0)TrackBack(0) 飲み食い系 

コミケの準備に追われて

ゲームショウの宿の手配忘れてた(爆)。
慌ててネット検索して取りましたが、海浜幕張駅から次の次の駅ゆえに少々朝がなぁ・・・(でもまぁ、コミケと違って朝から並ばないといけない作品はそうないので、その点は安心できる)。

あと帰りのバスの予約も忘れてた(爆)。
幕張から行ける夜行バスがない(昼の場合は直行便があるんだけど、需要がないのかしら)ので、仕方なく東京駅からのルートで予約何か安いのにデラックスな夜行が取れた(笑)。


そんなこともありましたが、何とか無事に予約も終わり、コミケのサークルチェックも昨日夜中に終わらせました

しかしながら、CD-ROMのサークルチェックは楽だわ
前にも書いたかもしれませんが、去年の傾向が如実に浮かび上がってくるのでチェックがかなり楽そこから新規チェックもできるので作業が大幅に効率化できます。しかも昨年のチェックが既になされているので、打ち漏らしも限りなく減りますし(笑)。
PCを持っている方、またコンパクトPCを持っている方は、ぜひともCD-ROM版のほうが手軽でいいです。それに、PCに詳しい方ならiPhone・XPERIAなどのスマートフォンやDS・PSPなどの携帯ゲーム機、さらにはiPadに移すという芸当もできるみたいですが・・・。


あとは出発のための準備をするだけなんですが、それは行く前日あたりにゆっくりやればいいだけだし(ニヤニヤ)。

  
Posted by alexey_calvanov at 22:17Comments(0)TrackBack(0) アニメ・コミック 

2010年08月07日

東山動植物園の屋台村に行ってきた

今日は名古屋の緑のオアシスの一つ、東山動植物園(東山公園)にやって来ましたよ。

今回やって来た理由は、中京テレビの人気番組「PS」の企画「PS屋台村」に行くため
もちろん入場料はしっかり取られますが(苦笑)、ドニチエコきっぷのおかげで、大人入場料500円のところ、400円で入場可能に。皆さん、お越しの際はドニチエコきっぷで(笑)。

なお、写真のほぼ中央に写ってる黄色い奴は、名古屋市交通局のマスコットのハッチー



会場のある東山植物園は、歩くとそこそこの距離があるので、今回は少し楽して園内を走るモノレール(スカイビュートレイン)で向かうことに

このスカイビュートレイン、今でこそ遊戯施設として扱われていますが、かつては立派なモノレール(鉄道扱い)として運行されていました(1964年~1974年)
今のモノレールは1987年に完成。座席は1スペースあたり大人6人(一部は3人掛け)とはいうものの、少々きつい。
脱輪事故が起こって一時期運行停止があったものの、植物園へ向かう際の貴重な足にもなっています。運賃は片道300円、一周500円。



こちらが会場の植物園。PS屋台村は10台の屋台とドリンクコーナーからなっています。
帰る頃(17:30頃)に撮ったのですが、もうこの人だかり。



こちらは開園前の写真。
・・・と思いきや、もう16:30前からちらほら開いていたようだ(笑)。



こちらは、PSオリジナルの丼「おいぴいす」
加藤晴彦さんと有名な屋台店主との共同プロデュースで生まれたもの。命名は高田純次さん。
テンメンジャンやはちみつの甘み、肉みその旨味、そしてカレー粉のスパイシーさが効いた複雑な風味ながらも、とても美味しい。渾然一体で上手く調和しています。
オススメです。



こちらは四日市名物の四日市とんてき四日市名物なのに、この料理を作ったお店は岐阜の店。でも、地道な努力で四日市のとんてき協会からもお墨付きをもらったほど
豚肉に切れ込みを入れ、とんてきソースをしみこませた一品。
意外なことに肉が柔らかい。付け合わせのにんにくも一緒に煮込まれていて柔らかい。キャベツもソースと一緒にからめるとたまりません。
ご飯が欲しい(笑)。



こちらは四日市のはんぺん専門店が販売する屋台専用メニューの「ぎょロッケ シュリンプベーコン」
練りものの中にはベーコンとミックスベジタブルが入っており、そこにペッパーがアクセントになっています。米油で揚げているからかあっさり味。
できれば、しょう油かソースを垂らして食べたいと思った



こちらは、屋台内の鉄板で焼いたパテやバンズをサンドしたハンバーガーオリジナルBBQソースをかけ、そこにピクルス・トマト・玉ねぎなど野菜もたっぷり。
アメリカンサイズにこだわっているので、某社のハンバーガーよりも数段デカいです(爆)。ちなみに、パテの重さは160g
大きいから大味・・・ではなく、ち密で練り込まれた味。これは美味いよ。



ここで食べている間に、中京テレビの土曜日の看板番組「幸せの黄色い仔犬」の中継が来ておりました。そこには、「PS」のパーソナリティの一人、中京テレビのアナウンサー我妻さんと当日レポーターとしてモンキッキーさんと一緒に回っていたギャル曽根さんがおりました。

我妻アナは思った以上に大柄な人(ギャル曽根さんの方が若干背が低い感じ)。調べたら169cmだって。大きいはずだわ。
そしてギャル曽根さんは本当に大食い(笑)。試食の焼そばをしっかり食べていました。
また思った以上に腰の低い人。さらに気さくな人でした。そういえば黒い日傘差してたわ。その時は結構大人しかったです(苦笑)。

ちなみに、この日の放送の戸田さんは、TBSテレビ系の「王様のブランチ」で生アテレコをやった後に来ているというのは、名古屋の人間はBS-TBS見てる人じゃない限り知らないんだろうなぁ・・・。すごい気迫でしたよ。


PS屋台村は、明日(8/8)と8/13・8/14・8/15の16:30~20:30(入場は20:00)まで営業中。
東山までは・・・という方には、8/28・8/29の「24時間テレビ 愛は地球を救う33」のイベントでやって来ます(会場は江南市にある「すいとぴあ江南」)


おまけ。
屋台村のそばにあった売店サンゲツのソフトクリームコーナーにて。
スジャータことめいらくの製品なのですが、こんな文言が。


「あえてバニラはおいてません」

なん・・・だと(爆)。



仕方ないので、美味しそうな味をチョイス。
豆乳・パイナップル・巨峰(ぶどう)・ストロベリー・チョコレート・カスタードプリン・北海道メロン(夕張メロン)・白桃・マンゴー・バラといった中から、これはと思った「コーンポタージュ 粒入り」をチョイス(ギャハ)!<わざわざ地雷の仕掛けられたところに向かうなんて、コイツ夏の暑さでやられたか、ただの(以下略)。
・・・そう言うけど、美味しいって。
コーンスープの甘みが見事に再現されています。
これは好きな味。ハマる。あれば絶対チョイスします(爆)。




  
Posted by alexey_calvanov at 21:45Comments(2)TrackBack(0) 飲み食い系 

家で直接見たのは何年ぶりか

我が家にゴキブリが出た。
今まで家の中から一匹も出てこなかっただけに、まるでペリーが黒船を率いてやって来た頃の侍のように一大騒動である。
かれこれ家の中でゴキブリを見るのは14年ぶりではなかろうか。


なぜゴキブリが現れたのか全く分からない。ただ、玄関方向からコソコソ・・・とやって来たことから、玄関を開放する際に蚊の侵入を防ぐために設置した網戸のレール部分がよく踏みつけられているため、隙間だらけで十分機能していないことが原因なのではないかという結論に達している(実際蚊がかなり侵入している)。
まま大きい奴だと思う(おかんはそうでもないとのたまうが)。仕留めようと奮闘したものの、家の隅の家具のあたりに逃げ込んでしばらく出てこない。掃除機も効果なし。一体どこに消えたのか?


そんなミステリーは意外なことで解決する。
翌日の朝。仕事へ出るためにいそいそとしていた頃に、のこのこ現れたのだ。
家の隅でじっとしていただけなのだ。家具の隙間に耐えがたきを耐え・・・としていた奴、どこで軍事教育を受けたんだ(苦笑)。

ほどなくして仕留められ、我が家のゴキブリは絶滅したものと思われる
しかし気は抜けない。何かしらを契機に外部から侵入せんとするだろうし、あのゴキブリが卵を持っていて・・・
・・・怖くなってきたから、これ以上想像するのはやめよう(笑)。

  
Posted by alexey_calvanov at 21:00Comments(2)TrackBack(0) etc 

2010年08月06日

3年経ったら芽を出した 中田翔選手編

今日も「サマーウォーズ」の繋ぎ的な意味で、これまた野球を見る。CSのGAORAでやっていた日ハム×楽天戦。


見始めた頃は楽天のリード。楽天の先発「ラズにゃん」(ネット上での呼称。なぜか「けいおん!」の中野梓からきている)ことラズナー選手。緩急の付いたピッチングで日ハム打線を翻弄。
日ハムはエースのダルビッシュ選手。しかしながら、エースと呼ぶには程遠く、既に4点も取られメッタ打ちの状態でした。

そんな状況下でも、何とか日ハム打線が繋がりだし、稲葉・小谷野両選手のタイムリーで1点差にまで詰め寄ると、ラズナー選手を引きずり降ろします。
そして、6回の楽天の継投の替わり鼻に、日ハム期待の星である中田選手が値千金の同点弾(ソロホームラン)
その後も7回の小谷野選手の犠牲フライ、糸井選手のタイムリー後に、再び中田選手がダメ押しの3ラン。ファイターズの主軸を担える存在でありながら中々結果の出せなかった中田選手が、名前の通り大きくグラウンドを『翔けた』瞬間でした。


中田選手は、2008年高校生対象のドラフト1位で4球団競合の末入団。彼がドラフトでかけられた年は、以前紹介した有由規(よしのり)選手のような期待の若手が多かった年だったものの、彼の高校通産87本というホームラン数は彼の怪物ぶりとその年のドラフトで際立った存在にまで押し上げたのです。

しかし入団後の中田選手は、辛酸をなめさせられ続けたのと彼の『若さ』が大きく災いし続けました
1年目は教育方針と木製バットへの対応の遅れの関係で2軍暮らし。
2年目には2軍で30本以上のホームランを放ったものの、1軍ではさっぱり。しかも毎年何かしらの素行不良行為(1年目は寝坊による遅刻、2年目は詳細は不明だがやはり遅刻)で制裁処分を受けていたこともありました
あまつさえ、守備面では大きな課題があり、三塁→一塁→外野とスタメン獲得の機会を得るためと併せて様々な守備位置にコンバートされていました。ちなみに、中田選手は元々140km/h以上の速球が投げられる投手でした。また挑んだ守備位置も、三塁は小谷野選手・一塁には高橋信二選手といった好選手がいたのも彼が中々スタメンを狙えなかった一つの大きな要因でしょう。

今年も最初の頃はあまりぱっとせず、開幕戦で外野手としてスタメンを獲ったものの、すぐに脱落してしまい、彼自身と日ハムの雰囲気が合わないのではないかと不安視する人もいました。


ただ、個人的に思うに、彼がケガをして以降大きく人柄が変わったのではないかなと思いました
再昇格後はそれを思わせるものになり、大振りになってもそれが悪い結果の大振りではなく、何かしらの明るい要因を持ったものに変わり始めていました『若さ』がいい具合に噛み合ってきたのではないかと思います。その結果がプロ初アーチであり、その後のハイテンポなペースのホームランに繋がっているのだと思います。

何より大きく変わったのは、彼自身が謙虚になったのではないのかと。今までどちらかというとお山の大将的な我の出すぎた選手のように映ることがありました。なかなか1軍に上がれなかったのもそういうふうなところがあったからかもしれません。
しかしながら、ケガ後は、ホームランを放った後でも、「まだ気を引き締めていきたい」といった発言に見られるように、実に謙虚でかつチームのことを思った行動が取れるようになったと思います。
我を出すことは決して悪いことではありません。でも出しすぎれば不協和音の要因にもなりかねません。特に日ハムは繋ぐことを重きに置いたチーム。つまりは個性だけでなくチーム内での結束力が求められるチームだと思っています。森本選手のように、個性が強くても、我をあまり出さず常にチームのためにまい進している姿こそ、それを端的に表わしているかもしれません。


『常に謙虚であれ』というその行為が続く限り、中田選手は大きく翔け続けられると思います。そして今年の日ハムが悪い成績で終わっても、彼の成績と併せて、来年が非常に楽しみに思える要因になってくれると思います。

  
Posted by alexey_calvanov at 22:55Comments(0)TrackBack(0) スポーツ 

ハマってる食い物 その87


サントリーフーズの7UPクリアドライ。
ゼロカロリーながら85mgのカフェイン入り。

普段の7UPよりも強炭酸のようで、それゆえにスカッとさわやか。「仕事中にドライな刺激でリフレッシュ!」というのもうなづける。

スプライトや三ツ矢サイダーのような甘いものではなく、すっきりとした味わいのものになっているばかりか、先述のとおり強炭酸でさわやかな味。
仕事の時にもいいですけど、こういう暑い日々が続くこの時期だからこそ美味しいんだよねぇ・・・。

  
Posted by alexey_calvanov at 21:38Comments(4)TrackBack(0) 飲み食い系 

2010年08月05日

海 vs 山どっちが好き?

久しぶりのトラバテーマですが、どっちもいいよねぇ。


でも敢えて選ぶなら海
そりゃ何せ『のんびりできる』・『日焼けができる』・『海にすぐドボンと入れる』。もうこの3つがあるからこそ海はいいんですよ

山ももちろんいんですよ。
山を流れる川や滝はとても冷たいし、ひんやりしててすがすがしいし。でも行くまでが大変なのが山の難点。特に山登りになる場合は結構きついんですよねぇ・・・。


それゆえに、やはり夏行くなら海ですね。山もいいけど海がいい。

  
Posted by alexey_calvanov at 23:56Comments(0)TrackBack(0) とっくしゅ~で~す 

3年経ったら芽を出した 由規選手編

今日たまたま見るものがなかったので、三重テレビでヤクルト×中日戦を見ていた
地デジが進んでいる野球(およびスポーツ)中継にしては珍しくハイビジョンではなく、4:3のサイドカット放送。一体どこの放送局がやっているんだと思ったら、TOKYO MX(東京メトロポリタンテレビジョン)。よっぽど大変なんだろうなと思った。


しかし目を見張ったのは試合内容
プロ3年目のヤクルトの由規(よしのり)選手が大輪の花を咲かせんとしていたのです。もう大奮闘。150km/hクラスの直球にスライダーが効果的に効いて、中日打線の不調もあって翻弄させていましたね。

この試合の相手は、前の試合で初先発勝利をしているネルソン選手。
由規選手と同じく速球が武器の選手ゆえに投手戦になりましたが、ネルソン選手がほぼ自滅する形で取られた1回の4点が後々響き、2回以降は尻上がりのピッチングで計5点に抑えたものの、打線が沈黙して完投しながら負け投手に。スタミナが最後まで落ちていなかったので、ある意味脅威ではありました。


由規選手はヤクルトで既にローテーションの一角を担える立場にまではなっていたものの、速球がよくてもコントロールが定まらず、スライダーがよくてもコントロールの悪さが仇になって、中々大成できなかったところがありました。
しかし、今回のようなピッチングができれば、必ず広島の前田健太選手・楽天の田中選手、そして日ハムのダルビッシュ選手も一目置くようなピッチャーになると思います。またこの日、日本人最速タイ記録の158km/hも出ています。常に9回まで150km/hの出せる選手になれば、今回の相手のネルソン選手のように、相手にとって脅威になるピッチャーになれると思います。まだ20歳。伸びしろは大きい。


ちなみに、由規・ネルソン両選手とも3年目の選手だというから意外

  
Posted by alexey_calvanov at 23:09Comments(0)TrackBack(0) スポーツ 

2010年08月04日

♪CHOICE / 林原めぐみ

今回紹介するのは、林原めぐみさんのアルバム♪CHOICE
彼女自身実に3年ぶりのオリジナルアルバムになります(ミニアルバムやベストアルバムなどを挟めば約半年ぶりになる)。
アルバムと称するものを含め数えていくと19枚目。オリジナルアルバムだけでも13枚目(CMでは15枚目と表記)になります。

基本的に、彼女のオリジナルアルバムに関しては、♪Sphere以降は毎回買っているので、アーティストとしてはかれこれ長い付き合いになる人になります。



曲の内容は、ベースになっているのは、これまでに発売されたシングルの再収録今回用に収録する自身作詞の曲。そして故人になった岡崎律子さん作詞のもので、当時お蔵入りになっていたものを、今回収録前に『発掘』されたのがきっかけで復活させたものとなります。
作詞はMEGUMIとして自身が書いたものがほとんどで、残りの3曲が岡崎律子さん作詞のものになっています。


収録曲を聞いていくと、どれもMEGUMI節炸裂ですわ。
特に自身が作詞したものを歌うとその破壊力は強烈。力強い歌はより力強く、しっとりとした歌はより胸に刺さるものになっています。林原めぐみ(敢えて敬称略(爆))を知っている人なら、このあまりにも強烈な個性を放つ曲をしっかと受け止められるものと思っています(笑)。

このアルバムで私自身が気に入っているのは、♪Lucky & Happy(「がくえんゆーとぴあ まなびストレート!」のエンディング)と♪キャリアGirl NOT Woman
後者の曲は、今時の働く女性を上手く鋭く描いたものになっていますね。まるでかつての自身の・・・いや何でもありません(ニヤニヤ)。そうでなくとも、今就職活動をしている人ないしは婚活もしたいと思っているOLには少々耳の痛い、ないしは共感できる曲なのではないのでしょうか。


ちなみに、初回盤には「林原めぐみのTokyo Boogie Night」900回記念の際行われたライブイベントを収録したDVDが付いてくるんですけど・・・。
・・・いやぁ、当時見に行っていたから知っていたとはいえ、めぐさん暴れてます(爆)。ものすごいパワフルです。キング・スタチャ所属のあの声優は化物か!?<怒られますよ、そんなこと言うと。

  
Posted by alexey_calvanov at 22:15Comments(0)TrackBack(0) アニメ・コミック 

ま た お ま え か

昨年ファイル共有ソフトを通じて広まっていったコンピューターウイルスの一つ、通称「原田ウイルス」その制作者でもあり、後にその亜流(「原田」と名乗る学生の顔から「CLANNAD」の画像の一部を置き替えていた)もばらまいた男が、今度は「イカタコウイルス」と名乗るウイルスをばらまいて再度逮捕されました。


この男は、先述の通り、原田ウイルスをばらまいたことで逮捕され、執行猶予付の有罪判決が出ていたのですけど、それに懲りず、「自らの技術向上を試したかったため」と称し今回の件を行ったのですから、まさに迷惑千万なわけです。


この問題になっている「イカタコウイルス」というのはどういうものなのかというと、ファイル交換ソフトで手に入れたファイルの中に紛れ込ませたもので、ダウンロードしたユーザーが目的のソフトないしは興味本位でそのファイルを開けてしまった場合、犯人が制作したウイルスが作動し、PC上にあるあらゆるデータを片っ端から犯人が描いたイカやタコなど種類の魚介類のイラストに置き替えてしまうという悪質なものです。
しかも性質の悪いことに、電源を切っても再起動させた際に再びウイルスが作動するようにプログラミングされています

今回の取り締まりもかなり手を焼いたそうで、最初の逮捕は著作権法違反と名誉棄損(前者は「CLANNAD」の画像を使用した、後者は「原田」と名乗る人物が彼の通っていた大学院の人物の名誉を傷付けたという理由)ということで折り合いを付けましたが、今回はそれを見越してか「自作画像なら捕まらない」と踏んでいたそうです。
そこで、今回警察は再起不能に陥れた(復旧の難しさ)ということを考慮して、器物破損罪での立件・逮捕に至りました。


いずれにせよ、今回の件で執行猶予がなくなり、前の事件での実刑が確定したばかりか、今回の件で更なる実刑が下されることは確実でしょう。悪いことはできないものです。
そしてこういう人物に対してのPCの扱いをどうするかを裁判で決められればありがたいのですが、今の日本の法律ではどだい無理な相談かもしれません。その点が何とも悔しいものです。


こういう悪質に悪質な推敲を重ねても、いずれ何かしらの制裁を受けるということを、かの人物にもわかってもらいたいものです。
潔く罪を認め、品行方正に過ごした方がいかに楽か、今回の件で最も伝えたいことはそういうことなのかもしれません。

  
Posted by alexey_calvanov at 21:29Comments(0)TrackBack(0) 真面目なモノ