2010年09月05日

アプリゲーム バラレスの魔城

今回紹介するのは、アプリゲームの「バラレスの魔城」
開発は、「Xi」シリーズ、PSPでの「ピポサル」シリーズや「ゴッドイーター」を開発したシフト。発売はオープンドア。


魔物によってさらわれたお姫様(メイティ姫)が、勇者(レイダ)からの救出を待っていたものの、なかなか助けが来ないので、業を煮やして自分から牢を脱出し勇者を探しに行くというもの。

内容はアクションRPGとなっているものの、パズル要素の入った作品になっていて、随所にトラップの付いた部屋があります。
この魔城を攻略するためには、4つの杖を駆使していく必要があります。
その杖とは、壁を超えてブロックを動かすことのできるファイアロッド、自由自在に魔法弾を動かすことのできるリモートロッド、自由に移動先を設定できてその場所に飛ぶことのできるアクアロッド、堅い敵やブロックを破壊できるホーリーロッド
彼女は魔族の助けを借りながら、勇者を復活できるという復活の玉を探すために城中を探索するのですが・・・。


先述の通り、パズル要素が強いので、アクションが苦手な人でも十分楽しめる内容になっています。難易度も一部に嫌らしいものがあるものの、基本的には難しすぎないものに。頑張ればあっという間に解けるかなとも。
しかし特徴的なのは、そのストーリー。復活の玉を取ったら終わり・・・ではなく、そこから大どんでん返しが起こって、またそこからもうひとひねりが加えられています。


さらに、一度クリアしても終わりではなく、眠っている勇者を目覚めさせるために、「勇者の復活」という、こちらは純粋なパズルゲームが楽しめるようになっています
こちらもひとひねりがされており、途中で集める復活の欠片(かけら)が足らないと、見られるエンディングが変わるというふうになっています
こちらの方は、若干難易度も高く、結構嫌らしい面もあり、おまけとはいえ結構練られています


ケータイによっては操作性が気になるところではあるものの、十分に楽しめる作品であることには変わりません。
とはいうものの、配信元が売り切りではなく、月額制で配信しているため、他の作品がないとなかなか手を出せないのも事実。これだけのために・・・となるかもしれないので、他の作品もダウンロードするのを前提で入るのをオススメします。


バラレスの魔城
300円/月(「RPG大集合」のサイト会員入会が必要)

現在、ドコモ・ソフトバンク・auのケータイアプリで配信中
牢屋に閉じ込められたお姫様が、待てど暮らせど助けに来ない勇者を探しに脱出する「バラレスの魔城」と、助け出した勇者を目覚めさせるために塔を登る「勇者の復活」の2本立て。
アクションRPGというより、パズルゲームの要素が強く、「勇者の復活」は純粋なパズルゲームになっています。
杖の使い方が絶妙で、かつ難易度もさほど高くないので遊びやすい。ストーリー性もどんでん返しが起こるので、時に驚かされる展開になります。

  

Posted by alexey_calvanov at 22:30Comments(0)TrackBack(0) ゲーム系 

仕方がないので東奔西走

朝も早くに起きて、「青春18きっぷ」の最後の1回を使うために赴かんと思った地は長野
わずか3時間の滞在になるのを覚悟の上で、松代に向かい、その後帰りに、電車待ちの1時間を利用して松本を回ろうと思ってだ・・・。

・・・だが、うつらうつらしていたら、皆がぞろぞろ降り始め、もしや乗り換えの駅と思い、ついて行ったら、「ゴルフ5 レディースオープン」の開かれていた会場の最寄り駅になる瑞浪駅だった(泣)。

もうどうしようもなく、ポツンと置いてけぼり。
次に乗っても間に合わない(そもそも時間がなくなる)ので、予定変更。
かねてからネタのために・・・と思って向かいたかった場所へ行くことにする。


最初は愛知県春日井市にある高蔵寺
高蔵寺駅から名鉄バスで終点の藤見台に。
途中、歩く方向間違えた(爆)。


向かった最初の目的地は、コンビニ。ココストア藤見台店。
一見何の変哲もないコンビニではあるが、実はここは日本で最初にできたコンビニの一つとされているのだ。
『コンビニの一つ』としているのは、最初のコンビニというのはいくつか説があり、最も有名なのはセブンイレブンの豊洲店(東京都江東区)とされているからです。



とはいうものの、立て看板には「日本のコンビニエンスストア発祥の地」とある。



さらには、第1号店碑を店前に設置していて、この店が1号店だという主張をことさらにしています
ちなみに、この店はココストアの直営店



その後は、太多線経由か名駅経由で行くか悩んだ末、後者のルートで岐阜に向かうことに
岐阜駅前(北口)にある織田信長の金メッキ像。
後年、織田信長は岐阜に居を構え、ここから天下を狙ったため、今日の岐阜の礎を築いた人物とされています。ちなみに、織田信長が美濃を平定した際、街の名前が井ノ口から岐阜に変わったと言われています



岐阜に行った理由は、NHKの岐阜放送局の局舎を撮りに行くため。
岐阜駅から2kmほどだったので、歩いて行けるのを知ったのは後々の話。行きはバスで、帰りは色々回りながら歩いて帰りました。
あ、撮った写真はウィキの「NHK岐阜放送局」に掲載されているはずです。たぶん。


岐阜市役所前にて。
ご存じの通り、岐阜にはJ2のFC岐阜があり、昨今の経済状況で慢性的な赤字を抱えていたのですが、最近ではスポンサーも付くようになり、若手育成を軸にした戦略が功を奏してか、J2昇格後は毎年中盤の順位であるものの、着実に力を付けています
おらが街のチームということで、官民一体になった応援を受けている一つの例でしょう。



柳ヶ瀬にある商店街の一角。
柳ヶ瀬というのは商店街の名前ではなく、繁華街のある地名。かつてはにぎやかだった町も、今は衰退している地域で、ここの再興が岐阜の活性化につながるのではと思います。




近年ではマスコットキャラでゆるキャラの一人「やなな」が活躍しています。
・・・って、ただダンボールみたいなのを頭にかぶった(以下自主規制)



この後どうしようかと思って岐阜の街中を歩きながら思案。
結局、餃子が食いたいと思って浜松に。でもせっかくだから・・・と思い、思い切って静岡のガンダムを再び見に行くことにした。何か変わっているみたいだし。

・・・と思ってたら、静岡に入ってから、東海道本線が暑さでレールがゆがむ可能性があるということで、掛川あたりで列車停止また寝てたので、何が起こったかのか状況が飲み込めず、また降りそうになったのは内緒だ(爆)。そのことで、10分くらい遅れた(対象区間は徐行運転だったらしい)。

そんな中で目的地の東静岡に到着
オープン当初は動いてなかった動く歩道が動いてた(笑)。妙なところで感激。
え、ガンダム?もういいでしょ。何回も見たから(爆)。


そういうわけで、今回は変わったところを撮ってきた

まずはガンダムカフェ
最初はいなかったのに、今や新ザクとガンダムが店番してる(笑)。



隣の隣で売っている店では、冷しカレーうどんを販売していた
前はカレーだったのが、折からの暑さで冷しメニューに切り替えたようだ。

注文すると、「冷しカレー入りまーす。シャアー」と一声かけます(笑)。本当です。
・・・今シャアって言ったよなと気になったほど(爆)。
付属の「赤い彗星 レッドホットソース」をかけて辛みを足していくというふうになっています。
まぁ味はそう辛くない。ホットソースをかけてもそう辛くないので、もっとかけてもよかったかも。



会場入り口に停まっていたデコトラ勇加丸。
プラモとして販売されたものの実車で、映画やCM撮影にも使われているとのこと。



で、餃子はって?
しっかり食べてきたし美味しかったけど、浜松で食べてきた方がいいかもな(苦笑)。


その後は夕方4時前に会場を出て、東静岡→静岡→浜松→豊橋→名古屋と小刻みなトランジットで帰ってきたら夜の7時過ぎだったよ・・・。

  
Posted by alexey_calvanov at 20:56Comments(0)TrackBack(0) とっくしゅ~で~す 

2010年09月04日

暑さでやられた

夏の残り香がなかなか抜けない。


今日も激しい暑さに見舞われ、名古屋では38゚Cになるなど勢いは治まらない。
そんなこともあってか、遂にJR東海道本線のレールが熱せられすぎて膨張しきってしまい、名古屋~大府で一時徐行運転させられるハメに・・・。


もうたまったもんじゃないな・・・。

  
Posted by alexey_calvanov at 23:55Comments(2)TrackBack(0) etc 

2010年09月03日

そういえば、ナイトスクープの秘書が決まったらしい

関西圏では週末の夜になくてはならない「探偵!ナイトスクープ」。
かくいう関西圏の人ではない私も、『週末だけの秘密の部屋』にいつも足繁く通っている性質ですので(爆)。


その同作品で欠かせないのは、「秘書」と呼ばれるアシスタント。
長年タレントの岡部まりさんがその座に君臨していましたが、今年7月の参議院議員選挙に出馬(落選)するためにその座を降り、以降は探偵が順番で行っていく輪番制になっていました。
ところが、水面下ではオーディションが行われていたようで、最近の新聞でバイオリニストの松尾依里佳さんが3代目の秘書に就任することが明らかになりました
写真でその姿を見たのですが、まだ26歳なんですなぁ・・・。若いなぁ(ニヤニヤ)。

彼女自身も幼い頃から同作品を見ていたこともあるそうなので、すぐに溶け込むことができるとは思いますが、下ネタ攻勢にどう切り返すのかが少々楽しみだったりする(爆)。あとはクセのある探偵(特に局次長の桂小枝さん)をどうあしらうのかも注目ですね。


彼女は何と今日(2010年9月3日放送分)から登場とのこと。
・・・まぁ、うちは1週間遅れなので来週か(泣)。地域によっては数ヶ月遅れてということもあるので、気長に待っていて下さい。

  
Posted by alexey_calvanov at 23:57Comments(2)TrackBack(0) 好きな番組系 

レコゲー2010 9月 携帯ゲーム機編

ここからは携帯ゲーム機編です。
今月もPSPのほうがラインナップが多いものの、据え置き機と同じくベスト版の多いものになっています。それゆえに、ベスト版がほとんど並んでいないDSのほうがソフトラインナップとしては健全なのかなと思ったり。


そんな中、ダントツで注目されているのが、「ポケットモンスター ブラック」・「ポケットモンスター ホワイト」。今作は新しい地方が舞台になっています。
既に予約の時点でミリオンを達成し、販売時点では150万本までになっているのではないかといわれている作品です。
これまでのシリーズに比べて新要素が多く、季節の導入や通信対戦での新ルールの追加、DSiとDSi LLではテレビ電話のようなライブチャット機能が楽しめるなど様々です。
また殿堂入りするまでは新種のポケモンしか登場しないようになっているなど、既存ユーザーへの配慮も欠かしていません
予約の時点で100万本を超えるということは、それだけ期待されているということでしょう。当日買いの人達も含めれば、楽に200万本以上超えるのではないかと推測しています。

DSではこの作品の登場のためにラインナップが少ないという側面もあるのですが、その中で気を吐いているのが、「探偵 神宮寺三郎DS 赤い蝶」
シリーズ15作品目で、DSでは4作目の作品。
オリジナル作品とケータイアプリで配信された5作品の計6作品とコメディ作品になる「謎の事件簿」が5作品収録されています。
新システムとしては、パソコンのキーボードをタイプするパスワードシステムと2枚の紙を組み合わせて謎を解く暗号解読システムの2種類。そしてDSの2画面を利用したオリジナル機能(タッチパネルを利用した移動やファイル・人物・周辺調査)が搭載されています。
長期シリーズなので、固定ファンに多く愛されている作品。手堅いヒットが望めるでしょう。


続いてはPSPの作品。


たくさん居並ぶ中、最注目は「クロヒョウ 龍が如く新章」(★)
PSPでは初めてになるシリーズ最新作。
力のみを信じる少年が、魔窟とも言える神室町を舞台に繰り広げられるアクションアドベンチャーです。
リアリティさや様々なミニゲームはそのままに、少年という視点から神室町が描かれているのが大きな特徴でしょうか。これまでのシリーズとは一転違ったところも出てくる(例えば、アルバイトができる点)かと思います。その最たるものが、地下格闘場。主人公がこれから身を置いて行くところゆえに血なまぐさい感覚を得られるかもしれません。
携帯ゲーム機とは思えない機能・音声の充実ぶりだけでなく、本格的や役者を投入しているなど、据え置き機で出していた時と同じくらいで手抜かりはありません。注目すべき作品でしょう。

続いては、「英雄伝説 零の軌跡」
シリーズ最新作で、「英雄伝説 空の軌跡 the 3rd」において、「英雄伝説Ⅶ」と表記されていた作品にあたります。また、シリーズとしては初めてPSPのほうが先に(ないしはPSPのみで)発売される作品にもなります。
シリーズのウリであったアクションタイムバトルが進化し、仲間の一斉攻撃ができる他、移動中に攻撃ボタンを押すことで戦闘モードに突入できる、いわゆる奇襲のような機能「アタックエンカウント」が搭載されています。
PC版で楽しんでいた人には、少々歯がゆい思いがあるのでしょうけど、コンシューマー版から遊んでいた人達には、早く遊べるまたとないいい機会なので、買ってみてもいいかもしれません。


そして今月は、アニメ絡みの作品が多いのも特徴

その1:「デュラララ!! 3way standoff」(★)
今年の1月~6月まで放送していたMBSテレビ(毎日放送)系のアニメのゲーム化。
池袋を舞台に、様々な事件を作中のキャラと共に解決していく作品になっています。

その2:「けいおん! 放課後ライブ!!」
現在放送中(今年4月~9月まで)のTBSテレビ系アニメのゲーム化。意外なことに、この作品が初のゲーム化になります。
桜ケ丘高校軽音部の部員達が織りな日常をトレースしたリズムアクションゲーム。
ゲーム中で得たアイテムでちびキャラとのコミュニケーションを行ったりすることもできる他、最大5人でのセッション(協力プレイ)や置時計機能も搭載されています。
ゲーム内容は初音ミクの某作品と似ていますが(苦笑)、同じ人達が担当しているのだから目をつぶっておけ(ニヤニヤ)。

その3:「祝福のカンパネラ Portable」
元々はPCゲームだった作品の移植。現在放送中(今年7月~9月まで)のテレビアニメで話題になっています。なお、10月にはPCでファンディスクが発売予定。
移植に際して、サブストーリーなどのシナリオの追加や戦闘モードの変更(より展開の早いアクティブタイムバトルに)がなされています。

その4:「ドラゴンボール タッグバーサス」
1989年に放送され、2009年にリメイクされた「ドラゴンボールZ」をベースにした格闘ゲーム。開発はスパイク。
タイトル通り、2対2のタッグバトルが楽しめるようになっています。また2人同時で出せる協力技もあったりと、シングルでは味わえない一体感も味わえます。


携帯ゲーム機編 結論
勢いでいけばPSP、個々の作品の強さでいけばDSともとれる感じ。
色々かいつまんで楽しめるほうがいいなら、ラインナップの多いPSPがオススメ。特にアニメ作品絡みでの発売が多いので、ファンは購入しておきたいところ。

  
Posted by alexey_calvanov at 22:29Comments(0)TrackBack(0) ゲーム系 

2010年09月02日

コンビニもセルフ化の時代?

セルフ。それはセルフサービスの略で、自分自身で商品を選び、納得し、買う形態のことを指す。人件費削減のため行われることが多く、その最たるものはガソリンスタンド(セルフスタンド)だろう。
最近では、人件費の圧縮と手間の削減のために主にレジでスーパーにも導入されることが増えている自分で処理できるので、主婦層にもウケがいいばかりか、子供が『なりきり』のために選びたがるため、台数が増えている。
・・・と個人的に分析(爆)。

しかしながら、セルフレジは増えてるなと思いますね対面式のほうがいいという人もいますが、混んでる時に対面式は、その処理する人の能力や客と(クレームから雑談まで様々な理由で)話し込んでしまって、とかく遅くなることが多いため、正直セルフレジのほうが気軽でいい
イオンなど大手ではそのセルフレジが導入されていますけど、遂にコンビニまで・・・。そうセルフレジを見かけたのだ。


駅地下にあるローソンのレジの一部がセルフレジになっていた。
このレジを含め3台あるレジそのうちの2台がセルフレジになっていたのだ。
近くにあったPOPには「もう待ちません」。確かに。

一見非常に便利そうだが、残念なことに現金応対が不可
利用できるのは、クレジットカード・電子マネー(Edy・QuickPayなど4種)・JR系電子マネー(Suica・TOICA・IKOCA))・Pontaのポイントなど。また、一部の支払いはできない(基本的に棚にある商品のみと考えた方がいい)



それでも、コンビニがよりコンビニになった瞬間だなと実感既に一部のコンビニでは導入されているそうですが、地元では初めて見た気がする。

  
Posted by alexey_calvanov at 23:42Comments(0)TrackBack(0) etc 

レコゲー2010 9月 据え置き機編

ここからはPC作品の紹介です。


まずは、いよいよ登場する「ファイナルファンタジーXIV」の紹介を。
「ファイナルファンタジーXI」に続くオンラインゲーム2作品目。PC先行は初になります(コンシューマーではPS3で来年3月発売予定)。

まず驚かされるのは、高精細なグラフィック。その緻密(ちみつ)さゆえに本当の世界に迷い込んだ感覚に陥ってもおかしくないやもしれません。
ジョブシステムもアーマリーシステムというものになっており、ベースになる職種から細かい職業(例えばファイターなら、格闘・剣術・斧術・弓術・槍術の士)をチョイスできるようになっていますが、気軽に変更できるので、ライフスタイル・パーティー編成で『転職』も可能です。

これまでのユーザーも納得できるような広大なフィールドに様々な新機能もあるので、飽きのこない作品になっていくことでしょう。


ではここからは18禁作品の紹介なので、18歳未満のよいこのみんなは、読んでもいいけど買っちゃダメ。
読 ん で も い い け ど 買 っ ち ゃ ダ メ 。


読んでもいいけど


買っちゃダメ~!



今月は上半期の決算月ということですが、PC市場も有力作の延期でやや小ぢんまりぎみ
その中でも気を吐くのが、今月の最有力作でもある「天使の日曜日 -ef Pleasurable Box-」
「ef - a fairy tale of the two.」のアフターストーリーとアナザーストーリーを収録したファンディスク。
本編(アフターストーリー・アナザーストーリー)以外にも横スクロール型のアクションミニゲームが収録される他、Blu-rayで収録されたminori作品のオープニングムービーが同梱されます。
大変好評だった作品なだけに、期待度も高いかと思います。充実しているとは言えないものの、かゆいところに手の届くコンテンツ内容になっているなとも思っています。

同じファンディスクモノとしては、「BALDRSKY DiveX”DREAM WORLD”」も。
2008年~2009年に発売した「BALDRSKY」シリーズのファンディスク。
アナザーストーリー以外にも、シリーズのメカや装備全てを使って戦ったり与えられたステージをクリアしていくサバイバルモード、ダンジョン探索型のRPGとアクション要素がミックスされた「BALDRSKY ES」、CPU同氏の戦闘観戦やそのギャンブルが楽しめるモードがあります。それらのモードで集めたコインはコンテンツ購入のために使えるとのこと。そこでは様々なものが買えるそうです。
細く長く楽しめるファンディスクになりそうですねぇ。


有名どころも頑張っています。

その1:「fortissimo//Akkord:Bsusvire」
「true tears」などを制作したLa'cryma(ラクリマ)の最新作。
正確には15禁(ただし特典付は18禁)作品。「マホウツカイ」達の超能力バトルを描いた『燃え』作品になっています。
メイン武器デザインは「Phantom」などで有名になったニトロプラス、作品はサーカスの「ダ・カーポ」とのリンク(公式)、主題歌はfripSide・妖精帝國とかなり気合の入った作品になっています。

その2:「萌恋維新! ~アタシら、じぇいけー、新閃組!~」
「ミステリート」シリーズを制作しているアーベルソフトウェアの最新作。
祖先の莫大な借金を抱えている主人公が、昔祖先が手助けした恩で財閥の娘との許嫁になったものの、親衛隊の新閃組に認められないといけないために、そこへ入隊し、様々な試練を乗り越えていくアドベンチャー。
珍しく許嫁ではなくその親衛隊との絡みがメインの作品になっています。


その3:「Orange Memories」
個性的な作品を生み出しているPurple softwareの姉妹ブランドPurple software delightの処女作。
教師になるために故郷の学校に教育実習を受けにきた主人公とその学校で再会した幼名馴染みとの恋を描いたアドベンチャーゲーム。
ある意味王道ですな。あと意外に主人公の年齢と同じくらいのヒロインが出てくる作品でもあります(クラスメイトとかの関係を除いて)。


その他注目作は、いわゆる学園モノ。

その1:「Green Strawberry」
不運続きの主人公。学園編入後も入院してしまい、遂には寮の一室まで失ってしまった。それでもめげずに寮の一室を工面してもらい、仲間たちと過ごす中で育まれる恋愛アドベンチャー。
登場人物も多く、ヒロインも多め。ヒロインの中には幽霊がいるという少々変わった作品でもあります。

その2:「さくらビットマップ」
長い間男子の生まれなかった町で生まれた男子である主人公が、その町にある学園を舞台に起こるヒロイン達の出会いを描いた恋愛アドベンチャー。
ヒロインが多いだけでなく、予約特典という形になるものの、男性キャラも性転換させて女性キャラに切り替えられるという異色な作品。ホントに女の子しか出てこないふうにもできます。

その3:「はれがく!」教師になるために母親のつてで親類の運営している学校の教育実習生になった主人公が、そこに通っていた幼馴染みの姉妹に翻弄される日々を描いた恋愛アドベンチャー。
『ハーレム学院らいふアドベンチャー』と銘打っているだけあって濃厚な関係を楽しめます。



据え置き機編 結論
ゲームショウ前ではあるものの、いい作品は少々減り気味。PCもラインナップ疲れかいい作品が出てこない。こういう展開になると、古参や人気作を抱えるメーカーが強い気がする


次回は携帯ゲーム機編です。

  
Posted by alexey_calvanov at 22:24Comments(0)TrackBack(0) ゲーム系 

2010年09月01日

女心はようわからん

主に女性がする補正下着といえば、ブラジャーが真っ先に思い浮かぶかと思います(最近は安心感から男性も着けるそうですが)
たいていの場合、『胸を大きく見せたい』の一点で寄せて上げて・・・のヤツが大ウケしてるんだろうなと思ったら、さにあらんらしい。
何と『胸が大きいと太ったように見える』との理由で、小さく見せるためのブラジャーが売られており、ネット販売を中心にウケて、増産に次ぐ増産らしい。
というのも先程の理由が、販売会社のアンケート調査で1割ほどいたのが販売のきっかけ


どうやって小さく見せるのかというと、厚みのない布で作られたカップで内側の丸みをすっきりさせ、脇を押さえるシートで胸を小さく見せているとのこと。簡単にいえば、さらしの応用ですね(たぶん)。
最近では新作も出していることから、このシリーズの堅調さが窺い知れます。


まぁね、胸が大きい方がいいとか、いや小さくした方がいいとか言って、泣くに泣けない努力をされているのはわかりますが、男の私にとっては、胸なんて大きくても小さくてもいいんです(キリっ)!
要は触・・・うわ、ちょ、やめれ<泣くに泣けない女性達の襲撃を受けて(以下略)。

  
Posted by alexey_calvanov at 23:53Comments(4)TrackBack(0) 女性陣から総スカン系(爆) 

レコゲー2010 9月 据え置き機編 前編

2010年もラストスパートの3ヶ月に差し掛かりました。例年なら涼しくなる兆候が出始める9月ですが、今のところ昼も夜も暑い日々が続きそうとのこと。もう虫の声が聞こえているのにというのに・・・。

そんな中でもやって来るのが、日本最大のゲームショウで世界でも指折りのゲームショウでもある東京ゲームショウ。今月の半ば、丁度3連休の初日と2日目に一般公開日が組まれた(ビジネスデーも含めた期間は9/16~9/19)ので、余裕を持って行ける人達が多いのではないかと思います。また年末商戦を占ううえでも重要な展示会になります。

そして、この時期はほとんどの企業で上半期の決算期。ゆえにたくさんの作品が出てくるものの、どうも箸にも棒にもかからない作品が増えているような・・・携帯ゲーム機用ソフトやベスト版が増えているのも、利益重視とも見られて少々残念なようにも・・・。
それでもいい作品が揃っているので、まだこの上半期の決算に出る作品群は捨てたもんじゃないなと。


では、注目の作品紹介です。

実は今月の最注目作、先述のため何ともはやなわけで・・・。そのため絞り込みにくいふうになっています。候補としては以下の3つ。


その1:Halo:Reach(ヘイロー:リーチ)
ご存じヘイローシリーズの最新作にして最終作この作品が後のシリーズへの前日譚になります。
これまでの集大成ということもあって、グラフィックやモーションは最高のクオリティにまで達しているとのこと。もちろん武器や乗り物の種類も増えています。またマルチプレイ・オンライン対戦は大きな進化を遂げており、ゲームスタイルやプレイスタイルといった基本的な部分の変更から暗殺攻撃やスパルタン×エリートといったある種マニアックな要素まで追加されています。
今回は本体同梱版・設定資料集付・設定資料集とフィギュア付と様々なセットがあるばかりか、ヘッドセットマイク・特製のゴールドメンバーズシップ(オンライン機能を利用するための会員証のようなもの)が販売されるので、これから始める人にもコアユーザーにも勧められる一品なのは確かです。

その2:METROID Other M
こちらもシリーズ最新作。「スーパーメトロイド」(SFCで発売)と「メトロイドフュージョン」(GBAで発売)の間で起こった出来事を描いた作品になります。
開発するのは、コーエーテクモホールディングス所属のTeam NINJA
3Dゲーム(サードパーソンシューター系。一部ファーストパーソンシューター的な部分あり)でありながら、操作体系はファミコンライクなものになっています。そのため簡単な操作で様々なアクションができるようにもなっています
またストーリー性の高い作品になっており、随所にCGを利用したムービーが挿入されるそうです。
どちらかというと、大人向けに昇華された作品ですが、操作の簡単さは子供(CERO区分ではB対象なので、ティーン以上)にも訴求できる作品だと思います。

その3:「フロントミッション エボルヴ」(PS3・XBOX360・Windows)
シリーズとしては珍しくシミュレーションRPG以外のジャンルで登場します。そのジャンルは「アーマードコア」のようなアクションゲームになるとのこと。
自機をカスタマイズすることで強化していき、歴戦を戦いぬくシングルキャンペーン世界中の仲間と戦える(ただし他ハード間との対戦は不可)マルチプレイ(オンラインモード)からなっており、シングルモードでは一定時間敵からの攻撃が遅くなるE.D.G.E.(エッジ)や白兵戦が、マルチプレイではデスマッチ・銃座を奪い合い、確保した時間を競うドミネーション・一定時間で現れたり消えたりする一つの銃座を奪い合うスプレマシーが楽しめます。
アクション要素が苦手な人用にイージーモードがあるとはいうものの、これまでのユーザーにどこまで訴求できるかが大きな課題ですね。

その4:「デッドライジング2」(PS3・XBOX360)
こちらもシリーズモノ。大好評だった前作の続編になります。
ショッピングモールでの惨禍を経験したフリージャーナリストのチャックが、今度はゾンビ化している家族のために抗生物質を買う金稼ぎで出たテレビ番組の収録舞台(カジノ街)で再び惨禍に襲われるというもの。
残虐行為ばかりに目が行きがちなものの、今作では手に入れた武器を繋ぎ合わせて新しく武器を作れたり、オンライン対戦も可能。ファッションや食べ物・飲み物の種類も増えているので、そのあたりで楽しみにしている人にもオススメ。


これ以外の作品はどうなのかというと・・・。

まずは、「ウイニングポスト7 2010」(PS3・PSP)
2010年の最新事情が反映されたばかりか、2011年から開始できるシナリオと音声実況が追加。「ウイニングポスト7」・「ウイニングポスト・ワールド」との連動ももちろん可能になっています。

もう一つは、「モンスターハンター フロンティア オンライン シーズン9.0」(XBOX360・Windows)
モンスターハンターシリーズの一つで、PCとXBOX360の両方で楽しめる作品(ただし共同プレイは不可)です。
今回は新フィールドや大型モンスターが実装される大型アップデートになるそうです。

最後は、智代アフター~イッツ ア ワンダフルライフ~ CSエディション
「CLANNAD」の外伝的な作品で、ヒロインの一人である坂上智代をフィーチャーしたもの。
今作では、新世代機ゆえにできた高精細画面や5.1サラウンドが搭載されています。


次回はPC作品の紹介予定。

  
Posted by alexey_calvanov at 22:13Comments(0)TrackBack(0) ゲーム系