2011年01月03日

ファンならずとも読んでほしい

コミケの帰りに、アキバに寄ったのですけど、その時買ってきたのがこの本。


球場ラヴァーズ 1巻 (ヤングキングコミックス)それが、石田敦子さんが描いている球場ラヴァーズ
ヤングキングという隔週刊で発売されているマンガ雑誌で連載されています。
一見少女マンガ風ですけど、中身はバリバリのヒューマンドラマです。



内容そのものは広島東洋カープ(以下広島)愛にまみれた作品なんですけど、ただ広島好きだけでなく、野球ファンにも読んでほしいくらい野球の話題に精通した人でも読める作品になっています。
さらにそれらのエピソードに絡めて、主人公や周囲の人物のエピソードにも上手いこと絡み、彼女達の心情の変化にも大きな影響を与えています

というのも、この作品結構重い作品で、主人公の女子高生はクラスからいじめを受けていて、そのいじめている人達が主人公を援助交際までさせるくらいにまで追い詰められ、その相手男性から諭されるものの、広島の赤いキャップとチケットのみしかヒントがない中探し出す・・・というバックボーンがあるわけでして。
そして野球観戦仲間になる基町(もとまち)・下仁谷(かにや)から『ご教授』を受けるごとに、彼女自身いじめにも立ち向かえるようになるふうになっていき、強くなっていくシーンも描かれています
ちなみに、『ご教授』している基町にも、惹かれていく広島仲間の後輩が彼女の後輩と婚約することになって、心が折れそうなところに、広瀬選手の応援歌で立ち直ったり、同じく下仁谷にも、不倫相手の男と別れるきっかけが、一生懸命頑張る前田選手をバカにされたことだったりと何かとスポーツに関する人間模様が絡んできます
よく言われている「ビジター席から垣間見える人間ドラマ」というのが、言い得て妙だなと思わせるくらいしっくりきます


こういう傑作が埋もれているだなんて惜しい。是非とも野球ファンは読んでほしい一冊です。
・・・とは言うものの、かくいう私、アキバのアニメイトでもとらのあなでも見つからず、ヨドバシ内にある有隣堂でやっと手に入れたくらい(汗)。ネットならまだあるかも。  

Posted by alexey_calvanov at 22:44Comments(0)TrackBack(0) アニメ・コミック 

レコゲー2011 1月 携帯ゲーム機編

ここからは携帯ゲーム機編です。
数年来、PSPのゲームの方が勢いがある・・・と散々申していますけど、今年はニンテンドー3DSが登場することになり、一体どうなるのかなと思っています。そんなニンテンドー3DSは来月の発売。いよいよラインナップなどの全貌が明らかになってくるわけですけど、まだまだPSPが優位に立てるのか、はたまたニンテンドー3DS(任天堂)が巻き返すのか楽しみなところです。


では、そんなPSPの作品群から見ていきましょう。
今月は年末と同じくらいに注目作をぶつけてきましたね。
まず最初は、キングダムハーツ バース バイ スリープ ファイナルミックス
キングダムシリーズの最新作で、昨年1月に発売された「キングダムハーツ バース バイ スリープ」の海外版をベースにしたものです。
そのため、全編音声が英語・高難易度モードやボスや新エピソードなどの追加が施されています。さらに、海外版にもなかったオリジナル要素も追加されるとのことなので、今まで遊んでいた人にも楽しめる仕様になっています。

2本目は、戦場のヴァルキュリア3」(★)
アクション要素の入ったシミュレーションRPGに人間ドラマの入ったストーリー性の高さで、たちまち人気作品になったシリーズ最新作です。前作同様PSPでの発売になりました。
今作は最初の作品と同じ年の違う戦闘域での話で、ネームレスという戦争中に(恐らく)名前の残らなかった部隊の話。
ちなみに、主題歌はMay'nこの作品のOVAも発売されるそうです。

3本目は、ヴィーナス&ブレイブス ~魔女と女神と滅びの予言~
2003年にPS2で発売した同作品のリメイク。
100年続く大災厄を逃れるために、不老不死の主人公がその間に出会い別れる仲間と共に紡いでいく物語になっています。この作品もストーリー性の高さで高評価が出ており、ベスト版も出ています。
この作品は世代交代を実感できる作品とも言われ、騎士団の団員同士で結婚し子供が設けられた際、その子供には親の能力が引き継がれます。また子供も含め、一度死ぬと(一部の例外を除き)死ぬと二度と生き返らないため、生き残らせるための慎重な戦略も必要です。
なお、今回のリメイクにあたり、テイルズシリーズのキャラが登場するとのこと。

4番目は、俺の妹がこんなに可愛いわけがない ポータブル
昨年秋アニメ化され大人気になったライトノベルが原作。今作はオリジナルシナリオで、妹以外の登場人物の『人生相談』に乗るのが主な内容になっています。
バンナム制作の作品ということもあって、過去にハルヒシリーズなどで培ったリアルタイムに顔の表情を変化させるシステムが今作でも培われています(ただし、今作のシステムはモーション制作会社が違うため、オリジナルとしている)
アニメ化で急に火が付いただけあって、このゲーム化でどういうふうに勢いが増すのか(あるいはその逆になるのか)が気になるところです。

5番目は、喧嘩番長5 ~漢の法則(ルール)~」。
こちらはPS2から続く人気シリーズで、もう5作目になるんですね。
勢力同士の抗争に一触即発状態の地域に放り込まれた主人公。そこは5つの高校が覇権を握ろうと日夜抗争が繰り広げられていたというふう。
様々なミニゲームが追加要素に加えられ、中でも3のキャラを利用した対戦格闘や警備員になり、町のチンピラを倒して小遣い稼ぎ、仔犬の飼育というようなものまであります。
サブシナリオでも結構いい具合に時間がつぶせる作品に仕上がっていますね。

PSP最後は、カオスヘッド らぶChu☆Chu!
こちらは昨年X様で発売された同作品の移植。ファンディスクとも続編とも言われています(作品の進め方次第で大きく変わってくる)。
ニュージェネレーションの狂気後、知らぬ間に夏を迎えた拓巳。その際に6人のギガロマニアックスの少女に出会ったものの、何をしても怒られない不思議な状況に。この不思議な世界の真実を突き止めるか、はたまたその世界を受け入れるか・・・というふう。
今作には新規のキャラも登場したりと、豪勢な作りになっています。またPSP移植ということで、オープニングも一新されます。


対してDSは、ニンテンドー3DS発売前ということで、1本のみ。
それが「サガ3時空の覇者 Shadow or Light」。
1991年の「時空の覇者 Sa・Ga3 完結編」のリメイクではあるものの、レベルアップの概念がない今までのサガシリーズにシステムが準じるなど大幅な改変が加えられ、むしろリメイクというよりオリジナル作品を作ったかのような感じです。
また時空を操るシステムが追加され、より作品に深みと重みが増すようになりました。
ある種完全新作というふうに味わえるようになり、新規ファンにも楽しめる作品になりそうです。


携帯ゲーム機編 結論
PSPの圧倒的なパワーを感じる月。オリジナルとリメイクのバランスがよく、新規ファンにもこれまでのファンにも楽しめる内容になっている。ある意味PSPが成熟して来たのを感じさせる月にもなりそう。  
Posted by alexey_calvanov at 21:49Comments(0)TrackBack(0) ゲーム系 

2011年01月02日

2010年の洋楽総決算的な番組がやってます(ました)

・・・アクセス解析をしていると、何度も同じ検索をしている人がいらっしゃるので、申し訳ないと思いつつ、ここで紹介しようかと。


2010年の洋楽シーンをチャート形式でまとめる「Billboard TOP40」の特番「Billboard TOP100」が放送されます。
キー局のテレビ神奈川をはじめとした一部の放送局は既に放送を終えているものの、私の地元の名古屋(三重テレビでの放送)をはじめとする一部放送局は放送予定があるようです。
既に「Billboard TOP40」の放送自身が風前のともしび状態(泣)で、テレビ神奈川と三重テレビでしかやっていないというふうがゆえに、この特番を心待ちにしている人が多いんですね・・・。テレビ神奈川もMTVとかの専門局などに配信したらいいのにとか思うんですけど、権利関係で結構うるさいことになるんでしょうね。恐らく。
放送時間の詳細をリンクさせておきます。

ちなみに、同じく洋楽総決算的なことを行うのが、「American Top40」
この番組も日本では名古屋にあるZIP-FM((日)25:00~28:00)のみという寂しい状況になっています。恐らく今年最初の放送が2010年総決算になるのではなかろうかと(既に終わっていたらすいません)
ノーカット放送はアメリカのFMをストリーミングで聞くとかで解決するみたいですけど、最近では日本からのアクセスが弾かれるといったことも聞きますし・・・。


名古屋というのは、風前のともしびを守る時は徹底的に守るところで、かつて全国で放送していたヨーロッパのロックを紹介する「ロンナイ」というラジオ番組も、今はかつて一度も放送したことのないFM AICHIで((日)22:00~22:30に)放送されるといった具合。それでいて、去年にはRADIO-iを潰しちゃったんだから性質が悪い(嘆)。


洋楽好きにはいずれもオススメできる番組ではないでしょうか。「American TOP40」の時間は何とかしてほしいけど(苦笑)。  
Posted by alexey_calvanov at 22:08Comments(0)TrackBack(0) 好きな番組系 

レコゲー2011 1月 据え置き機編 後編

さてここからは、PC作品の紹介です。


最初に全年齢向け作品の紹介。
それが、T.P.さくら ~タイムパラディンさくら~ 前編
前後編で届けられる作品で、アニメ(OVA)とゲーム(アドベンチャー・シューティング)とがセットになっています「ダ・カーポ」シリーズの番外編という側面もあるようで、同シリーズを知っている人ならにやりとできる演出もあるみたいです。


では、ここから先は18禁作品の紹介があるので、18歳未満のよい子のみんなは、読んでもいいけど買っちゃダメ。
読 ん で も い い け ど 買 っ ち ゃ ダ メ 。


読んでもいいけど


買っちゃダメ~!



今月も月末にラッシュが来るんですけど、コンシューマーと同じく、基本的には月半ばからの発売になっていますね。


その中で最注目なのは、グリザイアの果実 -LE FRUIT DE LA GRISAIA-
発売元のフロントウイングの10周年記念作品になるとのことだそうです。
たった5人(しかも全員女子生徒)しかいない学校に編入した主人公が繰り広げる学園モノで、そのヒロイン5人に何かしらの影があるという設定になっていますね。
色彩やタイトルの意味合いからして、かなりシリアスでダークな展開になるんじゃないかと思っています。

続いては、星の王子くん
Leafの最新作ですが、今作はLeafでは製作せず、外部作品になるようです。
男女問わず超人気の主人公が、幾多の困難を乗り越えて愛をはぐくむというある種王道のアドベンチャーです。
珍しくドタバタラブコメという形になりそうで、外注とはいえ、今後の作品の方向性が見えてくるかもしれません。

3本目が、オタカノ-こんなに可愛い彼女がオタクなわけがない-
・・・まるで今年の秋に流行った某ライトノベル兼アニメ作品みたい(苦笑)ですけど、それは置いておいて。
引きこもりに近い生活を送る主人公が、たまたま難解クエストを解いたことで意気投合したネット仲間とささやかなオフ会を開いたら、実は男と思っていた相手はクラスメートの女性で、教室でのイメージ(ビン底眼鏡をかけたガリ勉女)とは違ったネットスラング大放出の娘だった。そして部活を設立し、強引に入部させられ、その部活にもおかしな女子達がやって来る・・・というふう。
とりあえず、下着姿で活動しなければならないあたりで、バカゲー認定していいですか(爆)?
まぁ、現代社会を映したかのようなゲーム設定には大いに興味ありですね。

4本目は、AQUA
ビジュアルノベル制作ブランドSORAHANE(ソラハネ)の処女作として登場する青春群像劇(ヒューマンアドベンチャー)。
コンピューターが発達した世界を舞台にしたもので、死んだと思っていたヒロインが実は生きていて、クラスのヒロインになっていたというもの。
重すぎず軽すぎずな雰囲気は結構いいですね。

最後は、With Ribbon
こちらはHulotte(ユロット)の処女作品。
主人公のことをパパと呼ぶ不思議な女子を助けたことで起こるアドベンチャー。この子供が誰の子供なのかを探る作品にもなっているようです。
なかなかヒロインが多い作品になっているようです。


据え置き機編 結論
どちらにも言えるのは、大きい作品が目立って、それ以外が小さく見えるというふう。それでもこれはと思う作品もいくつかあり、「アマガミ(エビコレ+)」(PS2版)のようにプレミアが付きそうな作品も・・・。


次回は携帯ゲーム機の紹介。  
Posted by alexey_calvanov at 21:21Comments(0)TrackBack(0) ゲーム系 

2011年01月01日

レコゲー2011 1月 据え置き機編 前編

新年が開けました。今年はゲーム業界でもニンテンドー3DSといった本格的な3Dゲームが登場するといった変革の年になるんじゃないかと言われています。そして新世代機も成熟期に差し掛かり、そろそろ次のハードが出てきてもおかしくない年になるかもしれません。また既存のゲーム機にも大きなアレンジが加えられる可能性もあります(既に昨年末に、リーク情報ながら、PSPのケータイが出るという話が出てきてますし)。
そんな今月のゲーム作品は、コンシューマー(据え置き機)に関しては新年を挟むこともあって、毎年恒例ながらも月半ばごろの発売になるみたいです。


では紹介していきましょう。なお、今月から一部商品ではAmazon.co.jpとの連携を図っていきますので、欲しい商品があったら、そこからクリック→購入ができるようになりますよ。


今月最注目作品になるのは、THE LAST STORY(ラストストーリー)。昨年末に大規模な制作発表会が行われ、話題になりましたね。
かつて「ファイナルファンタジー」シリーズを制作していた坂口博信さんが設立したミストウォーカー制作のRPGです。
地形を利用して敵との戦闘を有利に進めていく戦略的な面と、一人が囮(おとり)となって周囲の味方が攻撃するという戦術的な面が絡み合った複雑な戦闘シーンを楽しめるようになるようです。それと絡めて、Wi-Fiを介して最大6人の通信プレイができ、共闘・乱闘ができるようになるとのことだそうです。
アクションシーンもバリバリにあるので、アクションRPGの好きな人にはオススメできるのではないのでしょうか。
なお、今作は本体同梱版の発売もありますよ。

続いては、テレビアニメ効果で意外にも注目されるのではないかと思われる「アマガミ(エビコレ+)」PS2PSP)。
2009年に発売した同作品のベスト版ですけれども、少し追加がされています。
PS2・PSP共通の追加事項としては、「アマガミぬくぬくまーじゃん」というマージャンゲームが楽しめます。ミニゲームとはいうものの、フルボイス・フリー対戦可能・「キミキス」のキャラが追加参戦・自動打ちが可能になっているので、ただ楽しみたいうという人から本格的に打ちたい人まで幅広く楽しめます
その他、会話モード時にシーン再生が可能になったり、その際の名前を変更した名前で対応してくれたり、おまけモードの基準が緩和されたり、チェックモードのオン/オフができるようにもなっています。
PS2版の追加事項としては、2009年発売の「アマガミ」からデータの引き継ぎが可能になった点。
PSP版の追加事項としては、イベント中にアナログスティックを動かすことで、イベントの全体シーンを眺めることができるといった視点的な効果を得られるようになっています。
ある意味本気で新製品を作っちゃったかのような作り込みは最近のベスト版で見られる傾向ですけれども、今作もご多分に漏れず、しっかり作り込んでいます。しかも、PS2では(最後にはならないものの)恐らく最後の時期の作品になるので、プレミアが付く可能性もあります。特に限定版が欲しい人はお早めに。

3番目は、「アルカナハート3」PS3XBOX360)。アーケードでは4作品(アレンジ版含む)、コンシューマーではPS2で2作品が移植されています。
今作では、パワーゲージ・ホーミングゲージをアルカナゲージに一本化。超必殺技・ホーミングキャンセル・ガードキャンセルなどを利用した際にストックがなくなるというふうになっています。
その他シンプル操作(4ボタン操作)・16:9のハイデフ画像・オンライン対戦が対応しているなど細かな追加がされています。
ギャルゲーとしての側面を持ちながら、格闘ゲームとしてもしっかりとしているので、格闘好きなら楽しんでもらいたいものです。

4本目は、ぎゃる☆がん
昨年の東京ゲームショウで突き抜けた作品として(別の方向で)注目を浴びた作品がいよいよ登場しますか。
天使に打ち抜かれた主人公は乙女達をメロメロにさせる能力を利用して、眼力で言い寄ってくる女の子を避けながら意中の女の子にアタックをかけるという作品なんですけど、どう見てもデスクリムゾン言い寄ってくるシーンが突き抜けてますなぁ。
70人のヒロイン、女教師にアタック、一発で即死メロメロ、66通りのバッドエンド、ママ来たから画面変更(笑)などなど・・・。
・・・これって何てバカゲー(爆)?


それ以外は以下の通り。

ラビッツ・パーティー タイムトラベル
シリーズとしては3作目になるバカゲー・・・もといパーティーゲーム。個人的には大好きな作品です。
歴史上の人物に会いにいくためにタイムトラベルをしたラビッツ達。彼らの行動によって歴史博物館の展示が変わってしまうから、まぁ大変。
アクション・シューティング・ダンス・リズムアクション・レースなど全20種類(+Wiiモーションプラスでさらに3種類追加可能)楽しめます。

シューティングスタジオ
西部劇を撮影する映画の撮影スタジオを舞台にしたアクションシューティング。PlayStation Moveを使った作品になっています。
実際コイツも東京ゲームショウでプレイしているんですけど、撃ち抜いた時の爽快感がたまりませんね。


次回はPC作品の紹介予定。  
Posted by alexey_calvanov at 23:38Comments(0)TrackBack(0) ゲーム系 

あけましておめでとうございます2011

新年明けましておめでとうございます。
・・・コミケ帰りだから、すっかり寝正月(笑)。まぁそれも毎年のことだから仕方がない(爆)。

そんな中、雪になるんじゃないかといわれた名古屋は、無事に晴れの新年を迎えておりました(雪は降ったみたいだが)。というわけで、少し帰りに足を伸ばして撮ってきたのはこちら。


PA0_0782某所から撮った初日の出の逆行を浴びるテレビ塔。
ホントはここから初日の出を・・・と思ったんですけど、残念ここは南になるんだ(爆)。



今年は昨年末の気候を引きずって大荒れになっていますけど、皆様お出かけの際は気を付けて下さいね。  
Posted by alexey_calvanov at 21:22Comments(0)TrackBack(0) etc