2013年11月10日

B-1グランプリ in 豊川に行ってきた④

今回も昨日・今日と行われていた「B-1グランプリ in 豊川」の紹介です。


まずは豊川市陸上競技場会場の残りの出展料理から。


ISW11F_0157最初は、鳥取県鳥取市の「鳥取とうふちくわ膳」
豆腐と一緒にちくわで使う魚を一緒に練り込んだもの(比率は大豆7:魚のすり身3ほど)で、見た目はちくわになっています。今回はそれと一緒にネギの入った揚げ豆腐ととうもろこしの入った揚げ豆腐も提供されていました



前述の通り、見た目はちくわなんですが、味は見事に豆腐(笑)。見事に豆腐の味がするので、醤油が欲しいかなと。揚げ豆腐2種に関しては、具材の味がしっかりしているので、そのままでも十分に美味しいです。


ISW11F_0151豊川市陸上競技場会場での最後の料理は、島根県出雲市の「出雲ぜんざい」。前日の〆に頂いたものです。
大粒の大納言に紅白の色をした白玉が入ったシンプルなものです。ちなみに、ぜんざいは出雲が発祥とされています。



塩を利かせたとなっていますが、そのせいか甘みが強烈で、疲れた身体がとても癒されます(ニヤニヤ)。


続いては、豊川市野球場会場から。


ISW11F_0158最初は、長崎県雲仙市の「小浜ちゃんぽん」
極太麺ととんこつメインのだしに、たくさんの具材を入れた麺料理です。某通販会社が商品紹介していたので、ご存知の方も多いのでは?



見た目は濃そうなだしですが、その味は意外にあっさり。それでいてコクは深いので、クセになりますね。具材も多く、食べ応えもあり、これは素晴らしいですね。


ISW11F_0160お次は、三重県亀山市の「亀山みそ焼きうどん」
特製の味噌だれで炒めた焼きうどんで、元々は焼肉屋の〆で提供されていたものです。2011年の「中日本・東海B-1グランプリ」で金賞を受賞しています。



甘みメインで濃厚な味噌の味(コク)がねっとりと麺に絡んでホントに美味しい。クセになる味で、私大好きですね。


ISW11F_01613番目は、大分県日田市の「日田やきそば」
パリパリに焼いた焼きそばともやし・ネギ・豚肉が入っています。この料理はラーメン屋のサイドメニューで提供されているとか。



もやしのシャキシャキ感もさることながら、限界まで焼きを入れた麺のパリパリ感がまた美味しい。食欲をそそります。


ISW11F_01624番目は、群馬県太田市の「上州太田焼きそば」
ソースとキャベツがメインの極めてオーソドックスなものです。



濃厚なソースの味わいが、シンプルながらもいい味ですね。極めて特徴の少ないものなんですけど、食べて美味いと実感できるのならば、それはそれでいいのではないのかなと。


ISW11F_0164豊川市野球場会場での最後の料理は、福岡県北九州市の「小倉発祥焼うどん」前回のホスト会場だった料理ですね。
いくつかある発祥の地の中の一つで、終戦直後のモノ不足の過程(本当は焼きそばを作りたかったそうだ)で生まれたものだそうな。



ソースの味わいが甘辛になっていて、太麺とも相性がいいですね。これまたシンプルな味になってますけど、美味いですな。


ISW11F_0172そして、豊川市総合体育館前会場で提供された、今回のホストでもある愛知県豊川市の「豊川いなり寿司」
地元の米と厚揚げを使った寿司で、中には様々な具材を入れるケースも。今回のものは、極めてオーソドックスな五目と葉わさびになっていました。



辛味抜群な葉わさびのいなり寿司は、だしの染み込んだ甘みのあるいなり寿司とのコントラストが利いてなかなかですね。五目は薄味ながらも風味豊かなものになっていて、葉わさびが2つ入っていることを考えれば、もう一つの葉わさびを食べる前の箸休め的なものになっているかなと。


今回は開場後の混乱・JRの人身事故に伴うトラブル・2日目の雨など色々大変なところもありましたが、総じて滞りなく進行できていたと思います。
そして、何よりうれしいのは、福島県浪江町の「なみえ焼きそば」が金賞を受賞した点でしょう。様々な困難の中での受賞は、現在故郷に戻れず、全国に散り散りになってしまっている浪江町民にとって明るい話題かつ望郷の念を募らせることになったのではないのでしょうか。一刻も早い復興を心から望みます。

次回のB-1グランプリは、その金賞を受賞した浪江町のある福島県で開催されることが決まりました。場所は福島県の中心都市である郡山市ということですけど、愛Bリーグに入ってる団体ってあったっけ、郡山に(汗)?
それはともかく、次回の郡山大会も上手くいくことを願いながら、B-1グランプリ特集を終えようと思います。


人気ブログランキングへ ブログランキング・にほんブログ村へ  

Posted by alexey_calvanov at 23:56Comments(0)TrackBack(0) とっくしゅ~で~す | 飲み食い系

B-1グランプリ in 豊川に行ってきた③

ISW11F_0168昨日に引き続き、今日も「B-1グランプリ in 豊川」に行って参りました。
今日は名鉄豊川線諏訪町駅から歩いて10分ほどにある豊川陸上競技場などを回っていきたいと思います。

会場の開催を計ったかのように雨が降り始め、午前中は少々激しい雨にたたられながらも、午後には天気も持ち直し、何とか体裁を保ったのではないかと思います。ただ、今日の来場は20万人(トータルの来場者数は56万人)ほどとなり、やはり雨の影響は避けられなかったというふうに見ております。



ISW11F_0147それでは、昨日の分も含めて、豊川市陸上競技場に出展していた店の紹介から。


まずは、青森県黒石市の「黒石つゆやきそば」
和風だしのつゆとウスターソースに長ねぎと天かすを入れた焼きそばです。麺は平太麺になっています。



見た目はこってりそうですが、味はあっさりとしていて、ウスターソースの味メインのスープも意外に飲みやすい。ただ白湯で薄めたというふうにはなっていませんね。


ISW11F_0148続いては、福岡県田川市の「田川ホルモン鍋」
様々な部類の牛の内臓と豆腐・野菜の入った鍋料理になっています。炭鉱の町ということで、炭坑節と同じくらい有名だそうです。



汁は甘辛なものになっていて、ご飯があればそれだけで進みそうな味になっていますね。ホルモンも臭みがなく、味が染み込んでなかなかです。


ISW11F_01503番目は、山梨県大月市の「大月おつけだんご」
主に地元で獲れた旬の野菜やきのこ、そして小麦でできた団子を入れて白味噌仕立てにした団子汁です。



旬の野菜の深い味わいが素朴な味になっていて、美味しかったですね。


ISW11F_01534番目は、岩手県久慈市の「久慈まめぶ汁」
醤油味のだし汁の中に人参や厚揚げ、中にくるみと砂糖で和えたあんを入れた小麦団子などを入れたものです。



汁のほのかな塩っぱさと小麦団子のほのかな甘さとくるみのサクサク感がいいアクセントになっていて、かつ具材も多いので、食べ応えは満点ですね。


ISW11F_01545番目は、大分県佐伯市の「佐伯ごまだしうどん」
ムロ(かまぼこの材料にされることの多い)などの魚とゴマをすり鉢で混ぜたものを入れたうどんです。



ごまだしを入れなければ、ただの白湯の入ったうどんなんですが、ごまだしを混ぜるととたんにコク深いゴマの風味の香るうどんに早変わり。この変化がなかなか面白いですね。


ISW11F_01556番目は、兵庫県姫路市の「姫路おでん」
しょうが醤油をメインにしただしに具材を煮込んだおでんで、甘めの牛すじとしょうが風味の揚げれんこん棒が他と変わったものになってますね。



れんこん棒はれんこんのシャキシャキとした味わいと魚の風味、そしてしょうがの味が上手くマッチしていて美味しいし、牛すじはしょうが醤油の中でも甘みを保っていていいアクセントになっていますしょうが醤油のだしはかなり塩っぱいので、ご飯が欲しくなります(笑)。


ISW11F_01567番目は秋田県大仙市の「大曲納豆汁」
旧大曲地区メインで親しまれている汁(意外にも納豆は茨城県に次ぐ消費量で、ひきわり納豆発祥の地とも言われている)で、すりつぶした納豆に地元の山の幸を入れたものになっています。



納豆のクセは白味噌仕立てのせいかあまり感じられず、山菜をはじめとした地元の山の幸の味もいい存在感を出してます。コク深いながらも何杯も欲しくなる味ですね。


次回も引き続き紹介していきます。


人気ブログランキングへ ブログランキング・にほんブログ村へ  
Posted by alexey_calvanov at 23:44Comments(0)TrackBack(0) とっくしゅ~で~す | 飲み食い系

2013年11月09日

B-1グランプリ in 豊川に行ってきた②

現在開催中の「B-1グランプリ in 豊川」から、行って来たところをピックアップして紹介しております。
今回は豊川いなり大駐車場会場とそこから数百メートル離れた稲荷公園会場にある商品から。似たような色の商品がある待っているけど、気にするな(爆)。


ISW11F_0143豊川いなり大駐車場会場から一つ目は、愛知県高浜市の「高浜とりめし」
卵を産まなくなった成鳥を地元のたまり醤油と砂糖で煮たものを、炊けたご飯に混ぜた混ぜご飯です。



鶏肉の歯ごたえと噛むと出てくる旨味、そして濃厚な甘みと旨味が混然一体となってものすごく美味しいです。ホントここはよく混んで売り切れやすいけど、よくわかるわ。濃いもの好きの地元民ばかりだからさらにすごいことになってたし(苦笑)。


ISW11F_0144続いては青森県十和田市にある「十和田バラ焼き」
牛バラ肉と玉ねぎを地元で作られた醤油・ざらめ(砂糖)・にんにくベースのたれを掛けて炒めたものです。



この薔薇だれが掛かったコクと旨味がたまらんちんですね。ご飯が進む進む(笑)。玉ねぎのシャキシャキした食感もいいアクセントになっています。


ISW11F_0145ここからは稲荷公園会場の商品を紹介。
まずは福島県浪江町の「なみえ焼そば」
焼きそばの麺としては太すぎるくらいに太い麺に、豚肉ともやしだけが入ったシンプルな焼きそば。震災復興を願った「まちのこし」の一環で行われています。



焼きそばの太麺にコク深いソースというシンプルなものですけど、食べ応えは十二分にあります。ちなみに、私はここの焼きそばが大好きです。


ISW11F_0146続いては、岡山県津山市の「津山ホルモンうどん」
地元で処理された牛肉の内臓を入れた焼きうどんで、味噌と醤油ベースのソースを掛けて炒めております。



この焼うどんに入っている内臓は下処理が丁寧に行われているので臭みは全くなく、かつ柔らかくて食べやすいです。たれもコクが深くて、ホルモンによく合ってますね。


次回は日曜日になりますが、色々紹介していこうと思います。


人気ブログランキングへ ブログランキング・にほんブログ村へ  
Posted by alexey_calvanov at 23:59Comments(0)TrackBack(0) とっくしゅ~で~す | 飲み食い系

B-1グランプリ in 豊川に行ってきた①

ISW11F_0138今日から開催している「B-1グランプリ in 豊川」に行って来ました。
写真は朝イチの電車を乗り継いでやって来た最寄駅の一つである名鉄豊川線の豊川稲荷駅に掲げられていたのぼり
豊川市内に入ると、街のあちこちに掲げられていたのが印象的で、力の入れようがわかります。



B-1グランプリはご当地グルメフェスティバルの草分け的存在で、ご当地グルメでまちおこし団体連絡協議会(通称「愛Bリーグ」)という団体に加盟している組織・団体が参加しています。今回は過去最高の64の組織・団体が参加しており、日本のほぼ全てが来たといってもいいかもしれません。

各組織・団体の方々は500円以内に収めた商品を来場者の方々に販売し、来場者の方々は各組織・団体から頂く割り箸を投票券代わりにして、美味しいことはさることながら各組織・団体のパフォーマンスやおもてなしの良し悪しを考慮して投票します。そしてその箸の重さでグランプリを決めるというふうになっています。ただし、過去にB-1グランプリで優勝し、殿堂入りしている組織・団体およびホスト組織・団体(今回の場合は豊川市の組織・団体)は投票できなくなっています。ちなみに参加者の投票は1人1膳(つまり箸の棒2本)までとなっております。


32万人も来ていることからか、ものすごく混んでいて、最初の1時間は客導線がぐちゃぐちゃになって大混乱でしたけど、時間が経つにつれて、入場制限などの効果からか落ち着きを取り戻してきたかと思います
ただ、たべりんくうポン券が午後早々には売り切れてしまったのは残念。作りすぎてもいいくらいに用意してもよかったのに・・・。あとは電子マネー(WAON・manaca・iD)で対応できるようになっているのは素晴らしいんですけど、そこからくうポン券に切り替えさせるのではなく、端末を置いて直払いでもよかったんじゃなかったのかなと思います。処理もスムーズにできますし。


ISW11F_0139それでは色々と見ていきましょう。
今回はメイン会場になる豊川いなり大駐車場会場から。
ちなみに、過去に様々な形で紹介している商品もありますが、それはそれとして(苦笑)。


まずは山形県河北町の「かほく冷たい肉そば」
成鳥したニワトリから取っただしと肉を使った田舎そばです。



やはり成鳥から取っただしのコク深さと肉の歯応えと噛むごとに出る旨味がまた美味しいですね。そしてそばのコシの強さもまたいいですね。


ISW11F_0140続いては、三重県名張市の「名張牛汁」
地元の肉である伊賀牛と地元野菜、そして伊賀米のおにぎりの入ったお吸い物です。



こちらは、薄味のだしになっているので、他の食材の旨味がよくわかりますね。特に肉の旨味はすごくあふれてきますね。


ISW11F_01413番目は、福井県坂井市の「越前坂井絡み蕎麦」
地元の田舎そばに辛味大根の汁と大根おろしを入れたもので、辛さは3段階(R-0・12・15)からなっています。



ズバリ辛い(笑)。でもクセになるそばだしはあっさりとしているので、大根の味わいを十分に味わえますし、そばも風味がよくて美味しいですね。


ISW11F_01424番目は、静岡県富士市の「富士つけナポリタン」
ナポリタンをつけ麺風にアレンジた物で、地元食材である桜えびを麺に散らしていますスープはトマトをメインに鶏だしが入っており、さらにチーズも散らしています。



トマトの酸味・チーズのコクが太い麺によく絡んでまぁたまらない。でも後味はさわやかでしつこくないですね。


次回も引き続き紹介していきます。


人気ブログランキングへ ブログランキング・にほんブログ村へ  
Posted by alexey_calvanov at 23:54Comments(0)TrackBack(0) とっくしゅ~で~す | 飲み食い系

2013年11月08日

ノーコン・キッド ~ぼくらのゲーム史~

今回は現在テレビ東京系で放送されているドラマ「ノーコン・キッド ~ぼくらのゲーム史~」の紹介です。


この作品は、主人公が歩んだ半生をゲームの移り変わりと共に描いたもので、実際に当時のゲームが登場しているのがポイントですね(一部にはそのゲームを作ったクリエイターがカメオ出演している)
主要人物の3人は、15歳~45歳までの間を演じているのですが、かなり無茶しているなと(苦笑)。しかし、それがあまり違和感を感じないのが不思議なんですね。どうも監督はそれを意図してやってるわけですが。

てて一番感じるのは、当時の作品から醸し出すノスタルジアですね。そしてその作品から出てくるあるあるネタ(みんなで攻略したなとかこの都市伝説やウソ技信じてたなとか)それを見ているだけでお涙ちょうだい作品になってしまってますね、いい意味で。当時を知らない人にはものすごくびっくりするでしょうが。
そして当時の慣習や風俗もよくわかる一部時代考証を無視してステロタイプ(モノラル視点)的な描かれ方をしていますけれども、当時の雰囲気は十二分によくわかる。特に流行に流される主人公と当時の最先端ファッションやカルチャーを見事に着こなす・聞きこなすヒロインを見ているとよくわかります。一方で、もう一人の主要人物の木戸君は全くブレてないですけど(爆)。

この過去と現在を行き来することで、主要人物のナウ&ゼン(今とあの時)がよくわかるわけで、ある種華々しい2人に対し、主人公の凡人な姿(ともすれば人生に疲れてるとも見える姿は潰れてしまった実家のゲーセンみたいとも言える)は時代の流れの速さと無残さをひしひしと感じられます


ゲーム好きな人から言わせれば、実に素晴らしい作品で、先日放送された第5話は、まさにゲームの作品内容と主要人物達の『リアルライフ』を上手いことトレースさせた秀作ですね。来年2月にDVDないしはBlu-ray BOXになりますので、ゲームフリークは是非に。そうじゃない人でもその作品から醸し出すノスタルジアと熱気を感じてほしいものです。


放送時間などの詳細は「続きを読む」にて。


ノーコン・キッド~ぼくらのゲーム史~ Blu-ray BOX
ノーコン・キッド ~ぼくらのゲーム史~
Blu-rayDVD



人気ブログランキングへ ブログランキング・にほんブログ村へ  続きを読む
Posted by alexey_calvanov at 23:55Comments(0)TrackBack(0) ゲーム系 

B-1グランプリ近し

いよいよ明日・明後日(11/9・11/10)にB-1グランプリが豊川で開催されます。今回は同グランプリ最多の64団体が参戦し、レジェンド扱いになる過去のゴールドグランプリ受賞団体もほぼ全て参加することになりました。地元東海3県からも「高浜とりめし」を始め、多くの団体が参加します。
事実上の前売り券(当日購入も可)になる「たべりんくうポン券」は販売箇所のほぼ全てで完売。当日の朝売り分のみとなってしまいました。購入の際はお早めに。


ISW11F_0109そんな中、毎年この時期になると、B-1グランプリに出場するホスト団体ならびに各諸団体の料理が登場します。
様々あった中で、今回はファミリーマートとローソンで販売された「豊川いなり寿司」を紹介
左がファミリーマート(5個入り。2個入りもあり)の葉わさび入りのもの。右はローソンのもので、上が五目入り、舌が葉わさび入り
ファミリーマートのものはオーソドックスな俵型なのに対し、ローソンのものはおにぎりタイプの大きなものになっています。



味に関しては、揚げに染み込んだだしの甘みが美味しいんですけど、そのだしがファミリーマートの方が濃いですね。そのために、葉わさびから来る辛味のコントラストが利いてなおのこと美味しい以前食べたセブンイレブンのわさびいなりが(葉わさびを乗せたものではないのですが)これに近い味で、あの時の味だと思って以来、何回も買っているのは内緒だ(ギャハ)。

ローソンのものは、酢飯があっさりしていてこれまた美味しい。五目の具はシャキシャキとしていて、葉わさびはいい辛味を持ってます。しかも一つ一つが大きいので、食べ応え十分ゆえに大満足ですね。


まだ店頭に置いてあると思うので、是非ともホスト団体である豊川のおもてなしを楽しんで頂きたいものです。


人気ブログランキングへ ブログランキング・にほんブログ村へ。  
Posted by alexey_calvanov at 23:52Comments(0)TrackBack(0) 飲み食い系 

2013年11月07日

日本デザイン振興会「安倍晋三が気に入らないので大賞はなしです」

あげりゃいいじゃん、正直なところ。


今年のグッドデザイン賞、この賞のノミネートだけでも大変名誉なことですが、特別賞や金賞、ましてや大賞なんて選ばれたらとても素晴らしい商品・対象物とも言えるわけです。

そんなグッドデザイン賞、大賞は投票結果で選ばれるものなのですが、1位を取った商品が日本デザイン振興会が「最も優れたデザインとは認めがたい」ということで該当なしになるという史上初めての出来事が起こったのです。


で、今年の1位は何だったのかというと、Googleが製作してるGoogleマップ地図の正確さと扱いやすさで評判の高い電子地図です。iOS 6.0に搭載されていた地図アプリケーションがあまりに誤表示が多かったために、Googleマップを使って下さいとアップルに言わせた問題は記憶に新しいところ。あの一件でGoogleマップは世界的に信用の高い地図になりました。
そのGoogleマップが投票で1位になったのにもかかわらず、このことを政府に報告したらダメと言われたために、「最も優れたデザインとは認めがたい」という理由で受賞されなくなってしまったのです。様々な場所で突き上げを食らうのを恐れてか、「グローバルデザイン2013」という特別賞という賞を設置して、日本デザイン振興会会長賞として賞を与えるということで丸く収めようとしているのです。


どうも、Googleマップで表記されている日本の領土や領海が不適切(例として竹島・沖ノ鳥島や日本海の表記)ということで、賞を与えられないとのことだそうです。


まぁ、心情的にわかりますけどね。我が国の領土や領海がその表記の通りにされていないというのはとても不快ですし。
しかしながら、それを通り越してこの地図が非常に便利であることは明々白々なのに、そのためだけで不適切にするのは少々行きすぎなのではないかなとも思います。ましてや現在の政権は安倍晋三首相率いる、ともすれば右傾化した内閣どうもナショナリズムの煽りをGoogleマップにぶつけてないかいなとも思えるわけです。
表記問題がおかしいのであれば、受賞の際に苦言を呈せばいいだけのことであって、機能面が悪いとか革新性がないかのような感じで切り捨てるのは少々問題だと思います。過去に外国製品にも賞を与えている実績がある(例:IBMのThink Padシリーズやダイソンの掃除機)のですからなおさら異様に感じるわけです。
ちなみに、2位にイプシロン(ロケット)が入っていることから、もしかするとイプシロンをトップに据えたかったのではないかという穿った見方もできるわけです。
あと、差が開いてないからあげないと言ってますけど、iOS 6の問題で信頼性が増したという『きわめて顕著な功績』があるんですけどねぇ・・・。何でこう安倍首相というのは、こうも独善的な考えをしてるんだろうな・・・と。まるで子供が駄々こねてる感じですね。


人気ブログランキングへ ブログランキング・にほんブログ村へ  
Posted by alexey_calvanov at 23:54Comments(0)TrackBack(0) 真面目なモノ 

東北は元気なことがよくわかる物産展

今週水曜(11/6)から松坂屋名古屋店で「東方6県大物産展」が開催されています。
丁度東北(宮城県仙台市)にホームグラウンドを持つ楽天が優勝を決めた翌々日ということもあって、夕方の閑散とする時間帯だったのにもかかわらず案外盛り上がっていたと思います。中には「楽天優勝したから特別価格でやってるよ」なんてところも・・・。


ISW11F_0130そんな中、個人的に思い入れのある店をピックアップ。


一つは、宮城県塩釜市にある「すし哲」のテイクアウトメニュー左は「ふんわりあなごとやわらか煮たこ」、右は「マグロと中おち巻き」。このメニューだけで店頭メニューのいい寿司が食える値段だった(泣)。
ここは、震災前にも震災後にも行ったことがあり、本当に美味い寿司を食わせてくれる店です。なお、この店も震災で起こった津波をかぶったのは以前書いた通り。



ISW11F_0131中はこんなふう。
実は、煮たこはすし哲の名物なんですけど、食べたことがなく、どんなものなんだろうと思っていたんですわ。



味に関しては、何も言うことはありません。美味いの一言ですから。
煮たこは柔らかくて、タレの味と酢飯の味との塩梅が丁度いい。もちろん一緒にあるあなごも柔らかく、噛まなくても溶けるような感触です。
マグロに関しては、青森県の大間で獲れたものなのもあってか、身が柔らかい。そして鉄火巻は中おちゆえなのか、食べてすぐに溶けてしまいました・・・。食べ終わるのが惜しいと思ってしまうほどに。


ISW11F_0132もう一つは岩手県久慈市にある三浦屋の「さんまの押しずし」
この時期に獲れたさんまを押し寿司にしたものです。



さんまの押し寿司は実のところ紀伊半島南部(三重県南部から和歌山県東部にあたる南紀地方)が有名なのですが、それと違うのはねりがらしを使っていない点。そのため、さんまの脂のノリが重要になってくるわけです。その脂のノリはくどすぎず臭みもなく、かつ酢飯とのバランスがいいので、ねりがらしが無くても十分に美味しいです。逆に言えば、紀伊半島のそれは脂がない時の方が美味しいので、全く逆の作り方と言えるのかもしれません。


この催しは11/11まで開催しております。復興の足を着実に速めている東北ならではの味を是非一度お楽しみ下さい。


人気ブログランキングへ ブログランキング・にほんブログ村へ  
Posted by alexey_calvanov at 23:46Comments(0)TrackBack(0) 飲み食い系 

2013年11月06日

秋・冬の新機種2013 ウィルコム編

秋・冬の新機種、やっとウィルコムが出してきましたね。今回出してきた2機種を紹介していこうと思います。


ウィルコム自身のトピックとしては、2014年にナンバーポータビリティの対象になったということと、「モバイル迷惑電話チェッカー」という迷惑電話チェック機能でしょうか。
この機能は、迷惑電話の可能性のあるものを着信拒否できるというもので、一部機種で可能なBluetooth連携でスマートフォンの子機としてPHS端末を使っている場合でも、スマートフォンへの電話も対象にできるようになっています(注:今回は新機種のみの対象なので、全機種対応になる)。ちなみに有料オプションになっており、210円/月になっています。
その他、他社では既にサービスインしている「緊急速報メール」と「災害用音声お届けサービス」もウィルコムで使用できるようになります


では、新機種の紹介です。


①LIBERIO 2 WX11K
2インチQVGA液晶を搭載したストレートタイプのケータイ。
IPX5/7相当の防水・IP5X相当の防塵・MIL規格相当の耐衝撃機能を搭載した他、スマートフォンとのBluetooth連携機能・モバイル迷惑電話チェッカーも搭載している。

個人的感想
目立つ新機能はモバイル迷惑電話チェッカーくらいではあるが、地味ながらも必要な機能を取り揃えたという印象。また男性向け機種ではあるが、4色という多色展開を行っているのも印象的。ただ、メインカメラは31万画素の簡素な物しかないので、あくまでサブフォンとしてという使い方になると思われる。


②WX12K
3インチワイドQVGA液晶を搭載した折りたたみ型のケータイ。0.9インチの有機EL液晶サブディスプレイも搭載している。
IPX5/7相当の防水・IP5X相当の防塵・MIL規格相当の耐衝撃機能を搭載した他、スマートフォンとのBluetooth連携機能・モバイル迷惑電話チェッカーも搭載している。

個人的感想
基本的な機能はLIBERIO 2 WX11Kとあまり変わらない。ただ、カメラ機能が500万画素となっているので、色々撮ったりしたい時には重宝するかと。また5色の多色展開を行っており、女性向けの色もあるので、個人的にはこちらがオススメ。


人気ブログランキングへ ブログランキング・にほんブログ村へ  
Posted by alexey_calvanov at 23:59Comments(0)TrackBack(0) ケータイ系 

レコゲー2013 11月 携帯ゲーム機編

レコゲー、ここからは携帯ゲーム機編です。
まずは、ギリギリのところで何とか黒字を保った任天堂の3DSから。


いつもよりラインナップは多いものの、なかなか注目作がない中、サッカーゲーム以外だとこの2つでしょうか。


一つは、メタルマックス4 月光のディーヴァ」(★)
シリーズ4作目で、独特の世界観から成るRPGです。今作では世界が崩壊してから50年後を舞台にしています。
今作はブースターポイントという戦闘ごとに得られるポイントを割り振りすることで、レベルが上がるごとに得られる特技をさらに強化できるようになっています。この他にもこのシリーズのキモである戦車を購入できるばかりか同じ戦車を複数台運営することも可能になります。また新しい職業も2つ増えるようです。
戦車もバイオタンクといった生きた細胞を採り込んだ戦車やバイク・スーパーカーも登場し、それらにも武器が搭載されています。

続いては、初音ミク Project mirai 2」(★)
2012年に発売した同作品の続編。前作に比べてゲームシステムが簡素化され、タッチとボタンの2モードから遊べる他、新規曲も多く追加されています。
かわいらしいミクとその仲間達とまたゆっくり遊べると思いますよ。


続いては、PS Vita TVが登場予定のSCEのPS Vita。こちらからは3本紹介。


1本目は、クリミナルガールズ INVITATION」(★)
2011年にPSPで発売された同作品の移植版で、おしおきシステムといった独特のシステムがあるRPGになっています。
今作では、グラフィック・サラウンドを高精細化した他、追加要素も収録されています。

2本目は、WHITE ALBUM2 -幸せの向こう側-」(★)
2010年・2011年にPCで発売されたものをベースにしたPS3版(2012年発売)の移植版。現在テレビアニメが絶賛放送中です。
今作では、表示方法の変更や公式サイトでユーザーから募った名場面や泣けるシーンにアイコン表示の出る機能が搭載されています。

最後は、STEINS;GATE 線形拘束のフェノグラム
今年4月に出た同作品の移植版。ラボメン達のショートストーリーで構成されたものになっています。
HDタイプの携帯ゲーム機への移植ということで、高精細な画面がいつでも手軽に遊べるようになっています。


携帯ゲーム機編 結論
どちらも移植やシリーズモノの続編ばかりであるが、PS Vitaに関しては、初期のPSPに見られたPS時代の遺産からの焼き直しが強く見られる。オリジナリティをもう少し発揮してほしいものです。


人気ブログランキングへ ブログランキング・にほんブログ村へ  
Posted by alexey_calvanov at 22:58Comments(0)TrackBack(0) ゲーム系 

♪君の銀の庭 / Kalafina

君の銀の庭(初回生産限定盤B)(Blu-ray Disc付)
今回紹介するのは、See-Sawの梶浦由記さんプロデュースのユニットKalafina(カラフィナ)が歌う♪君の銀の庭です(写真はBru-ray Disk同梱盤。DVD同梱盤アニメイラスト盤通常盤もあります)。



正直、彼女達の曲に関しては、ふーん程度で終わってたんですね。梶浦さん好きなんですけど。
でも、このタイトルチューンになっている♪君の銀の庭というのが、「劇場版 魔法少女まどか☆マギカ [新編] 叛逆の物語」を見た後に聞くと、非常に怖いんですね。『言い得て妙』という言葉が嫌というほど当てはまる。じゃあだからといって、あんまり書くと劇場版のネタバレになるので詳細は伏せますが、見てなくて聞くのと見てて聞くのとでは大違い。特に最後のサビの部分は本当に登場人物の一人である暁美ほむらの心境を代弁(いや、曲のほぼ全部が暁美ほむらが書いたとさえ思えるかも)していてもはや怖いどころか、心の中にブスブスと刺さりますね。さしずめ、ソウルジェムが濁りきって真っ黒になる感覚(爆)。
それをクリアボイスな彼女達が(純粋無垢と言っていいほど)歌いきってしまうのですから、本当に刺さります。エンディングの間のあの感覚がよみがえってきますね。


カップリングの曲の批評を置いてけぼりにしてでも(苦笑)<あかんがな。
・・・とにかく、この♪君の銀の庭を聞くだけでも買う価値があります。もしCDは・・・というなら、着うたでもいいので、是非に。今年のアニソンの中で5本の指に間違いなく入ると言っておきます。


人気ブログランキングへ ブログランキング・にほんブログ村へ  
Posted by alexey_calvanov at 00:00Comments(0)TrackBack(0) アニメ・コミック 

2013年11月05日

レコゲー2013 11月 据え置き機編⑤

レコゲー、この先も例によって18禁作品の紹介になるので、18歳未満のよい子のみんなは、読んでもいいけど買っちゃダメ
読 ん で も い い け ど 買 っ ち ゃ ダ メ 。


読んでもいいけど


買っちゃダメ~!span>



後半戦最初は、我が家のヒメガミさまっ!
夏祭りの晩に拾った女の子を育てていくことになった主人公が、学校の知り合いの人達を巻き込んでの大騒動になり、かつ拾った子が心は子供のままに同い年にまでなってさらに困惑する過程を描いたアドベンチャーゲーム
メインヒロインの心の移ろいもさることながら、一緒にメインヒロインの成長過程を見ているヒロイン達も魅力があります。正体不明の女性も不可思議な魅力があるので、気になるところですね。

続いては、あねいもNeo+ ~Second Sisters~
2012年に発売した「あねいもNeo ~Second Sisters~」をリメイクしたもの。「あねいもNeo ~Second Sisters~」の大元は、2004年の「あねいも」(ぱじゃまソフト)から発売された作品をベースにした作品を、「あねいもエターナルエディション」として2011年にリメイクしたものです。
今作では全てのキャラが攻略対象になった他、立ち絵やイベントの追加も行われています。大きく変わるキャラもいるとのことらしいので、やり込み度合いのアップにもつながるのではないのでしょうか。

3番目は、あまたらすリドルスター
主人公は何もないと言っていい、あるとすれば彼が嫌いな星空くらいな街に住んでいるのだが、その流星が学校に落ちてさあ大変というふうに。そこから始まる奇妙な出来事主人公達が迎えるというのがこの作品になります。
ヒロインも個性豊かで主人公を取り巻くサブキャラもこれまた個性的なので、飽きの来ない作品になっています。

最後は、Electro Arms -Realize Digital Dimension-
MMORPGを舞台にしたアドベンチャーゲーム。仮想現実から飛び出したようなゲームをアプリを通じて体感できるというのをウリにして進めていった(作品中に出てくる)ゲームが、やがて現実世界にも大きく影響を及ぼすという流れになるようです。


据え置き機編 結論
コンシューマーに関しては、年末商戦前、そして欧米では新世代機が登場する中、日本でもプレ商戦に突入となった感じのラインナップではある。そのなかでも定番のシリーズモノが幅を利かせている感じ。

PC作品はリメイク物もあるものの、アドベンチャー色が強いのは相変わらず。もう少し冒険してもいいのかもしれない。


次回は携帯ゲーム機編です。


人気ブログランキングへ ブログランキング・にほんブログ村へ  
Posted by alexey_calvanov at 23:38Comments(0)TrackBack(0) ゲーム系 

2013年11月04日

秋の新アニメ2013 ランキング ベスト

今回の秋アニメのランク付けをしていこうかと思います。
今期は21本も見ていて、これだけ放送しているのは随分久しぶり(恐らく2011年の春以来)だと思います。まぁ、続きモノが相変わらず目立ってますけど、これはそれだけ見ている人達も保守化しているのか、安定を販売サイドが見ているのか、いい作品が既に彫り尽くされて枯渇気味なのか・・・。まだまだいい作品はあると思うんですけどねぇ・・・。なお、今回もベスト3・ワースト3で見ていこうかと。今回は選ぶのがいつも以上に難しい(汗)。


今回のベストは断トツで「キルラキル」
毎回毎回アツい展開を見せてくれるのと、見せ方が非常に面白い。前にも言いましたが、アニメを知らない人にもっと見てほしい作品になっています。題材も昭和歌謡というなかなかレトロフューチャーみたく感じられ、なかなかスパイスになってますね。展開自身もかつての昭和アニメ(下手したら1970年~1980年代のスーパーロボット系アニメみたい(笑))。2クールの予定なので、息切れが心配ですが、現状それは感じられないですね。

2位は「勇者になれなかった俺はしぶしぶ就職を決意しました。」
ヒロインの成長物語だけでなく、主人公自身の心の成長(勇者をやらせたら1・2を争う存在が、家電屋(マジックアイテム屋)の一従業員として奮闘していく中での心の成長という意味)も見事に描いています。その対比として、かつての勇者養成所の仲間ですわね。見事に無職になってるやつばかりで(苦笑)。何とかバイトを見付けても苦悩しているあたり、明治時代にいた士族(いわゆる武士が明治時代の到来と共に職や国からの支援を失った人達)あたりがこれに当てはまりそうなんですね。時代の流れに付いて行けず、商売を始めてもプライドが邪魔して上手くいかない・・・この流れが見事に勇者になれなかった人達に当てはまってしまうんですよね。もし今後の展開次第では彼らが悪さしなければいいんですけど・・・。そこまでは進まないか(ギャハ)。

3位は「機巧少女(マシンドール)は傷つかない」
この作品は、見せ方が上手い(真犯人までの過程を上手いこと隠している)のと、コメディとシリアスの流れの持って行き方が上手ですよね。あとはキャラの個性がなかなかいい味付けされてる。特に夜々の表情七変化(笑)がまた愛くるしくて・・・。

で、次点なんですが、これまた上位付け以上に悩みました。そこで選んだのは、「東京レイヴンズ」
主題歌(特にオープニング)・アクションシーン・コメディとバランスがよく、それでいて抜かりがないところでこの作品を推したいと思います。男子にも女子にもウケのいい作品になっているのではないのかなとも思いますし。


次回はワースト3の紹介です。


人気ブログランキングへ ブログランキング・にほんブログ村へ  
Posted by alexey_calvanov at 23:59Comments(0)TrackBack(0) アニメ・コミック 

レコゲー2013 11月 据え置き機編④

レコゲー、この先は例によって18禁作品の紹介になるので、18歳未満のよい子のみんなは、読んでもいいけど買っちゃダメ
読 ん で も い い け ど 買 っ ち ゃ ダ メ 。


読んでもいいけど


買っちゃダメ~!span>



年末商戦前ということで、PCでも数多くラインナップされます。色々ある中で、2回に分けて紹介していきます。


最初は、そして煌めく乙女と秘密5(ひみつのごじょう)
PCゲーム界の老舗の一つであるねこねこソフトから発売される恋愛アドベンチャー。
妹を心配するあまりに女装してまで女子校に入学した主人公。しかしこれがきっかけで演劇部の男役として入部することに。しかし、この演劇部というのは男子が苦手なものたちの集まりで、それを克服するためだった・・・というふう。
結局のところ、全員にバレるのですが(苦笑)、そこからが本編ということで、バレた後に濃密な時間を過ごせそうです。いわゆるミニ系の好きな人にオススメです(ヒロインの半分が150cm前後)。

続いては、妹*シスター
妹との2人暮らしをきっかけに先輩や幼馴染みが絡んでくるというハーレム系作品。
ヒロインは少なめですけど、とにかく酒池肉林を味わいたいならこの作品になるでしょう(笑)。

3番目は、桜舞う乙女のロンド
父親の転勤で様々なところに向い、今回も南国に向かうことになったものの、主人公と身体の弱い妹のみ日本に残されることに。そして日本での学校生活も伯父伯母が運営する男子校と女子校に通うはずが、なぜか主人公も女子校に通うことに。妹のためにと母・伯母からの配慮だったものの、男子校にも顔を出さなければならない日々になってしまうというふう。
ヒロインが多く、可憐な人ばかりなので、やり込み度合いも増すのではないかと思っています。

前半戦最後は、赤さんと吸血鬼。
主人公は外れた時期にやって来た転校生。月日の流れで3人の友人ができたが、それは近いうちに閉鎖が決まっている寄宿舎の仲間でもあった。そこに転校生と赤ん坊がやって来て・・・というふう。
恋愛アドベンチャー要素もさることながら、本来の謎解きアドベンチャーの部分も垣間見え、二度美味しい作品になっているようです。


次回もPC作品の紹介です。


人気ブログランキングへ ブログランキング・にほんブログ村へ  
Posted by alexey_calvanov at 23:28Comments(0)TrackBack(0) ゲーム系 

2013年11月03日

レコゲー2013 11月 据え置き機編③

レコゲー据え置き機編、今回は各ハードの注目作の紹介です。今回はPS3とWii Uのみになります。


まずは状況の苦しい任天堂(Wii U)から
何とか最終利益は黒字(6億円)を達成したものの、営業損益は232億円と相変わらず赤字体制から脱却できない状況です。先月末にはファミリーセットとして、「New スーパーマリオブラザーズ U」と「Wii Party U」を同梱した本体を販売し年末商戦に備えていますけれども、これが吉と出るか凶と出るかは何とも言えないふうですね・・・。


そのマリオを本体同梱版で入れているのに、今月もマリオシリーズの最新作を発売します。それがスーパーマリオ 3Dワールド(★)。
2011年に3DSで発売した「スーパーマリオ3Dランド」の続編。妖精の国を支配しようとするクッパ撃退のためにマリオ達が立ち上がります。
今作では特殊装備(かぶりもの)も増え、ネコマリオや弾を打ち出せる「ほうだいボックス」が追加。そしてダブルマリオという分身系のものも登場します。さらに今作にはコレクション機能もあり、対象となるゲーム中に出てくるハンコはMiiverseで使用可能になっています。
また最大4人までマルチプレイが可能になり、かつ協力プレイもできるようになっています。ちなみに、ピーチ姫が約四半世紀ぶりにプレイヤーとして使用可能になっています。
年末商戦近しということで、パーティーゲーム系のアクションゲームを用意した感じですね。シンプルながらもわかりやすい作品になっていると思います。

続いて、太鼓の達人 Wii Uば~じょん!(★)。
おなじみの太鼓の達人シリーズ最新作。Wii Uでは初めての作品になります。
今作では、「太鼓とバチ」同梱版以外にもWii U GamePadを利用してプレイが可能です。もちろん、Wii U GamePadだけのプレイも可能です。また最大4人で同じ曲を一緒に演奏していく「バトンタッチ演奏」(順番やランダム設定も可能な他、難易度調整も可能)や条件達成ごとにもらえるスタンプを集めることができるスタンプ帳機能、組み合わせはほぼ無限大の着せ替え機能もあります
なお、今作の曲も数多く、有料配信もあります。
こちらもパーティー要素を強めた作品になっており、末永く遊べる要素もふんだんに含めています。


対してPS3はというと、PS4が控える中でも力を緩めていないというふうですね。


そのうちの一つが、スーパーロボット大戦OG INFINITE BATTLE
スパロボシリーズの中でもアクション要素の強い作品(対戦アクション)。OGシリーズでは初、シリーズを通じても事実上初になります(1990年代にリアルロボットバトル系の作品は登場している)。
アクションの苦手な人にもボタン操作一つでハイスピードプレイができるように配慮され、スパロボシリーズでおなじみの強化パーツを利用したカスタマイズというやり込み要素も豊富です。
この作品では3vs3バトルで展開され、コスト配分に気を付けながら機体をセレクトするというふうになっています。またミッションモードも設定されているので、単純なアクションバトル以外にも楽しめる要素が取り揃えられています。

もう一つは、真・三國無双7 猛将伝
今年2月に発売した「真・三國無双7」のアペンドディスク。本編だけでも遊べますが、「真・三國無双7」のディスクがあれば、データの引き継ぎができるMIX JOYが可能になっています。
本作では、于禁(うきん)・朱然・法正・陳宮・呂玲綺が新規キャラとして追加。またEX攻撃が各武将2種類に追加・チャレンジモードの追加・シナリオの追加などの新要素が盛り込まれています
ちなみに、PS Vita版の「真・三國無双7 with 猛将伝」との連携が可能になっているので、併せて購入するのもオススメです。


次回はPC作品の紹介です。


人気ブログランキングへ ブログランキング・にほんブログ村へ  
Posted by alexey_calvanov at 23:39Comments(0)TrackBack(0) ゲーム系 

楽天、涙の日本一

まさか、〆でマーくん(田中将大選手)が来ようとは・・・。昨日も志願して160球完投して、あまつさえまた志願してブルペン入りなんて考えられないんですけどねぇ。男気を感じて入れた星野監督にも感服しましたが。


途中から雨降るクリネックススタジアム宮城(宮城球場)で行われた楽天×巨人の日本シリーズ。急遽、隣の宮城県陸上競技場もパブリックビューイングで開放した運命の第7戦、この一戦は田中選手敗戦のショックから立ち直れるかどうかがポイントになっていました。
しかしふたを開けてみれば、そのショックから立ち直ったどころか、さらに強くなった印象を感じました
先発の美馬選手は序盤こそおっかなびっくりなような変化球主体のピッチングだったものの、加点されるたびに大胆なピッチングをして相手を翻弄してきましたね。各回ごとにピッチングを変えたのが功を奏した部分もありましたけれども、3回以降は速球と速球系の変化球(スライダー・ツーシーム)で相手をかく乱させて、相手を上手いこと手玉に取っていましたね。正直5回まで持てばいいと思っていましたけど、もう行けるところまで行けばいいというふうに思えたくらいですよ。正直則本選手を出すのさえもったいないくらいに。

その次を繋いだ則本選手も疲労困ぱいの中でも無難に2回を抑え、後を田中選手に託したのではないかと思っています。

そして、田中選手。
相性の悪いロペス選手には打たれたものの、連投をもろともしない力強いピッチングで、田中将大という選手が楽天の、いや日本プロ野球の伝説、いえいえ本当に神になってしまったのです。


打線も効果的に点をあげられてよかったですね。特に決め手になった牧田選手のホームランは、全ての選手の思いがそうさせたのだと思います。数少ない創設メンバーというのも何かしらの縁があったのかもしれません。


これで、楽天は創設初の日本一も飾り、指揮を執った星野監督は中日時代にも阪神時代にも成し得なかった日本一をこの東北の地で、因縁の巨人からもぎ取ったのです。


今日仙台に振っている雨は、楽天ファンの涙雨になりました。震災の過酷な状況を乗り越え、嶋選手の述べていた野球の底力を見せてくれました。その底力が、選手だけでなく、ファンも、宮城県をはじめとした東北地方の人々の思いが乗り移って、大きな力になっていたのではないのでしょうか。それが普段以上の力を発揮できたのだと思います。


楽天日本一、おめでとうございます。そして、夢と感動をありがとうございます。


人気ブログランキングへ ブログランキング・にほんブログ村へ  
Posted by alexey_calvanov at 22:11Comments(2)TrackBack(0) スポーツ 

2013年11月02日

レコゲー2013 11月 据え置き機編②

レコゲー、前回はマルチ作品でもワールドワイドに展開されている物を中心に取り上げましたが、今回は国内を中心に展開されるマルチ作品の紹介です。


まずは、「AKIBA'S TRIP2」(PS3PS Vita)(★)
2011年に発売された同作品の続編。今作からHD仕様のハードでの展開になり、それに伴ってか、キャラデザインはぽよよん♥ろっくさんに変更されています。
今作では、ストリップアクションが強化され、パートナーとの連携で行う「ユニゾンストリップ」が展開されます。また、タイミングが合えば、連続して服を脱がせたり、アイテムを使うことで様々なストリップアクションを極めることができます
舞台となるアキバこと秋葉原の再現度も前作以上で、今作から新たに加わった実在店舗もあります。また今作もマルチストーリーにもなっているので、何度でも遊べるように配慮されてもいます。

続いては、「真・三國無双7 with 猛将伝」(PS3PS Vita)(★)
今年2月に発売した「真・三國無双7」と今月発売される「真・三國無双7 猛将伝」がセットになったもの。PS Vitaに関して言えば、これが初の「真・三國無双7」になります。
今作の発売で、PS3版・PS Vita版双方のデータのやり取り(クロスプレイ・クロスセーブ)が可能になります。
なお、今作を購入したPS3ユーザーは、PS4で発売される今作を購入する際、割引が適用される(1000円で購入可能)とのことだそうです。

最後は、「新・ロロナのアトリエ はじまりの物語 ~アーランドの錬金術師~」(PS3PS Vita
2009年に発売された「ロロナのアトリエ」のリメイク。PS Vita版では初めての展開になります。
3Dモデルの一新・一部のシステムを「メルルのアトリエPlus」ベースに変更・やり込み要素の追加・ダウンロードキャラおよびコスチュームの追加・過去作(「トリリのアトリエ」・「メルルのアトリエ」など)との連動・クロスセーブ機能・戦闘システムの再編集など様々な変化がなされ、まるで新作のようにもなっています。さらに、PS3版とPS Vita版でも相違点があり、PS3とPS Vitaでコスチュームの違いがある以外に、PS3版ではPS Vita版「トトリのアトリエ Plus」などPlusシリーズで収録された特典映像を再収録しています(おまけ要素そのものはどちらのバージョンにも共通)。


次回は各ハードの注目作の紹介です。


人気ブログランキングへ ブログランキング・にほんブログ村へ  
Posted by alexey_calvanov at 23:48Comments(0)TrackBack(0) ゲーム系 

不沈戦艦田中、撃沈

これはもうヤバい。楽天の日本一に黄色信号が灯ったことになりました。
日本シリーズ第6戦、場所を再びクリネックス宮城(宮城球場)に移し、田中選手で日本一・・・というビジョンを描いた星野監督の構想は、見事なまでに夢想に終わってしまうことになりました。


先発の田中選手は、実のところそれほど危なげないピッチングをしていたのですが、5回に坂本選手のフェンス直撃弾を浴びたあたりから歯車が狂ってきたのではないかと思っています。ボウカー選手凡退(送りバント失敗)後に出てきたロペス選手のホームランで同点にされたのが、今思えば田中選手敗戦の決め手になったのでしょう。
その後も寺内・長野(ちょうの)両選手に連打を浴び、ホームスチール阻止で何とか2死まで持ち込んだものの、高橋由伸選手に投じたストレートを狙われて逆転不敗神話の終了を予感させる当たりになりました。
6回には村田・坂本両選手に再度連打を浴び、今度はボウカー選手が送りバントを決め、ロペス選手が放った内野ゴロの間に1点追加。これで万事休す。
その後160球の粘投むなしく、楽天は敗戦。実に1年以上続いた不敗神話は事実上終了しました(レギュラーシーズンでの不敗は継続のため)


打線も2回に取った2点までで、巨人の先発菅野選手を打ち崩せなかったのが痛かったですね。もっとも、2点目はロペス選手の失策絡みだったので、結局のところ運ですわね。これ以降、運を天に見放されたと言ってもいいでしょう。全てはロペス選手の失策がきっかけで、ロペス選手が奮起したから巨人は勝てたと言ってもいいでしょう。普通ならズルズル行きかねない展開です。

逆を言えば、ルーキー離れした菅野選手の老獪なピッチングもあるでしょう。以前敗戦してしまっただけに、今回ばかりは・・・と奮起していたのでしょう。周囲の『失点』でも動じないピッチングは本当に彼がルーキーなのかと疑いたくもなってしまいます。
楽天打線に関しては、それほど悪くないはず。今回は菅野選手にしてやられたと言っていいでしょう。キーマンの選手は調子を崩していないと思われるので、次の先発次第では調子を取り戻すと思われます。


しかし、これで投手陣は盤石の巨人に対し、投手陣のコマが全くと言っていいほどない楽天という事態に。
巨人は恐らく杉内選手をリベンジ登板させることになるでしょう。実績はあるだけに、前回のような事態にはなりにくいと思っています。
対して楽天は先述の通り弾がない。恐らく第3戦に好投した美馬選手を据えざるを得ないでしょうけど、細やかな継投リレーをせざるをも得なくなり、第4戦で好投した辛島選手、第1戦・第5戦を投げた則本選手、果ては田中選手を再度投入(今日TBSテレビ系で解説していた衣笠さんは「あり得ない」と言っていましたが、個人的には、1イニングなら可能性が全くないわけではない)・・・という事態も考えられます。もちろん、第4戦で好投したレイ選手といった中継ぎ陣も控えているので大丈夫とは思いますが、継投に不安の残る楽天だけに、巨人に分がいいのは否めないんですよねぇ・・・。
そして『田中で敗戦』という精神的ショックから一夜で立ち直れるか次の試合は、彼らのメンタル面を測る上で重要になるでしょう。今後田中選手がいなくなることを想定すれば、来年以降の戦いも占う試合になると思っています。
ここまで巨人が粘るのは、まさかとは思っているんですけど、先日亡くなった『打撃の神様』が勝たせてくれてるんだろうなぁ・・・。にわかに信じられないのですが。


人気ブログランキングへ ブログランキング・にほんブログ村へ  
Posted by alexey_calvanov at 22:44Comments(0)TrackBack(0) スポーツ 

2013年11月01日

くら寿司のサイドメニューはすげえなぁ・・・

ISW11F_0081デザートに飽き足らず天丼・うどん・ラーメンと何でもござれになってきている回転寿司の「くら寿司」
今度は鉄火丼ですよ。しかし、今までなかったのが不思議でしたが(苦笑)。

その商品は「熟成まぐろ丼」
くら寿司でも人気の具材である熟成まぐろを寿司飯の上に乗せたものです。一緒に来る本わさびを別途の小皿で醤油と混ぜて頂くのだそうですが、わさびって溶いたらあかんのちゃいますの・・・って「美味しんぼ」で習ったんですが(爆)。



やっぱり、熟成まぐろと名の付いているだけあって、まぐろの味が一味違いますね。いわゆる漬けまぐろ風なんですが、醤油の染み込み具合が絶妙ですね。これ、握りの具にもなっているのですけど、やっぱり違うんでしょうかねぇ?
そういえば、違うと言えば、寿司飯シャリとして使っているご飯とこの寿司飯の味がかなり違うように感じるんですよ。寿司飯の方が酢の度合いがキツいような気がするわけですね。でも、その甘みのある酸味が熟成まぐろの風味や本わさびを掛けた醤油と引き立つわけで。


ちなみに、本わさびは下手をこくと結構辛い(笑)。大量に乗っているからと言ってネタの上に思い切り乗せるとえらいことになるので、ほどほどにしておきましょう(ニヤニヤ)。


人気ブログランキングへ ブログランキング・にほんブログ村へ  
Posted by alexey_calvanov at 23:58Comments(0)TrackBack(0) 飲み食い系 

レコゲー2013 11月 据え置き機編①

11月になりました。年末商戦に向けて、そして欧米では新世代機のゲーム機が登場するということで、着々と準備が進んでいることと思います。
その新世代機、PS4とXBOX ONE、共に欧米では感謝祭(11/22)以降に発売となります。どちらもネットに繋ぐことでプレイヤー同士のコミュニケーションを行うという仕様になっており、これまでと違ったゲームができるのではないかと期待されていますが、個人的には携帯ゲーム機の延長線上になると思っています。

日本では年末商戦が近くなるということで、たくさんのソフトがラインナップされます。今後の商戦を占う意味で、どこのハードに勢いが出ているのかがある意味わかりやすいのではないかと。


では、注目作の紹介です。今回もマルチ展開の作品から。


まず最初は、「ワールドサッカー ウイニングイレブン2014」(PS33DSPSP
毎年登場するサッカーゲームの最新作。きれいなグラフィックはさることながら、リアルなサッカーゲームとして追及された作品でもあります。今作はAFCチャンピオンズリーグが収録され、新たなナショナルチームとしてジャマイカが参戦します。もちろん、実名のクラブ・スタジアムなども収録されています。
なお、PS3では最大7人(オンラインでは最大22人)、3DSではワイヤレス通信とオンラインで最大2人、PSPではアドホック通信で最大4人までプレイ可能です。またオンライン対戦はPSP以外は可能になっています。
よりリアルなプレイをしたいならばPS3、手軽さなら3DSやPSPになるのではないのでしょうか。

2番目は、「ロックスミス2014」(PS3XBOX360PC
2013年に発売した同作の2014年版。前作は全世界で140万本売り上げるほどの人気作になりました。
エレキギターをリアルトーンケーブルで繋ぎ、演奏するのはこれまでと一緒ですが、ロード時間も短縮されたので、演奏までの間もそれなりに解消されました。こだわりの音作りができるのはこれまで通りです。
今作では日本のアーティストの楽曲(B'zの♪ultra soul)も収録。またギターケードというミニゲームでギターの演奏テクニックを向上させることもできます

3番目は、「アサシン クリード4 ブラック フラッグ」(PS3XBOX360Wii U
こちらも人気シリーズの最新作。今作は18世紀のカリブ海に浮かぶ西インド諸島を舞台に繰り広げられます。海賊の時代ということで、海での戦闘も行われ、陸上でも主人公が活躍します。またオンラインでは、ルールラボという200以上の詳細なルールを設定することが可能になっています。
今回は緻密さもさることながら、派手なアクションが垣間見られるのではないでしょうか。アクションゲーム好きならオススメです。

4番目は、「ライトニング・リターンズ ファイナルファンタジーXIII」(PS3XBOX360)(★)
ライトニングを主人公にしたFFXIIIシリーズ3部作の最終章。今作は前作になるFFXIII-2の世界から数百年後が舞台になり、世界の終末を迎える中、人々の魂を救済することが大きな目的になります。
今作では、ワールドドリブンという4つの大陸からなる世界を昼夜問わず、また現実世界でもフェイスブックや公式ウェブ上で繋がっていくということを主眼に置いているようです。
現実世界とゲームの世界という疑似オンライン的に進められる作品になっています。オンラインあり木の風潮の中、今後のゲームのあり方をもしかしたら変えてくれるのかもしれません。


次回もマルチ展開の注目作紹介です。


人気ブログランキングへ ブログランキング・にほんブログ村へ  
Posted by alexey_calvanov at 22:58Comments(0)TrackBack(0) ゲーム系