2010年09月09日

鍋料理屋の〆がカップめんに

今回紹介するのは、「赤から 本家 天ぷらきしめん」
寿がきや食品から発売している生めんタイプのカップめんで、愛知県豊橋市に本拠を持つ甲羅グループ傘下の鍋料理屋「赤から」とのコラボです。
「赤から」は、東海4県と北海道・東京・神奈川・大阪・福岡に展開している鍋料理屋。
赤唐辛子を入れた辛い鍋が特徴で、最大赤10番まで引き上げることができます。また名古屋めしもメニューに出てくるのも有名です。



中に入っている具材は非常にシンプルで、生めんのきしめんと天ぷら、そしてニラが入っているくらい少々寂しいめんではあります。
しかし、その味はとても奥深く、コチュジャンが効いているため、辛い中にも甘みと旨味も十分に感じられます。それでいて〆のメニューになっていることもあって、あっさりしています

この味はものすごくいい組み合わせ。正直具材が足りないなと思っても、味のよさでカバーしていますそれでも物足りない場合は、あらかじめ調理しておいた肉(この場合、脂の少ない鶏のささみがいいのかもしれないですね)やねぎとかを用意しておいてもいいのかもしれません。


恐らく全国発売になっていると思いますので、一度見かけたら是非に。オススメです。



Posted by alexey_calvanov at 22:34│Comments(0)TrackBack(0) 飲み食い系 

この記事へのトラックバックURL

コメントする

名前
 
  絵文字