2010年08月11日

最初と最後

・・・まるでB'zの曲の名前みたいだな。<あれは、♪イチブトゼンブ。


というわけで、買ってきましたこの2冊。左は「四姉妹(しとらす)エンカウント」、右は「ゆびさきミルクティー」。

左の本は、ファミ通で隔週連載している大島永遠(とわ)さんのマンガ。主人公の今野未来が四姉妹に翻弄されるドタバタコメディー。
今回の単行本化に併せて、一部書き換えられている部分があるような気が・・・。あとはタイトルが付きましたね。恐らく欠番になった第9話への配慮か?

右の本は、2年以上の休載を挟んでようやく完結した宮野ともちかさんのマンガ
好事家向けとかディープ作品とか色々言われましたが(苦笑)、何とか終わりましたよ。
ただ、女装男子はわかる。ツンデレ女子ってひだりのことか?それは違うような気も・・・。
ともあれ、ひだりの急成長にワロタ。激しくワロタ。
あの成長ぶりは女性ホルモンでも注射されましたか(汗)?
しかし、あのラスト今読んでも腑に落ちない。何と言うか唐突な終わり方をしていてどう解釈すればいいのやら・・・。詳細は読んでもらえればわかります。






Posted by alexey_calvanov at 22:55│Comments(0)TrackBack(0) アニメ・コミック 

この記事へのトラックバックURL

コメントする

名前
 
  絵文字