2010年08月10日

こりゃだめだ、だめすぎる・・・

8/9現在4位ながらも、0.5ゲーム差で日ハム、5.0ゲーム差で楽天が付いて少々ピリピリムード漂うオリックス。特に日ハムとは先述のとおり0.5ゲーム差なので、最低1試合でひっくり返される可能性を秘めています

普通そういうチーム状況なら、2.0ゲーム差のロッテに追いつけ追い越せとチーム内で奮起するはずなのに、出てきたのは選手のゴタゴタ・・・

先月の26日には、主軸を担うはずのカブレラ選手が、自身のフリーバッティングの順番に腹を立て、持参していたモデルガンで選手や球団広報、スポーツ紙記者に向けて発砲。その後室内で自主練をし帰ってしまい、球団から厳重注意処分を受けていました。
キャンプ並の濃密な練習(投内の連携練習・シート打撃)に加え、『後輩格』のバルディリス選手より順番が遅いということで、シート打撃に不参加。そしてそれらのイライラが重なってこの蛮行に出たという流れ。
まぁ、ドンキホーテで買ったモデルガンとはいえ、かつて中日のネルソン選手が、わざとではなかったとはいえ、銃弾を所持して警察に書類送検され、後に謹慎処分されています。こんな危なっかしい行為をして、彼独特のおちゃらけ行為やわがままで済まされるのは、球団内の指揮に大きな影響を与えるのは間違いないでしょうね。

と思ったら、やっぱりきしみが出てきてしまうもので、今度は一輝選手が8/9の練習中に松山内野コーチと一触即発の状態に陥るという事態に。
この事態が起こった理由は、松山コーチが一輝選手にかけた言葉を、彼が『(コーチから)ちゃかされている』と取ったため。
まったく、チーム状況がそれほど悪くなくても、チーム内の団結が薄いと、こういう些細なことでも大騒動になるわけです。


まだ混戦の続くパリーグ。こういうことで落ちるきっかけになってしまうのならば、選手にとってもファンにとってもいたたまれないわけです。
ましてやオリックスはただでさえゴタゴタの多い球団。そして今年は選手の一人が亡くなって、彼のためにも奮起しなければならないという事実を彼らは忘れてしまっているのではないかと疑いの念を持ちかねません。



Posted by alexey_calvanov at 21:47│Comments(0)TrackBack(0) スポーツ 

この記事へのトラックバックURL

コメントする

名前
 
  絵文字