2010年08月05日

3年経ったら芽を出した 由規選手編

今日たまたま見るものがなかったので、三重テレビでヤクルト×中日戦を見ていた
地デジが進んでいる野球(およびスポーツ)中継にしては珍しくハイビジョンではなく、4:3のサイドカット放送。一体どこの放送局がやっているんだと思ったら、TOKYO MX(東京メトロポリタンテレビジョン)。よっぽど大変なんだろうなと思った。


しかし目を見張ったのは試合内容
プロ3年目のヤクルトの由規(よしのり)選手が大輪の花を咲かせんとしていたのです。もう大奮闘。150km/hクラスの直球にスライダーが効果的に効いて、中日打線の不調もあって翻弄させていましたね。

この試合の相手は、前の試合で初先発勝利をしているネルソン選手。
由規選手と同じく速球が武器の選手ゆえに投手戦になりましたが、ネルソン選手がほぼ自滅する形で取られた1回の4点が後々響き、2回以降は尻上がりのピッチングで計5点に抑えたものの、打線が沈黙して完投しながら負け投手に。スタミナが最後まで落ちていなかったので、ある意味脅威ではありました。


由規選手はヤクルトで既にローテーションの一角を担える立場にまではなっていたものの、速球がよくてもコントロールが定まらず、スライダーがよくてもコントロールの悪さが仇になって、中々大成できなかったところがありました。
しかし、今回のようなピッチングができれば、必ず広島の前田健太選手・楽天の田中選手、そして日ハムのダルビッシュ選手も一目置くようなピッチャーになると思います。またこの日、日本人最速タイ記録の158km/hも出ています。常に9回まで150km/hの出せる選手になれば、今回の相手のネルソン選手のように、相手にとって脅威になるピッチャーになれると思います。まだ20歳。伸びしろは大きい。


ちなみに、由規・ネルソン両選手とも3年目の選手だというから意外



Posted by alexey_calvanov at 23:09│Comments(0)TrackBack(0) スポーツ 

この記事へのトラックバックURL

コメントする

名前
 
  絵文字