2010年08月04日

ま た お ま え か

昨年ファイル共有ソフトを通じて広まっていったコンピューターウイルスの一つ、通称「原田ウイルス」その制作者でもあり、後にその亜流(「原田」と名乗る学生の顔から「CLANNAD」の画像の一部を置き替えていた)もばらまいた男が、今度は「イカタコウイルス」と名乗るウイルスをばらまいて再度逮捕されました。


この男は、先述の通り、原田ウイルスをばらまいたことで逮捕され、執行猶予付の有罪判決が出ていたのですけど、それに懲りず、「自らの技術向上を試したかったため」と称し今回の件を行ったのですから、まさに迷惑千万なわけです。


この問題になっている「イカタコウイルス」というのはどういうものなのかというと、ファイル交換ソフトで手に入れたファイルの中に紛れ込ませたもので、ダウンロードしたユーザーが目的のソフトないしは興味本位でそのファイルを開けてしまった場合、犯人が制作したウイルスが作動し、PC上にあるあらゆるデータを片っ端から犯人が描いたイカやタコなど種類の魚介類のイラストに置き替えてしまうという悪質なものです。
しかも性質の悪いことに、電源を切っても再起動させた際に再びウイルスが作動するようにプログラミングされています

今回の取り締まりもかなり手を焼いたそうで、最初の逮捕は著作権法違反と名誉棄損(前者は「CLANNAD」の画像を使用した、後者は「原田」と名乗る人物が彼の通っていた大学院の人物の名誉を傷付けたという理由)ということで折り合いを付けましたが、今回はそれを見越してか「自作画像なら捕まらない」と踏んでいたそうです。
そこで、今回警察は再起不能に陥れた(復旧の難しさ)ということを考慮して、器物破損罪での立件・逮捕に至りました。


いずれにせよ、今回の件で執行猶予がなくなり、前の事件での実刑が確定したばかりか、今回の件で更なる実刑が下されることは確実でしょう。悪いことはできないものです。
そしてこういう人物に対してのPCの扱いをどうするかを裁判で決められればありがたいのですが、今の日本の法律ではどだい無理な相談かもしれません。その点が何とも悔しいものです。


こういう悪質に悪質な推敲を重ねても、いずれ何かしらの制裁を受けるということを、かの人物にもわかってもらいたいものです。
潔く罪を認め、品行方正に過ごした方がいかに楽か、今回の件で最も伝えたいことはそういうことなのかもしれません。



Posted by alexey_calvanov at 21:29│Comments(0)TrackBack(0) 真面目なモノ 

この記事へのトラックバックURL

コメントする

名前
 
  絵文字