2010年07月13日

夏の新機種2010 おいおいまだあるのかよ、隠し玉(汗)

夏の新機種が出揃い、機種もほぼ出尽くした頃、auとウィルコムの2社が新機種を隠し玉として出してきました。
早速その新機種2機種を見ていきましょう。


まずはウィルコムから。


・Premium Bar presented by BAUM(WX341KP)
2009年に発売したBAUM(WX341K)のバリエーションモデル
機体をメタリック、キーをミラー仕上げにしている。それ以外の基本的な機能はBAUMと同じ。

個人的感想
マイナーチェンジでも仕掛けてくるかと思ったが、見た目の変化のみで中身が変わらないということで少々肩透かしで残念に思う見た目で気に入らなかった人にはオススメだと思うが・・・。


続いてau。


・LIGHT POOL(TSX05)
auの企画端末iidaの第7弾モデル(Iida Art Editions含む。含まない場合は第6弾)で折りたたみ端末。デザインはau design projectでコンセプトモデルを制作したことのある坪井浩尚さん。
なお、ベースになっているのは今年の夏モデルであるT003ではあるものの、防水機能は備えていない
背面部分に22個の高彩度LEDが搭載されており、専用のロングサウンドなどと併せて光るようになっている。なお、このイルミネーションと音楽を制作したのは、映像作家・音楽家の高木正勝さん

個人的感想
機能的な面はT003をベースにしているのでいいと言えるが、技術的な問題だったとはいえ、防水機能が搭載できなかったのは残念至極
イルミネーションはある意味派手で奇抜ともいえ、これまでのケータイにはないものと言えるものでしょう。
デザイン面での革新をリードしていたかつてのauを彷彿(ほうふつ)とさせる部分が垣間見えます。



Posted by alexey_calvanov at 23:25│Comments(0)TrackBack(0) ケータイ系 

この記事へのトラックバックURL

コメントする

名前
 
  絵文字