2010年03月13日

もう8年になるのね

日本のコンシューマーにおけるオンラインRPGの黎明期を支えたのは、セガから登場した「ファンタシースターオンライン」ですが、その発展に大きく貢献したといえるのは、おそらく「ファイナルファンタジーXI(以下FFXI)」ではないかと思います。

2002年5月にPS2で発売され、後にPC・XBOX360へも展開されるようになり、その後「モンスターハンター」などの作品が生まれる礎になったと思っています。
そのFFXIもリリースから今年で8年経ち、一時期は「FFXIV」が出た時点でサービスが打ち切られるというまことしやかな噂が駆け巡ったため、スクウェア・エニックスの和田社長が火消しにかかるなどその人気の高さが窺い知れます。


しかし、今回記念イベントで発表された中では、そのことが始まるのではないかという部分も見受けられました

まずはレベル上限の解放
今年中には最高レベルが99に引き上げられるとのこと。一般的に99というレベルはマックスとされるため、もしかすると、遅かれ早かれ、サービスの終了を示唆するものになるのではないのでしょうか

また一部のクエストが完結(中でも大きなのは現在の拡張ディスクになるミッション「アルタナの神兵」が9月頃完結することでしょうか)することもその引き金になるかもしれませんけれども、それと前後して新しいミッションになるだろう新天地アゼビアに関するシリーズが始まるので、レベル99までの解放ほどの決定打にならないかとも思いますが。


実は私自身、FFシリーズがそう好きな人物ではないため、このあたりの件は詳細を知らないわけでして。ただ過去のオンラインシリーズの経緯から見ていけば、こうなるのではないのかと予測しています
あと、この作品に関してはFFXIVがリリースされても数年はなくならないと思います。特に欧米ユーザーの支持が高い限りにおいては。



Posted by alexey_calvanov at 22:14│Comments(0)TrackBack(0) ゲーム系 

この記事へのトラックバックURL

コメントする

名前
 
  絵文字