2010年03月12日

「にゃごやきゃーふ400ねん」

喋る自販機というのがある。たいていは「ありがとうございました」くらいしか言わない。ひねっても方言で喋るくらい。


しかし、名古屋は違った名古屋開府400年のPR事業に生かそうとしたのである。
それが先日一般市民の前にもお披露目になったのだ(それ以前に「埋蔵金(みゃーぞーきん)フォーラム」の中でお披露目はされていた)。


それがこちら。「名古屋ことば自販機」というもの。KIRINと名古屋市とのコラボで実現したもの。


「話そみゃー名古屋ことば」と銘打ったものが正面と両サイドに書かれていて、正面下には、名古屋開府400年のマスコットキャラである、はち丸(右端)・だなも(中央のカメをモチーフにしたキャラ)・エビザベス(左端の名古屋城とエビフライをモチーフにしたキャラ)・かなえっち(はち丸とだなもの間にいる星型のキャラ)が描かれています。ちなみに、彼らは18歳未満の名古屋市在住もしくは在学の男女から公募されたものから選ばれています



この自販機から出てくる声は、もちろんあの方、市長の河村たかしさん。そして名古屋出身の女性タレント
・・・何で『女性タレント』なんて含みのある書き方するのかだって?
実は、ごく最近起こった某ミュージシャンの覚せい剤事件に絡んでまして、そのミュージシャンとの内縁関係が発覚したために今芸能活動を自粛しているふうなので、敢えてこう表現しているわけです。


その女性タレントは、名古屋ではかなり有名な人で、ローカル番組・CMで登場しているだけでなく、書道家としての実績も持っている人で、そのイベントがあると人がごった返すほど。またキャリアウーマンとしての側面も強く、同じような境遇の主婦層にはかなり人気があるらしい
ちなみに、元々はローカル雑誌のモデルで、野球選手との離婚歴あり。この件が出て初めて私もシングルマザーってこと知ったわ(苦笑)。何か結婚(この場合再婚)している節でラジオではよくしゃべっていたので。


実際買ってみると、『何を喋るか』がわからない『何を喋っているか』ではないですよ、念のため(爆)。いわゆるランダムパターンなため、どちらが何を喋るかは指定できないわけです。音は案外大きいので、やや喧騒としたところでも大丈夫でしょう。


この自販機、名古屋市内で展開中主なところは名駅南(笹島)の名鉄レジャックや栄南(矢場町)の松坂屋名古屋店にあります。



Posted by alexey_calvanov at 22:27│Comments(2)TrackBack(0) etc 

この記事へのトラックバックURL

この記事へのコメント
ともぅてぃさん>この自販機、2人との組み込み式でして。単独版はないんですよ。
そういえば、この写真を撮った際買ったんですけど、あの方でした(爆)。

しばらく謹慎は免れないでしょうけど、捜査の手が回るのかはわかりませんね。ただ付き合いが長いと・・・。

決め手は週刊誌の扱いか(謎)?
Posted by アレックス at 2010年03月14日 01:18
どうするんだろ彼女版の自販機。
共犯ではないにしろイメージダウン必至ですね。
嫌いな人だったのでそっと「ざまぁwww」って思ってますけど(爆
今思うと、なんで長袖ばっかしか着ないのかなってとこにヒントはあったのかもしれない(謎
Posted by ともぅてぃ at 2010年03月14日 00:40

コメントする

名前
 
  絵文字