2010年01月08日

冬の新アニメ2010 その1 バカとテストと召喚獣

新年も開け、いよいよ新アニメが始まりました。
ただ今期の新アニメは長引く不況からか減少傾向独立局向けの作品は、表現規制の絡みもあってかかなり減少しているようです。そのため、久方ぶりにテレビ東京系が頑張っています。あと最近そうですが、TBSテレビ系の作品もいいものが目立ちます

とはいうものの、作品そのものは今までになく小粒一見では判断しづらい作品が並んでおります。私自身は全体的に見てかなりの不作だと感じています。


そんな中始まった新アニメ1回目は、ファミ通などを販売しているエンターブレインが主催する賞「えんため大賞」で編集部特別賞を受賞したライトノベルが原作のラブコメ作品になる「バカとテストと召喚獣」です。
以前「ファミ通文庫10周年プロジェクト」として「狂乱家族日記」がアニメ化されていましたが、それ以来の作品(私が知る限り)。もしやこれが10周年プロジェクト第2弾・・・なんてことはないよな(爆)。


あらすじはこう(以下PCではイタリック体で表示)。


級(振り分け)試験の結果によってクラスの待遇の差が歴然と出る・・・という非常に厳しいカースト制度のようなものが組まれている文月学園。
主人公の吉井明久は、前代未聞のバカのために観察処分が付いたいわくつきの人物(当然彼は最下層のFクラスに放り込まれている)。しかし彼は、身体が弱かった理由でまともに試験を受けられず、結果同じクラスになったクラスメイトの姫路瑞希のために、学園独特の昇級システムである「試験召喚戦争」に挑むことになったのだが・・・。

というふう。
その文中に出てきた試験召喚戦争というシステムなんですが、話のテンポが速すぎていまいち飲み込めない。原作を読んでいる人には十分かもしれないが、未見の人には少々厳しいかと。どういうふうにすればいいという説明がもっと簡潔にできないものかと思えてならないですね。
それ以外は可もなく不可もないラブコメ作品。この作品のノリが慣れれるか否かで作品の評価は変わるでしょうね。今のところは正直こんなものか的な見方をしています。秋の作品が非常にレベルが高かっただけに。




「バカとテストと召喚獣」放送時間
【関東圏】テレビ東京
(水)26:20~26:50

【愛知】テレビ愛知
(水)26:58~27:28

【大阪】テレビ大阪
(金)27:35~28:05

【CS】AT-X(アニメシアターX)
(木)11:00~11:30
(木)23:00~23:30
(月)17:00~17:30
(月)29:00~29:30


※青字は再放送。
※※【ケータイ】メディファク☆モバイル!などでも配信開始予定。





Posted by alexey_calvanov at 22:11│Comments(0)TrackBack(0) アニメ・コミック 

この記事へのトラックバックURL

コメントする

名前
 
  絵文字